1/196帆船製作(1)

先日買った「コンスティテューション」のプラモ、作り始めています。

パッと見はとても大味なキットながら、つくづく眺めるとなかなか好ましく見えてきました。
日頃作ってる1/700と比べると圧倒的大スケール(1/196)。
大きいものはそれだけで魅力的です。



17072102.jpg

各部のバリの多さは私の作った歴代のプラモの中でもトップクラス。
困ったことに帆船キットの経験がほぼ皆無なので、
「これ部品? それともバリ!?」
と困惑することもあります。

3本のマストはそれぞれ1パーツで作られていて初心者の私にはありがたいのですが左右の合わせ目がキカイダー並みに盛大にズレてます。
(昔作ったアオシマの高雄型重巡を思い出した)

削ってパテって、それはそれで楽しい。




17072103.jpg

船体をそれっぽく塗ってみました。




17072104.jpg

甲板もそれなりに。
木の風合いを出すのはなかなか難しいでしょうが、今回は深く考えず完成を目指します。



17072105.jpg

大砲。
1パーツながらちゃんと大砲らしさが出ています。
このレベル社のキット、日本の精密なプラモを見慣れた目にはダルく感じますが、それでいて要所は押さえてる気がします。
なんか「これで十分じゃね?」と思えてくるから不思議。




17072106.jpg

これを大量に作ります。
大砲は好きなので苦になりません。




17072101.jpg

ふと我に返って思ったのですが、自分の今してる事って

「コメットさん☆2話の景太朗パパと同じじゃ?」

あの時のパパは完成間近の帆船模型が壊れても不平ひとつ言わなかったなあ。えらいなあパパは。

自分も腕に抱きついてくる息子や娘がいたり、さっそうとビートルを乗り回す奥さんがいたり、遠い星からやってきて我が家に居候することになる女の子がいればなあ、と思いました。

舌の根も乾かぬうちに

前回「帆船のプラモが欲しい」とのたまっていましたが、その舌の根も乾かぬうちに購入してしまいました。



17071401.jpg
USS コンスティテューション

帆船プラモはほぼ未経験です。
子供の頃「ビッグワンガム」の日本丸を作ったのと、メーカー不詳の「ジャンク船」と、アオシマから出ていた1/350の帆船(たぶん「ゴルヒ・フォック」)を作ったくらい。
この中で一応帆船プラモと呼べるのは「ゴルヒ・フォック」くらいでしょう。
大人になってからは全然作ってないので購入には随分迷いました。

今回この船に決めた理由は、今読んでいる小説『ジャック・オーブリー』シリーズに、このコンスティテューションも登場するからです。
(できればジャック本人が乗っている船が欲しかったのですが)

コンスティテューション号が登場するのは「米英戦争」と呼ばれた戦争中の事。ジャックが乗船していたジャワ号とこのコンスティテューションが遭遇、実際に起こった戦いをモチーフに書かれています。
(AnAnでは世界史が得意なつもりだった私ですが、「米英戦争」なんて全然知りませんでしたw)

小説では敵として登場するコンスティテューションですが、とてもかっこよくて強そう。そして実際のコンスティテューション号も強く、何よりもタフでした。
どのくらいタフかというと、1797年に建造された彼女が未だに現役なのです。




17071305.jpg

コンスティテューションは今でも現役のアメリカ海軍の軍艦なのです。
(wikiを見ると戦闘機やイージス艦を従え航行する凛々しい彼女の写真が載っていますが、事情を知らなければ「やっすい合成写真」にしか見えませんw)


さあ、そんな「コンスティテューション」のプラモです。
事実上初めての帆船キット、しかも外国製(まさに黒船)。
わくわくしてパッケージを開けました。
中に入っていたのは…



17071402.jpg

アオシマ製同様のバキューム製のプラスチックの帆と、




17071403.jpg

あとのプラ部品はこんな感じ。
うーん、結構いい値段(4000円強)の割りにショボいなあ。
何よりがっかりしたのは、アメリカのプラモを買ったと思ったのに中身がメイド・イン・チャイナだったこと。

中国製プラモは、むか~し「済遠」という日清戦争時の清国軍艦を買った事がありますが(それも結構いい値段で)、どうにも手のつけようがない出来で、作らずそのまま廃棄した記憶があります。
このコンスティテューション、なんかそれと同様の香りが漂うキットです。



17071404.jpg

中国も今は非常に出来のいいプラモを作るのですが、このキットは相当古く、出来もそれなりのようですね。
でも今回は頑張って作ります。
例によって、いつになったら作り始めるのかは未定ですが。

罪なプラモ

ブログの更新が滞ることはままありますが、大抵はものぐさなだけで書きたい事は常にあります。
が、今はブログに書きたいと思う事がありません。
そんな人のために親切なFC2の運営は「トラックバック」なるものを用意してくれてます。
なになに、今回のお題は…

「ごちそうといえば何ですか?」

だと!?


知るか!


出されたものは何でも美味しく頂くのがワシのモットーなんじゃ!
つーかいちいち指図なんかされてブログが書けるか!!

ネタがなく少々荒れ気味のエトワ-ル☆です。
仕方ないのでプラモの話でもします。といっても主に積みプラモの事ですが。

作らなきゃいけないプラモは溜まってます。
最優先で作らないとなのが、放置したままのZ級駆逐艦ですね。わかっちゃいるんですが。
他にもあんなフネこんなフネ、作りたいものは山ほど。
もちろんフネだけじゃないですけど。
語るのも面倒なのでこの一年ほど買ったプラモの箱絵でも載せましょうか。



17070901.jpg
海防艦 丙型

「艦これ」でも遂に海防艦が実装され、海防艦大好きな提督大歓喜なのです。
鵜来型やこの丙型が実装される日は果たして!?



17070902.jpg
キリシマ

旧「ヤマト」世代には「沖田艦」として知られるフネですね。
なんとも弱そうな、当時の人類のせいいっぱいが伝わってきて、みているだけで切なくなってくるフネです。
数年後に「アンドロメダ」を作れるようになるとは到底思えません。



17070903.jpg
メタリックナノパズル こんごう

プラモじゃないですが、イージス艦です。




17070904.jpg
メタリックナノパズル Xウィング・ボー専用機

一時期ハマったメタリックナノパズルですが急に熱が覚めてしまって。
そんなわけで「積みプラモ」ならぬ「積みナノパズル」と化してます。




17070905.jpg
ミレニアム・ファルコン

これも当分作るつもりはないですが、バンダイのSWの版権がいずれ切れるという事なので、今買っておくのは正しい行動なのだっ!
(積みプラ正当化)




17070906.jpg
松本零士 戦場まんがコレクション2

プラモというより食玩ですが、「戦場まんがシリーズ」と言われたら条件反射で手が伸びてしまいます。これは卑怯です。




17070907.jpg
峯風型駆逐艦 峯風

峯風型は「艦これ」に登場する一番古い駆逐艦「神風型」の前級にあたります。
(兵装の位置が異なるくらいで、違いはあまりない)
私が作りたいのは峯風型の中でも「汐風」と「澤風」です。過酷な戦いを生き抜き、今はいわき市の小名浜港で防波堤の一部としてその身を横たえていると聞きます。
その波瀾に富んだ二隻の終戦時の姿を再現したいのですが、なかなか資料がありません。


そんな感じで(まだあるかもしれませんが)、このところの建造ペースと重ね合わせて考えるに、いや考えるまでもなく、
「購入と消費のバランスが合ってない」

もちろん自制はしてるつもりなのですが。
などと言いつつ最近読んだ小説の影響で

帆船のプラモが欲しくてなりません

生きている証

こんばんは。
生きてます。
といってもブログがこのありさまでは説得力ゼロ。

普段はあまり明かさない自室をお見せして、生きている証とします。



17062301.jpg

このところ部屋の模様替えをしておりました。
特にオーディオルームとしてまともに使えるよう考慮。
壊れて使えなかったマルチアンプも再構築し、久しぶりにまともに鳴るようになりました。

私のオーディオはPCがメインです。
手持ちのCDは全てwavファイルにしてHDDに入れてます。
再生はPCが行い、計4台のアンプで左右のスピーカーを鳴らします。
肝心のPCが映ってませんが、HDDの動作音が気になるので赤いタオルで防音してます。


17062303.jpg

わかりにくい写真ですが…
左のアルミ色のケースが低音担当のアンプ(PAM8101搭載)。
その右の青いのが、中域担当のアンプ(TA2020搭載)。
いずれもデジタルアンプです。
その横の真空管アンプ(TU-870)が高音担当です。
低域が得意なデジタルアンプ、高域が得意な真空管アンプ、それぞれの特性を生かせるのがマルチアンプの強みだと思います。

(本当はTU-870に中域をまかせ、もうひとつのアンプ(学研真空管アンプ改造)に高域をまかせる手筈でしたが、改造に失敗したため断念)


で、肝心の音ですが、
うん。まあ、それなりに。

「まあ、こんなものか」
と半ばあきらめて立ち上がった途端、今までよりいい音が聞こえてきてびっくり。

実は今まで座椅子に座って聞いていたのですが、リスニングポジションが高いほうが響きがいいみたい。
(考えてみれば、地べたで音楽聴く奴はいないよな)

そんなわけで音質を優先し、炬燵と座椅子の生活におさらばすることにしました。



17062302.jpg

椅子は隣の部屋のを持ってくるとして、手頃な机がない。
というわけで納屋の廃材やらなんやらで作りましたw
ほぼ完成した頃、近所のリサイクルショップでもっとマシな机が500円で売られていてショック!
でもめげずに使います。
もう少し綺麗に仕上げるつもりですが。
(できれば500円以内で)

お手上げ

お久しぶりです。
ブログ的には不毛な二週間でしたが、リアルではそれなりに充実。
といっても恋人ができたとかではなく、アンプを作ったりPCを組み替えたり部屋の模様替えをしていました。
模様替えはこのブログで語っても仕方ないし、PCの組み替えといっても段ボールの筐体をまともな箱に替えただけ。
なのでアンプの話でもします。
これも話すほどのことはない地味ネタですが。



17061001.jpg

もう何年越しだかわからないこのアンプ。
(元は「学研真空管アンプ」)
オリジナルのままでは電圧が低くこの真空管本来の力が出せていないこともあり、いろいろやってみようと試みたのですが、未だまともに音さえ鳴らず。
いろいろ思考錯誤しているうち、

「A電源とB電源のアースをつなぎ忘れてた!」

と気づきました。
そしてようやく、音が鳴りました。
数十秒だけ。
そのあとはだんまりです。

そしてなぜか抵抗から立ち上る煙



17061002.jpg


「ひょっとしたらBIOSの電圧をちゃんと作れていないのでは?」

とない知恵絞って考えた挙げ句、BIOS用に別個の電源(ボタン電池)を用意しました。
なんの工夫もないかわり、間違えようのないやり方です。
これでようやく安定して動くようになりました。

なぜか予想の5倍も電気食ってるけど



調べた結果、ブリッジダイオードの一部がシャーシと電気的に繋がってました。
(よく壊れなかったものだ)

そこも直して、ようやくまともな消費電力になりました。

「よし今度こそ!」

そう意気込んでPC経由のUSBオーディオと繋げた瞬間、

ブレーカーが落ちました



正確には電気が流れすぎる時に落ちる通常のブレーカーではなく、「漏電ブレーカー」という今まで聞いたこともないブレーカーが落ちた模様。原因は不明です。
いろいろ調べてみたい気はやまやまなのですが、これ以上続けると

家族に迷惑がかかるのでやめます


今回のチャレンジは、
「自分はハンダゴテを握ってはいけない人種だ」
という事を再確認しただけに終わりました。
残念ながら、漏電ブレーカーが落ちた原因がわかるまではこのアンプ作りは棚上げです。



しかし困りました。
うちはマルチアンプで音楽を聞いてるのですが、といいつつもう半年以上聞けてないのですが、それもこれもこのアンプが完成しないからです。
完成の見込みがたたなくなった今、代わりを探さねばなりません。
白羽の矢をたてたのは、数年前買ったデジタルアンプ。



17061003.jpg
TA2024というICを積んだキットです

ほんの数週間で音が出なくなった困りものですが、これの修理を試みます。
原因は5分で解明。電源スイッチの故障でした。
(そんなことあるんですね)

スイッチを交換して無事、復旧。
しかし肝心の音は、うーん、イマイチ。
コイルとか取っ替えればマシになる気がしますが…
せめてボリュームくらいは替えるべきか。
どのみち真空管アンプの代替には力不足なので、手持ちの他のアンプでのマルチアンプ構築を考えます。

暑い夏が来るとアンプ作りどころじゃなくなるので、それまでになんとかしたいです。





プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード