わくわくCPU


「自分は昔、PCの自作が趣味でした」

そう言わざるを得ないほど、今の私はPC自作から遠ざかっています。
いや、今年も一台作りはしました。
が、手持ちのパーツに型落ちの中古パーツをポン付けしただけ。ブログのネタにする気にもならない代物です。
それも必要に迫られてのこと。
以前は理由をでっちあげてでもPCを組んでいたのですが。



PC自作への興味が失せた最大の理由は金欠
いや、使ってみたいと思えるパーツがないことです。
確かにここ10年のSSDの進化は素晴らしい。メモリも安くなった。
しかしPCパーツの花形といえば、やっぱりCPU!
そのCPUに「これは」と思えるものがありませんでした。
(ちなみに私はAMD派です)


私の今のメインPCのCPUは(語るのも恥ずかしいですが)「Sempron3850」といいます。
(知名度も性能も低いですが、ゲーム機のPS4とは親戚筋にあたる石です)
そして今年組んだPCのCPUも同じSempron3850。
私が「魅力的だ」と思った最後の石がこれなので。
(もしくはこれの上位のAthlon)
ちなみに音楽用サブPCのCPUは変態3コアの「AMD A6-3500」。
メインPCよりはパワフルですが、もう何年前の石だよ。



CPUに魅力を覚えないその年月が、今年ようやく終わりを迎えました。
長い冬の時代を乗り越えたAMDが、3月に「Ryzen」というCPUを出したのです。
実に魅力的な性能です。が、Ryzenはグラフィック機能を搭載しないCPU。PCにグラボを積みたくない自分には、残念ながら縁のない石です。
(グラボは熱と消費電力と、何より騒音が嫌いだ)

私が待ち望んだのはAPU。
Ryzenにグラフィック機能を統合した高性能で省エネなAPUです。
それが遂に、先月の末に出たのです。
その名は「Raven Ridge」。
4コア8スレッドのパワフルなCPU、最新世代のグラフィック部。どちらもAMDの最新の技術が詰まっています。
(グラフィックメモリはメインメモリと共用ですが)
そして気になるTDP(≒消費電力)は、たった15W!

これだよ、待ち望んでいたのは!

今はあくまでもノートPC用ですが、来年の春あたりには単体のAPUとして日本橋のパーツ屋の店頭にも並ぶでしょう。
これは久々に本気出す時が来たか!?



しかしです。今年はなんという当たり年なのか。
その「Raven Ridge」の興奮も覚めやらぬ先日、そんなのをはるかに上回る衝撃的な石が発表されたのです。
そう。ほかでもないインテルから。
その名は「KabyLake-G」。 


私は逃げも隠れもせぬAMD派です。
インテルがどんなCPUを作ろうが心動かされはしません。
ええ、そのはずでした。
しかし、つい先日発表された「KabyLake-G」のスペックを聞いた瞬間、心の底から「欲しい~っ!」と思いました。
あろうことかこの「KabyLake-G」という石は、

インテルのCPUとAMDのGPUが合体

したAPUなのです。

今年の春あたり「インテルとAMDが組む」という噂はありましたが全く本気にしてませんでした。
インテルとAMDといえば永遠のライバル。そう思いこんでいたのに。

CPUが得意なインテル、グラフィックが得意なAMD。
ふたつの会社が手を組めば素晴らしいAPUが出来る。
みんなが思っていたこと、けれど絶対不可能だと思っていたこと、それが本当になるとは。
この衝撃を世界情勢で例えるならば、

「韓国と北朝鮮が和解して半島統一を決めた」

くらいのインパクト。
さらに衝撃的なのは、こいつのグラフィックメモリ。
Raven Ridgeのグラフィックメモリがメインメモリと共用なのに対し、KabyLake-Gは専用のメモリをGPUと同じダイに内包。しかもHBM2という最新で劇速のメモリを。

もうインテル派もAMD派もない。
この朗報に心踊らない自作派がいるだろうか?



これほどのインパクトがあるニュースなのに、ネットで全く話題にならないあたり、みんなの興味がPCから失せきっていることがうかがわれて悲しいですが。



私はもちろん欲しいです。Raven RidgeもKabyLake-Gも。
写真を見る限りKabyLake-Gはけっこうアチチな石っぽいので、現実的に欲しいのはRaven Ridgeですね。
いや両方欲しいけど。


PCでブログと「艦これ」しかしない私には、セレロンでじゅうぶんなんですけどね。


キーボードの修理

このところ、PC環境をあれこれ変えています。
メインPCは基本そのままですが、別の部屋でのネット用PCを作ったり、音楽専用のサブPCをワープロ用に使えないかとか、いろいろやってます。

そのワープロ用PCのキーボードが、なんかおかしい。
NumLockランプが点いてるので通電はしてるはずですが、キーを押しても認識するのは最初の一度きり。


17100901.jpg

左上に「HITACHI」と書いてありますが、日立製のPCを買ったことはありません。
キーボードだけどこかのジャンク屋で拾ったのでしょう。
(もう覚えてないけど)

テンキー付きのわりにコンパクトで、何より「B割れ」具合が気に入ってたのですが、そろそろ寿命でしょうか。
直せないこともないと思いつつ、日本橋で新たなキーボードを物色しました。




17100902.jpg
翌日ジャンク屋で買ってきたキーボード。

作りはいかにも安物ですが、惚れ惚れするほどの「B割れ」具合に一目惚れ。
そこはさすがに富士通製です。


ところが家でPCに差してみてもうんともすんとも動きません。
ジャンクなので文句は言いませんが、これではゴミが増えるばかり。
よっしゃ、こうなったら一肌脱ぐか。



日立製のキーボードのこの不具合、以前に同じような症状を見たことがあります。




17100903.jpg
これはいにしえの富士通純正親指キーボード。

1万5千円もした高級品ですが、やはり反応が鈍くなり、捨てるには惜しいので中を開けて修理しました。
もう10年以上前の話ですが、今回もそのやり方で直せるでしょう。
意を決して(というほどでもないが)日立製キーボードを分解しました。



17100904.jpg

非常に頑丈に出来てました。


17100905.jpg

裏の作りも丁寧。
分解は大変でしたが、そのぶん信頼性はありそうです。



17100906.jpg

故障の原因と思われるのは、基盤上のコンデンサ。
コンデンサには寿命があり、徐々に容量が減っていきます。
このコンデンサを交換してキーボードを直した経験があるので、同じようにやってみました。
交換の際に注意するのは、コンデンサの容量と耐圧と極性。
キーボード修理の場合はコンデンサの大きさも大事です。キチンと納まらないと最後に泣きをみます。
今回は手持ちのコンデンサでなんとかできました。


修理を終えてPCに接続しましたが、うまく動きません。
これも以前の修理で経験済み。
どういうわけかコンデンサ交換後、一日ほど通電しないと正常動作しないのです。きっと今回もそうでしょう。

気長に通電しながら、ついでにジャンク屋で買ったキーボードの修理にもチャレンジします。
こちらはPCにつないでもNumLockランプさえ点灯しないので、故障の原因も違うと思われます。



17100907.jpg

やっすい見かけそのままに、中の作りもチャチいです。
その分、分解は楽ちん。



17100908.jpg

右上の基盤部分。
接点部にはコネクタさえなく、ネジで押さえつけてあるだけ。コストをケチりまくってます。
(以前買った安物キーボードでは、ここの接点不良が修理不能で廃棄したこともありました)
何より驚いたことに、基盤にICが見当たりません。
ここまで安い作りのK/Bは初めてです。



17100909.jpg

「裏にICが付いてるのかも」

虚しい期待を胸に基盤を外して裏返してもそれらしいものはなし。
そして基盤のあちこちに白い色の汚れが。
あくまでも私のカンですが、基盤かハンダから何かの成分が析出しているようにみえる。
これが原因で接触不良を起こしているのかもしれません。

「ものは試し」と、汚れをアルコールで拭き取りました。
あとは元通りに組み直し、PCに取り付けると難なく正常動作。
う~む、なんなんだこのキーボード。

翌日には日立のキーボードも正常に動くようになりました。
再発の恐れもあるけれど、まずはめでたし。



17100910.jpg

「キーボードは昔のほうがよかった」
とまでは言いませんが、メーカーの付属品に関する限り、昔のキーボードの方が品質はよかったですね。
CPUやグラボの性能も大事でしょうが、人間が直接向き合うキーボード、マウス、ディスプレイにはできれば良質のものを使いたいです。
毎日使うものなので。


モニター購入

いろいろあって、今の職場は大阪の日本橋です。
誘惑の多い町です。特に私のような人間には。
よほど財布の紐を閉めてかからないと。

元々好きな町ですが、たまに遊びに来るのと毎日のように歩いているのとでは見えてくるものが違います。
ここ数年「ジャンク屋が減って悲しい」と思ってたのですが、どうして健在でした。
表通りから脇に逸れれば、それなりに残ってました。
(さすがに店の数は減ってますが)

そんな店のひとつで衝動買いしてしまいました。




17091801.jpg

モニターです。
見てのとおり縦型です。
回転させることもできます。
メーカーはナナオ製。
そのうえ激安でした。
これだからジャンク屋巡りはやめられません!
店から家まで、10㎏あるモニターをニコニコしながら持って帰りました。
昔、15㎏あるブラウン管モニターを秋葉原から埼玉の家まで持って帰った事ありますが… 進歩ないですね私。


とはいえ安いなりには理由があります。
実はこれ、モノクロです。
本来はお医者がレントゲン写真を見るための物だそうで。
無論、承知のうえで買ったのですが。
(ワープロ用に使えそうだし)

とりあえずはオーディオ用PCに繋げてます。



17091802.jpg

さっそく買ったばかりの『この世界の片隅に』をこのモニタで鑑賞しました。
いかにも戦前っぽくて、これはこれでいい感じです。

1/196帆船製作(2)

先月あたりから作り始めた1/196「コンスティテューション」。
相変わらずののろのろペースで作り続けてます。



これは船に載せるボート。

17081501.jpg

本体の白い部分を塗装した時にボートも塗ったのですが、船体がFRP製かというくらいつるつるでした。
(写真下)
木材っぽく段差をつけようとプラペーパーを貼ってみたのですが、いつもの自分クオリティになってしまいました。
(写真上)

まあ何事もチャレンジさ。




17081502.jpg

この「コンスティテューション」、黒を基調として砲列上が白のストライプという凝った塗装をしています。
それを綺麗に再現しようとせっせとマスキングしました。
直線部分はマスキングテープ、複雑な部分はお気に入りの「マスキングゾル(改)」を使って。



17081503.jpg

どうです! 綺麗に塗りわけできたでしょ?
自己満足しながら本物の写真と見比べたら… あれれ!?
砲列の上下の「ふた」の部分は白くないです。
プラモの見本写真だと白だったのに!




17081504.jpg

黒く塗り直しました。
(マスキングは計画的に)
こんなことしてるから遅々として進まないのだ。



17081505.jpg

内側部分もこの段階で塗りました。
見える部分はそれなりに。見えない部分もそれなりに。
本物の写真を見る限り、ここは深緑色ですが、建造当初からこの色だったかは疑問です。


「コンスティテューション」は現役の艦ということもあり、本物のカラー写真を参考にできます。その意味では第二次大戦の軍艦より恵まれています。
ただ、船のような寿命の長い乗り物のプラモを作る場合の常として、「どの年代で再現するか」を気に留める必要があります。
(例えば戦艦「金剛」の場合なんかだと、竣工時(1913年)と沈没時(1944年)では艦橋の形、副砲や煙突の数、果ては排水量や全長まで違います)
まして艦齢200才を超える「コンスティテューション」です。新造時には星条旗の星の数まで現在と違ってました。
問題はどの年代の「コンスティテューション」を作るかですが…

帆船は素人なのでわかりません

というか

かっこよければいいです


まあそんな感じで無計画な製作は今後も続きます。

1/196帆船製作(1)

先日買った「コンスティテューション」のプラモ、作り始めています。

パッと見はとても大味なキットながら、つくづく眺めるとなかなか好ましく見えてきました。
日頃作ってる1/700と比べると圧倒的大スケール(1/196)。
大きいものはそれだけで魅力的です。



17072102.jpg

各部のバリの多さは私の作った歴代のプラモの中でもトップクラス。
困ったことに帆船キットの経験がほぼ皆無なので、
「これ部品? それともバリ!?」
と困惑することもあります。

3本のマストはそれぞれ1パーツで作られていて初心者の私にはありがたいのですが左右の合わせ目がキカイダー並みに盛大にズレてます。
(昔作ったアオシマの高雄型重巡を思い出した)

削ってパテって、それはそれで楽しい。




17072103.jpg

船体をそれっぽく塗ってみました。




17072104.jpg

甲板もそれなりに。
木の風合いを出すのはなかなか難しいでしょうが、今回は深く考えず完成を目指します。



17072105.jpg

大砲。
1パーツながらちゃんと大砲らしさが出ています。
このレベル社のキット、日本の精密なプラモを見慣れた目にはダルく感じますが、それでいて要所は押さえてる気がします。
なんか「これで十分じゃね?」と思えてくるから不思議。




17072106.jpg

これを大量に作ります。
大砲は好きなので苦になりません。




17072101.jpg

ふと我に返って思ったのですが、自分の今してる事って

「コメットさん☆2話の景太朗パパと同じじゃ?」

あの時のパパは完成間近の帆船模型が壊れても不平ひとつ言わなかったなあ。えらいなあパパは。

自分も腕に抱きついてくる息子や娘がいたり、さっそうとビートルを乗り回す奥さんがいたり、遠い星からやってきて我が家に居候することになる女の子がいればなあ、と思いました。

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード