和歌山でお花見

例年になく、早い春がやってきましたね。
さっさと花見に行かないと時期を逃してしまうと思い、/Pとリョーさんを誘ってお出かけしました。
桜が見られるならどこでもよかったのですが、/Pが「大阪は混むから南に行こう」と和歌山行きを提案。
今思えば実に的確な判断だと思います。


/Pの運転で、車はどんどん南へ。
途中、ここも桜の名所として有名な山中谷を通り抜け、一路和歌山へ。
この時点で目的地は決まってなかったのですが、私の提案で「和歌浦」に決めました。
(理由は、人が少なそうだったから)

途中で和歌山城の脇を通ったので、ついでに見物に行きました。


18040201.jpg

和歌山城に来たのは、多分初めてです。
年末の岡山城とあわせて二城制覇じゃ!
桜も正に見頃、世は満足である!


続いて和歌浦に向かいます。
実はここに行くのも私は初めて。
ナビに導かれるまま辿り着いたのは桜の名所でもなんでもなく、小さな漁港でした。
ちょうど昼どきだったので「おっとっと広場」という魚売り場に入って昼御飯にしました。
しらすのかき揚げが2つ入った「おっとっと丼」を食べました。
漁港の目の前で、今朝採れたばかりのシラスを食べるんですから、そりゃもう美味しいこと!
ついでに食べたホタテも美味しかったです。
シラス丼が売り切れなのが残念でした。

ここの開店時間は土日休日の10時から14時までということで、何の考えもなく来た我々が入れたのは幸運でした。
ナビが導いてくれた隠れ名店。値段もリーズナブルなので激しくおすすめします。

昼御飯のあとは、お店の人に花見の場所を教えてもらい、漁港に車を置いて3人で山登りです。



18040202.jpg

満開の桜だけでなく春の海も眺めました。
帰りにはこれまた桜の名所の堀河ダムにも行き、そして帰りに食べたインドカレーも美味しかった!
とても満足な週末、そして新年度のはじまりでした。


私の健康法


若い頃は健康のことなど気にもしてませんでしたが、年をとるとそんなわけにいきません。
大きな病気こそしていませんが、細かいことをいえば体中ボロボロです。老眼は年々進むいっぽうだし飛蚊症だし、歯は部分入れ歯で常に総入れ歯の恐怖におびえながら歯磨きに精を出してるありさま。
おまけに毎日2種類の薬を飲んでるし。
髪の毛は… ほぼあきらめましたw
お腹もここ数年でぽっこりしてきたし、懸垂は一回できるかどうか。


そんな私ですが、いやそんな私だからこそ、自分なりに健康にいいと思えることをいろいろやっています。
あくまで自己流ですが。


・エビオス

若い頃は下痢で、通勤時はいつも腹痛の恐怖に悩まされてましたが、逆にここ10年は便秘ぎみ。
数年前に整腸剤のつもりで「強力わかもと」を飲み始めました。
その効果が出る前に友人の/Pに勧められて「エビオス」に乗り換えました。
そうしたら、翌日から嘘のように朝のお通じがラクになりました。
(飲み続けていた「わかもと」がようやく効いてきたのかも)
ともかくそれ以来エビオスを飲み続けてます。
決められた用法は全然守らず朝と晩に7錠ずつ飲んでるだけです。
食べ物以外のよけいな物はなるだけ摂りたくないのですが、これ以上エビオス減らすと朝のトイレが楽しくなくなるので。


・洗顔&洗眼

前の職場が、現場に鉄粉が飛んでいる劣悪な環境で、たった数年いただけで飛蚊症になりました。
目の痛みも感じるのですが、目医者は患者の言うことをまるで聞いてくれずあてになりません。
薬局で買った目薬も焼け石に水。
自分でできる対策として、数ヶ月前から洗眼を始めました。
入浴時、水を張った洗面器に顔をつけ、目を開けて上下左右に眼球を動かします。
寒いので、湯船につかりながらやってます。
それだけですが、眼の痛みは随分減りました。なので毎日かかさずやってます。
ついでに美肌によかろうと冷水で洗顔もしてます。


・ハブ茶

同じく眼にいいだろうと、これも数年前から飲み始めています。
いろんな健康茶があるでしょうが、これにしたのは「安かったから」。
朝食時、コーヒーをいれるついでにお湯を多めに沸かしてハブ茶を作り、ポットに入れておきます。
自分だけでなく家族も飲んでくれます。これとはっきりわかる効果は感じませんが、少なくとも身体に悪くはないでしょう。


・ヨーグルト
これも数年前から。体に悪かろうはずがないので。
おいしいので朝と晩に食べてます。1パック(450ml)が3日でなくなるペースです。


・酒粕

今の私のいちおしがこれ。
会社の人が体にいいというので、一ヶ月前から食べ始めています。
酒粕に含まれる酵素が体にいいとか、食前に食べると食物繊維が食欲を抑えるとか、いろんな効能があるらしいですが、あまり気にせず生のまま食べてます。
これも便秘にはいいらしいですが「エビオス」だけで間に合ってるのでそちらの効果はわかりません。
むしろ一時期、とんでもない時間にトイレに行きたくなりました。今は落ち着いたけど。

それより驚いたのが美肌効果です。食べ始めて2、3週間で明らかに肌がつるつるに。
そんな効果は期待してなかったのでびっくりです。今も日に日に肌のつやがよくなるのがわかります。おまけに最近は爪も丈夫になってきました。
今では男のくせに毎日お風呂で自分の肌を見てうっとりしています。
これを見た父も今では酒粕仲間になりました。
元々は父の腰痛対策として試し始めた酒粕なので、今のところ私のもくろみ通りです。美肌は予想外でしたが、これで父の腰痛も治ればめっけもん。
ついでに私の髪も復活しないか淡い期待をかけてます。
そう期待したくなるほど、酒粕の効果はすごいです。

これを読んだあなたも、だまされたと思って是非。

大阪の田舎者

私は大阪府民ですが田舎者です。
大阪は一般に都会と思われていますが、少なくとも私の住んでる町は田舎です。
今の職場こそ都会のド真ん中で、最初のうちは喜んであっちこっちとうろついていたものの、今はほとんど家と職場を往復するだけの日々。
都会のメリットを全然生かしてません。
要は根っからの田舎者なのです。


そんな私が珍しく梅田に行きました。
久しぶりに大阪にやってきた友人に「最近の大阪知らんから案内して」と言われたので。
根っからの田舎者はこういう時一番困ります。
困ったなりに、梅田にある「グランフロント大阪」というところに案内しました。
案内といっても私自身はじめてだったのですが。


小雨のそぼ降る日でした。都会なのでいくらでも濡れずに済む方法はあるはずですが、そこは田舎者。無意味に外を歩いて無駄に濡れて行きました。
(田舎者なので外の景色を見ながらでないと目的地に辿り着けない)
初めて行ったグランフロントは、やたら広かったです。
「ゴジラが壊すにはもってこいのビルだな」
などと思いながら歩いてました。
中のお店はもちろんおしゃれでしたが、自分には一生縁のなさそうな物ばかりでした。

だけど上の階のレストラン階は楽しめました。
田舎者でもご飯は食べますから。
ビルならではの見晴らしのよいレストランとか、いろいろ魅力的な店がありました。
そんな中、私と友人が行ったのは「近畿大学水産研究所」という、およそレストランらしくない名前のお店でした。
ここは近年ニュースなどで有名になった「近大マグロ」を食べさせてくれるお店です。
当初は友人とお好み焼きでも食べに行くつもりでしたが、
「お好みはどこでも食えるけど、近大マグロはここでしか食えん」
と意見が一致。
まだお腹は減ってないけど、嬉々としてお店に入りました。



私の注文した 海戦DON! 海鮮丼は、たっぷりのマグロとシマアジ、カンパチに鯛とブリの載った豪華な逸品。



18010502.jpg

写真じゃわかりにくいけどフツーにボリューム感ありました。

友人の注文したのはマグロとシラスたっぷりのシラス丼。



18010501.jpg

マグロはもちろん近大マグロです。
食感は少し柔らかすぎる感じですが、お味はGOOD!!
友人のシラスも少し食べさせてもらいました。和歌山から直送との事で見た目からして普段食べてるのより一回り大きい。普段シラスはあまり好きじゃない私も文句なしの美味しさです。
しかし一番美味しかったのはブリ。食べた瞬間「にま~っ」とヘンな笑いが出てしまいました。まあ旬だからね、仕方ないね。
シラス以外は全部養殖物だそうですが、どれも美味しかったです。
(鯛だけは、父に天然ものを散々食わされたのでそれと比べれば「う~ん」でしたが)

お魚だけでなく付け合わせから醤油からお店の雰囲気まで全てがお上品でよかったです。
今回はいただきませんでしたが和歌山の地酒など、養殖地の和歌山産の名品をいろいろ取り揃えていて、そういう意味でも魅力的。また来たいと思える店でした。
欲を言えば、間近にマグロが見られる水槽とかあったらなあ。


期待をせずに行ったグランフロントでしたが、近大マグロのおかげで楽しめました。
(書いててお腹減ってきた)
田舎者でも、たまに都会に行くのもいいかもね。


「サンマー」といっても麻雀じゃない

ども。
エトワ-ル☆提督です。
お久しぶりです。
例によってブログ絶賛サボり中です。

などといってる間に季節は巡り、やってきましたサンマの季節が。



17100601.jpg
サンマ漁の始まりじゃ!

毎年秋の恒例となりつつある秋刀魚イベント。
軍艦でサンマ漁を支援してそのおこぼれに預かる!? という、ウォーシミュレーションの何がどうしてこうなったのかイマイチ謎だが楽しければいいという、まあそんな感じのぬるイベです。
サンマを得ることで報酬ももらえますが、漁そのものが楽しいです。
艦娘たちもこの日のため気合はいったコスチュームで挑んでますし。
そんな中で今年度一番、我がハートを射抜いた釣り師は間違いなくこの娘だ。



17100602.jpg

 ん
  ま
   ~!


う~ちゃんこと卯月嬢のファッションセンスの見事さに提督は言葉を失いました。
ただただ素晴らしい。
それにしてもいつもながら、なんなんだこのゲーム画面はよぉ!?

肝心の釣果は現在20尾。
残り期間を考えればノルマの30尾は余裕でしょう。
(イベント期間限定で海防艦もドロップするそうですが、今のところゼロ)
まあ、気張らずまったりまいります。


ひるがえって秋の味覚であるリアルさんまのほうは今年は不漁だそうで残念です。
無理に鮮魚を食わずとも庶民の私は缶詰でじゅうぶんですが。
缶詰といえば「ちょうしたのかばやき」。
美味しいよね、あれ。
サンマの缶詰はちょうしたに限る。
一人暮らしの頃はしょっちゅう食べてました。
ところがここ関西ではなかなか見かけないんです。
ああ、むしょうに食べたい。
書いててよだれが出てきました。
(おいしいよね)


旅行としての8耐

しつこいですが、今回も8耐ネタを。

このレースを見始めてウン十年、当初はテントで寝泊まりしてました。
が、夏の鈴鹿はやっぱり暑い。
「なんで鼻の頭に汗までかいてテントで寝なきゃいけないのか?」
と気づいて以来、ずっと野宿してました。
(昔はそんな連中がけっこういたんです)

最近はそんな体力もなくなり、というか野宿が恥ずかしい年齢になり、ここ数年はホテルに泊まってます。今までサーキットの中だけで過ごしてきたので、外の街の空気を吸うのは新鮮な体験です。

今年泊まったのは四日市の駅前のビジネスホテルでした。



17073101.jpg

四日市って「空気が悪い」というイメージしかなく、実際昔は関東から観戦に来て市街を通っただけでも車内になんともいえぬ悪臭が入ってきたものです。
が、今はそういうイメージは一掃されました。
空気が普通に綺麗になっているのです。当たり前かもしれないけど、ちょっと感激。

しかし四日市、謎が多い。
街の至るところに「こにゅうどうちゃん」という全然かわいくないゆるキャラが幅を効かせていて相当うざい、とか。
駅前が予想より全然都会だった、とか。
(大阪でいうと堺よりよほど開けてる)
夕食を食べようと駅前の通りに繰り出せばことごとく飲み屋ばかりで、普通の食堂が異様に少ない、とか。
(結局デパートのレストラン街で食べました)
なぜか王将の料理がうちの近所のより美味しかった、とか。
満車なのに「空」と表示されてる駐車場がいくつもあった、とか。
(これはマジ困った)
まあ、知らないことがいろいろありますね。
また来たいかと言われたら微妙ですが、名物らしい「とんてき」は一度食べてみたいです。


いっぽうサーキット内でも小さな発見がありました。



17073102.jpg
サーキット内ゆうえんちの新アトラクション「ぶんぶんばち」です!

本当は春のファン感謝デーの時見ているのですが、その時は乗らなかったので。
ええ、もちろん今回は乗りましたよ。
だってここの二大アトラクションといえば「でんでんむし」と「ぶんぶんばち」。
その「ぶんぶんばち」が数十年ぶりに装いも新たに復活したのですから!



17073103.jpg

以前よりさらに子ども向けのアトラクションになりました。
が、なぜか一緒に乗った友人は怖がってました。
(たしかにハチの無表情な顔が怖いといえば怖い)




17073104.jpg

アトラクション以外の小物もおしゃれです。
さすがです。


「ぶんぶんばち」のアトラクション復活までには長いブランクがありました。
その間もその名を守り続けていたのが、
「ぶんぶんばちのパンケーキ」やさん。
美味しいのはもちろんですが、サーキット内とは思えないほどおしゃれでかわいいスイーツを提供してくれます。
今年はこの大物にチャレンジしました。



17073105.jpg

店員さんに
「パンケーキ5枚ですが大丈夫ですか?」
と念を押されふたつ返事でオーケーしたのですが。
おいしく食べられたのは3枚目まで。
4枚目からパンケーキが喉を通りません。
それより無尽蔵にあるホイップクリームを、身体が受け付けません。
身体中からヘンな汗が出るわ、頭の血が胃に吸い取られて貧血気味だわ。
「もう無理」
完食がモットーの私ですが数年ぶりにギブアップ。最後は友の/Pに協力してもらいました。
(/Pは「おいしいおいしい」と食べてくれました)
いや、本当に美味しいんですよ、最初はね。



17073106.jpg



17073107.jpg

友人たちの食べた料理も美味しそうでした。
だが私の選択に悔いはない!
(もう今年はパンケーキ食わないけど)


間違いなくいえるのは、鈴鹿に来るとメシが美味しい、って事です。
楽しく食べるのが一番ですね!


プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード