思わぬ収穫

数年前(ちょうどAnAnにいそしんでた頃)自分は全くといっていいほど読書をしない人間でした。
(年に数冊レベル)

その反動か、最近はほぼ週一ペースで読みまくってます。
とうとう書棚の本をほぼ全制覇してしまいました。
近所の古本屋にあった目ぼしい本もあらかた物色済みで、遂には父の本棚まで漁り始めました。
(『大尉の娘』という本がおもしろかったです)

そうやって飢えをしのぐ私の元に、ネットで買いあさった段ボールいっぱいの本がようやく届けられました。
(本棚が絶望的に足りないことには目をつぶろう)

美味しいものは最後にとっておく派なので、一番どうでもいい本から読み始めました。
そうしたら、その本が大当たり。
「通勤時間のひまつぶしにでもなれば」
と思ってましたが、いやいやどうして。



17050101.jpg
勅任艦長への航海(上)
パトリック・オブライアン著 高沢次郎訳 ハヤカワ文庫


本の内容を大雑把にいえば、ナポレオン戦争時代のイギリス海軍の船長の活躍を描いたフィクションで、いわゆる娯楽小説です。
なのですが、やたらと文章が上手い。
冒頭から始まる当時の軍艦内での生活の描写が実にこと細かく、まるで見てきたことのようにリアルで説得力があります。
圧巻は海戦のシーンで、古い言い方をすれば「手に汗握る」「血沸き肉踊る」。その興奮を文章だけで伝えてくれるその文才には、ただただ脱帽。このくらい文章が上手ければさぞ書いてて楽しいだろうと思えるほどです。
「艦これ」のような第二次大戦の頃とは全く違う、野蛮で凶暴でひたすら男臭くそしてかっこいい、そんな海の漢たちの戦いを、まるでその時代に連れて行かれたかのような臨場感で思う存分堪能できます。


それにしてもこれほどリアルな描写を書いたこの人は、いったいどの時代の人物なのか。
調べてみると、作者は1914年アイルランドに生まれ、その後英、仏に移住し2000年に亡くなっています。つまり書かれた時代の遥か後の人です。なのにこれほど迫真の描写ができるとは。
日本でいえば藤沢周平や山本一力といった大御所に匹敵する、歴史ものの大家なのでしょう。
と同時に、作者の育った地域には、日本などより遥かに濃い、帆船に対する憧憬が根付いているのだと思います。


私は子供の頃、イギリス人が書いた「アーサー・ランサム全集」という児童文学を読んでいました。子供たちだけで小さな帆船を操り冒険する話です。
それは平和な時代の話で海賊が出たり大砲を撃ったりはしません。けれど帆船やヨットの操縦や海での生活が驚くほどこと細かに書かれているのです。
私は上記の小説を読みながら、この児童文学の事を思い出していました。
イギリスやアイルランド(おそらくオランダあたりも)、そういった地域の人にとってヨットや帆船は日本の我々が考えるよりよほど一般的で人気のある娯楽なのでしょう。



オブライアン氏の筆の冴えはそこだけに止まりません。登場人物が実に魅力的なのです。
主人公のジャック・オーブリーは海の男としてはほぼ完全無欠で部下からすれば実に頼もしい人物ですが、一歩陸にあがれば借金取りにおびえ、ろくに日の目もおがめない男として描かれています。
その無二の親友であるマチュリンも、船医として頼もしいだけでなく多彩な知識人であり、同時に奇癖を持つ妙な男として描かれています。
二人を中心とした物語は当時の海軍のトップから場末のごろつきにいたるまで多彩な人物に彩られています。
そして娯楽小説でありながら、オブライアン氏の筆は時に人間の深みを巧みに描いているように思えます。まるで作者の人間としての深みが筆を通して滲み出たように。たとえ悪役を描いていても、そこには彼がそんな人間になるしかなかった哀しさが感じられる。
当時60近い作者の、優しく人間を見る目がそこには感じられるのです。

そこまで素晴らしい小説なのですが、要所で描かれるラブストーリー的な展開がもう「い~~っ!」となるくらいうっとうしい。
あれほど男らしいオーブリーが好きな女性の前では別人のように女々しくなり、愛し合う男女の気持ちは幾度となくすれ違う。陸にあがった時のこいつらの優柔不断さにはイライラして思わずページを読みとばしたくなります。
(たまに読みとばします)


そんなこんなはありますが、全体として上質の娯楽小説であることは間違いありません。
ひょっとしたらそれ以上の何かです。
このシリーズ、ハリウッドで映画になっているそうですが、見てみたいなあ。


最後に、訳者の方の素晴らしい仕事に感謝し、世界に埋もれた名作の数々を日本の読者に提供し続けてくれるハヤカワ文庫に感謝します。
(まさに「振り向けば『ハヤカワ』)
このシリーズまだまだ続きがあるそうなので、私が良書に困ることは当分ないでしょう。


真・今年出会った最高の本

以前このブログで言いました。
「今年読んだ一番面白い本は『ドン・キホーテ』です」と。
あれはウソです。
けど、嬉しいウソです。
それよりもっと素晴らしい本に出会えたから。

改めて紹介します。今年出会った最高の本はこれです。


16102201.jpg

『アンゲルゼ』全4巻
須賀しのぶ 著  コバルト文庫

全く偶然の出会いでたまたまこの本の4巻目(最終巻)を手にとったことは以前書きました。
その日以来、この本について語りたくて仕方なかったのですが、改めて全巻揃えて読み終えるまで控えていました。
しかし読み終えた今、いざとなると何も言えません。この本の内容をなぞったところで、自分のこの本への思いは何一つ伝わらないでしょう。
しかし、全身全霊で書かれた本だけが持つオーラを、私はこの本に感じました。それも読み進めるほどはっきり、その気迫が伝わってきました。いつまでも読み続けていたい。たった4巻で終わるなんてあまりにもったいない、そんな本でした。

仮に私の本棚の収容力がたった百冊だったとして、この本は間違いなくその書棚に残るでしょう。たとえそれが五十冊でも。
もし十冊しか入らないとしたら(そんな本棚は捨てますがw)それでもやっぱり、この本は残ってると思います。


この本の魅力をどうにか伝えたいところですが、あいにく私の知る他のどんな話にも似ていません。
ただ『アンゲルゼ』全4巻を読み終えた時の気持ちは、『天空のエスカフローネ』全26話を見終えた時の気持ちに似ています。
ふたつの物語の共通点といえば、どちらも極上のラブストーリーで、登場人物のほぼ全員が魅力的だというくらいですが。

誰かの作品を他の人の作品に例えることは、却って作者に失礼にあたる事かもしれません。
けれど今の私にはこれより上手く伝えることはできません。
そしてこれは『アンゲルゼ』に捧げる、私のせいいっぱいの賛辞です。

永遠の君に誓う

本に対する自分の姿勢が変わってきました。
以前は少しでも気に入らない本は読まなかったのですが、性根を入れ換え、少しでも興味のある本は読むようにしています。
(まあ、悪い事じゃないと思う)

読書量は増えました。弟に借りたり古本屋で見つけたりネットで買ったりして。おととしあたりまでの読書量が年に3冊ほどだったのを考えると見違える成果です。
但しこのブログで取り上げていないのは、そこまで心に残る本がなかったからなのですが。

そんな中、この本に出会いました。


16082501.jpg
『アンゲルゼ 永遠の君に誓う』
須賀しのぶ コバルト文庫

ネットを散策してた時、通りすがりのブログでこの本が熱烈紹介されていたのを記憶の隅で覚えていて、古本屋でたまたま見つけたので買いました。
(しかも最終巻)

何の期待もせず暇つぶしに読み始め、それまでのあらすじを知らない事もありただズルズルと読んでいたのですが、


そんなナメた読み方してごめんなさい

魅力に気づくのに相当時間がかかりました。が、終盤に差しかかる頃にはかぶりつくように読んでました。
(そして読み終えてすぐ2周目に突入)


シュミか? と訊かれたら、全然シュミじゃないです。
こんな暗くて残酷な話、自分は何で読んでるんだろう。
なんで作者はこんな話を書けるんだろう。
けれど優れた文章表現力が、そして悲惨な境遇を懸命に生きる主人公たちへの共感が、この本を手放すことを許してくれません。


細かい感想を書きたいのは山々ですが、今は読了直後で完全に打ちのめされ言葉がありません。
(必ず全巻買って読み直します)

「最高に素晴らしい作品」とも思えるし「一体誰のために書かれた本なのだろう」とも思うし「なんでもっと評価されないんだろう」とも思える不思議な本です。
そして「永遠の君に誓う」という副題はこの本にぴったりだと思います。
いっけん安っぽいラブストーリーを思わせる副題だけど、主人公たちの真っ直ぐで切ない愛を表現するのにこれほど似合う言葉はないと思います。

切なくて、残酷で、儚くて、それでいて癒されて、けれどやっぱり切ない本です。

晴天の霹靂


読書は嫌いではありません。でもあまり読みません。
沢山読むより、いい本が読みたいのです。
といって世間様がいう「いい本」をパラパラめくっても、大抵は私の心に響かない。そのままポイ捨て。運がよくても本棚の肥やし。
そんな本棚の肥やしの中にシェークスピアがあります。三十代で近松に目覚め、セルバンテスの魅力もようやくわかってきましたが、この大物は自分の琴線に触れたことがありません。
それが今朝、なんとなく買って放ったままの『マクベス』を読み流してみたところ、なんとすらすら気持ちよく読めるじゃないですか!?
まるでひどい便秘から開放されたような清々しい気持になれました。

自分が年をとったせいでシェークスピアが理解できるようになったのか!? それにしても51才で開眼とか遅すぎないか?
いや、どうやら年齢のせいではなさそう。
本文の後に長々と書かれた解説を読んで、その理由に気づきました。
この解説、非常にわかりやすく読みやすく面白い。いわゆる学者肌の文体ではない。
その解説を読み進めるうち、こんな一文が出てきました。

 ついでにいうと、ぼくの『子午線の祀り』という芝居は、

唐突に自分の好きな戯曲のタイトルが出てきて仰天し、慌てて背表紙を見ると、そこには紛れもなく 「木下順二訳」と明記されていました。
これで、自分が今までずっとシェークスピアが嫌いだった理由がようやく、分かりました。
今まで、いい訳本に出会わなかっただけなんだと。

今まで訳者なんか気にせずにいたのですが、よく考えたら、いや考えるまでもなく、海外本なんて訳がよくないと何の値打ちもないよね。


ともあれ、これで遂にシェークスピアという高い峰に挑む勇気が沸いてきました。
背表紙の『木下順二訳』を目印にすればOKなので気が楽です。

気に入った3冊(その3)

最近読んだ本の中から気に入ったものを取り上げてます。
3冊目はこれです。
私にとってはとても嬉しい一冊です。



16060703.jpg

『這いよれ! ニャル子さん』
逢空万太 GA文庫


何が嬉しいってね。
今まで何度となくラノベを読む事にチャレンジしては挫折してきた私が、初めて心の底から「面白い!」と思えたんですから。
まことにめでたい、記念すべき一冊ですよ。


読んだ事のある人、アニメを見た人ならわかってるでしょうが、はっきり言って「しょーもない」話です。無論それがいいのです。
「私がラノベに求めていたものはこれだ!」というわけではないのですが、とにかく楽しく読めました。『ハルヒ』も『ゼロ魔』も、その他いろいろ駄目だった私がなぜこれならOKなのか、どう違うのかが自分にも説明できませんが。
ひょっとしたら私の適応力が上がっただけかもしれませんけどね。


そういえばほぼ同時期に『織田信奈の野望』という本も読みました。これも意外と読めました。最初は読むのも辛かったのですが段々と慣れてきて、一見アホな主人公もこれはこれで一本筋の通った漢に見えてきました。やはりヒット作にはそれなりの理由があるという事でしょう。
『織田信奈』の方は続きを読みたいとまでは思いませんが、『ニャル子』は既に続きを読んでます。


なんとかラノベが読める身体になった自分を少しだけ褒めてやりたいです。継続は力なり。

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード