覚悟完了

エトワ-ル☆提督です。
明日からいよいよ秋イベ「レイテ」戦の始まりです。

提督業を始めて4年目になりますが、ここまで本気の運営は初めて見た気がします。
「朝雲」「山雲」に続き、この艦娘までがコスチュームを替えてきました。



17111501.jpg
「凛々しい」を通り越して「死装束」にしか見えません

自分は元々「最上」というフネが好きです。子供の頃にプラモを作ったこともあるのでなおさら。
(最高に楽しいキットでした)

なのに「艦これ」ではスペック的に冷遇されてきた「最上」。
「運営はもがみんが嫌いなのか」と思った時期もありましたが、それは愛情の裏返しだったと今気づきました。
のみならず、来る秋イベで「最上」を含めた西村艦隊勢(※)の厚遇ぶりは異常といっていいほど。
※レイテ戦役におけるスリガオ海峡夜戦に参加した「扶桑」「山城」「最上」「満潮」「朝雲」「山雲」「時雨」の7隻。



通常「艦これ」では6隻を一個艦隊としたパーティーで戦闘を行いますが、秋イベでは新たに「遊撃部隊」という新システムを作り、7隻同時参加ができるらしい。
これは明らかにスリガオ戦を想定しての事。
そこまでやるか。

運営の覚悟のほどはよくわかりました。
提督としても、よほど心してかからねば。
というわけで普段以上に気合入れて、イベントに向け準備を整えています。
資材やバケツの備蓄はもちろんですが、今回は他にも手をうちました。

・2隻目の「阿武隈」「北上」を用意
 前イベでお札の猛威を見せつけられ、2隻目の育成を決意しました。
 現在阿武隈セカンドがLv77、北上がLv68。育成を兼ねて通常海域にも出してますが、二人とも卑怯なくらい強くて便利です。

・夜間戦闘機/攻撃機の開発
 前イベ後に導入された新システム。 いちおう甲攻略するつもりでいるのでここも手抜きできません。
 ヘルキャットを育てるのにゼロ戦を生贄にするのは抵抗ありましたが。
 あと13号電探が足りなくて困りました。最後は「開発は日に4回」という掟を破り、大淀さんに残業して作ってもらいました。
 手にした機体はF6F-3NとTBM-3Dのみ。さすがにF6F-5Nまでは手が届きません。

・育成
 戦闘艦艇はほぼ育成済みです。



17111502.jpg
但し、前イベでいただいた艦娘や二隻目のあぶきたの育成はイベ直前まで続けます。

・装備数の整理
 イベントに出るためには装備数に余裕がないといけません。イベント前に断捨離しないと。
 実は毎回、これが一番大変だったりします。
 今回は駆逐艦に載せてる九三式ソナーを大量に集めて四式ソナーの肥やしにしました。
 (駆逐艦には余ってる爆雷を載せた)



さあ、準備は整いました。
提督も覚悟完了です。どんと来い!

ニコニコでアマゾン

レンタル屋で借りた『仮面ライダーアマゾン』のDVD、ほぼ連日のように見てました。
面白かったです!
が、どういうわけか全4巻中の4巻目のメディアの調子が悪く、どうにも再生できません。
(弟が言うには「子供向けのレンタルDVDは傷が多い」そうです)

きっと『アマゾン』を見て興奮した子供がDVDに噛みついたのかもしれません。
それでも続きが見たくて、ダメもとで居間のDVDプレーヤーに入れたらなんとか再生できました。
(19話は、なんか飛び飛びの再生になったけど)

居間で親の冷たい視線を受けながら仮面ライダーを見るのはなかなかの苦行でした。
20話を見ている最中に「昔の仮面ライダーはしょぼいなあ」と言われた時は、思わず
(ニンゲン キライダ!)
と思いましたが、母に大切断を食らわせるわけにもいかず、耐えながらの視聴となりました。
そうまでして見た20話は感動でした。

しかしそれ以上の羞恥プレイには耐えられず、21話以降は見てませんw
最後、ゼロ大帝はどうなるんだろ?
(まあ死ぬんでしょうが)
いいんですモグラの活躍さえ見れれば。チュチューン!


それはそうと、普段はブログを書かない時間にこうしていそいそブログを書いてるのは、今すぐ伝えたいことがあったからです。

現在、ニコニコ動画で『仮面ライダーアマゾン』無料配信中です!!

今はちょうどモグラ獣人が登場する5話が放映中。まだ間に合うかも!
週に一話ずつ放送するので、私ももう一度じっくりとモグラの活躍を味わうつもりです。
(ゼロ大帝の最期も見届けないと)


蛇足ながら『アマゾン』は面白いですね。5話ではアマゾンが人間不信に陥るさまが生々しく描かれ(新宿でのゲリラ撮影は真に迫るものがある)、ドラマとしても優れてると思いました。
ちなみに私のお気に入りの回は11話です。
幼い頃の伊藤つかさちゃんが出てるからw
しかもまぶしいおパンツ姿まで拝見できるとは!?
(初見の際はあまりの僥倖に意識が混濁しました)

昭和テイスト満載の異色ライダー『アマゾン』、今からでも是非ご覧あれ。強くお勧めします!


望まぬ戦い

こんばんは、エトワ-ル☆提督です。
苦しかった夏イベ。今もその傷は癒えていません。
現在我が鎮守府は資源やバケツの確保に全力を挙げています。
平行して、ゲットした艦娘の育成、装備の改修にも励んでいます。
全ては来るべき秋イベのために。


通常、難易度の高かったイベントの次は比較的楽なイベントが来るものです。
そう思い、わりと気楽に構えていたのですが。
しかし秋イベにむけて流れてくる情報は不穏なものばかり。
そして先日(25日)のメンテナンス明けに、不安は現実となりました。

・「満潮」のさらなる改装
・第八駆逐隊任務
さらに新任務等に並んだ「捷一号作戦」「西村艦隊」「スリガオ」の文字。


次イベは「レイテ」だ


日本の軍艦が大好きな私が、その名を聞くのも嫌な海戦が3つあります。
「ミッドウェー」
「マリアナ」
「レイテ」。
どれひとつとっても耐えがたい負け戦でした。
ミッドウェー沖海戦は戦いの行方を大きく変えた一戦。
マリアナ沖海戦は、戦いの行方を決定づけた一戦。
そしてレイテ沖海戦は、負けるべくして負けた一戦ではないでしょうか。
マリアナ沖も冷静に見れば勝ち目のない戦いでしたが、少なくとも当事者たちは「勝算はある」と思って戦ったはず。
しかしレイテは違う。作戦を立てた人たちでさえ「これでアメリカに勝てる」とは思わなかったでしょう。

戦争の目的が「敵国に勝つ」という事なら、マリアナに負けた時点で日本の勝ちはなく、これ以上戦う意味はない。
それでも戦ったのは「負けの形を作る」「敵に一矢報いて講和を有利に持ち込む」という「政治的判断」なのでしょうが、結果的には全く失敗に終わります。
時の指導者が強力なリーダーシップと合理的な考えを持っていれば、そもそもこんな戦いは不要で、無駄に国力と人命を失わずに済んだかもしれない。
そう思うと「レイテ沖海戦」という戦いには虚しさ、哀しさしか感じません。
そのレイテを、戦わなきゃいかんのか。


わが艦娘たちは、そんな中でも戦いに向け着々と用意を整えています。


17102701.jpg
「朝雲」の雄姿


17102702.jpg
そして「山雲」

コスチュームを変え、早くも次の戦いへの気概を見せる二人。
普段見せない凛々しい表情は嬉しくもありますが、白い鉢巻きをしたその姿はむしろ痛々しい。
提督としては胸が痛む思いさえします。

夏イベが大変だったので、
「秋イベは早々に手を抜いて楽しよう、丙提督でいいや」
などと思っていたのですが、こうして艦娘の覚悟のほどを見せられると、提督としてもやるしかありません。
望まぬ戦いでも、戦う以上は全力で!


秋の夜長にチュチューゥ

長雨が続く今日このごろ。
雲の切れ目をつき、レンタル屋でDVDを借りてきました。
タイトルは「仮面ライダーアマゾン」。
きっかけはシャオティエンさんのブログでした。
先頃、俳優の槐(さいかち)柳二さんの訃報を聞いたばかりですが、その槐さんが「アマゾン」に出てくるモグラ獣人の声をあてていたのだとか。
(全然知りませんでした)
これは
「この際だから『アマゾン』を見ろ」
というバゴーの御告げに違いない。
そう思って借りてきました。


「アマゾン」本放映の時、私は小学5年生。
本来なら見ていて当然の世代なのですが…
確かに見てました。というかTVはついてましたが、どちらかというと弟につきあって見ていた程度。
そもそも我が家は兄弟揃って特撮には冷淡な家系でした。
(ついでに言えばアニメもあまり見なかったし時代劇とか全然見なかったし、要するにあまりテレビを見なかった)
思えば学校でも「アマゾン」の話題はあまり出ませんでした。同級生がライダーを熱心に見ていたのってV3までだったと思います。
ひょっとすると私がライダーや特撮に興味なかっただけかもしれませんが。

久々に、ある意味初めて本腰入れて見た「アマゾン」。
モグラ獣人が見たい(というか聞きたい)という不純な動機で借りたので、そこに辿り着くまで退屈かもと思ったのですが、意外にも面白く見れました。
数年前に「V3」を借りた時は数話で飽きたのですが。
子供の頃は「全然ライダーらしくない」と思ったアマゾンが、今は新鮮に写ります。
異国の地から言葉もわからずやってきたアマゾン=山本大介の姿。
ライダーとしては異色作でありながら、ヒーロー物の王道である「孤独なヒーロー」の姿はむしろ鮮明に描かれています。
というか大介かっこいいし!
裸で絵になるヒーローって、日本じゃ珍しいよね。

そしてなんといってもストーリーに彩りを添えるのが、我等がモグラ獣人。
初登場時は意外にかっこよくて強そうなのですが、見れば見るほどかわいく思えてきます。
何よりも「チュチューゥ」というあの鳴き声に癒されます。
なんかモグラ獣人に惚れそうです。惚れました。
彼は準レギュラーという事で終盤近くまで登場するらしい。
これは「アマゾン」最後まで見れます。余裕です。今年の秋の夜長は「アマゾン」で楽しみたいと思います。
チュチューゥ。






まさかの5回目

去年の12月以来、『この世界の片隅に』を映画館で4回見ました。
私的にはぶっちぎりの記録です。
さすがに5度目はない、と思ってました。
しかし突如として、その5度目を見に行く日は来たのです。



その日なにげなくネット情報を見ていたら、片渕監督が映画館でトークショーをやると書いてある。
「おお、まだやってるんだ」
いいなあ、うらやましい。近ければ見に行くのになあ。
場所は… 十三!? 充分行ける距離やん。
日付は…

「今日かよ!」

今しがた作ったばかりのカレーを掻き込むように食べ、映画館の住所だけメモして家を出て、飛び乗るように電車に乗りました。
人間、時には勢いも大事です。

チケットの購入は当日のみ窓口での直接購入。
販売開始時刻には間に合いません。ダメでもともと。
それにしても十三なんて今まで一度も降りたことありません。学生の頃は毎日のように通りすぎてはいましたが。
初めての駅に降りるのはドキドキするものですが、この日はとりわけそうでした。
雑然とした駅前を通り抜け、目指す映画館に着きました。
そこはどうみてもうらぶれた歓楽街のド真ん中。
映画館そのものも不安になるくらい小さくて。
(あのテアトル梅田よりも)
そこには同じ目的の数人のファンが並んでました。
どうやら間に合ったみたいです。
駄目だった時の計画もいろいろ考えていたのですが、杞憂に終わりました。


映画が始まるまで時間があったので、十三の商店街をぶらぶらしました。
なんというか予想通りの町並みでした。
飲み屋が多いです。ビールが安い! さすがに昼間から一杯ひっかけるつもりはありませんでしたが。
映画館に戻り、5度目の鑑賞をしました。
(何度見ても、いいものはいい)
そして待望の片渕監督登場。
少しお疲れのご様子で心配になりました。私用で腰を痛めたとかで、しかもこのあと福山でのイベントもあるのだとか。
公開から一年も経つのに、どれだけ忙しいんですか!?
しかし監督としてはここまできたんだからなんとかロードショーを一年続けたい、という思いが強いご様子でした。そのためならば苦労もいとわず全国各地飛び回るということなのでしょう。
そんな監督にサインと握手をしてもらい、元気とやる気をいただきました。
監督ありがとうございました。そしてお疲れさまです。


丸一年のロードショーに向けて応援したい気持ちは山々ですが、さすがに5度も見れば充分すぎます。
もし見に行くとしたら…
東京などでやっている「極音上映」をこちらでもやってくれたら、6度目も見に行くかもしれません。この映画、音にも相当こだわっているらしいので。
この映画だけじゃなく、機会があれば『ガルパン劇場版』や『マッドマックス』も極音で見に行きたいものです。


プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード