『アナ雪』を見た日

先日、テレビでやってた『アナと雪の女王』を見ました。
自分にとってディズニー映画は意地でも見ない映画の最右翼ですが、『君の名は。』以来「迷ったら見る」を心がけているので。


見始めて30分はただ苦痛。
「なんでもかんでもセリフで説明かよ」
席を立とうと思う気持ちを何度も押さえつけました。
アナの仲間にクリストフやオラフが加わった頃から感情移入して見れるようになり、それ以降は楽しく見れました。
派手なオーバーアクションや洋画アニメのキャラクターへの違和感を覚えつつも最後まで見たのだから、日頃ディズニーを毛嫌いしている私にとってはそれだけでも称賛すべき映画です。
脚本は楽な方に逃げてる箇所があると思うし、あざとい悪役(他国の重臣)が出てくるあたりが古くさく思えましたが、「売れる映画とはこういうものなんだ」というのは社会勉強になりました。

隠れ『雪の女王』(ソ連アニメ版)ファンとしては、『アナ雪』と『雪の女王』が全然似ていない事にホッとしました。
似たようなアニメだったらどちらかに優劣をつけてしまうだろうし、
(万一『アナ雪』の方が優れていたらショックで寝込んだかも)
幸い全く別物だったので、安心して2つのアニメとも好きと言えます。
多くの人に称賛されるほどの傑作だとは思いませんが、普通に面白かったです。
そして「あざとい」とわかってはいても、オラフには惚れざるを得ない。
(それにしてもあざといなあ)



むしろ私よりも一緒に見ていた母の評価のほうが辛口だったかもしれません。

「歌、いらんやん」

ミュージカル映画にそれを言っちゃあおしまいかと…




ゆるして

そういえばエトワ-ル☆提督ですこんばんは。
言い忘れていた事がありました。



17030201.jpg
潜水艦 伊13

冬イベ終了間際にこの娘が仲間に加わりました。
もうあきらめていたのだけど。

ラスダン以来2度目のS勝利の際に来てくれたのです。
その際、大井っち(連撃仕様)が夜戦で敵ボスに200over×2のダメージを叩き出し、後詰めの北上さんに出番を渡しませんでした。
改めて、ハイパーズつえ~わ。


終始マイペースの冬イベだったのに、新艦娘コンプリートしてしもうた。
すんません。こういう事もあります。


宮崎監督復帰の噂に思う

数日前、新聞を読んでいたら気になる記事が載ってました。

「アニメ監督の宮崎駿さんが引退を撤回」

あくまでも鈴木プロデューサーによる談話で監督本人が言ったとは書かれていないものの、一般紙に載っているのだからかなり確実な話なのでしょう。
これが一年前だったら諸手をあげて歓迎なのですが、今は少々複雑な思いです。


去年はアニメ映画の当たり年でした。
私は『君の名は。』と『この世界の片隅に』しか見てませんが、他にもヒット作、話題作、そして良作に事欠かなかったようです。
なんだかんだで日本のアニメでは別格だったジブリ作品。でも、もはや宮崎/高畑監督だけが特別ではない。同等の高いクオリティを持った作品を作れる監督は他にもいる。それを示してくれたのが2016年という年だったと思います。
それが見えてきたこの時期に、宮崎監督の引退撤回。

監督がやる気なのはいい事だと思います。
宮崎さんがひとりでアニメを作るのなら。

問題は、アニメはひとりじゃ作れないという事です。
ジブリが動くと業界が揺れるという事です。


数年前にジブリが制作を止めて、子飼いにしていたアニメーター達が解き放たれた。
『君の名は。』や『この世界の片隅に』といった良作には、こういったアニメーターの方々が少なからず関わっているといいます。
言い方を変えれば「ジブリがなくなったからこそ去年のアニメ映画の盛況があった」と言えなくもない。
そういう人たちが宮崎さんの鶴の一声でまたジブリに戻ってしまう。
(宮崎監督に声をかけられたら「いや」とは言えませんよね)


はっきりいってジブリは作るのが遅い。
それだけの期間、有能な人材が拘束されてしまう。
それで傑作が作れるならばそれでもいいと今までは思っていました。
けれど昨年、ジブリ級の(ある意味それ以上の)アニメ映画が複数作られるのを目の当たりにして、見方も変わりました。
宮崎監督に有能なアニメーターが引き抜かれるのは、今のアニメ界にはマイナスじゃないのかと。


ええ、はっきり言いましょう。
私は心配してるのです。
『この世界の片隅に』の拡張版が見たいのに、それが叶わなくなるんじゃないかと。
宮崎監督には、切に願います。
どうかその時まで、引き抜きを控えてほしいと。

間際のチャレンジ

エトワ-ル☆提督です。
「艦これ」2017年冬イベの大詰めです。
E3海域のゲージは削り終えました。
いよいよラスダン突入です。
(果たしてタイムリミット間に合うのか)



17022701.jpg

敵を見ると気の毒になってしまいますが
ここは心を鬼にして!



17022702.jpg

ボスマスに辿り着き激戦。
ここまではいくんです。ここまでは。
問題はこっから。
夜戦前半で取り巻きを排除、しかしボスは固い。
あとは北上さまのカットインにかけるしか。



17022703.jpg

カットイン来た!
祈るような思いで、いや本当に画面に向かって祈ります。
なまんだぶなまんだぶ、なまんだぶ!



17022704.jpg

目を開いたら、目の前に信じられない光景が。
えっ? えっ! ええ~~っ!?

本当に ボス死んどる

ラスダン一発クリア!
こんなの初めてですよ!!
ああ北上さま、北上様、北神さまぁ~~!



17022705.jpg

大戦果をあげても飄々とした顔つきの北上さま。
改めて惚れちゃいます☆

百年兵を育てるは、いや3年半雷巡を育てるは、この一瞬のため。
久しぶりに血沸き肉踊る興奮を味わいました。
うはははは、これだから戦争はやめられんわ。



17022706.jpg

半分あきらめていたクリア報酬の伊14をゲット!

さらに時間の関係であきらめていたE2堀りを実施したところ、



17022707.jpg

2周目で藤波嬢もゲットです!
この日の私、ついてるなんてもんじゃない!!



この後、E3で伊13堀りをはじめました。
(現在も進行中)
しかしあれ以来一度もボスを倒せてません。
そんな実力でラスダン一発クリアって、どんだけラッキーだったのよってことですね。
資源は相当減ったし、伊13にも会えそうにないけど、今回これだけの幸運に恵まれては文句いえませんね。
せいぜいもらった艦娘を大事に育てたいと思います。





スローペースもほどがある

エトワ-ル☆提督です。
イベントも後半戦、いや締日まであと数日というのに、まだのんびりと攻略をしております。
残る海域はE3ただひとつですが、例によってギミックやらなんやら、クリアしなければならない問題が山積み。ああ人生そのものだ。



この海域でやらねばならぬのは、まず彩雲2機を用意すること。

17022501.jpg

2機分の彩雲をバラします。
(もちろんそのためには彩雲そのものが必要)
手持ちの彩雲に予備はないので、イベントをこなしながら作りました。



バラした彩雲はトラック方面に輸送します。
空母ではなく、なんと潜水艦で!

17022502.jpg

負け戦もいいところです。
ゲームだからいいけどリアルでこんな事…
してた人たちがいるんだよなあ(泣



17022503.jpg

その先(Iエリア)の敵を撃退しないと任務クリアにはなりませんが、ローちゃんが張り切って一発クリア。
S勝利で幸先のいいスタートです。



これでようやく本来の敵ボスへの攻撃が可能になります。
が、ボスを弱体化させるギミック解除もしなくては。
このギミック解除が大変でした。
先ほどのIエリアで再度S勝利すればいいのですが…
その1勝が遠かった。
(途中で出撃回数を数えるのをやめました)



数日後、ようやくギミックを解除して敵ボスにご対面です。

17022504.jpg

なんかもう、ぐちゃぐちゃですわ



17022505.jpg

敵ボス戦は阿鼻叫喚。
力任せに叩きにいけばいいので、ある意味楽といえば楽です。
少なくともゲージは削れます。たとえ一歩ずつでも。
しかし最後に敵ボスを叩くことが果たしてできるのか?
何度挑んでもS勝利はおろか一度もボスを撃沈できてません。

今にして思えば、E2に「千歳」「千代田」を投入してしまったのが致命的失策でした。
どうにもこうにも制空権が取れません。
そして迫るタイムリミット。
どうなる、エトワ-ル☆提督!

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード