押し納め2010

こんばんは。
というか年の瀬が迫ってきました。
今年最後のブログを今から書きますが、除夜の鐘との競争になりそうです。


不要な外出をためらうほどの寒風の中、それでも完全防備で自転車漕いでゲーセンに向かいました。ほとんどビョーキだね。
でも押さないまま年を越すと悔やまれそうで。


ゲーセンではいつものメンバーが温かく迎えてくれました。
最近は行く理由の半分は仲間に会うためだったりして。

さて1クレ目
10123101.jpg
2位以下で降格です。

東京勢を敵に回しての戦い。関西の血が燃えます。
予選は、早押し/山分け/テクニカル。
2Rの山分けでは初っぱなの競馬問を勘で答えて単独正解。馬ヲタと思われたかなあ、だとしたらクヤシー! 勝っても負けても競馬問は好きになれません。
ともあれ前半の貯金で決勝進出。
セミプロさんに勝ってSS1にしがみつきました。



2クレ目
10123102.jpg

予選は、連想/山分け/早押し。
最近あまり出くわさない連想ですが、どんなに負けても嫌いになれない形式です。今回は調子よかったです。
前半はよかったものの、逆転Rでは上位勢と戦う際によく起こる「気がつくと抜かれてる」現象に遭遇、3位で予選落ちです。
SS2に降格しました。勝負はここからだ。



3クレ目
10123103.jpg
んあ!? 一気にやる気なくなるCPU×2。
この日は他のサテでもCPU多かったです。
大晦日くらいさっさと家に帰れ、というセガさんの温情でしょう。私もクレがなくなり次第撤退するとします。
このクレ、せめてお隣と決勝に行きたいなあ。

しかし願い叶わず。
2RでCPUが本領を発揮。ええもちろん積み重ねです。
痛めつけられた人間側は逆転Rで必死の抵抗を試みますが、這い上がれたのは私だけでした。
決勝はマルグレーテ様に連想を投げられました。
最近のCPUは分をわきまえた戦いぶりで、優勝できました。



今年最後の、4クレ目
10123104.jpg

形式は、早押し/積み重ね/テクニカル。
戦いは終始Sプロさんの圧勝。
私も前半は着いていきましたが2Rあたりで息切れ、逆転Rではセミプロさんの追い上げを凌ぐのがやっとでした。
3位に不満はありませんが、稼ぎ頭だった積み重ねに不調が続くのが気になります。



今年最後のAnAn はこんな感じでサラッと終了。
来年早々相当押しまくると思うので、今は敢えて控えめにしました。
来月の目玉はなんといっても「学問の塔」。歴地社&自然科学の両刀使いの私にはたまらんイベントです。

今年も楽しく押せました。
来年もみなさんと1戦でも多く遭遇できますように。
それじゃ、よいお年を
    by エトワ-ル☆

「氷上のふたり」(続き)

こんにちは、エトワ-ル☆です。
ようやく仕事から開放されたと思ったらもう大晦日。
部屋は散らかったままだけど片づける元気などありません。今日もスーパー銭湯行ってこようっと。
その前にブログ更新。

「氷上のふたり」というドキュメンタリーの感想の続きです。



シングルとはいろいろ違う、フィギュアスケートのペア競技。
この番組を見ていて一番の違いを感じたのが精神面です。
もうシングルとは全く別競技。
というより他のどんなスポーツにも似てません。

男女でペアを組む競技はほかにもあるし二人で息をあわせるのは大変でしょうが、フィギュアにはそれ以上のものが求められる。
それは「愛情」。
インタビューでもその事が繰り返し語られていました。



私エトワ-ル☆は「愛」という言葉が嫌いです。
流れ作業で作られたようなドラマでこのセリフを聞くたび、プレス機で生産されたような流行歌でこの言葉を聞くたび、TVのチャンネルを替えたくなります。
(そして替えます)
「この脚本家(作詞家)は相当煮詰まってるか、元々才能がないのだろう」と思います。大抵は後者でしょう。
やたらと「愛」という言葉を使うのは、実力もないのに強力なスペルを使おうとする魔法使い見習いのようで、ただただ見苦しい。
本来は崇高だった言葉なのに、今ではこれほど安っぽい言葉はない。エトワ-ル☆はそう信じてはばかりません。



そんな私ですが、この番組で何度となく語られる「愛」には何の違和感も持ちませんでした。
彼らの語る「愛」は目の前の現実そのもの。
愛情が表現できなければメダルが取れない。
そんな具体的で切実なもの。生活や将来に直結して切り離せないものだから。

そんな彼ら、彼女らの心情は、インタビューから絞り出されるたどたどしい言葉で想像するしかありません。
そのインタビューですが、主人公であるマーニャとアリョーシャよりも、ライバルであり当時ロシアのペアの頂点にいたアントン・シハルリドゼとエレナ・ベレズナヤの言葉のほうが重く感じました。
(録画してないのでうろ覚えですが)

「たった4時間の練習の中で(彼女に対する様々な思いは)普通の人の一週間に相当するだろう」
「いっそ好きにならないほうが、なんとも思ってない人と演技するほうが、どれだけ楽かと思う」

長い時間をかけパートナーと積み重ねた、重く、辛く、かけがえのないものが、単なる奇麗事ではない深い思いが、言葉の端々から伝わってきました。



好き嫌いで決められない相手とペアになり完璧なユニゾンを目指す。
それはまるで顔も見たことのない許嫁(いいなずけ)と結婚させられるような時代錯誤を感じますが、むしろある意味それよりもっと理不尽。
ふたりに強要されるのは、形だけの結婚や子孫を残すための肉体関係とかじゃなく、プラトニックな愛だから。
とてつもなく純粋なのに、何かが根本的に歪んでいる。

考えれば考えるほどものすごい世界です。



その精神面で、主人公のマーニャとアリョーシャはまだ(この時点では)アントン&エレナ組に追いついていない様子です。
試合前日になってもシンクロ率はシンジ君とアスカ並み。
「ええっ、こんなので試合に出るの?」
と素人の私が思うくらいだから、コーチはさぞ大変でしょう。
しかし本番では二人の息がバッチリ決まってて笑いました。まさにエヴァ九話。
技術的には元々トップクラスだったのでしょうね。

いっぽうアントンとエレナのペアは素晴らしい演技で試合を終えました。見ていて息がつまるものがありました。ペアで観客に感動を与えるためには、ここまで自分の心を追い詰めないといけないのかと胸が痛くなるほど。


番組は、二組のペアが共に五輪のロシア枠を獲得したところで終わりました。淡々と4人を追い、判断は視聴者にまかせるという秀逸なドキュメンタリーでした。録画できなかったのが残念ですが、いいものを見せてもらいました。
(その後マーニャとアリョーシャは結婚し、今年子供を授かったそうです!)



純粋かつ歪んだ愛の世界。
これって少女マンガの絶好な素材だと思うんですが、誰かとびきりのものを描いてくれないかなあ。
川原さんの『銀のロマンティック…』は好きだけど、犬に4回転教えてもらうような話じゃなくも少しリアル路線のが読みたいっす。
どなたか是非ともお願いします。
(既にあるけど私が知らないだけかも)

「氷上のふたり」

弟のゲームで「龍が如く」の体験版をやりました。
正確にはその中のミニゲームの「Answer×Answer」を。
「体験版のそのまたミニゲーム如き、完勝してくれる!」
とヘラヘラしながらやりましたがCPUの容赦ない確定前アタックに連敗続き。
おまけにやたら出てくる「龍が如く」問(スペシャルジャンル化されてた)に翻弄され、おかげで随分鍛えられました!?


そろそろ本来のAnAnネタを書きたいところですが、今しばらく仕事が忙しく押せそうにありません。
無理にこの体調で行ってもボコられるだけだし。
そんなわけでまたフィギュアネタですスミマセン。

10122901.jpg
AnAnファンのみなさまには
またのご来店をお待ちしております




さて。
もう2週間も前ですが、NHKのハイビジョンでフィギュアを題材にしたドキュメンタリーをやってました。
「氷上のふたり」という、2002年に放送された番組の再放送です。
面白かったので感想を書きたかったのですが、2時間枠の大作なので感想も長たらしくなってしまい、ずるずる遅れました。
長いので2回に分けます。

このドキュメンタリーの主役は、ソルトレイク五輪を目指すロシアのペア、マリア・ペトロワ&アレクセイ・ティホノフ。(番組中の呼び名はマーニャとアリョーシャ)
オリンピックの出場権をかけロシア杯に臨む、日々の練習風景をカメラが比較的淡々と追いかけます。
ペアのことはほとんど知らないので、全てが新鮮でした。

当たり前ですが、シングルとペアって違いますね。
シングルは男子も女子も上半身はスポーツ選手と思えないほどほっそりしてるけど、女子をリフトしなきゃいけないペアの男子は上半身ムキムキ。
驚いたのは女子も腕力を鍛えてること。突っ付いただけで倒れそうな華奢な女の子が、重量挙げのバーベルにつけるような15キロの重りを両手で振り回してました。
ペアには、女子が男子に投げ上げてもらって跳ぶ「スロージャンプ」という大技がありますが、遠く高く跳ぶためには男子の腕力だけでなく女子も男子を突き放すようにしないといけないそうです。
むかし伊藤みどりが佐野稔に冗談半分で「佐野さんに投げてもらったら5回転跳んじゃいますよ」と言ってたそうですが、そう単純な話じゃなさそうです。
(それでもみどりさんならできそうで怖いけど)


そうしたフィジカル面の違い以上に大きいのが精神面なのですが…
ここから話が長くなるので次回に続きます。

至福のエキシビション

全日本フィギュア、終わりましたね。
リアルタイムで見れず先に結果を知ってしまい残念でしたが、エキシビションはしっかり見ました。
もう、出演者全員ブラボー!
エキシビ用プログラムもよかったけど、アンコールで滑っていたショートプログラム(一部)がよかった!
緊張した試合での演技もいいけれど、リラックスしたエキシビの演技は見ていて楽しかったです。演技が自然で迫力がありました。
絶頂期を迎えた日本のフィギュアスケートの力を目の当たりに見たという感じでした。

しかも今回の大会はジュニアの活躍も光ってました。特に女子ショートではシニア勢が安全策を取る中次々と3-3を決めるジュニア勢の元気よさは爽快。日本フィギュア、当分は安泰のようです。

3月に東京で行われる世界選手権も楽しみです。
選ばれた男女6人は誰が優勝してもおかしくないレベルの選手ばかり。表彰台独占も夢物語ではなさそう。

とある年末の一日

日曜なのに、誕生日なのに駆り出され夜11時まで仕事して、唯一楽しみにしてたフィギュア全日本女子フリーを見ようとしたら録画失敗。
録れてたのは前半だけ、優勝候補の演技は鈴木明子しか見れませんでした。
仕事中ラジオをつけないでくれと情報統制までしたのに。

しかし捨てる神あれば拾う神あり。
弟が気を利かせて後半を録画してくれてました。
(ありがとう!)
おかげでほぼ全容を見ることができました。
村上佳菜子と浅田真央以外はorz

今からYouTubeで見てきます。

2クレだけの週末(おそらく)

こんばんは、エトワ-ル☆です。
こんな時間にブログの更新は珍しいのですが。
土曜日、2クレだけやりました。



1クレ目
10122501.jpg

1R:奪取
いつも「つられ押し」が有効すぎでつまんないので、少し意地をはってみました。
案の定ひとり置いてけぼり。
しかしラス問が誤答合戦となり、ペナルティのタイミングがずれてた私がラッキーな正答で2位に滑り込めました。
この作戦は有利ではないかもしれないけど、つまらないこの形式で少しは楽しく戦える方法かもしれません。

2R:積み重ね
久しぶりにこの形式で満足の行く戦いでした。
結果は2位。

逆転R:早押し
ブロンズさんがぶっちぎりの1位で私が続きます。
しかし薄々予想してた通り、右端のSSプロさんが怒濤の追い上げ。結果は3位止まりでした。しかし充実した戦いができたと思います。
このクレはクリスマス対戦のせいか非常にブラボーが多く楽しいクレでした。対戦者のみなさん、サンキュー!



2クレ目
10122502.jpg
写真がキチンと撮れてないのは集中できてない証。

1R:テクニカル
自分だけがわからない問題ばかり続きます。
ラス問もわからないながら、押さなきゃ4位なので無理押しして3位。

2R:積み重ね
最近は得意と言えなくなってきたこの形式。
私以外が同点1位です。ギャ~ッ!

逆転R:早押し
このクレは終始わからない問題ばかりでした。
何もできずに最下位です。



頑張って登ってきたのに、短いSS1滞在になりそうです。
日曜日は仕事なので、多分今週末はこの2クレだけになるでしょう。
去年はサブカで誕生日斬りを配ったんですが、今年は無理そうです。

不公平なサンタさん

今日から始まる全日本選手権に向けたフィギュアネタを書こうと思いつつ今日まで来てしまったエトワ-ル☆です。
書き終える前にAnAnしてきました。
そんなわけで、今朝の参戦記です。


毎月給料日に銀行とゲーセンをハシゴする習慣なので、イブの参戦は偶然。しかしせっかくなのでサンタ刺客を斬って称号を手土産に帰るつもりです。

1クレ目
10122401.jpg
釣れたのはサンタはサンタでもアレキサンタでした。
まあいいか(よくない)
このクレは昇格(2位以上でSS1)に専念しましょう。

特番サバイバルとなった1R序盤は私とSプロさんが好調でしたが、ダメージが×2になってからAプロさんが猛然とダッシュ。そのままの勢いで2Rも突っ走る。
お尻に火のついた私は2Rラス問で仕掛けますが、敢えなく誤答。CPUに続く3位でした。
このところどうも昇格戦に弱いです。



2クレ目
10122402.jpg
今度はオレンジではなく赤い人を引いてしまいました。
よく見りゃリーマスに囲まれてます(わーい!)
3位以上で昇格ですが、危ういです。

1R:テクニカル
グロマッチのわりには押せたほうです。2位タイ。

2R:山分け
一瞬集中力を欠き、初問で誤答。以下ずるずる(4位)。

逆転R:早押し
どうみても負けパターン… と思いながら押してましたが終盤に単独正解してブロンズさんに追いつきました。
昇格をあきらめかけてたのでホッとしました。
隣のサテに来た刺客に気を取られて集中が途切れ、決勝はワンサイドゲームでした。



3クレ目
10122403.jpg
「戻ってきた」というには久しぶりすぎるSS1。

1R(奪取)、2R(積み重ね)共に会心というにはほど遠い出来。今日は集中できてません。それでもなぜかこのメンツで2位通過。

決勝はAプロさんに敗れました。

10122405.jpg
プレゼントは わ・た・し!?



4クレ目
10122404.jpg
配られるより、いただきたいです。
刺客がいない以上、せめて優勝を。

1Rの早押しで負け、2Rの積み重ねも今日はイマイチで、いいところはないのに最後は予選通過していました。
勝因がわからないのはなんだか怖いですが。
山口Sプロとの決勝は耐える試合でした。1位通過の利を生かして優勝。



このところ仕事で心身ともにストレスが溜まり、不調を予感しての参戦でした。
しかし今日は結果的にAnAnに元気をもらいました。

なお、お隣りは私のプレイ中に2度刺客に遭遇してました。
ひとりはSリーグで、ひとりはSSリーグで。
(SSリーグの刺客はガチでした)
プレイヤー数と刺客の人数の比率から考えても、刺客に会うには開幕ダッシュに限るということでしょうね。

物欲リスト2010(その2・HDD編)

こんにちは、エトワ-ル☆です。
今日も、今年後半に買ったPCパーツの備忘録を書きます。


物欲にまみれし業の深さを懺悔し浄化するこのシリーズ
(勝手にシリーズ化しました)
第2弾はこれです。


SAMSUNG HD154UI
(1.5TB HDD)
10122201.jpg
写真映り悪いですが中身も悪いので気にしないでください


手持ちの部品で弟にPCを組んだのですが、HDDの予備がなかったので買いました。
買った方(これ)を自分用に、自分の使ってたのを弟用に流用しました。
今までSAMSUNG製HDDはよい評判を聞かず使ったことがなかったのですが、最近はなかなか高評価なので試しに使ってみることにしました。

今まで使ってた日立製HDD(HDP725050GLA360)のスペックは、
・容量500GB
・1プラッタ250GB/7200rpm
・キャッシュ量16MB

新しく買ったSAMSUNG製のスペックは、
・容量1.5TB
・1プラッタ500GB/5400rpm
・キャッシュ32MB


5400rpmなのでアクセススピードは落ちるのですが、1プラッタ容量とキャッシュ量が増えているのでトータルの性能は落ちないはず。
そして低回転なので静かになるはずです。
実際にメインマシンにOS(XP)を新規インストールして使ってみました。

まずはベンチマーク

・旧HDD
10122202.jpg

・新HDD
10122203.jpg

全ての項目で新HDDのほうが上回ってます。
さすが新型。



しかし… いいのは上っ面だけ。
実際に使ってみると全ての動作が遅い。
OSの起動からしてのらりくらり。
いやそれ以前にですね、
電源投入してHDDが目覚める時の音がですね、
もう下品極まりない。
精密部品としての気品が微塵も感じられません。
使い勝手も動作音も、明らかに前のほうがいい。
この時点で買ったことを後悔しました。

それでも我慢して使ってたんですが、またしてもトラブルが。
ある日突然、前触れもなく動作が果てしなく遅くなりました。ここ数年出くわしたことのない深刻なレベルで。
調べた結果、原因は「PIO病」だとわかりました。
PIO病の説明は割愛します。大昔のパソコンによくあった、とっくに絶滅してたと思った病気です。
原因は、このHDDがすぐ休止状態に入るためでした。
「DNSLEEP」というフリーソフトを使い、定期的にHDDにちょっかいを入れ眠らせなくすることで症状はおさまりました。


ベンチマークと実際の性能の差。
エコをアピールするための無理やりな低電力。
カタログスペックだけを着飾りたいという欲望にまみれています。誠意ある製品作りというものが感じられません。
このHDDを信用して使い続けることは私にはできません。
結局もう一台、別のメーカーのHDDを買いました。


その後は消えてもいいデータ用倉庫として使ってましたが、その時もトラブルが。
ある時誤って使用中のPCの電源をコンセントから切ってしまったんです。
そのあと恐る恐る電源を入れたらメインのHDDは何事もなく動きましたが、データ用のこのHDDのほうはエラー吐きまくり。数時間のスキャンディスクで正常に戻りましたが。
このトラブルの原因はもちろん、電源を落とした私です。
しかし無茶な使い方をしてもトラブルの起きないHDDとトラブったHDD、どちらを選ぶかと言われたら迷うまでもないでしょう。


今回買ったこのSAMSUNG製HDDには大変失望したと言わざるをえません。
もちろんHDDとして「データを保管する」という最低限の機能は果たしていますが、シテスム用としてはおろか、データ用としても不安が残ります。
巷での高い評価が私には信じられません。たまたま「はずれ」の個体を引いてしまったのかもしれませんが。
(そのわりにはベンチマークだけいっちょまえ)
もう一台買って検証する勇気は私にはありません。

今使ってるSAMSUNG製ケータイが素晴らしいので、HDDのほうにも期待してみたのですが… 今後10年SAMSUNG製HDDを買うことはないでしょう。
前回レビューしたLG製液晶に続き、韓国製品2連敗です。



次回は、新たに買わざるをえなかったもうひとつのHDDについてとりあげてみようかと思います。

特番3連チャン

エトワ-ル☆です。コンニチハ。
土曜の対戦記を書くのが遅れたせいで、今ごろ日曜の対戦記を書いてます。

長かったSS3生活からようやく脱出。
気をぬかず上をめざしてがんばります。
なお、この日はゲームセンターから少し早いクリスマスプレゼント、200円3クレのサービスデーでした。GJ!


1クレ目
10122101.jpg

3連勝中で昇格したこともあり厳しいマッチングを予想しましたが、珍しく段位さんがおふたりも。
戦いは特番サバイバル。

テクニカル、連想と続きこの時点で二名脱落。
愛知八段さんとの決勝に勝ちました。
前日の好調がまだ続いているようです。



2クレ目
10122102.jpg
今度は一転してBプロとSSプロふたりのマッチング。
好調時のグロマッチはワクワクします。しかも総当たり。

1R:vs東京Bプロ(虫食い)
得意の虫食い、得意の歴地社投げ。勝機はあります。
戦いは1枚目、2枚目でガンガン正答しあう好ゲーム。
僅差で勝つことができました。

2R:vs大分SSプロ(奪取)
苦手な形式、そして圧倒的な相手。
こんな時は漫アゲを投げてます。
「パルプンテ」的な効用を期待して。
(自然科学というカードを温存する意味もあります)
結果は0-60と惨敗。無理な特攻で自滅しました。

3R:vs静岡SSプロ(早押し)
2つ目の武器、自然科学で臨んだ3R。
接戦の土壇場で相手が誤答、勝利を手にしました。

決勝で大分SSさんと再戦。今度はみっともない戦いはできません。
善戦し20-20で迎えたラス問、座していては勝てないのでわからないゲーム問題に突撃。4択という幸運に恵まれながら敢えなく自沈。正答を返され格の違いを見せてもらいました。
(あ~おもしろかった!)

試合後「スポーツ国宝」称号をもらいました。
総当たりでやたらスポーツ投げられると思ったら… まだ名人だったのか!?



3クレ目
10122103.jpg
各自プレゼントを持ち寄ってのほのぼのマッチ。
特番サバイバルでした。

これが蓋を開けてみれば血で血を洗うえげつないバトル。
(「ペナルティ、ハート3つ」を初めて見ました)
大混戦を制したのは私と大分Aプロさん。
(ご当地CNが素敵な方でした)
早押しを投げ接戦の末激戦に終止符をうちました。
2クレ分くらい戦った気がします。そのぶん嬉しさも2倍。


このまま調子のいいうちSS1まで行くつもりでしたが、休憩のつもりのコインゲームにハマって時間をむかえてしまいました。
コインは減ったけどAnAnが好調ならノープロブレム!



今週は仕事が忙しく押す機会は少なそうです。
既に日曜は仕事はいってるし。
それでも24日は押すつもりです。刺客狙います。
ではでは。

Z旗一旒(続き)

前回に引き続き、土曜日の全国対戦記です。

1クレ目
期間限定アイテムゲットのチャンスとSリーグ降格のピンチを同時に迎えた、いきなりの大勝負。

10122001.jpg
総当たりバトル戦となりました。

1R:vs東京Sプロ(連想)
迷わず切り札の歴地社を投げます。
目の前の戦いに完全に集中できました。パネル2、3枚で次々と正答して格上相手に完勝、稀にみる好調でした。

2R:vs大阪Aプロ(早押し)
引き続き絶好調。投げた自然科学はもちろん、投げられた漫アゲも比較的得意ジャンルでしたし。

3R:vs山形Cプロ(爆破)
漫アゲを投げましたが、危険な賭けでした。
他のジャンルなら知らない問題でも推理できることが多いけど、漫アゲの場合知らなければそこでおしまい。1問のミスが致命的な爆破では危うい。
先に得意ジャンルを使ったので仕方ありません。
戦いは途中イージーミスを犯し敗北。
2勝してるので気楽な戦いではありました。

2位通過で決勝へ。Cプロさんとの戦いを制しました。
2位でもご褒美はもらえますが、今後の戦いを考えるとこの優勝は大きい。大一番で勝てて喜びひとしおです。


ごほうび~
10122002.jpg
欲しかったのはプレゼント本体じゃなく、「一緒いる」トナカイさんのほうです。
「タイマン10連勝」というタイトルももらいました。
称号にあまり興味のない自分ですが連勝系タイトルは嬉しいです。
ついでにVIPカードもいただきました。
わ~い(棒読み)



さあ降格の危機は去りました。
一転、次戦3位以上でSS2に昇格です。

2クレ目
10122003.jpg
もらったばかりのソリに乗りサンタビト参上!

SSプロを迎えての戦いでしたが、好調に歯止めがかかりません。


10122004.jpg
全ラウンドを制して優勝。そして昇格。
「Live!」になってから最大の危機を乗り越え、ホッとしています。
あとは上を目指すのみ。
一番欲しい称号「リーグマスター」に向かって!
プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード