8耐とわたし

地デジの駆け込み需要を「なんて計画性のない人たちだろう」と醒めた目で見ながらむかえた月曜日、私はいつものようにNHKをFMラジオで聴こうとして愕然としました。
全然聴こえません!(当たり前や)
困る、困るじゃないか!(気づくの遅すぎ)
エトワ-ル☆は地上波デジタル化に断固反対します!!
(だから遅すぎ)
そんな失敗を繰り返し日々成長してるエトワ-ル☆です。



しばらくおさまっていた暑さが今日は本気モード。
しかしこの時期だけは暑さ大歓迎です。
だって「鈴鹿8時間耐久レース」が開催されるから。
暑くなければ8耐じゃない!
初めて見に行った1986年以来、毎年行ってます。
このレースの魅力について語ってみたいと思います。25年分の思い出はあまりに多いので、少しだけ。




学生だった頃の私がバイクに持っていたイメージは、「暴走族」とか「不良」といったものでした。
PTA並みに石頭の私を変えたのは、85年の鈴鹿8耐。
大排気量マシンの迫力やバイクを駆るレーサーたちの情熱はTVからもはっきり伝わってきました。
翌年、友人に観戦を誘われ、私は速攻で頷きました。

初めて行った8耐はものすごい熱気でした。当時8耐の入場者数は15万人とも言われていました。
灼熱の暑さの中を、私と友人は夢遊病者のようにさまよいました。
「なんでこんなしんどい目ぇしに、わざわざ来たんやろ」
ふとそんな事を思いながら、今はないダンロップ看板を見上げ、駆け上がるモンスターマシンを眺めてました。
初めての鈴鹿は何もかもがド迫力でした。
でも、来年も来ようとまでは思いませんでした。

翌年東京に就職し、8耐は頭の隅においやられました。
それが夏の初めに職場でたまたま8耐の話題が出て、
「去年見に行ったよ」
「いいなあ」
「行こうか」
とんとん拍子に話がまとまり行く事になりました。
新人なので有給は取らず、土、日での強行軍。
金曜の夜に大垣行きの夜行快速に乗り、帰りは名古屋から東京行き新幹線の最終列車。
重いテントを担いだ姿はまるで避難民。
そこまでしてたどり着いた鈴鹿は、昨年に輪をかけて暑かった。
私の腕には日焼けのシミがいくつもありますが、全てこの2日間にできたものです。
(この時に懲りて以降、日焼け止め塗りまくり)
気温も暑かったけどレースも熱かった。
優勝候補のガードナー/サロン組、シュワンツ/大島組が早々に消え、トップ争いはヨシムラの伏兵、高吉/グッドフェロー組と、ヤマハTECH21のマギー/ウィマー組。
ヨシムラ久々の優勝か、TECH21悲願の初制覇か。
固唾をのんで見守る15万観衆の中、両者の距離はじわじわ縮まり、夕闇があたりを包む頃その差は10秒に。
ペースアップを指示するヨシムラのサインボードに書かれた矢印は斜め上から真上へ変えられたという。
チームの焦りはライダーの焦りを生み、そしてラスト5分の大波瀾に。
レースの行方を見守り静まり返る観衆。
その静寂を突如破ったアナウンサーの絶叫。
「45番、転倒~っ!」
トップを走る高吉のマシンが周回遅れと接触、転倒。
この瞬間、興奮のるつぼと化した鈴鹿サーキットはひときわ大きなどよめきに包まれました。

でも私が一番驚いたのは、再び走り出したゼッケン45のマシンが私の見ている最終コーナーを通りすぎた時。
山鳴りのような拍手が失意の彼を出迎えたのです。
ライダー達の心の優しさを心底感じたのはこの時でした。

電車に間に合うよう表彰式を尻目にサーキットを後にし、バス停で花火を眺めながら、私はすでに来年の鈴鹿に思いを馳せていました。
「来年も絶対こよう」と。
以後「今年はやめよう」と思ったことは一度もありません。



F1等4輪のレースも何度となく見ましたが、2輪のレースには独特の「温かさ」があります。
車のレースも危険ですが、身体がむきだしのバイクは事故と隣り合わせ。
常に死の影と向き合って戦うバイクのレーサーたちは、例外なく涼しげな目と落ち着いた表情をしています。
宇宙刑事シャリバンの歌に「強い奴ほど笑顔は優しい」という一節がありますが、トップライダーの表情がまさにそれ。
そんな彼らを見に来る観客も、みんな温かい。
中でも8耐は別格です。不思議な一体感がサーキットを包む、すごく居心地のいい場所です。
まあ、めちゃくちゃ暑いんですけどね。
というわけで明日から行ってきます!



そうそう。
その鈴鹿に持ってくために、
11072502.jpg
この「にぎにぎライト」を改造していたのでした。
その結果、

ふふふふふ。

…改造失敗しました。

元々ついてた普通の懐中電灯としての機能が壊れ、「にぎにぎ」専用になってしまいました。
にぎにぎ時がやかましく、枕元とかで使えなくなりました。
まあ「失敗は成功の元」ですから。

ふふふふふ。

…ごめんなさい。

にぎにぎをよく覚え

給料日なので銀行に行き用事を済ませ、通り道のゲーセンの前を通り過ぎました。
通り過ぎたはずが、気づくといつもの席に座ってました。
不思議時空が呼んでいる。



この日はただ1クレに集中。
11072501.jpg
午前中しかもタワーの裏。なのにフルゲート&マッチング速攻というGT並みの好待遇でした。
どうやら10時からのタワーに不具合が起きている模様。
セガ、しっかりなさい!

1R:早押し
Sプロおふたりが同点1位。出遅れました。

2R:山分け
「山分けは間違ったら終わり」と自分に言い聞かせてるのにやっちまいました。
4位でラス問、ジャンルは苦手のグル生。いちかばちかの2倍チャンスに成功して1位タイ(3人)に滑り込み。
ひとり4位のせーやさんはお気の毒としか…

逆転R:テクニカル
デイリーさんぶっちぎり、え~さん追い上げで不利ながら、投げた歴地社で単独を取り予選通過を決めました。

決勝はデイリーさんに早押しを投げられ、泥仕合気味の混戦ながら勝てました。

おそらくタワーを登りに来て仕方なく全国に来た人たちと、最初から全国のつもりで戦った自分との気持ちの差で掴めた勝利だと思います。
夕べの不調を引きずってどんよりと週明けを迎えましたが、この1勝で今週も頑張れそうです。



(義援用貯金110円)



ところで今週末のレース観戦に備えていろいろ用意してるんですが、100均で面白そうなものをみっけました。

11072502.jpg
手動発電ライト
いわゆる「にぎにぎライト」。
こんなものまで100円で作れるとは!?
所詮100均、にぎにぎの間しか光らぬパチモンです。
しかし、
ふふふふふ。
そこはそれ。
こういうグッズこそ改造のし甲斐があるというものです。
ま、ヤルなら鈴鹿に行くまでにヤッちまわないとな。

さよなら、チャレンジ

まずは日馬富士関、優勝おめでとうございます。
土曜日、白鵬との結びの一番は素晴らしかった!
やっぱり大関はこうじゃないと。


私も日馬富士にあやかって大物食いがしたいものです。
とはいえ今はビジュアルチャレンジ中。
しかも難問漢字とのコラボという泣きたくなるような逆風。
それでも裏に逃げずに戦ってみたいと思います。
すべては100pt称号「夜露死苦」をいただくため。


1クレ目
11072401.jpg

苦手なチャレンジに無理やり参戦すると、周りがみんなかないっこない相手に見えてしまいます。

1R早押しでは、にくまーさんに続く2位タイを取れたものの、続くビジュアルは当然のように最下位。そして予選落ち。
33pt追加できたものの、早くも心が折れそうです。
押してて全然おもしろくない!


2クレ目
11072402.jpg
敏五郎さん、EVEさん、申し訳ありません。
気持ちが凍えるとシャッターを押す指までかじかんで。

形式はプレッシャー/ビジュ/早押しでした。
ビジュで10点取って称号ゲット確定した時点で完全に心が折れました。
せめて地名が出ればと思いつつ、いざ出ると取れず。
難問漢字は地獄です。
今は早くこの場から去りたい。それだけです。


11072403.jpg
300pt積めば次の称号ですが、もう耐えられない。
もう十分だ。さよなら、チャレンジ。



3クレ目は裏に逃げました。
11072404.jpg
同志たち(ですよね)が温かく迎えてくれました。
しかしビジュ参戦の傷は深く、3位以下で降格です。

形式は、早押し/あまのじゃく/連想。
最近あまのじゃく絶好調、おかげで1位通過です。
決勝は詩歌さんに早押しを投げ、惨敗。
次クレ2位以下で降格です。



4クレ目
11072405.jpg
おおっ、ヒガさんこんばんは。
しかし今会いたくはなかった。優勝するしかないこのクレでは。
形式は、奪取/ダウト/連想。

苦手の奪取は凌いでヒガさんに続く2位。
しかしラス問突っ込んで1位を狙うべきでした。

ダウトも好きじゃないけど、同じくヒガさんに続く2位。
不調にみえるポッポさんが最後に帳尻を合わせ、私と2位タイになったのが印象的でした。

逆転Rもヒガさんぶっちぎりでしたが、中のふたりが歯を食いしばるような戦いで2位、3位。
優勝が必要なはずの私は全くいいところなく最下位、そして降格です。



「今日は参戦するべきじゃなかった」
これが正直な気持ちです。

明日から次のタワーが始まりますが、押したくなるまでまたしばらく控えようと思います。



(義援用貯金190円)

ビジュアルにチャレンジ(ちょっとだけ)

会社の飲み会に行ってきました。ちょっと頭痛い。
飲み会の前に時間調整で1クレだけ押しました。
4位覚悟でビジュアルチャレンジに挑戦です。
(画像なし)

相手は東京Bプロ、愛知ブロンズ、滋賀ブロンズさん。

1R:早押し
ここで上位にいかないと後が厳しすぎます。
難問ぎみの混戦の中、なんとか2位に食い込みます。
一位は愛知ブロンズさん。

2R:ビジュアル
ただでさえ苦手のビジュアル、特に漢字はダメダメです。
奇跡的に2問(25点)取れましたが4位。
チャレンジ中の皆さんがフライングで誤答する隙をついて、などと思ってましたが世の中甘くはありません。

逆転R:テクニカル
初問で自分の投げた歴地社が取れず、後はズルズル。
たださえ押し負けるのにテクニカルでの易問はなおさら。
戦前の予想通り、4位でした。
ブラボーもたくさんもらって楽しいクレではありました。


負けたけど25点も取れたのは嬉しかったです。
明日(日曜)は4クレほどやって「夜露死苦」称号をもらいにいきます。できればその上も。



(義援用貯金10円)



そーいえば家電量販店に立ち寄った時、一角だけ大混雑してました。そう、地デジコーナーです。
随分先だと思ってたアナログ終了の時が来たんですね。
テレビなんて一日二日、いや一カ月くらいなくてもいいじゃない。私などは呑気にそう思うんですけどね。
(私の情報入手の比重はテレビからネットに移行済み)

俺が測る!(3)

こんばんは。
余剰電力が使える夜になるたび、電力計であれこれ測るのが日課になってきたエトワ-ル☆です。
もちろん今夜も測ります。
今日はサブPCで各種の比較実験を行う予定。

11060805.jpg

サブPCといっても、余剰品を組み合わせたバラック。
先日ワープロを改造した際、HDDフォーマット用に急造したのを放置してるだけです。
抜いたり差したりの実験にはこのほうが便利。

基本スペック
【CPU】 Mobile Athlon2100+
【M/B】 PCCHIPS M863Gv3.0c
【RAM】 DDR 512MB + 256MB
【VGA】 RADEON9000
【HDD】 コンパクトフラッシュ16GB
【電源】 ZUMAX ZU-360B
【OS】 XP


まずはデフォルトでの消費電力を計測。
待機電力 4W
アイドル時 56W
負荷時(SUPER-Pi計測中) 64W

SUPER-Piとか、懐かしすぎる。
シングルコアなので、これでも負荷テストになるでしょう。


さて基礎体力を調べ終えたところで応用実験。


1.USBメモリ接続

11072201.jpg

接続の際、消費電力が増えるか調べます。
結果は… 1、2W増加。
アクセス時はお尻が派手に光るメモリですが、光ってない時でも1Wアップしてます。
ゲームコントローラーでも同様の結果でした。
必要ない時は抜いとけってことですね。



2.HDD増設

古いマザボなのでIDEしか接続できませんが。

11072202.jpg

改造前のワープロについてたHDDです。
結果は… 5W増加。
思ってたより全然少ないです。
動作音がやかましいので増設など論外ですが。



3.メモリ撤去
2枚差さってるメモリの片方を抜いてみます。

11072203.jpg

まずは256MBのほうを抜いてみます。
結果は、1W減。
こんなもんか。

11072204.jpg

続いて、256MBを差し直し、512MBを抜いてみます。
結果は、2~3W減。
個体差デカいなオイ!

メモリの消費電力は容量に関係なく、基板上のチップ数に比例する「はず」です。
でも2枚のメモリはどちらもチップ数16。
う~ん、理由はわかりませんが個体差があるのは事実。
意外でした。


5.電源交換
電源によって変換効率に差があるはずです。
デフォルトの電源は恐ろしく安物で、普通にケースに入れて使うと内部を灼熱の地獄に変えてしまう代物です。

11072205.jpg

SFX電源に交換してみました。
容量ギリギリで、そもそも動くかどうか疑問ですが。

結果は、動きました。
但しアイドル時の電力値は変わらず。
待機電力だけは1W減ってますが。
このSFX電源は旧式ながら気に入ってて、こちらの方が間違いなく効率がいいと信じていたのですが、これも意外な結果に。

デフォルト安物電源も意外と効率がいいのかな。
だとしたら、あたりに熱をまき散らすのは何故?



今回は比較的地味な実験でした。
が、なかなか予想外のことが多かったです。
やはりやってみないとこういうことはわかりません。
ブログに書くほどのことではないのでしょうが、自分としては有意義な実験でした。
ちなみに今回試した部品は旧式ばかりなので、今どきのパーツはもう少し省電力だと思います。

俺が測る!(2)

電力計を手にそこらじゅう測りまくったこの数日。
しかし、一番測り甲斐があるのはやはりPCでしょう。
昨日ドキドキしながら測りました。


11011802.jpg
MyメインPC諸元

【CPU】 AthlonⅡX2 240 (2.8GHz)
【M/B】 AsRock A780GM-LE/128M
【RAM】 DDR2 1GB*2
【VGA】 オンボード
【Sound】 PRODIGY 7.1XT(PCI接続)
【SSD】 なし
【HDD1】 WD10EALS(1.0TB 7200rpm)
【HDD2】 SAMSUNG HD154UI(1.5TB 5400rpm)
【光学】 USB外付けDVDドライブ(普段電源OFF)
【LAN】 無線
【クーラー】 純正(インテルの)
【ケース】 ANTEC NSK2480(380W電源付属)
【OS】 Win7Home(32Bit)

ごくフツーのローエンドマシンだと思います。
敢えて特徴といえばHDDが2台、サウンドカード増設、光学ドライブ外付け(普段は電源OFF)というくらいか。
メインマシンなので地デジや無線LAN等、USB機器がゴタゴタと繋がってます。


計測結果は…
・待機電力 5W
・アイドル時 81W

起動までの消費電力は常に変動(78~122W)。

OS起動後、手動で「K10STAT」を立ち上げました。
AMD製CPU専用の省電力ソフトです。
元々の省電力機能「Cool'n'Quiet」(BiosでOn/Off可)を切ってK10STATを使ってます。好みなので。
これでアイドル時の消費電力は63Wまで落ちました。
(800MHz/0.7875V)
ソフト1本で18Wの省エネです。


K10STATを有効にしたままベンチマーク「OCCT Perestroika 3.1.0」を動作。
負荷テスト中の消費電力は91Wでした。
(2.8GHz/1.175V)


ディスプレイ(日立DT5173W 17inch)の消費電力は、

・待機電力 3W
・デフォルト(輝度16)時 30W
・輝度を「6」に変更して 25W

輝度6でも体感上問題はありません。



「こんなに電気食ってたのか」とショックでした。
PCと液晶で100W近い消費電力。
他の家電とはケタ違いです。
生活必需品でもないのに。
待機電力も予想以上。コンセントから切ることの大事さを知りました。しかし録画予約時PCのコンセントはブッチンできず、待機電力だだ漏れです。


省エネパーツを集めて作ったつもりのPCでこのザマ。
屈辱です。
今回の計測で、以前からくすぶってた「新たな省エネマシンを作る」という欲望がメラメラと燃え上がってきました。
…なんか、方向性が間違ってる気もしますが。

さしあたってはこのマシンでさらなる省エネを試行錯誤してみます。
(続く!?)

俺が測る!

みなさん、お待たせしました!
遂に待ってたものが届きました!

11072101.jpg
CUSTOM エコキーパー EC-03

そうです。電力計です。
今まで持ってなかったんですよ。

というか、こんなのがあるにはあったんですが

11072102.jpg
電力計付きコンセント

100W程度ではメーターがほとんど動かず、消費電力も「少し」「たくさん」という程度でしか分かりません。
も少し本格的なヤツがずっと前から欲しかったんです。


今回届いたメーターは買ったものではありません。
「DOS/V POWER REPORT」誌が主催する
「自作PCの祭典 2011 真夏の省電力スペシャル」
にエントリー表明することで無償提供されたものです。

今までになく省エネが求められるこの夏に、PCユーザーの省エネ意識を高めようというパワレポ誌さんの熱意、ありがたくいただきます。
「こいつに提供してよかった」と思ってもらえるよう、この電力計で測って測って測りまくる所存です。


よっしゃ早速いくで!

エントリーNo.1
11072103.jpg
卓上蛍光灯
(ナショナル製・公称27W)


11072104.jpg
・実測値25W
見かけより電気食ってる印象です。



エントリーNo.2
11072105.jpg
蛍光灯でもLEDでもありません(水銀灯?)。
本来USB接続ですがACアダプタつけて使ってます。
枕元で本やマンガを読む時、たまに使用。
(公称5W)

・実測値4W


照明器具はだいたい公称値そのままみたいです。



エントリーNo.3
11072106.jpg
扇風機
2年前買った中国製の超安物。
なんと東西の周波数で公称消費電力が違います。
(公称値・50Hz時40W/60Hz時45W)

・実測値・弱29W/中35W/強42W

やかましいので弱でしか使ってません。



エントリーNo.4
11072107.jpg
エスプレッソメーカー
(公称800W)


11072108.jpg
・実測値759W
予想通りとはいえ、恐ろしい。
電気でお湯を沸かすのは、省エネ視点からはナンセンスの極みですね。



エントリーNo.5
11072109.jpg
ワープロ
(公称値・最大80W)
ある意味一番気になってるのがこれ。
内臓HDDをコンパクトフラッシュに換装した効果は?


11072110.jpg
・実測値17W

画面の輝度を最大にすると18W、輝度標準でフロッピー読み込み時でも20~21Wです。
いい意味で予想外でした。にっこり!
(HDD換装の効果は10W程度だと思います)



エントリーNo.6
FMチューナー(中・光ってるやつ)
エントリーNo.7
カセットデッキ(上)
11072111.jpg

省エネの夏、PCに替わってオーディオを提供する頼もしい奴ら。
(公称値・チューナー9W/カセットデッキ11W)

実測値・チューナー7W/カセットデッキ7W


やはりPCより遥かに省エネかと。
但し待機電力が、チューナー2W、カセットデッキは5Wと表示されました。
(それより前に調査した機器は待機電力は表示上0W)
「2W」というのは、おそらくこの計測器の誤差ぎりぎりの数字なのでしょうが、5Wはあまりに大きすぎます。どっか壊れてるのかも。
(実際このカセットデッキ、使ってなくても温かくなるので普段からコンセント抜いてます)



まだまだいくよ!

エントリーNo.8
11072112.jpg
デジタルアンプ

・実測値2W

公称は10W+10Wの20Wですが実際は音量次第。
こんなもん出力全開で鳴らし続けたら5分で村八分です。
2Wは電力計の下限と思われ、実際はもっと少ないと思います。やはりデジタルアンプは省エネ面で優秀です。



エントリーNo.9
11072113.jpg
真空管アンプ
(公称20W)

好きなアンプなので、10W以内なら夏も使い続けたい!
…まあ、無理なのはわかってますが。

・実測値27W

残念です。改造したせいか公称値さえ超えてます。
(なんでだろ)
余熱時でさえ17W。残念ですがデジタルアンプとは勝負になりません。



エントリーNo.11
11072114.jpg
真空管アンプ2

これも効率の悪い真空管アンプながら、電池駆動なので昼間の消費電力は事実上ゼロ。
但し改造により一部AC電源も使ってます。

・実測値2W

実際はおそらく2W以下です。



まずは手当たり次第に測りまくりました。
肝心のPCの消費電力は、より詳細に測りたいので次回改めて計測します。


また、「こんなものも測ってほしい」というリクエストがありましたらどんどん言って下さい。
可能なものは即計測し、この場を借りて音速で結果を公表いたします。


できる人の戦い方

おめでとうございます「なでしこジャパン」!
素晴らしい試合を見せてもらいました。
(前半は見逃しましたが)
普段サッカー見ない私でも感動しました。
”負けても阪神が一面” のあのサンスポがデカデカと「なでしこ世界一」とか書いてるのを見て、今朝は彼女たちの偉業のデカさを再確認しました。

日本を元気づけるとびきりのプレゼントをありがとう。



しかし、いまだにオフサイドの意味が分からない私がこれ以上サッカーを語るのは不謹慎。
あとはサッカーファンのみなさんにおまかせして、私は淡々と先日のエリア王大会を振り返ります。
ロクに参戦しませんでしたが、横で戦いを見ていて思うことがあったので。


私がホームとしているゲーセンはAnAnが大人気。
今回のエリア王大会でも、うちのホームだけで200F超えが(少なくとも)ふたりもいました。
その人たちをチラ見してると、戦い方がどこか違います。
とにかく、強い人は「速い」。
さっき180Fにいた人が2時間後に200F突破してます。
(もちろんハイリスクオンリー)
登る速さだけでなくボタンを押すのも早い。
確定ポイントまで待つことなどほとんどありません。
2択か3択、時には4択くらいでもう押してます。
逆に、押してから1文字目入力までがすごく遅い。
見ている方がジリジリするほど慎重です。
ジャンル、文字数、見えてる問題文、セガの癖…
使える情報を時間いっぱい見定めてます。

とにかく解答権を取り、取ってから捻り出す

そういうスタイルに見えました。
逆に確定ポイントまで待つタイプの人は、なかなか200Fを超えられない感じでした。



大事なのは、確定前に押すのとなんとなく押すのは全然違うということです。
私のようなザコは押してから思い出す(そしてたいてい間に合わない)という雑な戦いをしとるわけですが、200F超の猛者たちは違う。
押した時点で2、3の解答候補を頭の中に揃えてます。
(うろ覚えではなく、頭文字や文字数まできっちりと!)

仮に形式が早押しだとしましょう。
正答時の得点 … 10点
誤答時の減点 … -20点
(相手が必ずリターンを返すとして)
なので、正答率66%以上ないと勝率5割になりません。
単純な二択なら正答率は50%。
三択なら正答率33%に過ぎません。
それを66%もしくはそれ以上にもっていくために、最初から正答候補を揃えておく。
候補が頭の中にあれば、文字数サポート次第で二択が一択にもなるし、4つの文字候補の中に二択の片方がなければそれは一択となる。
彼らはそうやって地道に確率を積み上げて戦っているとみました。
確率さえ上がれば、解答権取った者の勝ちです。


戦い方がわかったからといって真似られるものではないですが、戦い方もわからず戦うよりはいいでしょう。
要は「解答候補が絞れた時点で押せ」ってことで。
私自身は130F付近しか行ったことないけど、将来どーしてもタワーで取りたい称号とかアイテムとか出てきた時のため、次回のタワーあたりで試してみようと思います。
うまくいけば、タワーと同じ2人対戦となる総当たりバトルでもこの戦い方を応用できると思います。

目標・ラッキーアンサー

こんばんは。
日曜の午後、押してきました。
ちょっとだけね。


エリア大会を3クレやりました(サブカも1クレ)。
合間に全国も1クレ。

まずは全国対戦の模様から。
11071801.jpg
サバイバルバトルでした。

形式は早押し系と積み重ね。
ビジュアルが出なくてホッとしました。
1位で昇格、4位で降格という大事な戦いだったので。

ミュートさんと決勝に進み、早押しを投げて勝ちました。




タワーはこんな感じでした。
11071802.jpg

1日残してこの成績。
うまくラッキーアンサーになれるといいですが。
サブカも計3クレプレイ、こちらは義兄弟を狙ってます。

それにしてもプレイ者数1400人弱とは。
地域限定とはいえ寂しい限りですね。


「六甲おろし」称号、私は早々にあきらめました。
100F突破でもらえるなら頑張ったでしょうが。
友人は登ってますが現在160Fを越えたとこ。
横で見てましたが、あんな辛い戦いはしたくありません。
まあ泣いても笑っても明日まで。
阪神ファンの皆様、頑張って200F目指して下さい。



来週は難問漢字ビジュアルですね。
「絶対参加するものか」と決めていましたが、ご褒美称号に早くも心が揺らいでます。
たった100pt。うまい人なら1クレで取れるんでしょうが、私は何クレかかるんだろ。
欲しいけど、ビジュアルチャレンジなんか下手に参加したらまたS落ちしそう。
開催日までしばし悩み続けます。



(義援用貯金280円)

「復活~山田洋次・SLを撮る~」

今、NHKスペシャルの「復活~山田洋次・SLを撮る~」という番組を見終えたところです。
C61というSLの解体、修復のドキュメンタリーです。
朝のニュース欄でちらっと知っただけで見るつもりなかったんですが、チャンネルをガチャってるうち最後まで見てしまいました。


最初、山田洋次はただのコメンテーターかと勘違いして「いい番組だけど山田カントク邪魔だなあ」と思ってました。
しかし映像のかっこよさが尋常じゃない。
一度でも本物を見た人ならわかるでしょうが、SLはめさくさカッコイイです。
しかしSLの魅力をここまで完璧に引き出した映像は見たことありません。最高の素材を最高のシェフが腕によりをかけて調理した究極の一品を差し出された気分です。
(いったい調理人は誰なんだ?)
そうしてやっと山田洋次が出てる理由に気づきました。
「このおっさんが撮ったのか!」
(気づくの遅すぎ)

解体修理という撮り直しのきかない一発勝負、その一部始終を頭の中で完全に事前シミュレートし、一番いい位置にカメラを置き一番いい瞬間を切り取る。その周到さには舌を巻きました。
カメラアングルといいアンダー気味の露出といい、これはメカ好きの仕業だとひと目でわかります。
ええ、これは間違いなくマニアの仕業。
SLの魅力を分かりすぎてて腹がたつレベルです。
プロが撮った記録映像というより、たまたま映画カントクをやってるSLマニアが立場を利用して撮った感じ。
おまけにナレーションが吉永小百合とか、音楽が冨田勲とか、わざわざ昭和仕立ての味付けに至るまで手抜きなし。限りなく贅沢な一品に仕上がっております。


カントクが「己の欲望のままに撮った」という意味で例えるなら、これは「紅の豚」実写版。
私の中では、間違いなく山田洋次の最高傑作です。
録画しなかった事を悔やんでます。
きっと再放映してくれると思うので楽しみに待ってます。
プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード