ないしょのハッピーバースディ

こんばんは。
今日8月31日は私の大好きなふたりの人の誕生日。
ひとりは初音ミク。
そしてもうひとり私にとってかけがえのない人。
マンガ家、たかなししずえ先生の誕生日なのです。
たかなし先生、誕生日おめでとうございます!
今夜はじっくり、大好きなたかなし先生について語ってみたいと思います。



とはいえ、今はたかなし先生を知らない人の方が多いでしょう。
知っている人の大半も『おはよう!スパンク』のイメージしか持っていないと思います。
動物が活躍するかわいい漫画を描く人です。
とっても優しいマンガを描く人です。
でも、それだけじゃないんです。
いや、むしろそれだけというべきなのか。

たかなし先生のマンガは、いろんな人に似ているようで誰にも似てません。
誰にでも描けるようでいて、他の誰にも描けません。
他のマンガ家は紙とペンで描きますが、たかなし先生のマンガはハートで描かれています。

私はたかなし先生が大好きです。
他のマンガ家を全部足したのと同じくらいに。

それほど好きな先生の本が、今は一冊も出てません。
全ての単行本は絶版になっているはずです。
大好きな先生の作品を紹介することさえできない悲しさ。


それでも「興味がある」と言ってくれる人のため(読めないのを承知の上で)、私のお気に入りの作品をひとつだけ紹介します。
今のところ、先生のマンガの中で一番好きな作品です。

11083101.jpg

『おジャ魔女どれみ』

たかなし先生が『どれみ』のコミックス版を描いていた事自体、ほとんどの人は知らないでしょうね。
「なかよし」で、アニメと同じく4年に渡って連載されていました。
連載当初は「アニメの方が面白い」とファンの私が思うほどでしたが、徐々に先生のエンジンがかかり、3年目以降はアニメとコミックスの面白さは逆転したと思います。
(あくまでもMy評価)
しかし4年目にはページ数が16Pから8Pに半減。
単行本も4冊出たものの現在は絶版、3年目以降の連載分は単行本化すらされてません。

私はこのマンガの中の39話が特別大好きです。
(39話は単行本未収録)
先生のオリジナルストーリーで、わずか8Pに先生の技とハートを注ぎ込んだ小品。
私はこれを読むたびモーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」を思い起こします。
わずか4分に楽聖の技と心が詰まった究極の芸術品。
何も奇をてらうことなく一見天衣無縫のように見え、その実作者の細やかな気配りの行き届いた完全無欠の作品。
それは間違いなく最上級の天使の調べ。

たかなし先生をモーツァルトと比べるのは酷かもしれない。でも私の中ではそうなのです。

みんながとっくに「過去のマンガ家」だと思い込んでた先生は、2001年の時点で誰にも知られず絶頂期を迎えていた。
いや、そこが絶頂期なのか本当のところわかりません。
私はこの10年、先生の新作を読んでいないのです。
10年後の今、先生がさらに進化している可能性がないとは誰にもいえません。
何度も奇跡を目の当たりにしている私にとってはなおのこと。


このブログを書くため久しぶりに先生のことをネットで調べたら、嬉しい記事が載っていました。
少年画報社の「ねこぱんち」というコミック誌に、たかなし先生が連載を描いているらしい。
なんて素敵な誕生日プレゼント!
(いや誕生日は私じゃなく先生なんだけど)
さっそく買ってこなくちゃ。
ああ、家宝がまた増える!!

Happy Birthday, MIKU!

今日8月31日、日本中のどれだけ多くのブログが同じタイトルを掲げていることでしょう。
今日は初音ミクの誕生日。
ミクおめでとう!

最近はあまりミク動画を見にいかなくなったけど、もちろん嫌いになったわけじゃなくて、ちょっと中休みです。


最近知ったミクうたで凄いと思ったのはコレ。

【VOCALOIDミュージカル】Alice in Musicland【オリジナル曲】

絶対作ってるのプロだろ!?
と思ったら「OSTER_project」の人か!
納得です。

「OSTER_project」といえばミク黎明期から我等を萌え死させ続けてる御方。
この動画とか何度見たか(懐かしいなあ)


【初音ミク】猫になって歌います。

コメントが戦場すぎてオカシイ。


「OSTER_project」さんはずっとミク活動を続けてるんですね。
当時から凄かったけどまだ素人くささが残ってて、それがいい味出してたんですが。
最新作を見ると進化の凄さに圧倒。
もう素人ついていけません!
もはや「みんなのうた」専属で食っていけるだろ余裕で。



そんな優秀なお抱え職人を何百、何千人とタダで雇い続けているミク。
なんて幸せ者なんだ!

21世紀の日本が生んだ最大の発明品・「初音ミク」。
これからも応援し続けます!

ハミルトン家に苦言

録画しそこねたF1ベルギーGP決勝。
弟のビデオ(というかtorne)で見せてもらいました。
久しぶりに兄弟でわいわい言いながら見ました。
とても楽しいレースでした。やはりスパは最高!

そして私の怨念が通じたか、ハミルトンはレース途中で撃墜されました。
撃墜したのは我等が可夢偉です!!
まあ、喜ぶべきことじゃないけど。
たとえ好きなドライバーじゃなくても、アクシデントはないほうがいい。ええ、好きじゃなくても。

それよりレース後の可夢偉の言動が気になりました。
ハミルトンとの接触について尋ねられた時、いつもハキハキ答える可夢偉が
「僕によける義務はなかったので」
と奥歯に物が挟まったような受け答え。

ちなみにこの時の状況は、

・ストレートでハミルトンが可夢偉を抜いた
・続くコーナー手前でハミルトンがなぜか車を寄せた
・ハミ左後輪と可夢偉右前輪が接触、ハミ車リタイア

悪いのはハミルトンで間違いないと思います。
(後でハミルトン自身が悪いのは自分だと認めた)
気になるのは、避けられた可夢偉が避けなかった事。


避ければタイムをロスして「避け損」です。
しかし接触してリタイアすれば元も子もない。
そこまでして避けなかった理由として考えられるのは
「相手がハミルトンだったから」。
幅寄せ常習犯のハミルトンに「こいつまたか」と思い、敢えて避けなかったのかも。
F1ドライバーも人間。相手次第で態度も変わる。
可夢偉がハミルトンをどう思ってるのか、今回の事件と言動でうっすらわかった気がします。
多分、私がハミルトンに持ってる思いと同じだ。


危険な走りをするドライバーは昔からいます。
シューマッハー、アロンソ、遡ってセナ、プロストそして私のマンセル… 歴代チャンピオンで危険走行の前科のないものはほとんどいません。
けどハミルトンの危険さは彼らと違う。
まず「回避能力が低い」。
F1ドライバーの危険回避能力は常人離れしていますがチャンピオンクラスはさらに別格。
しかしハミルトンはチャンピオン経験者ながら回避能力に疑問を感じます。先日の可夢偉との接触もその一例。

さらに、危険な追い抜きは険悪な仲のライバル相手にやる事が多いですが(褒められた事ではないが)ハミルトンの場合他のF1ドライバー全てに敵意を振りまいているように見える。

どうもハミルトン本人は「自分は黒人だから嫌われてる」という被害妄想を持ってるみたいです。
が、そうじゃないだろ。逆だろう。
長きに渡り不当な差別に耐えた黒人アスリート達が積み上げてきた尊厳や地位を、君が繰り返す愚行のせいで台無しにしてるんだぞ!?
トップアスリートなら、元チャンピオンなら、自分の立場をわきまえてほしい。


彼は要するに、心情的には「お子ちゃま」なのです。
そして彼がそんなふうになる原因はなんとなく分かる。
いつも彼に影のように寄り添うハミルトンの父親。
あんたがそこにいるからいけないんだ。

親と共に戦うアスリートは確かにいますし、それでうまくいってる人たちもいる。
でも基本的に親が子供の仕事に口を出すのはよいこととは思えません。
子供に関して親は盲目。ともすれば冷静さを失いがち。
少なくともハミルトンの場合、親がついてることがデメリットにしか見えません。
親離れしたほうが絶対伸びるのに、と思います。

ハミルトン父は今からでも速やかに退場してほしい。
それがF1のため、ひいては息子のためです。

こんな相方はイヤ!?

おはようございますデス!
エトワール☆です。
夕べは頭痛が痛くて速攻寝ました。
おかげでF1を撮り損ねました。
(なんてこったい!)
それというのも、日曜の朝から空きっ腹にビールを流し込むという愚行をしてしまったせいです。
反省しております。
(昨日は一日中頭がガンガンだったじゃい)
そんな酔っぱらいの参戦記です。


土曜日カンナヴァロさんとダブルスした時にレアアイテムをおすそ分けしてもらい、自分なりに考えました。
「私もレアアイテムをまとっておすそ分けしよう」と。
そして出来上がったのがこのコスチュームです。



11082801.jpg

ペアの相手は私のアバターをひとめ見るなり、
「こんなカップルいやや!」
そんな!?
貴方のために着飾ってきたのよ!?

よく考えたら私の店内ペアは格上ばかり。
私の所持アイテムなんてみんな持ってるんでした。
意味ネ~ッ!
でも結局この恥ずかしい姿で一日戦ったよ。


11082802.jpg

いつもの/P氏と3クレ。
学生以来の旧友ですが、そこはマイペースのB型同士。
互いの長所をつぶし合う連携プレーで常に観客を沸かせます。
しかもこの日、ひとりは酔っぱらいだし。
だが1戦目、2戦目と崖っぷちの戦いが冴え逆転の嵐。
私の中に眠る酔拳の才が遂に目覚めたようです。
しかし酔いが醒め、3クレ目でノされました。


その後、店外ペアを求める旅に。
店外ならアバターを見て拒否られることないですから。

11082803.jpg

ペアを組んでもらったのはセミプロのほしのあすかさん。
今まで組んだペアの中でも最強クラスでした。
決して敵には回したくない相手です。



最後に全国を1クレ。
11082804.jpg

形式は、早押し/積み重ね/テクニカル。
なんら奇跡は起きず実力通りの結果でした。
SS2降格です。

ダブルスで楽しみすぎて戦いの匂いを忘れてしまったのかもしれません。
やはりAnAnのメインは全国対戦。以後気を引き締めてSSリーガーであり続けたいと思います。



(義援金貯金250円)

追記:
義援金貯金についてご報告します。

父の知り合いで頻繁に東北にボランティアに参加しておられる方がいたので、家の余剰品を送るついでに、義援金貯金のうち1万円をお渡ししました。
運営資金の足しにしてもらうつもりです。
僅かな金額ですが、気持ちだけでも被災者のみなさんに伝わればいいなと思います。

F1クライマックス

F1の夏休みが終わり、いよいよ後半戦(終盤戦!?)が始まりました。
舞台はベルギー、スパ・フランコルシャンサーキット。
「スパ・ウェザー」と形容されるほど移り気な天気、
F1で最も華麗で最も危険なコース「オー・ルージュ」。
おそらく世界で一番美しいサーキット。
私が一番好きなのはもちろん鈴鹿ですが、その次に大好きなスパ。そこが今週末の戦いの場。

予選も相変わらずの雨模様で、タイヤ選択に苦しみながらの戦いでした。
過激なバトルは明日の決勝の混戦を予感させました。
チャンピオン争いを占う上でも大事な一戦。
もちろん可夢偉にもがんばってほしい。
(いつもがんばってるのは知ってますが)

そんな中、いつものように危険行為を繰り返していたハミルトン。
見ていて実に見苦しい。
もう我慢の限界です。
誰よりも紳士たるべきF1ドライバーにあるまじき野蛮な彼に、ひとことだけ苦言を呈したい。

「氏ね」

2位じゃダメ!?

こんばんは、エトワ-ル☆です。
土曜日、店舗大会に行ってきました。
参加者は10人。やはり土曜の参加は皆さん厳しそう。
戦いはバージョンアップ後初の4人店内対戦モード。
各組1位が決勝へ、2位以下は敗者復活に回ります。
私はA組で参加しました。


・1回戦A組
ヒガ/エトワ-ル☆/イクサー☆5/東の各氏。

私はバージョンアップ後の4人店対は初めて。
予選R1位通過は☆8つなんですね。さらに逆転Rラス問は倍率2倍。ルールを手さぐりしながらの戦いでした。
1Rの奪取が4位と厳しいスタートながら2Rサバイバルで1位。
逆転Rはヒガさん圧倒的1位。私は2位通過。
決勝ラウンド頑張るぞぉ、と思ったら戦いは終了。
なんと4人店対モードは決勝Rないんですか!?
不完全燃焼のまま敗者復活戦に回りました。


・1回戦B組
イル/ククール♪/理御とライトの各氏。

戦う前から談笑していた仲良し同士の対戦。
前回、前々回と絶好調の理御とライトさんが1位通過。
イルさんが2位。
ダブルスランカーのククール♪さんは残念ながら敗退。
戦いの後も楽しげに談笑してたのが印象的でした。


・1回戦C組
柚月/たかくん/ルミノタイトの各氏。
ククール♪さんと名コンビの柚月さんが好調、1位通過。
ルミノタイトさん2位。たかくんさん残念ながら敗退です。


・敗者復活戦(1)
1回戦で3位以下の人たちによる復活戦。
ここは東さんが実力者の意地を見せました。


・敗者復活戦(2)
1回戦2位の3名+東氏の4人による復活戦。
1Rプレッシャーは誤答多発の中生き残った私が1位。
2R爆弾押し付けも強運に支えられ私が1位。
☆16とエトワ-ル☆圧倒的有利で迎えた逆転Rは、しかしイルさんが早々に単独正解しその後も怒濤の勢い。
「2位じゃダメ」とわかっていても、まるでヘビににらまれたカエル。
何もできず、イルさんに敗れました。
イルさん決勝進出です。


・決勝戦
ヒガ/理御とライト/柚月/イル、4人の決勝戦。

いずれも押しの早い4人のバトルは見応えありました。
この組み合わせ、逆転Rでヒガ/イル両氏が共に得意のスポーツを投げるので二人に有利と予想。
結果は見事、イルさんが優勝を決めました!
柚月さんはそのふたりに割って入る2位、大健闘でした。


11082701.jpg



イルさん、二度目の優勝おめでとうございます!
柚月さん、2位おめでとう!
みなさんお疲れさまでした。




今回のメンバー中、ヒガさんとイルさんを最も警戒してたのですが予想通りの展開でした。
それ以上に「1位しか進めない」今回のルールは「2位で生き残る」マイペース戦法が通用せず苦しい戦いでした。
それと本音を言えば、決勝ラウンドがないのは少々盛り上がりに欠ける気もしました。



この日は松原方面でも店舗大会があるそうで、大会終了後は半数ほどの方がそちらに急行されました。
みんなとダブルスしたかったな~。
特に相互リンクしたばかりのたかくんさん、次の機会に是非お願いしますね!



残ったメンバーでダブルスやりました。
まずはイルさんと。

11082702.jpg

組んでから気づいたけど、イルさんとはジャンルの得手不得手が真逆。
(だからこそ警戒してたんだけど)
ここはイルさんにおんぶにだっこでスポーツ投げだ!
イルさんの強さはハンパなく、1位連取です。



メインとサブカで数クレ後、ルミノタイトさんと組みました。
Bプロ同士のペア、なんとなく嬉しいです。

11082703.jpg

あとから気づいたけど、見てください。
パワーまで全く同じです!



続いてカンナヴァロさんとも組みました。
サブカで3勝してハッピの権利と、なんとペアアイテムのタキシードをいただきました。
さらにメインカードでのプレイ時、こんなものまで!

11082706.jpg

レインボーアフロです!
私、黒アフロさえ持ってないのに。
カンナヴァロさん、ありがとう!

ペアアイテムチャンスは、ペアの着用中のものが手に入る確率が高いそうですね。
ダブルス組む時は私もレアアイテム着用しておこうかな。



さらに店外モードでも1クレ

11082704.jpg

パートナーはちょっとおっかないCNの方。
せいいっぱい戦いましたが相手が悪すぎました。
お役にたてなくてゴメンね。



最後に、数週間ぶりの全国対戦をやりました。
11082705.jpg

特番サバイバル。
4位で降格なので、とにかくしがみつきました。
誤答しないよう慎重にいった結果、ほとんど早押しボタンを押せず。
ライバルの自滅を横目にストレスのたまる戦いを続け、圧倒的強さのシルプロに続き決勝へ。
決勝では改めてれいにゃんこさんの強さにガクブル。
この日は店舗大会といい、やたら2位ばかりでした。


「2位じゃ駄目なんですか?」
とどこかの政治家が言ってましたが、
「駄目です!」
戦いは1位が全て。改めてそう思いました。



(義援金貯金は620円)

100Wの生活

銀行の帰りにゲーセンの前を通るんですが、今日は全然AnAnをやる気が起きず。中まで入ったものの結局1クレもやりませんでした。
土曜日の店舗大会に向け調子を上げておきたいところですが、大人しく帰ったのは正解でしょう。やる気なく押してもロクな結果にならないのは経験済みですから。

というわけで今日は何も話のネタがありません。
のんびり晩夏の夜を過ごしています。
(だいぶ過ごし易くなりましたね)



この夏、マイルームの消費電力は激減しました。
エアコンを使わず、PCの省エネ化にも成功。
残る大きな壁は「照明」です。
電力不足の昼間には使わないから構わないといえばそれまでだけど、ここだけ放置する気にもなれません。
100Wのシーリングライトを漫然と使っていたのをインバーターで60Wに減光、さらに最近は蛍光灯スタンドで済ませてます。

最近のマイルームの推定消費電力は、
・PC+ディスプレイ … 35W
・扇風機 … 30w
・蛍光灯スタンド … 25W
(計90W)

裸電球1つぶんの電力でも特に不自由なく快適に暮らせるんですね。技術の進歩を実感します。
しかしここまできたら徹底的に節電したい。
真っ先に考えられるのは照明のLED化です。

でも私、今のところLED導入には消極的。
LEDは嫌いじゃありません。大好きです!
好きだからこそ今のLEDの使われ方に不満があって。



白色LEDは大きさや明るさに関係なく3.6V程度の直流で動作します。
つまりAC100Vを直流3.6V(もしくはその倍数)に変換してやらないといけない。
そのための小型の変換器(レギュレータ)がLED電球とかの中に入ってます。
電球ひとつにひとつずつ。
そいつは変換時に電力をロスして発熱します。
さらにレギュレータは電磁波を発生させるノイズ源になります。小型のものを無理やり押し込むので電磁波を抑えるのが難しいのです。
無論レギュレータのぶんだけコストもかかります。
なんかとってもアホくさい。

「核エネルギー」などと近未来を思わせるハイテクを連想させながら実際はお湯を沸かしてタービン回してるだけの発電所と同じく、人類の科学力の限界を思い知るようで悲しくなります。


直流を家庭に流せばいいのですが、実現は遠い。
照明分だけでも太陽電池で自給できればいいのに。
全ての電力を賄おうとするとコストがかかるから、直流が有利な機器分だけ自前で電力こさえるシステムを、たとえば一軒あたり5万円とかで設置できたらいいのにな。

…などと妄想ばかり考えて、どうも今のLED照明を導入する気になれないのです。

LEDが優秀なのは事実だけど、今のLED照明はその高性能に甘えた作りになってると私は思います。
だからどうしろと言われても個人じゃどうしようもないけど。でも今の照明に使われてるLEDはちょっとかわいそうだなと思います。

そんなことを夜な夜な考えてるエトワ-ル☆でした。
オヤスミナサイ。

SF検定


島田紳助氏が引退しましたね。
8耐を盛り上げてくれた功労者のひとりである島田氏がこういう形で表舞台から去るのは、残念というほかありません。
それより毎週紳助の番組を楽しみにしている私の母が気の毒で。
「鑑定団」とか、どうなっちゃうんだろ!?



まあそれはとにかく、忘れた頃のQMA。
現在実施中の「SF検定」をやってきました。
「最近のSFはなっとらん!」とお嘆きの私としては、なんとしてもS評価がほしいところです。


1クレ目 … Aランク(スコア1563)
このまま1コイン(2クレ)でSクラス入りを目論見ます。

2クレ目 … Aランク(スコア2252)

11082401.jpg

残念ながらSランク届かず。


このあと全国も1クレ。
(ドラ組でHUM7人/COM9匹)

予選前半の文系学問は2位タイながら勢いはそこまで。
後半のライフスタイルで6位、準決勝(スポーツとか)では9位とHUM最下位。
AnAnのダブルスにかまけ戦い方が鈍ってるのを実感。
(フェニ組降格)


検定3クレ目 … Aランク(2290)
このクレで決めるつもりが、僅かにスコアを伸ばしただけのA止まり。
ここで止め時を見誤ってしまいました。


4クレ目 … Bランク(1492)
やってしもた!
検定はいつも3クレ目がピーク。
後は集中力落ちるのを忘れてた。


5クレ目 … Aランク(2062)
散漫な前半を怒濤の後半でカバーしきれず。



Sランクは遠かったです。
「天文・宇宙」で比較的楽にSランクが取れたので楽観してたんですが、自分で思ってたほどSFは得意じゃなかったって事ですね。
映画問が多くて難しかったです。
もっともクイズで映画問は王道。QMAの出題傾向は健全だと思います。少なくともライバル他社より。
AnAnは出題者の好みを反映しすぎ!
まあよくも悪くも悪くも悪くもセガですね。
競馬問とか競馬問とか競馬問とか競馬問とか多すぎるのはなんとかしてくださいホント怒りますよ。
競馬問の積み重ねは0個積みでささやかな抵抗を続けてるエトワ-ル☆です。


まあそんな感じに久々のQMAでした。
明日は給料日なので、銀行帰りにひと押しすると思います。


ダブルスな日常

エトワ-ル☆です。
押してきました。

雨天ながら賑わってたのに、AnAnまわりは閑散。
先週のにぎわいが嘘のよう。
みんなもうダブルスに飽きたのかな?


この日は店内ダブルスで3勝してハッピを取るのが目的。
まずは/P氏とペアを組みました。

11082101.jpg

自然科学が得意な彼
(とてもそうは見えないけど)
とペア投げします。


11082102.jpg


11082103.jpg


11082104.jpg


11082105.jpg

最後にリーグマスター来ました。
ヒガさん強い!(負けました)
土曜日の店舗大会、お待ちしてますわん。



/P氏と組んでの戦いは2勝2敗。
あと1勝でハッピですが、ここでひと休み。
天涯に、いや店外に友を求めて。

11082106.jpg

マッチング神に誘われて出会ったのは桔梗*さん。
久しぶりに格下の人と組めて燃える…
と思ったらリーグマスターでした。
セミプロでLM。頼もしすぎる。
しかもお得意は歴地社だったので迷わずペア投げ。
ここは有無をも言わせず勝たせてもらいました。



コインゲームで汗を流した後、今度はリョーさんと初ダブルスです。

11082107.jpg

リョーさんは言うまでもなく高名なエンタメ使い。
私も合わせてエンタメを投げました。
こんな時でもないと恐ろしくて投げられません。


11082108.jpg


11082109.jpg

2クレ目は私が足を引っ張ってしまいました。
ずんだ餅さん/カノッサ☆さんのペアが強いのはもちろんでしたが。

ホームのレベルが高すぎ、足をひっぱるのは大抵私。
それでも快くペアを組んでくれるみなさん、ありがとね。
これからもよろしくね。


店内ペアで3勝してハッピゲットの権利を得ました。
ついでにサブカにも着せてやろうと思ったのですが、
両替に手間取り、店内ペアが組めず。
(なんてドジっ子)

11082110.jpg

なぞなぞくんさん、こんな私ですがよろしく。
即席ペアながらコンビの息はバッチリ、しかも得意ジャンルも同じで気持ちよくプレイできました。
(最後誤答しちゃいましたけど☆)
できればまたペアをお願いしたいお相手でした。



(義援金貯金280円)


そんな感じでいつものように楽しく押せました。
今度の土曜日(27日13:00~)また店舗大会があります。
みなさんが来てくれることを願っています。
(私は参戦予定です)

『キャンディ・キャンディ』

「続きを見なきゃ」と借りてきた『まどか☆マギカ』が鬱すぎで、5分でDVD叩き割りたくなったエトワ-ル☆です。
最近のアニメは私には刺激強すぎ。
というわけで今回もレトロネタいきます。



今朝の朝日に「70年代の少女マンガ」ランキングが載ってました。
頭の中でニヤニヤ順位予想しながら紙面を開きました。

1位『ベルサイユのばら』
2位『エースをねらえ!』
3位『キャンディ・キャンディ』。
いずれ劣らぬ少女マンガの金字塔です。

4位『はいからさんが通る』
5位『ガラスの仮面』。
押しも押されもせぬ名作揃いですね。

納得の順位でしたが『エース』と『キャンディ』が予想と逆。
『エース』はアニメの再放送で評価が高まったのかもね。


私が読んだことがあるのは『ベルバラ』『キャンディ』『ガラスの仮面』。
(『エース』と『はいからさん』はアニメで知ってます)
『ベルバラ』も『ガラスの仮面』も引っ越しのどさくさで散逸してしまいました。
しかし唯一残った『キャンディ・キャンディ』の単行本が本棚から消えることはありません。ありえません。
私が私である限り。



今でこそ少女マンガに抵抗はありませんが、子供の頃は
「少女マンガなんか読む奴は男のクズ」
と信じきっていました。
そんな私を180度変えたのが『キャンディ』。
なんとなく見た再放映でショックを受け、恥を忍んで買った漫画にまたショック。
「カルチャーショック」という生易しいもんじゃない。
ビッグバン並みの衝撃でした。

「自分は今まで世界の半分しか知らなかった」
と思い知りました。

それからの私は「キャンディき〇がい」と言われるほど。
アニメ放映中に電話がかかってきても無視
(なにしろ録画機がなかった)
放映時間に帰るため踏切の遮断機くぐって自転車かっ飛ばしたり
(なにしろ録画機が… とか言い訳できるレベルじゃないですごめんなさい)
いや今思うとほんとキ〇ガイだわ。


「ジャンプ」全盛の80年代にも私が買って読んでたのは「なかよし」「りぼん」だったし、好きなアニメも半分以上女の子向けだったし。
思えば後に『コメットさん☆』にハマったのも、今こうしてエトワ-ル☆というCNでブログ書いてるのも、元をたどれば『キャンディ・キャンディ』との出会いが全ての始まり。
私にとってはかけがえのない作品なんです。


それほどの名作が、今は単行本もDVDも出てません。
原因は原作者と漫画家の仲違い。
ファンとしていたたまれなかったので詳しい経緯は知りませんが、版権で争ったみたいです。
金の卵を産むガチョウの腹を裂くような、笑うに笑えない話です。
(windows黎明期の頃「いがらしゆみこ作品集」というCD-ROMが出た時、『キャンディ』が収録されてなくて「ありえね~!!」と憤慨したのを覚えてます)

『キャンディ』はもはや原作者や漫画家だけのものではなく、この国の、いや世界中の数えきれない人たちのかけがえのない財産なのに。



話はとびますが、数年前ヒットした『大長今(チャングム)』という韓国ドラマ。あの脚本の人、絶対『キャンディ』のファンですよ。証拠はないけどピピ~ンと来ました。間違いなく影響受けてる。
悪いと言ってるんじゃないです。むしろ嬉しいんです。
『キャンディ』自身、『風と共に去りぬ』『赤毛のアン』といった名作の影響を受けてるのは確実。
クリエイターが優れた先人に学ぶのは当然のことです。影響を受け、消化して、それを超えるものを作る。それがクリエイターのあるべき姿でしょう。

私は『キャンディ』も『チャングム』も大好きです。
だからこそ残念なんです。
あの漫画から今のクリエイターが学べることはたくさんあるはず。
なのにあの名作と若い世代をつなぐ架け橋が、個人的な事情で外されてしまっている現状が、悲しくてなりません。




最後はまとまりのない、残念な文章になりました。
まあ「語りきれないほど『キャンディ』が好きなんです」ということで許してね。



ところで朝日新聞のそのランキング。
30位まで載ってたんですが27位に『おはよう!スパンク』が入ってたのが嬉しかった!
私の一番好きな漫画家・たかなししずえさんのことも、いずれこのブログで書きたいと思ってます。
ええ絶対書きますよ。私が私である限り。




プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード