義援金ひとまず終了

月曜日も会社を休んで静養しました。
夕刻、ちょっとだけゲームセンターに行きました。

日曜日に行われた第37回和泉店舗大会の結果が載っていました。

12073101.jpg
(日付は29日の間違いだと思います)

この表だけでは戦いの様子はわからないながら、いつにも増して豪華なメンバーだったようです。
私も次回は是非とも参戦したいです。


この日はコインゲームにハマり結局ノーAnAn。
週末アンサーから週1アンサーへ、そして先週はついにノーアンサー。
今週も「スポットライトチャレンジ」タワーと取り付く島もありません。しばらくは様子見が続きそうです。



ところで去年の震災以来義援用貯金を続けていましたが、今年になってからの状況を伝えてませんでした。
3月から5月にかけて近くの図書館や市内の公共施設で4回に渡り計4千円を義援箱に入れました。
それと先週末、鈴鹿で会った友人経由で、義援活動を続けている教会に4万円を義援金として渡しました。

突然ですが、これをもって私の義援金活動は終了させていただきます。

自分のしてることが少しでも本当に困っている人に役にたってるのか、実感がないのが正直なところです。


それに代えて今後しばらく、これまでの義援金のルールと同額のお金を積み立て、自分の買い物に充てるつもりです。
東北の産品や東北のネットショップなど、被災地に関わるものを買おうと思ってます。
確約はできませんが、折に触れそういう買い物のことも当ブログでとりあげるかもしれません。

今年も夏祭り

こんにちは、お久しぶりです。
世間がオリンピック一色に染まってることもつゆ知らず、今年も鈴鹿8耐を見てきました。

諸事情あって、今回は電車で行くことに。

12073001.jpg
眠い目こすって行きました。

特急電車に乗るのは久しぶり。
マンネリ気味な鈴鹿行が新鮮なものになりました。



新鮮といえば、今年は場内に「レーシングシアター」が新設されていました。

12073002.jpg

子供や免許を持ってない人にもサーキット走行の香りを味わってもらえるフレンドリーな施設です。



12073003.jpg
童心にかえってご満悦のエトワ-ル☆氏。


12073004.jpg
なぜか完成済みのプラモも多数陳列。
本物と見間違う、いや本物より綺麗な出来。
私も作りたくなりました。でもよほど丁寧に手間ひまかけないとこんなに上手くできそうにないです。
怠け者の自分にはキビシー!
(作りかけのA-10はどうなったとか聞かないで)


外でもいろんなイベントが行われてます。
まさに夏のお祭です。

12073005.jpg
トライアルのデモンストレーション。
何度見てもすごいです。



12073006.jpg
バイクって空も飛べるんだね。


今年は8耐35周年ということで、

12073007.jpg

12073008.jpg
こんなレジェンドバイクたちを、当時のオリジナルライダー達がデモ走行してくれました。
前夜祭で、辻本が駆るゼッケン12ヨシムラマシンのブルーバルブが夜のサーキットを駆け抜ける様は最高だったぜ!



今年は電車で行ったこともあり重い一眼レフを持っていくのは断念、レース中の写真はほとんど撮れず。
しかし波瀾万丈の見応えあるレースでした。



来るたびに思うのが、鈴鹿サーキットの観客への配慮の素晴らしさ。
8耐がブームになり観客動員数15万とかいってた頃はトイレ行くのにも行列するありさまでしたが、サーキット側が教訓を生かして改善を続け、今では世界中のどこにも負けない素晴らしいサーキットだと思います。
もちろん来年も行きますよ!


でもその前に、9月初めに「鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー」という往年のライダーやドライバーが多数登場するイベントがあるので、それも行きたいなあ!

女の子の正義

こんにちは。
「Answer×Answer」のブログでありながらすっかり自分の雑記置き場になってます。
参戦記をサボってるわけじゃありません。
参戦をサボってるだけです。
自転車のない数週間を送るうちAnAnなしでも大丈夫な身体になってしまい、先週など週末アンサーどころか週1アンサーでした。
今AnAnでどんなイベントやってるかさえ知りません。
今週は三重県で押すかもしれませんが。
今は週末の8耐のことで頭いっぱいです。


今日の午前中は旅行のための買い物をしてました。
あまりの暑さでみんな頭がおかしくなってるのか、危険な運転の車がたくさんいました。
お店で買い物してると、小学生の女の子の2人連れがおもろいことを言ってました。

「女の子やから、選ぶの悩むの当たり前やん」

子供はサラリと真実を語る。
けだし、名言です。
男のくせに百円商品をうだうだうだうだ悩んでた私には脳天直撃のひとことでした。
せんだっての「エロBOX」とともに、私の言葉遺産に永久保存しておきましょう。



明日からPCのない世界に旅立つので、週末は当ブログをお休みさせてもらいます。

その間、毎日のようにネタを提供してくれてるKobo Touchの現状を追えないのが残念です。

まるで「焚書」だ

「本を焼く者は、やがて人を焼くようになる」
  (ハインリヒ・ハイネ)


先日買った電子書籍端末「Kobo Touch」ですが、販売元の楽天がまたやらかしてくれました。

土曜日の夜、楽天市場のレビューで不自然な高評価が多いと書いたばかりですが、月曜日の夜にはレビューそのものが見れなくなっていました。
楽天よ、やることがあからさますぎだろ。

レビューは財産です。購入希望者にとっても、売る側にも。それを都合の悪い意見が多いから消すとは。
自分に都合のいい意見だけ聞ければ満足か!?
真面目にレビューを書いた人にどれだけ失礼な事をしているのかわかっているのか!?
本の未来を築くためのツールを売るこの会社がやってることは、まるで焚書と同じです。
よりによってネットで食ってる企業がこんなことするなんて。Koboの担当者はよほど無能ですね。

それに対抗してというわけではないですが、私が以前書いた「Kobo Touch」予約時、好意的な文章を書いたエントリーは閲覧不可にしました。
(間違って買う人が増えないように)

すぐ感情的になってしまうのが私の悪い癖なので、もっと冷静なこちらの方の記事を読めば、今何が起こっているかがよくわかると思います。

楽天「Kobo Touch」のスタートダッシュと今後を考える


とにかく今言えることは、物好きな人以外は
Kobo Touchに手を出すな
ってことです。



楽天の対応のひどさとは対照的に、Kobo Touchを快適な端末にするべく有志の方々によるカスタマイズや支援は活発です。
たとえばこの支援ツール。

楽天kobo Touch用に、テキストをHTML化するページ

これのおかげでテキストも読めるようになりました。
(ありがとうございます)
他にもまだ試していないツールがあり、うまくすればテキストを縦書きで読むこともできそうです。
さらには(発売後数日なのに)中を開けてメモリを交換した強者の方までいます。
私のような自作派にとっては楽しいおもちゃではあります。

第1回難波ONE決定戦

日曜日に大阪難波の「ハイテクセガアビオン」でAnAnの店舗大会がありました。
行く予定のなかった私ですが、いろいろあって結局参戦しました。
参加者は64人。
予選は16組に分けて行われました。

12072201.jpg

12072202.jpg

12072203.jpg

12072204.jpg
膨大なエントリーリスト


あまりに時間がかかりそうなので、戦いは6台のサテをフルに使って行われました。逆転R終了時点で2人が抜け、残った2人が決勝を戦っている間にも次の組の4人が戦いを始めるという具合です。
(上杉謙信もびっくりの車懸り戦法)
そしてこの人数なので、当然ながら予選を勝ち残れるのは各組ひとりずつです。

私は予選12組。
(試合が始まるまで2時間かかりました)
対戦相手はレッズ913さん、とうちゅうさん、じゃすみいさん。
先に述べた大会の都合上、私ひとり離れたサテで戦い、店舗大会ではなく全国対戦してる気分でした。
逆転R開始時点でほぼ互角の戦いでしたが、逆転は焦りすぎて得意の世界地理でチョンボ。とうちゅうさんと決勝に行きたいという思いが強すぎたのでしょう。
思いはかないませんでしたが、光明池大会に続き2度も伝説のアンサーと戦えたことは幸せでした。


で、私以外の方々の戦いについてですが…
書き切れるわけがない

泣いちゃう鴨さん、僕の天使マリさんに「ブログ楽しみです」みたいな事を言われましたが、
覚えきれるわけがない


対戦内容全部覚えられたら、優勝どころか将棋の名人にでもなれるでしょう。
そんなの無理なので、さっさと結果だけご報告します。


12072205.jpg

予選を勝ち上がった16人によって準々決勝、準決勝が行われました。
決勝戦に残ったのは、らぎさん、諸葛亮孔明さん、初芝リックさん、榊☆森羅さん。
そして栄えある第1回難波ONE決定戦の勝者は、初芝リックさんでした!
リックさんおめでとうございます。
そしてみなさん
ほんっと~に、おつかれさまでした!

運営の方々(≒やられ>_<さん)の手際のよさが光り、これだけの大人数なのに混乱もなく4時間で終わったのは奇跡的。とても密度の濃い大会でした。
和泉のアットホームな戦いもよいのですが、こうした圧倒的大人数の大会も大会らしくていいですね。
敢えなく1回戦敗退となりましたが、わざわざ来てよかったと思える楽しいひとときでした。



12072206.jpg

「次は1回戦突破… したいなあ」
夜空に浮かぶ通天閣を見上げながら密かに誓うエトワ-ル☆でした。

「ハイテクセガアビオン」店舗大会のお知らせ

大阪市内にある「ハイテクセガアビオン」でAnswer×Answerの店舗大会が行われることとなりました。
ここにお知らせします。


【ハイテクセガアビオンAn×An第1回店舗大会!(仮)】
『日時』
7月22日(日)14時~ ※抽選13時~
受付:当日店頭にて
参加人数:何人でも集まれ!!
『レギュ』
4人店舗大会モード難易度hard(予定)
『参加費』
100円



ブラックさんから随分前にこのお知らせを聞いていたのですが報告が遅れました。お詫びいたします。
(変更点等あった場合もここに書き込みます)
みなさん奮ってご参加ください!


ついでにセガワールド和泉の店舗大会は
・7月15日(日)13:00~
・7月29日(日)13:00~
となっております。
(日程がかぶらずホッとしました)



私もハイテクセガアビオンの大会に参加したいけど、場所が場所だけに誘惑が多すぎるのが困りものです。
あと7月29日は参戦できません。鈴鹿が俺を呼んでいる。

楽天に苦言

土曜の休日は19日に届いた電子書籍端末「Kobo Touch」をいじってます。
どうにも敷居の高い端末です。

楽天のブックサイトが検索しづらいうえに、そもそもこの端末にまだ信用がおけないので、今のところセットアップ時に自動で入れられた「青空文庫」以外の書籍は読んでません。

私はどちらかというとPDFや生のテキストが読みたいのですが、PDFは読みづらく、TXTは文字化けで読めません。
ポメラで書いた文章をそのままMicroSD抜き差しして読みたかったのですが、今のところ無理。

そのいっぽうで画像データの見やすさは予想以上。
なかなか購入者を翻弄させてくれます。


不満は多いですがそれでいて結構魅力的です。


12072101.jpg
文庫本との大きさ比較。



12072102.jpg
12072103.jpg
Kobo Touchは大きさも重さも文庫本程度で快適です。


この端末に使われている「e ink」は、液晶と違って表示そのものには電気を使いません。
(書き換え時に電力を使う)

12072104.jpg
モノクロのフォトスタンド代わりにも使えそう。



ハードウェアとしてのKobo Touchは結構気に入ってます。それだけにソフト側の改善をのぞみたい。


私の最大の不満は全く別のところにあります。
土曜の夜12時近く、楽天市場でKobo Touchのレビューを見に行きました。
評価はおおむね☆3つ。決してよくありません。
☆3つで評価する人は少なく、☆5つと☆1つに評価が二分されてる。
私の見に行った時間帯のレビューは☆5つがずらりと並んでいました。

購入者のはしくれとして言わせてもらえば、この端末に現状で☆5つをつけるのはまずありえません。
ダウンロードした電子書籍は視認性がよく読みやすいですが、操作性は良くないし書籍のラインナップも乏しい。
それ以前にセットアップの難しさがあります。楽天から電子書籍を購入して満足する層(楽天が一番大事にすべき客)の何割かは、この端末のセットアップさえできていないでしょう。
にもかかわらず、評価☆5つの不自然なこの多さ。
これが何を意味するかは、おわかりでしょう。

不具合の解消、サーバの増強、ストアでの電子書籍の充実… 楽天がやらなきゃいけないことは山のようにあるのに、社員のやってる事ときたら。
不具合を直すより隠す。そういう企業姿勢は私のもっとも嫌うところ。
私の楽天に対する評価は地に落ちました。


今後電子書籍を買うとしても、楽天経由では買いたくないです。
こんなやり方を続けてる限りはね。
当分は自分なりにKobo Touchの楽しみ方を模索します。

「Kobo Touch」取り急ぎレビュー

昨日、予約していた「Kobo Touch」が届きました。
最寄りの配送センターに朝8時についてたのに届いたのはお昼過ぎ。
速攻レビューができなくて残念でしたが、発売日に届いた同志たちの戦いは壮絶だったみたいです。
なんというか、一筋縄ではいかない端末です。
前もって言いますが、どうしても欲しい人以外はしばらく様子見していたほうがいいでしょう。
本当はじっくり腰をすえ写真もふんだんに使ってレビューしたかったのですが、私自身も今こいつと格闘中なので、とり急ぎ思ったこと気づいたことを羅列します。


まず、セットアップをしないと動きません。
セットアップにはネットと接続したPCが必要です。
(書籍データ入れたMicroSD差して電源ONすれば使えると思ってた私が甘かった)

ネット接続時、楽天会員ID入力画面でつまずきました。
通常は自動で半角になるパスワード入力がなぜか全角のまま。しかも自分で打ち込んだパスワードは見えないので何度やってもエラー。気づくのが早くて助かりましたが不親切です。
また、初日の夜はサーバーそのものがアクセス過多でダウンしていたみたいです。
PCの扱いに長けた猛者たちでも苦労していたようなので、ここに書いてあることの意味が理解できないような人にはセットアップは絶望的じゃないでしょうか。


いざ使えるようになっても、扱いずらい機器です。
まず、取説が無に等しい。そのあたりはおそらくiPadを真似たのでしょうが、「Kobo Touch」のインターフェイスはお世辞にも使いやすいとはいえません。
(iPadが使いやすいかどうかは知りません)
使い勝手に関わらず取説は必要だと思います。
家電メーカーは全員ニンテンドーを見習え!

肝心の画面表示は、データ形式によって雲泥の差があります。

・EPUB(評価◎)
セットアップ終了時に自動で取り込まれる小説のうち「坊ちゃん」を読んでみました。さすがに快適です。

・PDF(△)
ポメラの取説を入れてみましたが表示が小さく見づらい。ズームには手間がかかり、読んでてストレスたまります。

・JPG(〇)
6インチ画面で解像度が800*600とは思えないほど、予想外に見やすいです。ただしズームしようと思うと途端に面倒くさい。

・TXT(×)
日本語が文字化けして読めません!
ポメラとの連携の夢が断たれました(泣)。


JPG/TXTは正式対応してないので仕方ないといえばそれまでですが、ネット書籍の品揃えが充実しているというわけでもなく、現状では青空文庫を読み倒すくらい。
この「Kobo Touch」、軽くて薄くて見やすくてよく出来ていると思いますが、ソフトウェアがプアすぎる。
しかもこういうものを売った経験のない楽天にファームウェアの改善はあまり期待できません。
どなたか優れた有志の方々が快適なインターフェースを作ってくれたら大化けすると思いますが。

というわけで残念ながら現状では「Kobo Touch」はオススメできません。
私はせっかくなので頑張って使い倒したいと思ってます。

巨大エロBOX

今の私が言っても誰ひとり信じてもらえないでしょうが、学生の頃、私はエロ本が嫌いでした。特に中学から高校にかけては半端じゃない「おくて」でした。
内向的な性格のわりにいじめを受けた経験が皆無の私がただ一度受けたいじめは、中学2年の時、休み時間にクラスメイトにエロ本を見せられた事でした。というくらいエロ本が嫌いでした。今思えばなぜ嫌がったのか自分でもわかりませんが。

そんな自分には小学校以来の旧友がいました。引っ越ししてからもしばしば会っていたその友人が全寮制の学校に行くことになり、数日前に駅前に呼び出されました。
私は不思議に思いました。その友人と会うのは互いの家と決まっていたからです。私が駅前に行くと彼はもう待っていて、いつになく思い詰めた様子で言うのです。
「もらってほしいものがあるんだけど」
そういって彼は巨大な段ボール箱を指さしました。私はそっと中を覗きました。
そこにあったものは… ああそうです。もうおわかりでしょう。そこには「男の夢」がぎっしりと詰まっていました。箱からあふれんばかりに。よくもこんな重いものをここまで持ってきたものです。
今なら当時の彼の気持ちはわかります。処分に困り、といって思い出の詰まった品々を捨てるに捨てられず、友人で口の堅い私(今まで30年間誰にも言いませんでした)に思いを託したのでしょう。
しかしお子ちゃまだったその時の私には、彼の思いも夢もわかりませんでした。それらは私にとってはけがわらしいものにしか見えませんでした。
(たとえ理解できたところでシュミの問題があるし、友人とはいえ人の使用済みのものをもらっても困るけど)
結局私は友人の申し出を断りました。彼があの段ボールとその中身をどう処分したかは定かでありません。
ともあれ、それは私にとって強烈な「エロBOX」体験でした。


「エロBOX」という言葉は私の思いつきではありません。ずっと後、会社の同僚(年下)から教わった言葉です。
その同僚の学生時代のクラブの部室にやはり大きな段ボール箱があって、部員たちが自分の読み終えた書物(裸体限定)を共有財産として収蔵していました。そして部員たちはその箱を「エロBOX」と愛着を込めて呼んでいたのだそうです。
その語感の美しさにひかれ、以来「エロBOX」というフレーズは私の「ことば遺産」として永久登録されています。


長い間封印していたこの言葉遺産を思い出させたのは、現在予約中の「Kobo Touch」です。
「Kobo Touch」はモノクロながらJPGやPDFといったデータに対応している(はず)です。そしてこいつには最大32GBのMicroSDが挿せる。
これを知った瞬間、懐かしいあのフレーズが脳裏をよぎりました。
「なんて巨大な『エロBOX』!」

それにしても32GBとはなんと雄大な夢でしょう。容量もですがMicroSDが使えるのがいい。
内蔵メモリにはあたりさわりのない文書を、そしてポメラとの連携用SD、そしてムフフな巨大エロBOXとしての男の夢(もうええちゅうねん)専用SD…
TPO(という大げさなものじゃないけど)に応じて外部記憶を使い分けられるのがとっても魅力的です。
そしていつの日かSDカードを取り違えて大失態! という微笑ましい情景まで浮かんでくるではないですか。
なによりも嬉しいのは、うぶだった私もいつのまにかこうして男の夢をでっかく語れるようになってたことですよ。
「みんな、僕こんなに成長したよ!」


思惑通りに使える見込みもわからないまま商品到着前に妄想をかきたててる今この瞬間が、ひょっとしたら一番楽しい時なのかもしれませんね。ビニールの封を切る瞬間が一番ワクワクする、あの頃のあの本と同じで。
いや私は買ったことないですけどねホントですって!

久しぶりにいい映画見た

こんばんは。
先日は「母のせいでテレビが嫌いに」などと不謹慎な事を言いましたが、今夜は母のおかげでいい映画に出会えました。
BSでやってた「オーケストラ!」という映画です。

職を追われ今は清掃員となっているかつての名指揮者が、ひょんな事から即席のオケを組んで…
夢敗れた主人公がかつての仲間ともう一度、というありがちなパターンの映画です。

しかしストーリーもキャラも細かいところまでよく練られていて全く飽きません。さらにところどころ実話を元にしているせいか、各キャラの描写がリアルです。
かつてのロシアでのユダヤ人迫害に関わるストーリーもからんできますが、監督はタブーを恐れず描いています。とはいえ話は基本的にコミカルで「こんなのないない」な展開が連発。それも根っこに一本筋の通った話なので気になりません。そしてどのキャラも個性的で憎めない。

オーケストラのタイトル通り、クライマックスは演奏シーン。これを退屈させず感動的に見せられるかどうかで全てが決まりますが… そのあたりは見てもらうしかないでしょう。
それにしても指揮者ってなんであんなにかっこいいのか。映画を見ていてこの役者さんがうらやましくなりました。演技とはいえあんなホールでオケを振れるんだもの!

クラシックの知識がなくても全く問題なく楽しめる映画だと思います。逆に私はこの映画を見て、今まで興味のなかったチャイコフスキーのバイオリン協奏曲のCDが欲しくなりました。
(できればこの人たちの演奏で☆)

ご飯食べながら箸の手も止まって見入ってました。こういう映画こそエンターティンメントと呼ぶにふさわしい。個人的には100点あげたい気分です。
難を言えば、タイトル地味すぎ!

ハリウッドのお金かけまくりの映画が食傷気味な方にオススメです。




追記(7/18)

なんか「伝え切れてない」と思ったので蛇足します。
この映画を見終わって、ありがちなのに新鮮、そんな印象を持ちました。
その理由に一晩経って気づきました。
「ありがち」なのは、この映画がハリウッド映画を模範にしているため。縦横に張り巡らせた伏線、立て続けに起こるエピソード、そういう部分はハリウッド路線そのまま。
「新鮮」なのは、それらがまるで垢抜けてないこと。
伏線やエピソードはよく練られ的確に配置されているのに、仕上がりはなぜか泥臭くどこか野暮ったい。
やはりアメリカではなく欧州の匂いがする映画なのです。

そして私はこの匂いが嫌いじゃありません。



表現したいものにどこまでも恥じらいなく突っ走るアメリカ映画、そして弾けようとしても弾けきれないヨーロッパの映画。
それは個々の才能の問題ではない。
目に見えず言葉にできないけれどどこかに結界のような一線があって、そこより先には踏み出せない。それを感じ取れる欧州の感性と、感じ取れずに踏み込んでしまうアメリカの感性の違いだと思います。
そして欧州の感性は日本人のそれに遥かに近い。
それを無理やり言葉にするなら「美学」と呼ぶのだと思います。
日本人さえ忘れかけてるその感性をヨーロッパ、特にフランスやイタリア映画からは感じ取ることができる。
私が心地よくこの映画を見れたのは、きっとそのせいだと思います。「自制」という目に見えないリミッターのせいだと。
プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード