懐かしの戦場へ(16)

MD版アドバンスド大戦略・スタンダードでドイツ面の続きです。


1945年3月13日
(晴)

天が味方しました。ベラルーシ首都攻略を開始します。
イタリア方面攻略に温存していた部隊も引き抜き、可能な限りの航空戦力を投入します。
続くウクライナ攻略に備えた拠点も必要なので、ベラルーシは壊滅ではなく占領する必要があります。


まずは内陸首都を攻略。


13011401.jpg

首都がガラ空きなのを期待したのですが、甘くない。
この対戦車砲を航空機3部隊でようやく全滅させ、すかさずV-1をブチ込みました。残り耐久度は130。
貴重なV-1をもう一つ使うのをケチって爆撃機投入。
やったか!?
いいえ。残り10でした。
「ええい、使えん奴め!」
10では敵に見つかってしまうではないか。
護衛の余裕などありません。

司令官のご機嫌はこの数日悪くなる一方。
しかしこの首都はもう落ちたも同然です。


平行して中央の首都の攻略も進めます。
生産首都なので敵はうようよしてるでしょう。しかし陸上兵力を待っていては時間切れになるので、ここも空軍だけでやるしかありません。
部隊の損耗で戦闘には使えないTa152が偵察に向かいます。


13011402.jpg

首都に陣取っていたのは航空機の天敵、対空戦車。
攻略部隊が見つかり、敵が警戒したのか。
しかし好天が続くとは限らない。相手が対空戦車でもやるしかありません。
エリートMe262部隊の30mm機関砲で先制攻撃だ。
しかし攻撃寸前、表示された攻撃期待値に愕然。
期待値「12」。
これに機関砲の攻撃回数2をかけても、期待できる撃破数は2.4両にすぎません。馬鹿な!?


13011404.jpg

こいつ、空防御が40もあるのか。
ソ連の対空車両といえばトラック改造車が数で押す印象ですが、戦争末期にはこんなのが沸いてくるのですね。
首都にいるこいつを航空機で叩くのは無謀すぎます。敵の経験値が上がり最悪の状況になるでしょう。

涙をのみ、この日の攻略は断念します。

こいつは偵察に来たTa152に好餌とばかり食いつくはず。そして無難な兵器を首都に作ることを期待します。
そのためには、敵が首都の空を安全と判断すること。
言い換えれば、言うに忍びないことながら…
Ta152が全滅することを望むしかありません。


ゲームでありながら、もはや楽しくありません。
戦いが苦痛です。胃の痛む思いです。
ゲームでさえこうなら、当時の指揮官の思いはいかばかりか。



13011403.jpg
海沿いの首都はいつでも占領可能なのですが

明日、敵がまた対空車両を作ってきたら?
(私がベラルーシ司令官ならそうします)
その対策としてJu87「シュトゥーカ」を生産。
制空権のない中でJu87の運用は無謀ですが、既に無茶しなくては勝てない状況です。
しかし天候には対策のしようもありません。
天候まかせ、運任せの攻略がこれから終戦まで続くのは間違いありません。


航空戦力を割かれた南部では敵の攻撃機が暴れまくってます。仕返しできる日は来るでしょうか。



1945年3月14日
(晴)


13011405.jpg

ヨーロッパに、また春が巡ってきました。
天はまだドイツを見放してはいない。

偵察機からの報告も私を狂喜させます。


13011406.jpg

敵生産首都にいるのは、トラックです!
昨日偵察に出したTa152は自らの最後の任務を忠実に果たしてくれました(敬礼)。
興奮に震える声で全軍に指令します。
「ルフトヴァッフェ全機に告ぐ。総攻撃開始!!」

まず配属されたばかりのMe410Bが首都のトラックに500kg爆弾を叩き込みます。6両撃破!
いいぞ新米、やるじゃないか。
続いて爆装したTa152が250kg爆弾で攻撃。
こっちは大ベテランなので安心して見てられ… えっ、撃破数1、たった1両だと!?


13011407.jpg
どうしたラインダース大尉、地上攻撃は苦手か!?

ひょっとして手詰まり? ゲームオーバー!?
う・そ・だ・ろ !!

もう後には引けません。隣の補給馬車を排除してでも首都攻撃を続けます。
空港で補給中のMe109Kに爆装させ補給馬車を攻撃。
手持ちの部隊は残り少なく、こいつが一撃で補給馬車を全滅させられなければ攻略は終了です。

いっけえ、Me109!!

やった。
やった!
全滅だ!!

奇跡的に、補給馬車全滅です!
(期待値通りではありますが)


そしてトラックを攻撃可能な最後の部隊に突入を命令。
敵戦闘機の排除のため温存していたMe262です。
その凶悪な30mm機関砲4門がトラックに火を噴いた!


13011408.jpg
1両残りました

ありえない結果に呆然。なぜだ。
BGMに「ブックマーク ア・ヘッド」聞いてたせいなのか!?
ウィッチに不可能はないはずではなかったのか!?
(誰がウイッチや)

「ああ…」
思わず悲鳴に似たため息が漏れました。
一気に肩の力が抜け、私は非情な結果を表示した画面を見て力なく笑っていました。

全ての条件に恵まれてなおベラルーシ1国落とせない。
奇襲に失敗した航空機が反撃を受けるのは間違いなく、この後ベラルーシを落とせたとしてもウクライナ侵攻のための補給補充に相当の時間がかかるでしょう。
イタリア方面、パルチザンの掃討は手つかずのまま。


楽天的な自分ですが、この瞬間、負けを悟りました。


勝利の可能性はゼロではありません。
しかし例えるなら「巨人が20連敗して阪神が20連勝すれば優勝できる」とか、そういうレベルです。
そしてじき、その可能性も消えるでしょう。
全てはたった1両残ったトラックのために。


リセットも考えましたが、ここまで戦いに入れ込んだ日々を思えば、これは私にとってはゲームではなくもはや歴史。
歴史を変えてはいけません。
プロの棋士なら「投了します」と言うべき状況下、なお終戦の日まで自分の最善を尽くすだけです。
手持ちの部隊を可能な限りベラルーシ首都に差し向けました。飽和攻撃で敵を混乱させ遷都を誘います。
あとは天命を待つのみ。

まさに夢のコラボ

生まれて初めて、初音ミクのCDを買いました。

「新譜だけど置いてないだろうな」と期待せずCD屋に行ったらCD屋がなくなってたというトラブルはありましたが、時代を肌で感じながらネットで購入。



13012901.jpg
冨田勲 『イーハトーヴ交響曲』
大友直人指揮 / 日本フィルハーモニー交響楽団
慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団/同OB合唱団、聖心女子大学グリークラブ、シンフォニーヒルズ少年少女合唱団
& 初音ミク


冨田勲と初音ミク。
日本の電子音楽のご先祖様と時代の最先端を走る電子の歌姫との夢のコラボです。



13012902.jpg
ミクも嬉しそうでなにより。

それにしても全くミク臭のないジャケット。
きっとミクを知らないクラシックファンへの配慮ですね。



…と思ったら
13012903.jpg
前言撤回。
(噴いた)


発表時からCD購入を迷っていましたが、某所で視聴して即決しました。


宮沢賢治の物語をモチーフにした今作品で冨田さんがミクを起用したのは、又三郎やカムパネルラといった、人間であってどこか人間でない異次元なキャラのイメージにミクがぴったりだったから。
(ニコニコ学会のインタヴューで冨田先生は「ミクさん以外いない」と言ってました)
先生は御年80才。例えミクの事を知っても普通なら「若い頃にこれがあれば」で終わったでしょう。
「よし、次の新曲に使おう」という発想が凄い。
私もこんな80才になりたいです。



さて実際に聞いてみた感想ですが。
「不思議な曲です」。

新機軸を取り入れすぎ、演奏の完成度は高くありません。
ミクに演奏者が合わせる従来のスタイルと違い、指揮者に合わせミクが歌う初の試み。そのぶんデータを軽くする必要があったようで、歌も踊りも現在のミクの水準とは言い難い。
ミクの歌いだしも"私は実態のない歌手"といった、ミクファンからすれば「あ、それもう5年前に散々やりましたから」的な内容でした。

なのに聴いている途中も聞き終えた後も、なぜか不思議な感動に包まれました。
ミクに出会ったあの時の感動を先生が今噛みしめているという実感が伝わってきました。
なにより一流のオーケストラと一流の指揮者の紡ぎ出す音は理屈抜きに素晴らしい。それをバックにミクが歌う。ありそうでなかった素晴らしい体験でした。



いつ終わるともしれない拍手(CDでカットされてて残念)の後に、2曲のアンコールが演奏されました。

1曲目は先生初期の名作『リボンの騎士』。
皆さん絶賛してるんですが、う~ん失礼ながら、
「ミクではオリジナルの足元にも及ばん」(KYですまん
ここはサプライズで

ミクのコスプレした前川陽子に…

いやなんでもありません。


アンコール2曲目は「青い地球は誰のもの」。
勉強不足で私の知らない曲だったのですが、ミクさん既に歌ってました。さすがです。




【初音ミクと鏡音レン】たちに「青い地球は誰のもの」を歌ってもらった


先生にはいい曲がいっぱいあるんですね。
CD購入以来、冨田勲漬けの日々です。


先生は今回の『イーハトーヴ交響曲』で、幼い頃に賢治の本を読んで受けた理屈を超えた感動を再現したかったようですが

先生、私まさにその感動でいっぱいですよ!



この夢のコラボをNHKも取り上げます。

『音で描く賢治の宇宙 ~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~』
2013年2月3日(日)22:00~ NHK Eテレ


この番組の放送を去年から待ち望んでます。
この日はAnAn早引けしてでもTVにかじりつくぞ!
皆さんも絶対見てください!


そして『イーハトーヴ交響曲』、大阪でもやってください!

それでも100F行きました

日曜日は店舗大会のあとタワーを登りました。

13012702.jpg
100F超えたの久しぶり。
相変わらずの競馬問の多さに辟易しながら頑張りました。
競馬問とパチンコ問とその他のギャンブル問さえなければ趣雑も好きになれるんだけどね。


13012703.jpg

そうまでして欲しかった称号かと言われれば微妙ですが、どうも☆マークには弱いのだ。


残ったクレで全国しました。

13012704.jpg

早押し、山分け、テクニカル。
前半はリードして逆転Rで抜かれるという相変わらずの展開に泣けてきます(3位)。
たかじんのばさん、・~・!!さんをお見送り。



13012705.jpg

今度はプレッシャー、サバイバル、早押し。
最初から最後までいいとこなしでした。
sonicさん、ゆきこさんをお見送りの3位です。


このところ万年2位どころか万年3位。大会の結果も含めてダメダメな日々です。
タワーじゃ、いくら登っても実力がつかない気がするよ。



あ、あと階下で「maimai」やりました。
以前一度やった時はルールさえわからず終いでしたが、今回はエンタメマスター・リョーさんのスパルタ指導の元、頑張ったよ。
(「知ってる曲がない」というオヤジの弱音は封印)
プレイして思ったのは、
「AKBのPV、エロすぎだろ」
1クレで身体が温まったので冬場はいいかもしれません。


来月のAnAnは何か目新しいイベントがあるといいですね。新アイテムとかあればいいなあ。
(期待薄)

店舗大会の情報も、わかったら載せますね。


第49回和泉店舗大会

1月27日(日)、セガワールド和泉で恒例のAnAn店舗大会がありました。
その模様を簡単に伝えます。

参加者は15人でした。
予選を4組に分けて行いました。


・D.ハリソン、エトワ-ル☆、たかくん、泣いちゃう鴨さん

序盤は良かったものの逆転Rで押せず3位に終わり、ハリソンさんと鴨さんが準決勝へ。
1組で敗退すると間が持ちませんよ(泣


・東、あき、イル、ルミノタイトさん

いつも好調のイルさんと実力メキメキ向上中のあきさんが通過。
東さん曰く「易問に泣いた」ようですが、ここはあきさんの健闘を讃えたいです。


・漫才師☆、81/2、RED、nmk121さん

ブロンズプロ4人による白熱した戦いです。
勝ち上がった漫才師☆さん、nmk121さんが決勝では当然のように連想1発押しをしてて凄かったです。



・S師P師I師、ゆえ☆、なだやんさん

この組は1位だけが勝ち上がり。もつれた逆転Rはなだやんさんが土壇場で痛恨のタイポに泣きました。
2人抜けの他組と違い真剣勝負の決勝は、遠征組のS師P師I師さんが強豪ゆえ☆さんを下しました。


残る1枠を敗者復活戦で奪い合いです。

・エトワ-ル☆、東、RED、ゆえ☆さん
敗者復活はないと思ってました。また押せただけで嬉しいです。戦いは予選こそよかったものの押しに精彩なし。逆転Rではゆえ☆さんがぶっちぎり、土壇場で東さんにも抜かれました。
ゆえ☆さんは決勝でも強かった。同じSプロながら実力は天地の違いです。


準決勝1組
D.ハリソン、泣いちゃう鴨、S師P師I師、ゆえ☆さん

ゆえ☆さんが3連戦ながら実力を存分に出して決勝へ。そして静かな闘志(私には見えた)を燃やす鴨さんも。私が密かに優勝候補と思ってたハリソンさんがここでまさかの脱落です。


準決勝2組
あき、イル、漫才師☆、nmk121さん

前日から現地入りし気合十分のイルさん、そのぶん寝不足ではと思うのですが、強かった!
漫才師☆さんとともに決勝行きです。
そしてあきさん惜しかった! AnAnを始められたのは遅いと思うのですが最近の実力の伸びは恐ろしい。

そして決勝戦は、
泣いちゃう鴨さん、ゆえ☆さん、イルさん、漫才師☆さん。
そして結果は…


13012701.jpg

イルさんの優勝です!!
イルさんは参加回数は少ないですが、参加した時の勝率はとんでもない。間違いなく和泉の強豪のひとりです。優勝おめでとうございます!
そして準優勝は前回に続き泣いちゃう鴨さん!
もはや完全復活を果たし、今大会でも実力を十二分にアピールしてくれました。おめでとうございます!

今回も実力者の競演を間近に見れて楽しかったです。
が、彼らとの実力差が離れていく一方の自分が悲しい。次回は準決勝めざすぞ!
(相変わらず志が低い)

また、今回はあきさんやゆえ☆さんに私のブログの話をしてもらって嬉しかったです。いろんな人に読んでもらって嬉しいやら恐縮するやら。
いつも嘘ばっかり書いてる当ブログですが今後も益々デタラメを書き埋めてこの世を混乱に陥れる所存です。

趣雑【マンネリ】タワー

週末アンサー・エトワ-ル☆です。
今週末は趣雑タワーですか。
マンネリだけど「クイズ博士」称号欲しさに登ります。
金曜日、銀行に行ったついでに12時前から押しました。

タワー開催直前だったので全国を1クレ

13012601.jpg

結果は3位に終わりましたが大変楽しいクレでした。皆さんありがとうございました☆

そのあとタワーを5クレほど。
「熊本にあるお城の名前はなんでしょう」
レベルの問題が頻発、腹のたつことしきり。ゲストや級位相手ならまだしも赤プレートとこんな問題解かされるとは。
2クレでやめるつもりでしたが、なんか悔しくて止められず。

普段は押さない金曜の夜も諸事情により押しました。
上に行くにつれ易問は減りましたが、仕事帰りは頭が全然回らず違う意味でストレスがたまりました。

土曜日も3クレだけ押し、現在80F。
日曜は店舗大会に参加した後、のんびりと100Fの称号を取りにいこうと思います。

懐かしの戦場へ(15)

MD版アドバンスド大戦略・スタンダードでドイツ面の続きです。


1945年3月10日
(晴)


イタリア方面がかんばしくありません。
いや、ひどい状況です。


13011211.jpg
イタリア戦線といいつつ、ここはまだドイツ

この方面唯一の自軍都市を巡る攻防がすさまじい。
動員兵が命と引き換えに奪い返した貴重な都市ですが、守りきれません。
ここ数日は手傷を負ったパンテルに守らせていましたが、耐えきれず撤退。
穴を埋めに来たメーベルワーゲンも1ターンで大破。
お次の軽戦車は翌日にはご覧の通り、消えてます。
(ソ連の野砲の働きがめざましい)
やむなく航空機で押さえようにも、見てのとおり敵機の大群。味方機の救出で手一杯です。
アメリカとイギリス(西)を倒したのに楽にならない。航空戦力の半数をベラルーシ攻略に振ったせいで状況が悪化してます。パンテルを満載した列車がつくまで2日。この状況でイタリア方面攻略軍を編成しないといけません。


いっぽうのベラルーシ攻略も、実は進んでません。
航空機は着々と首都爆撃の準備を整えていますが地上軍は一歩も東進できず。空港のひとつも取って貢献したいけど、進路にスターリン戦車一部隊置かれただけで地上軍は借りてきた猫。


普通この手のゲームは最初の一国を落とすまでが大変でその後は楽勝なのですが、さすが最終面。
麺の歯ごたえが、いや面の歯ごたえが違います。



1945年3月11日
(晴)

昨夜、ベルリン近郊でスターリン戦車が凍結したオーデル川を渡り、ヘッツァーに手ひどい傷を負わせました。
(6両損失。無論相手は無傷)
しかし夜が明けると、敵の姿が消えてます。


13011212.jpg
氷が解け、戦車は水没したようです。
あははははっ!

「イワンの馬鹿」

私はそんなヘマしませんよ。
20年前に懲りてますからねw
(ごめんねティーガー)


ソ連軍には笑わせてもらいましたが、イタリア方面の英軍には怒りしか感じません。

この方面軍のユニット数は僅か24ですが、うち23ユニット戦闘機じゃないかと思うほど束になって飛んできます。
しかもスピットⅩⅣ型の強いこと!
マスタングより格下と侮ってたけど、とんでもない。
そのうえ攻撃が的確です。

彼らにはチトーパルチザンという協力者がいます。
奴らがいわば「連合軍の人力レーダー」として役立っているのです。彼らは倒しても沸いてきます。その拠点はイタリア侵攻の進路上にあり我が方の行動は筒抜け。
ええい、パルチザンめ!


この状況を鑑み、重大な決断をしました。

 「イタリア侵攻を断念します」

先にベラルーシを占領、次にウクライナを壊滅させ、最後にイタリア方面とパルチザンを攻めます。
時間がないのはわかってますが、防備の薄いところから攻めるしかありません。
指揮官として認めたくないことですが、もはや野球でいえば「自力優勝はない」状態。後は幸運に賭けます。
明日からベラルーシ首都攻略を開始します。天候と運次第ですが。

おすすめの歴史書

こんにちは。
本に対する嗅覚が退化したエトワ-ル☆です。
その分野では父や弟に寄生して生きてます。
二人が面白い本を見つけてくれたので紹介します。


13011901.jpg
「若い読者のための世界史」(中公文庫)
エルンスト・H・ゴンブリッチ 著 / 中山典夫 訳


いわゆる「歴史書」ですね。
AnAnプレイヤーの中には出題知識に関する参考書を持ち歩いてる人もいますが、この本はその手の「知識を羅列した」本ではありません。丸暗記タイプの本に比べて情報量は少ないぶん、身につく知識が得られます。

エトワ-ル☆は丸暗記が嫌いです。
大・大・大キライです!!
暗記という行為が苦痛でなりません。
知りたいのは知識の奥にあるもの。
知りたいのは「なぜ」。
この本はそれに応えてくれます。時系列に沿い歴史を順序だてて教えてくれます。


この本はタイトルにもある通り「若い読者」つまり青少年に向け書かれています。だから分かりやすい。
「分かりやすい」というのは本来、全ての書き手が配慮するべき事だと思うのです。
苦労しなけりゃ読めない本などけしからん! 苦労するのは書き手の方であるべきだ。だって読む側はお金払って読むんだから。
子ども向けの本にはその配慮がされたものが多く、良書の確率が高いと思います。


この本で気になったことが2つほどあります。
まず書かれたのが古い(おそらく第二次大戦前)ので、最新の歴史観と食い違っている可能性があること。
(最近出版された本なので配慮されてると思いますが)
それと、作者がドイツ人なので、多少なりともドイツ史に偏った記述になっていることです。
逆にイギリス、フランスに比べ学習の機会が少ないドイツの歴史について知る事ができ個人的にはナイス。
カール大帝がまるでドイツの王のように描かれているのには少々笑いましたが。
(フランスでは「フランスの王」と描かれているでしょう)
どんな良書も鵜呑みにするべきでなく、複数の本を読み比べ真実の匂いを嗅ぎ取る鍛練が必要だと思います。


上下2巻の上巻を読み終えました。十字軍あたりの頃までが簡潔に書かれていました。続きが楽しみです。

超サバイバルチャレンジ・結末編

日曜も超サバイバルチャレンジやりました。


まず午後3時くらいに3クレほど。

1クレ目
13012101.jpg

苦手意識の強い獣の奏者さんとの対戦でしたが、すぐそんな事は忘れました。
まだ頭が寝てたのか1Rは3位。2Rは盛り返し1位。
逆転R連想でキバさんに続き決勝に進むも、いつも通りに2位発進。



2クレ目
13012102.jpg
ちゃんと写真が取れてない。まだ寝てるな。

1R、2Rとも無理攻めして3位、3位。
逆転Rははるとさんが逃げ3人が追う展開。
私は追いきれず4位でした。昨日と同じ展開だ。



3クレ目
13012103.jpg
なんというマッチングか。

1Rで稼ぎ2Rで沈みました。
逆転Rは冴えに冴え4問正答の1位通過でしたが、決勝では気合の入ったdearさんに敗北、SS2降格です。



その後、夜8時台に再度挑戦。

4クレ目
13012104.jpg
降格してもメンツはキツい。

サバイバルは好調。
チャレンジ中はみな前のめりで押しているのか、上位の人の強さを普段ほどには感じません。
しかし逆転Rは別。予選で☆12取ったのにみるみる追い詰められます。でかいひとさんに抜かれMISTさんに並ばれますが、ぎりぎり2位通過。
でかいひとさんとの決勝の結果は書くまでもなし。奪取を投げられ自滅負けでした。



5クレ目
13012105.jpg

前クレと似た展開でサバイバルは制したものの吐区打さんに抜かれ疫病神さんに追いつかれますがなんとか2位。
決勝(連想)では吐区打さんの誤答が多く、この日ようやく初勝利。



6クレ目
13012106.jpg

ライトプレイヤーなのでそろそろ限界。「疲れた」を連発しながら戦ってました。
サバイバルは相変わらず好調ながら逆転Rで失速。簡単に抜かれ、カトンテールさんと3位で並ぶのがやっとでした。


15クレ埋めたい一心でコイン連投

7クレ目
13012107.jpg

サバイバルは3位/3位。逆転R早押し4位。
疲れがあからさまです。

ホットなミルクティーを買い求め気合を入れ直しました。


8クレ目
13012108.jpg

少し持ち直してサバイバルは2位/2位。
2Rの「バレエ/ダンス漫画」を選ぶ問題で『エトワールなんとか』という選択肢があり「それ押す! 誤答でもいいから!!」と思ったら第1回答者のプレイヤー1さんにあっさり取られました(泣
逆転Rも2位通過。決勝は吐区打さんにリベンジされました。



ラスト9クレ目
13012109.jpg

ラスクレは集中して戦えました。
サバイバルは1Rが攻めて4位、2Rは1位。
逆転R早押しは接戦でしたが初問漫アゲを単独し、ラス問も取って生き残り。
アイナさんとの決勝も途中まで接戦でしたがラス問を焦りからフライング、指運で取って後味の悪い優勝でした。
(すみません)

今日も対戦者のみなさん、ありがとうございました☆


13012110.jpg
はあ、埋めた埋めた。


一日9クレは疲れました。タワーならともかく。
来週は趣雑タワーですか。う~ん、また参加賞かなあ。

超サバイバルチャレンジ

土曜日はAnAnの「超サバイバルチャレンジ」に挑戦しました。
6クレ「も」やったので駆け足でいきます。


1クレ目
13012001.jpg

サバイバルは得意なつもりでいましたが、平均順位は2.3台にすぎませんでした。
この日1クレ目は2位/1位タイとまずまず。
をらをら~♪さんに続き決勝に進みますが、いつものように2位スタートです。



2クレ目
13012002.jpg

サバイバルは3位/4位といいとこなし。
逆転Rはなおやさんがぶっちぎってくれたおかげで2位争いに参加できましたが、結局最下位でした。



3クレ目
13012003.jpg

サバイバルでは銀英伝のタイトルを答えました。
「誤答したらメテオさんに申し開きできない」と必死に取りました。正解できましたが… 良問だとは思いません。
銀英伝の「○○編」とか、ジョジョの第○部のタイトルとか、あの無難というかセンスのないネーミングは作者本人が考えたとは到底思えないんですよね。
逆転Rで勝ち残り、きらり☆さんとのキラキラ対決になりました。気合入れて戦いましたが負けました☆



休憩ののち4クレ目
13012004.jpg

サバイバルは1位/1位タイと絶好調。
普段以上に積極的に攻めてます。
しかし逆転R早押しでdearさん独走、ジャスパー♪さんにも追いつかれひやひやものの予選通過。
決勝ではdearさんに勝ち、この日初勝利。



5クレ目
13012005.jpg
どうやら私と同世代の方が混ざってますね。

このクレのサバイバルでは「仮面ライダーV3」の怪人を当てる問題が出ました。
「誤答したらシャオティエンさんに申し開きできない」と必死に取りました。
個々の怪人の名前は覚えてませんが、名前のつけ方が独特なのでなんとか正答できました。
逆転Rはなんと4人歴地社マッチ。ここで独走し最高の気分で決勝に進みました。
こういう時って大抵決勝でボコられるのですが、そうならないよう第三艦橋勤務さんと必死に戦い勝利そして昇格。
それにしても大変な職場ですね。頑張ってください。



6クレ目
13012006.jpg

鬼門のSS1リーグですが見た目は普段と同じマッチング。
しかし相手は強かった。とらぶちさん、まさぽんさんが圧倒的強さでした。私はサバンナ♪さんと3位争いに終始しました。



チャレンジ途中結果
13012007.jpg
好調だとは思います。
が、隣で押してる人たちが別次元の戦いをしている人たちばかりなのでなんともかんとも。
まあ、周りに気を取られずマイペースで押し、日曜には15クレ埋めたいと思います。

懐かしの戦場へ(14)

MD版アドバンスド大戦略・スタンダードでドイツ面の続きです。


イギリス(21stAG)、アメリカを制圧してやっと一段落。
いや~。驚いたのは自軍のV-1です。
始めて使いましたが

チート兵器ですね

もうひとつ驚いたのがアメリカ軍の貯蓄高。
陥落直前になんと3000まで落ちてました。
あのアメリカを金欠寸前まで追いやった我が軍の活躍に感謝しますが、効率の悪い采配も浮き彫りになりました。

しかし時間がかかりすぎました。2月中に落とせば勝利を確信できたでしょうが。
だが今は振り返る時じゃない。防戦一方だった東部、ほったらかしの南部へと、態勢を立て直し進撃開始だ!



1945年3月7日
(晴れ)

この日の主な仕事は戦いよりも交通整理です。
西で戦った部隊を速やかに新たな戦場に送るため。
積雪が多いので列車輸送がメインになります。
進路を妨害する敵を排除し、崩壊都市を修復。
列車到着まで補給、合流、進化と忙しい日々。
こういうちまちました作業が結構好きです。

陸の攻勢はパンテルの到着までお手上げ。
ヘッツァーは防衛オンリーだしⅣ号でスターリン戦車と戦えとも言えません。

スターリン戦車がどれくらい強いかというと…


13011009.jpg
(ミュンヘンのビアホールは昨日も大繁盛でした)

首都に立てこもるヤクトティーガー(経験値MAX)と平地のスターリン戦車(経験値MAX)が、ほぼ互角です。
128mm砲の攻撃期待値は「15」。

ヤクトティーガーがドアノッカー
(言ってる私にもよくわからんが)

もはや現用戦車でも勝てる気しません。A-10カモン!



1945年3月8日
(雪)

始めて「全補給」をしました。
これをするのは一国奪ったあとと決めています。
前線の部隊にとっては勝利の祝杯。しかし今回は浮かれてるヒマはありません。


この日も戦線の整理が続きます。
一刻も早く敵を攻略したいですが、首都攻略は失敗したら立て直しに何日もかかります。その余裕はもうない。
ベラルーシ方面とイタリア方面への功略隊を、万全を期して編成中です。
時間がないので両面作戦するしかありません。


最初に攻略できそうなのはベラルーシ方面


13011102.jpg
画像の編集具合に性格が表れてますが無視してね

我が生産首都ハンブルクや拠点のベルリンは画面の更に左側。右下の2つの首都までは遥かに遠い。
しかし幸いクールラントの部隊が空港を2つ確保しています。その空港までは比較的安全な海路を渡れる。このルートを使い、敵の裏から奇襲が可能です。
3つ目の首都は我が軽巡が首根っこを押さえてるし。
うまくいけばベラルーシは丸ごといただけそうです。



むしろ部隊数の少ないイタリア方面軍が難敵です。
(地図は省略)

西は中立国スイス、東はウクライナ方面軍と両脇を阻まれ、正面から進撃するしかありません。
進路には強敵・スピットⅩⅣが待ち構えているでしょう。
そのうえ手頃な空港がなく、燃料面もキツい。
Me262や、Me109から進化させたTa152といった強力で航続力の大きい機体を集中運用します。
燃料60のV-1の運用は現状では厳しく、敵にとられた空港を最低1つは奪い返さないといけません。
それらの準備を今してるところです。

ウクライナ方面軍の攻略やパルチザン掃討は、その後の話です。


資金不足は解消されましたが、生産空港がひとつしかないのが響いてきました。
航空機にくわえV-1も作らなきゃいけないのに。
生産空港の今後のスケジュールは既にびっしりです。



1945年3月9日
(雪)

戦場に大きな動きはありません。
自分でしている事ながら、この状況がもどかしい。
今何をしてるかというと、主に航空機の合流や進化。
「巧遅より拙速」
わかっちゃいるんです。でもでも。ああもどかしい。


生産空港ではMe410Bを作りました。
序盤で皆がお世話になるBf110の後継機です。
制空権がないので今まで作りませんでした。
今も制空権はありません。
しかし今後の攻略に偵察機がどうしても必要です。
(こいつの索敵は、ご存じの通り「5」)
うまく守って運用するしかありません。
プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード