あらためてMD版アドバンスド大戦略を振り返る

数年ぶりにプレイしたメガドラ版アドバンスド大戦略。
心ゆくまで堪能しました。もうお腹いっぱい。
今回プレイ記を書いて思ったのは、
「なんとミスが多いのか」

プレイしている最中、そんな自覚はなかったです。
「長いブランクのわりに、よく兵器のスペックを覚えてるものだ」と自画自賛しながらプレイしてたくらい。
記録をつけると戦いを冷静に分析できますね。
普段は戦いに熱中してそんなヒマないですが、ブログに書く事で貴重で恥ずかしい記録が残りました。
敗因は何か。どうすればよかったか。分析は読んでくれた人におまかせします。
諸君、私の屍を越えて進め。
わしはもう引退しますけど。



実は途中から、実プレイに平行してリプレイしてました。
(リセットありで)
ハンブルク遷都直前からリプレイした結果…

・イギリス軍21stAG、2月21日降伏(実プレイ時、3月6日降伏)
・アメリカ軍、2月26日降伏(同3月6日壊滅)
・ベラルーシ方面軍、3月6日降伏(同3月15日降伏)
・チトーパルチザン、3月8日降伏(同3月21日壊滅)
・ウクライナ方面軍、3月9日壊滅
・イギリス軍15stAG、3月12日壊滅

という結果になりました。



13022201.jpg
勝利時のご褒美画像(これだけです)。

全日晴天という信じがたい幸運と、パルチザンがウィーンを占領するという愚行のせいで楽勝でした。
(ウィーンを再占領すればパルチザン全滅でした)
そもそもリセット技を使うと使わないとでは全く別ゲームですね。

リセットなしの緊張感はハンパじゃないです。
一手、一手の重みが違います。
そして無論、史実にリセットはありません。
実際のドイツ最終局面ではゲームのさらに何倍もの敵軍が雲霞の如く押し寄せ、味方は補給もままならず、まして敵「首都」を落とすだけで敵の陣営が消滅するなどゲームの中だけの事。
無謀な戦いだったと言うほかありません。ドイツが、そして日本が、そんな破滅の道を自ら選んだのは何故か。
(私には未だに理解できません)
戦争にはそれほど抗し難い魅力があるという事でしょうか。ミリタリーマニアとしてその魅力はわかっているだけに、複雑な気持ちです。

MD版アドバンスド大戦略は、この手の戦略シミュレーションの最高峰だと思います。そして戦争の再現度がすぐれているだけに、たとえゲームをクリアしても残るのは疲労感と虚しさばかり。
戦いのかっこ良さと悲惨さを同時に体験できる希有のゲームといえるかもしれません。
最後に、
プレイした自分だからこそ言わせてください。

人の人生を平気で食い潰すこのゲームこそ、
糞ゲーの中の糞ゲーであると!

PS4のスペック

今日は珍しくゲームハードの話をします。
というのも先日(といっても一週間前だが)発表されたプレイステーション4のスペックが気になったからです。

自分はゲーム機を持ってませんが、PCが好きな影響でゲーム機のハードウェアが気になるのです。
特に先代のPS3がCellという意欲的なCPUを積んでいたこともあり、PS4がどんなCPUを積むのか気になってました。

発表された内容には驚きました。
CPUがしょぼすぎる事と、メモリが豪華すぎる事に。



CPUはAMD製APU(グラフィック内蔵)「Jaguar」コア。
「Jaguarかよ!」
この石のことならよく知ってます。
なにしろ今年はこの石で1台組むつもりですから。
しかしこいつで組みたい理由はあくまで「省エネ」だから。決して高性能なものではありません。

おととしから去年にかけ、Jaguarの前身にあたるBobcat(AMD E-350)をメインPCに使ってましたが、内蔵グラフィックの性能は悪くないもののCPUとメモリ速度が足枷になり、普段使いはともかく3Dゲームを快適にプレイできるマシンではなかったです。
(普段使いにも微妙に遅く、結局1年で買い換えました)
進化したとはいえ、素性が同じ石をゲーム機に使うとは!?



ソニーもそれなりに対策はしています。
市販(予定)のJaguarが4コアなのに対し、PS4搭載予定のJaguarは8コアと性能倍増。
さらにアキレス腱のメモリ性能を大幅アップ。
PS4の搭載メモリは、GDDR5 8GBだそうです。
「GDDR5を、8GBだと!?」
ハイスペックすぎて笑ってしまいます。
これならJaguarが本来持ってるグラフィック性能を存分に引き出せるでしょう。
(自分もGDDR5でPC組みたい!)
しかしGDDR5は高価です。もっぱら高級グラフィックボードに使われる、いわば専用品。
それを8GBとなれば当然、価格に影響します。
Jaguarよりメモリの方が高くつくのはほぼ間違いなく、とてもアンバランスな構成に思えます。


今まであれほどメモリをケチってたソニーが手のひらを返したような大盤振る舞いをしたのは何故か。
思い当たるのは「4Kテレビ」という単語。
3840×2160という解像度を武器に家電が売り込みを図る4Kテレビ。PS4の追従は当然ありえます。
その解像度を確保するための8GB。一見、理に適ってますが…

Jaguarの性能で4K画質の3Dゲームは無理でしょう。
グラフィック性能も足りず、CPU性能はもっと足りません。
(参考までに、Bobcat搭載PCではHD画質さえ厳しい)
Bobcatに比べJaguarは強化されコア数も増えてます。
しかしPS3のCellでもわかる通り、多数のコア(メニイコア)を使いこなすのは難しい。
ゲームにおいては低性能コアを多数積むよりも、高性能コアを少数積むほうが性能が出やすいのです。
ソニーがゲーム向きでないCPUを選んだ理由はわかりませんが、CPUがJaguarならメモリは4GBで十分でしょう。
(ついでにコア数も4つで十分だと思う)

メモリ8GBはゲームではなく動画鑑賞用なのでしょう。
しかし現状BDでさえ普及率はイマイチだというのに、4Kクオリティにどれだけ需要があるのか。
そのために高価なGDDR5を8GBも積むなんて。
ありていに言って8GBメモリ搭載の理由は、形だけでも「4K対応」と呼びたい営業サイドの圧力に思えます。

このスペックからはゲーム機としての方向性、一貫性が感じられず、「多くの部署のバラバラな要求を漫然と受け入れて作った」妥協の産物の匂いがします。
そもそもPS3や360のような、少なくとも発売時点では「ハイエンドPCに勝るとも劣らぬスペック」といった魅力がPS4には微塵も感じられません。
どうせやるならガツンと高性能CPUを積んで名実共に4K画像の3Dゲームができるクオリティが欲しかった。PS3時代までのソニーならそうしたでしょう。
PS4のスペックを見て、「大企業病」が治らぬまま朽ちていく旧時代の巨人の末路をソニーにも感じました。


私はゲームマニアではありませんが、日本のゲーム業界がどんどんやせ細っていくのを見るのは悲しいです。
(ケータイのぬるゲーは、個人的には「ゲーム」と呼ぶに値しないと思ってるので)

しかしゲーム専用機に元気が見えないこの状況は、斜陽と思われている据え置きPCが「ハイエンドゲーム機」として復権するチャンスかもしれませんね。

超プレッシャーチャレンジの結果

日曜日、超プレッシャーチャレンジの最終日でした。
この日も押しました。普段のチャレンジは頑張っても15クレ埋めるのがせいぜいですが、今回は確実に1000位取れるまでいきます。


1クレ目
13022501.jpg

プレッシャーは3位/1位。
逆転R連想は2つの歴地社を取り、他は取られるという本来の私の姿に。
ごんべえさんと☆で並んで決勝へ。
シーソーゲームに勝って幸先よいスタートです。



2クレ目
13022502.jpg
富山が光り、ハッとしました。
メテオさん、会いたいよお!
現れたのはしうさんでした。

2度のプレッシャーは攻守所を変えての乱戦。
逆転R連想は貸出用さんが早い! 中の人は只者じゃないですね。富山を代表するアンサーしうさんの強さはいうまでもなし。
3問取ったものの3位がやっとです。しゃあない。



3クレ目
13022503.jpg
SS2に残るため踏ん張り所ですが…

プレッシャーはまたも乱戦でしたが、逆転Rテクニカルで明暗くっきり。
難問続きの中で少ないチャンスを生かした枢さん、ズォイェさんが上に行かれました。
私、逆転Rでひとつも押せませんでした。
そしてSS3へ。


チャレンジ自体は思いのほか順調でこのまま1000位以内に入れそう。でも夕食後に駄目押ししました。


4クレ目
13022504.jpg

プレッシャーは2位タイ/2位。
逆転Rテクニカルは備後さんが抜け出し、私とくまちゃり2さんが大接戦。ラス問も攻められましたが私も3rd解答で滑り込み同☆ながら2位通過です。
決勝も勝って、沢山パワーをいただきました。



5クレ目
13022505.jpg
普段はアバターが仔犬を連れてても何も感じないのですが、クイールさんの仔犬はなぜかとってもかわいい!
そのラブちゃん、ちょっと抱かせて!!

プレッシャー自体は2位/3位とイマイチ。
逆転R早押しはわりと調子よく、ラス問も3rd解答で1位通過を決めました。
クイールさんとの決勝は接戦の末敗北。
ラブちゃん抱きたかったよ~。



6クレ目
13022506.jpg
クイールさん、また会いましたね。次こそ(ガバァ

プレッシャーは1位と3位タイ。
逆転R早押しは押しが出遅れました。森咲萌さん(いいお名前ですね)、クイールさんが決勝に進まれました。
そろそろ集中力が衰えてきたので(早っ!)ここらできりあげました。




13022507.jpg
チャレンジ結果

戦う前はもっと悲惨な結果を予想してたのですが、思いの外順調でした。頑張れば500位以内も狙えたかも。
「プレッシャー、強くなった!?」と錯覚しそうになりますが、実際のところライバルたちが自爆覚悟のファイナルアタックをかけた隙を縫って小銭を稼いだだけの事でしょう。


2月の目標にしてた1億9000万パワーまで、ほぼ到達。
3月の予定はよく知りませんが、何が来ても残り1000万貯めてみせるぞ!

第51回和泉店舗大会

日曜日は店舗大会でした。
参加者は17名。


1回戦は5組に別れ、4人の組は上位2名、3人の組は1名が準決勝へ進みます。

1組
晴れ時計、たかくん、ヒガ、エインセさん

とにかくスポーツが出たらヒガさん無双でした。
しかしそれ以上の好調がたかくんさん。連想で2位/サバイバルで1位と首位につけます。
しかし逆転Rラス問エンタメで晴れ時計さんがガッツリ逆転、1位のヒガさんと決勝へ。
ラス問ではボタンから手を離すどころか後ろ手に回していたたかくんさんでしたが、やっぱりボタンに手は置いてたほうがいいと思いますよ。


2組
チョーカン、ヤマちゃん☆、あずさ2号、長門ユキさん

2人のベテランと2人の若手の新旧対決。
しかし小学生アンサーのあずささんに、
(訂正:あずさ2号さんは中学生でした。訂正してお詫びします。ごめんなさい☆)
形式は非情にもビジュアル/積み重ね。特にビジュアルは漢字知らないとわかりません。
(私がビジュ苦手なのもそのせいだ)
逆転Rでは親譲り(?)の驚異的な指運も披露してくれたあずささんですが、ここはチョーカンさんとヤマちゃん☆さんが順当勝ちでした。しかしやり辛い戦いだったとは思います。


3組
81/2、RED、泣いちゃう鴨さん

戦いの前、私が鴨さんに「何度やっても大会は緊張しますね」みたいな事を言ったのですが、鴨さん全然緊張してないとか。
その鴨さんが悠々予選通過、81/2さんとの決勝も制して進出です。今年に入ってからの鴨さんは絶好調! これが本来の姿とはいえ、日頃押してなくてこれだからすごい。


4組
ゼシカ、チャイナさん、柚月さん

ゼシカさんと柚月さんの仲良し対決は柚月さんが勝ちました。チャイナさんとの決勝にも勝って進出。
それにしても普段あんなに強いゼシカさんは大会ではなぜ? 大会7不思議のひとつだと思います。


5組
東、あき、エトワ-ル☆

1Rはプレッシャー。チャレンジで鍛えた成果を見せる時! のはずが東さんはもちろんチャレンジ不参加のあきさんにも負け(今見たら序盤4連続誤答でした)。
ダウトは日頃ブログで嘘をつき続けたおかげか1位。
逆転Rは敢えて東封じの漫アゲを投げましたが、難問すぎて答えられず。私1位、東さん2位での決勝は、初問で欲を出した私が誤答し、結局10点差で負けました。欲を出さなきゃ勝てたのに!
ところで遅まきながら気づいたのですが、
「あき」さんって、とても素敵なお名前ですね☆


続いて、3人対戦組で2位の3人による敗者復活戦
81/2、チャイナさん、エトワ-ル☆

1Rサバイバルは初問語文でライバルが誤答するなかでチャレンジ成功させたチャイナさんが1位。
2Rプレッシャーは私が1位。3人対戦のプレッシャーはチャレンジ時の問題運が全てという気もしますが。
逆転Rテクニカルも問題運に恵まれた私が1位。漫アゲ問で単独したチャイナさんと決勝へ。
決勝は一回戦での誤答が頭にチラつき慎重になりすぎました。チャイナさんに先行され、ラス問を時間切れ誤答というかっこ悪い負け方で終えました。
(あだち充キライです)



準決勝1組
晴れ時計、ヒガ、チョーカン、ヤマちゃん☆さん

予選の漢字メドレーでは4人中3人がパーフェクトを出すなど高レベルの戦いでしたが、チョーカンさんの強さは変わらず。
(もうひとつの形式は失念)
一回戦ではあれほど圧倒的だったヒガさんがここではまさかの失速、決勝に進んだのはチョーカンさんとヤマちゃん☆さんです。


準決勝2組
泣いちゃう鴨、柚月、東、チャイナさん

安定した強さの鴨さんと、ゴールドの意地・東さんが進出です。
決勝での鴨さんのパフォーマンス(?)には笑いました。



そして決勝戦
チョーカンさん、ヤマちゃん☆さん、泣いちゃう鴨さん、東さん

逆転Rでの漫アゲ問が忘れられません。
「けいおん!」問が出題されたとわかった瞬間、皆が「東氏に取られまいぞ」とばかり速攻押し!
しかし早すぎた攻めが裏目に出てお二人が誤答、そのスキを縫って悠々と東さんが決勝へ。
対するはヤマちゃん☆さん。果たしてその結果は!?


13022400.jpg

優勝は東さんでした!
ヤマちゃん☆さんとの決勝はゴールドプロに相応しいパフォーマンスを見せてくれました。おめでとうございます!
準優勝のヤマちゃん☆さんもおめでとう。
みんな、お疲れさまでした!!


(今回は試合をメモってる途中でシャーペンの芯がなくなり、敗戦のショックも重なり後半ほとんど覚えてなくてスミマセン(だが反省はしない))


夕方、参加者の何人かと夕御飯を食べに行きました。ご飯おいしかったですね!



今回の戦いは私としてはとっても悔しいものでした。
予選も敗者復活も1位通過で決勝に進みながらの敗北。勝ちたい気持ちが強すぎました。
当たり前ですが、実力を蓄えないと勝てません。4月に予定してるライテまで、普段より多めに押し力を溜めようと思います。

悲しい時も

朝食の後にPCの電源を入れるのが自分の日課。
そして毎朝真っ先に訪れるのがメテオさん家のブログ。
昨日の朝もそうしてブログを訪れたところ…

「本多知恵子さんが亡くなられました」

書いてある言葉の意味が全く理解できませんでした。
何かの勘違いかと思いました。
でもメテオさんが、自分のCNに「メテオ」と名付けた人がそう言っているのです。
それは、つまり、間違いなく事実ってこと。

文字通り、心にぽっかり穴があいたようでした。



私の一番好きなアニメ『コメットさん☆』。
その中で主人公コメットさんのよきライバル、メテオさんを演じていたのが本多さんでした。
ライバルというよりもう一人の主人公といっていい。そんな圧倒的な存在感と魅力に溢れるキャラ。
そしてメテオさんをそんなキャラに育てたのは、本多さんの演技力とキャラへの愛情。
メテオさんが、本多さんがいなければ『コメットさん☆』はあれほど素敵な作品にはならなかったでしょう。

本多知恵子さんがメテオさんを演じていなかったら、自分はあれほど『コメットさん☆』を好きになることもなく、このブログを作ることもなかった。
それほど大事な方を、こんなに早く失うなんて。



土曜日は食欲もなくなりぼうっとしてました。
それでもAnAnは押しに行きました。


13022301.jpg

アバターをメテオさん風にしてみました。
なんか、そうせずにはいられなくて。


6クレほど「超プレッシャーチャレンジ」しました。
(戦いの内容は省略させてもらいます)

1クレ目
13022302.jpg

2クレ目
13022303.jpg

3クレ目
13022304.jpg

4クレ目
13022305.jpg

5クレ目
13022306.jpg

ここでチャレンジ時間が終了。
通常の全国対戦です。

13022307.jpg


チャレンジ途中結果です。
13022308.jpg


ゲーセンでは仲間と普段通り、いや普段以上にはしゃいでました。
心の隅で(不謹慎ではないか)とも思いましたが、でもこんな時こそ元気をくれる人がたくさんいるのは嬉しいです。

本多さんがもうこの世にいないという事実を受け止めるには、長い時間がかかりそうですが。



今日はこのあと店舗大会。
なるだけ平常心で頑張りたいと思います。

懐かしの戦場へ(20)

MD版アドバンスド大戦略・スタンダードでドイツ面。
いよいよ最終日です。

攻略すべき陣営はあと2つ。
(ウクライナ方面軍、イタリア方面の英軍15thAG)
そして残る首都は各2つ。
・ウィーン(耐久度100)
・?(耐久度250)
・ミラノ(耐久度200程度)
・ローマ?(耐久度250)

それぞれの首都に爆撃機等を派遣しました。

ウィーンには、大破したV-1と動員兵。
ウクライナ生産首都にはV-1と爆撃機Ju188。
ミラノにはV-1を2部隊。
ローマ(?)にはV-1とJu188。

V-1の爆撃力は100前後。Ju188の負担が大きい。
それでも現有戦力ではこれがせいいっぱいです。
4つの首都の敵を全て排除し、なおかつ爆撃が成功すれば奇跡的に勝利できます。全てがうまくいけば。
天候に恵まれるのが最低条件ですが。
そしていよいよ、運命の日を迎えます。



1945年3月22日


13021820.jpg


……
………
なんとあっけない終わり方でしょうか。
終始そっぽを向いていた勝利の女神に、最後は箒で掃き出されるようなこの仕打ち。
残念です。

敗北が決まった以上、継戦は無意味。
全軍に撤退を命じました。
しかし限界を超え戦い、帰還する燃料もないMe163たちはバタバタと落ちていきます。
我が分身たちよ、済まぬ。
そして勝利を信じて戦ってくれた戦友たちよ。
みんな、ご苦労だった。


13021821.jpg
この画面は初めて見ました。


こうして最後の戦いはあっけなく終わりました。
たとえ晴れたところで勝利の見込みはなかったでしょうが。


リセットして晴れの場合をシミュレートしたところ…

ミラノは工作車を全滅させV-1の2発で沈黙。
ローマは、なんとガラ空きでした!
V-1&Ju188で爆撃しましたが耐久度を220しか削れず、敵壊滅には至りませんでした。

ウクライナ生産首都は完全に守りを固められ、首都にたどり着けたのが1部隊では攻略などかなわず。
やはり手薄な時に侵攻しておくべきだったか。
そしてウィーンのスターリン戦車は…


13022011.jpg

歩兵、輸送機、兵士を搭載した列車で誘惑したのに身じろぎもしませんでした。
司令自ら女装してまで気を引いたのに。
「その女装がいけなかったのでは?」
「なにを言うか、お前たちの歌がまずかったのだ」
いや、ここは敵の車長の真の勇気、そして敵司令官の統率力に敬意を評したいところです。

「せめてあと2日ほしかった」
その2日間を前半で稼げなかった。それが敗因でしょう。
ともあれ長い戦いがようやく終わりました。
たった1面にこれだけ時間がかかるとは。
長たらしいプレイ記を読んでいただいた皆さん、お付き合いいただきありがとうございました。
プレイ記はこれで終わりですが、後日、プレイの感想等を書いてみたいと思います。

超プレッシャーチャレンジ開始

夕べ、以前読んだ『ぼくと1ルピーの神様』を映画化した『スラムドッグ$ミリオネア』を見ました。
微妙に劣化というか、別物ですね。
小説のほうが、自分は好きだなあ。
(小説はお勧めです)


さて水曜日は時間を作って仕事前に押しました。
「超プレッシャーチャレンジ」
苦手形式ですが、パワーを貯めたい今の私にとって参加しないわけにはいきません。
目標は500万パ… いや、1000位以内。
たとえS落ちしようとも!



1クレ目
13022001.jpg

1Rは全員がチャレンジを成功させました。私以外。
しかもラス問は相手のチャレンジを失敗させようと焦って誤答のおまけつき。
2Rは2位タイながら一度もチャレンジできず。
プレッシャーは苦手です!
逆転R早押しはほとんど分岐問ばかりで、タワーの易問に慣れた私はトラップにハマりまくり。
予選上位のこまちさん、あゅみぃな♪さんにおいてけぼりにされました。
ああ、最後に決勝進出したのはいつの日か。



2クレ目
13022002.jpg

1Rはこの日初めてチャレンジ権を手にしたものの難問で×。
2Rは焦ってタイムオーバーかますへっぽこぶり。
それでも逆転R連想で頑張って接戦にまで持ち込みますが、ラス問でGANONさんに単独取られて点差の3位。
決勝が遠い!
そして当然のSS3降格です。



3クレ目
13022003.jpg
カンパリさんと再戦です。

1Rはチャレンジ失敗するも2位タイ。
2Rは初問を単独とって次問を3位に滑り込み、3クレ目にしてやっとチャレンジ決めました。
逆転Rは3問取って決勝へ。ひろにいさんには負けましたが、やっと決勝進出できてホッとしました。
よーし、こっからだ。



4クレ目
13022004.jpg
ひろにいさんと連戦です。

1Rはひろにいさんがチャレンジを3度決めました。董盛さんも1度。私はゼロです。
2Rではチャレンジを2度決め、嬉しい1位です。
逆転R連想は3問取りながら押しの早い董盛さんに抜かれますが、ラス問を無理に押さず、結果的に決勝へ。
逆転Rで4問取ったひろにいさんと再度の決勝ですが、リベンジできました。
嬉しいうれしい優勝です。



5クレ目
13022005.jpg
SS3に落ちてから2クレともCPUが混じり「マッチング調整変わった?」と思った矢先のこのマッチ。

2度のプレッシャーは天一王将悩むさんとMiNORUさん2人が常に主役。この形式は特に強者と弱者の差を実感します。
逆転Rでは戦意を喪失気味。最後は誤答してひとり☆数マイナスで終えました。



この日ラストの6クレ目
13022006.jpg

1Rはとろいどさん、こまちさんが1位、2位。
2Rは序盤で飛ばした私が1位です。
逆転R早押しは歴地社で自滅しますがその後盛り返し(最近このパターンが多い)とろいどさんに続き決勝へ。
決勝連想はシーソーゲームになりましたが後半自制し相手のミスを誘って勝てました。
パワーに飢えてる身に40万パワーはなによりのご褒美。



最後にこんないいものをもらいました。
13022007.jpg
姫さまのベッドに飾るにはぴったりです。




13022008.jpg
チャレンジはまだまだこれから。

1000位以内で500万パワー、それ以下なら300万と落差が激しいので1000位以内を狙います。
今回は15クレ超えて押すことになりそう。
それも考えての平日押しでしたが。


普段はプレッシャーが出たら
「次が得意ジャンルなら攻める、苦手なら攻めない」
とマイルールを作ってましたが、それでは勝てませんね。
全部、攻めていきます。
そのほうが楽しいしね。



そのあと微妙に時間が余ったので「ProjectDIVA」をやりました。
といっても今だに操作さえうろ覚え。
曲を選んでる最中にヘンなボタンを押したらしく難易度が上がり、あたふたしてる間に全然知らない曲が始まりました。


13022009.jpg
瞬殺されました。

懐かしの戦場へ(19)

MD版アドバンスド大戦略・スタンダードでドイツ面の続きです。
やっと終わりが見えてきました。
残念ながら、どうやらバッドエンドですが。


今回のプレイ、何度絶望感に襲われたことか。
しかし今回のは格別です。

13021605.jpg

イタリア方面のイギリス軍がミラノを修復。
新たなこの攻略目標をどう落とせばいいのか。
残された時間はあと3日です。

困った時は一晩寝たら良いアイデアが浮かぶもの。
しかし今回ばかりは寝ても覚めても名案は浮かばず。
索敵外ながら私には、今もせっせと働く工作車の姿が手にとるようにわかります。
日々耐久度は上がり状況は悪化の一途。
これを排除するには攻撃機が最低でも2部隊、いや3部隊。さらにV-1と爆撃機も必要です。
ウクライナとイタリアの本拠地、パルチザン掃討も同時進行を迫られる現状ではどう考えても手駒が足りません。



1945年3月20日
(曇り)

既に負けのみえた戦いです。なのに、
「なぜ戦うのか」
60年前のドイツ兵たちも同じことを考え、そして死んでいった事でしょう。
彼らへの慰めの言葉を私は知りません。
それでもなお終戦の日まで戦い続けます。



この日も曇りなので攻勢はかけられません。
爆撃はできるのでウクライナ東端の首都を叩きました。
敵機に遭遇しないか冷や汗ものながら無事任務完了。
ウクライナの残る首都はあと2つ。


生産首都に偵察機を出しました。

13021800.jpg
ああ、今この瞬間が晴ならば。

攻撃機で囲むことも考えましたが、下手に刺激して対空戦車を作られてはかなわんので遠巻きにしました。
(この首都、どこの都市なんだろ?)


いっぽうウィーンはスターリン戦車が陣取ったまま。
軽戦車等のおとりで奴の気を引きます。出てきてくれなきゃ困る。


イタリア方面へもMe109、Ta152、Me262、Me410、Ju188といった混成部隊を向かわせています。
V-1も2部隊、後に続きます。
自軍の生産空港でもV-1を生産。距離と時間から考えて、これが前線にたどり着く最後の部隊でしょう。
こいつが黄色い首都に一矢報いる事を期待します。



1945年3月21日
(晴)

ああ、晴れた。我が願いは通じたのか。
よし、この日に全てを賭ける!!

全軍での攻略を指令しようとした矢先、信じられない報告が入ってきました。
「我が方のV-1部隊が攻撃を受け、ほぼ壊滅」
馬鹿な!? ちゃんと索敵外に置いたはずだぞ。


13021801.jpg

違う。あの右上の兵士は味方じゃない。敵だ!
くそう、パルチザンめ!!
何度あいつらに煮え湯を飲まされたことか。もう許せん!!
「爆撃機に指令、パルチザン本拠地を壊滅させろ!」
「し、しかし本拠地の場所がわかりません…」
「構わん、しらみ潰しに叩け!!」


13021803.jpg

パルチザンの拠点を爆撃すれば敵は全滅します。
しかし本拠地は目視では確認できません。
20数年前の記憶を頼りに、ここと思う地点を叩きました。

勘は奇跡的に冴え、長年我々を苦しめたパルチザンどもは雲散霧消しました。

3月21日 チトーパルチザン壊滅

「こことわかっていればもっと早く叩いたのに」
喜びよりも後悔がつのります。
とはいえ朗報ではあります。感情で戦っては勝てない戦場ですが、珍しく怒りに駆られた行動が功を奏しました。

しかし…
パルチザンの悪夢はまだ終わっていなかった。


13021608.jpg

味方が補給に立ち寄った都市も空港も白くなってる。
ここもパルチザンが占領してたのか!
長引く戦いで思考が衰えたか、こんなブービートラップにひっかかるとは!?
パンテルの燃料は0。完全に立ち往生。
そしてMe163の燃料は2。あとは墜落するのみ。
滅びてもなお我が軍の足を引っ張るとは、
ええい、パルチザンめ!!



苦々しい思いながら気を取り直し、主戦場のウクライナに目を向けます。
が、ここでも楽はできそうにありません。
ウクライナの司令官は馬鹿ではなかった。


13021802.jpg

敵の生産首都に居座るのはあの対空戦車、ZSU-37。
攻撃機3部隊でこいつを落とせるか!?

蛮勇でなんとかなる戦いでないことはわかってます。
涙を呑んで、もう一日待機です。
燃料は尽きかけていますが、もう心配はいりません。明日の攻略に失敗すれば帰る祖国がなくなるのですから。


いっぽうウィーンの「あいつ」は完全引きこもりモード。

13021805.jpg
首都のスターリン戦車は倒せません。絶対。

「この臆病者!」
「それでも男か!」
「冬眠ばかり得意なロシアのクマめ!!」

拡声器でヤジをとばし相手を誘いますが効果なし。
何かよい方法はないのか。
「司令、同盟国日本にはとっておきの方法があるとか」
なんでもその昔、機嫌を損ね閉じ籠もった神様をおもしろおかしい歌と踊りで外におびきだした逸話があるという。
「それだ! さっそく用意をしろ」
そうして「アマノイワト」作戦は実行されました。
おとりの歌姫には…
「私が女装しよう」「え~っ」
敗北の責任をこんな形で取ろうとは。だがよい死に場所を得た。
複雑な表情の部下を尻目に、自ら草原に降り立ちます。
「司令、私たちも共に踊ります!」
「そうか… すまない」
「折よく日本から輸入されたレコードを見つけました」
「よし、それをかけるんだ。ビールも持って来い、皆で派手にやろうじゃないか」
そうして我々は日本の歌に合わせて歌い踊りました。


13021806.jpg

~マドのサンサも デデレコデン
ハレのサンサも デデレコデン~

うーむ、言葉の意味はよくわからんがオリエントな魔術が我等に力をくれる気がしてきたぞ。



司令官が女装で踊っている間、イタリア方面攻略軍も頑張っていました。


13021807.jpg

そう、あのミラノに攻略部隊が到着したのです。
幸い、もうひとつの首都(ローマ?)との距離が近く、この部隊は明日も使い回しできます。
工作車が耐久度を上げてるこっちの方が危険度が高いので、先に叩きます。
エリートMe262は敵のスピットを潰しにいきましたが、工作車の全滅を優先させたほうがよかったかなあ。


兵士に疲れはみえますが、やるだけやりました。
理論上、勝てる可能性はほんのわずかに残ってます。
全ての強運が味方することを祈ります。
翌日はいよいよ攻略期限の日です。

Project mirai

今さらですが、「Project mirai」です。


13021901.jpg

初音ミクと仲間たちによる、いわゆる「音ゲー」。
/P氏に3DSごとお借りしました。
ミクが好きと言ってるわりに全然ミクうた知らないので、この際これ使って覚えようかと。
やりたいのは「DIVA」の方だけど、とりあえず。


サラっとやってみた感想は。
う~ん、音ゲーとしてはちょっと微妙ですね。
どちらかというとPVを楽しむのがメインなのか!?


「AR」という機能はちょっと凄いと思いました。

13021902.jpg

付属のカードを好きな場所に置いて3DSのカメラを向ければそこにボカロが出現します。
自分の机の上で踊るミクは可愛い!
でも3DSのカメラがショボいのが残念です。

なんか全体的に微妙な作りです。

だがミクダヨーパッチ配信するだけで神ゲの予感

弱すぎる私

こんにちは。
弱小アンサー、エトワ-ル☆です。
今日は弱気です。
弱気にならざるを得ません。あんな戦いぶりでは。


土曜はタワーを5クレやりました。
通算8クレ、まだ60Fで足踏みです。

全国も1クレやりました。

13021701.jpg

テクニカル4位、山分け3位タイと実力通りの成績。
それでいて逆転R早押しも、相手が歴地社強者とわかってるのに馬鹿のひとつ覚えの歴地社投げ。
それで勝てるならともかくボロ負けではただのアホ。赤プロお二人をお見送りの3位です。



日曜は珍しくタワー100Fを目指しました。
目的は称号や順位ではなく、パワーです。
(理由は後述)
成績は、これも散々。

途中1クレだけ全国対戦もしました。

13021702.jpg

ビジュアル4位をテクニカル1位で取り返しましたが、戦いになったのはここまで。
逆転R早押しはタワーでの荒い押しを引きずり、ラス問で最下位に落ちました。
せっかく和気あいあいとした戦いだったのに。
(皆さんどうもありがとう!)
次クレも最下位なら降格です。


その後もタワーを登りました。普段は肩の力抜いて戦うタワーを、悲壮な顔つきで。
結局11クレ(累計19クレ)で100Fを突破。
その後3クレやりましたが、結果は散々でした。


13021703.jpg
やたら引き分けが多く、勝率以上にストレス溜まりました。


普段は気にしないクイズパワーに目覚めたのは、アバターの誕生日の4月1日にライテしたいと思ったから。
日頃押してる人なら3月中に2億パワーまで簡単に貯まるでしょうが、私は骨の髄までライトプレイヤー。
今から頑張らないと間に合いそうにありません。

でも、いざパワーを貯めようとして痛感しました。
「自分はなんて弱いんだろ」
己の勝負弱さが骨身に沁みました。
性根を入れ換え、4月までは別人のように1位を狙いパワーを貯めたいと思います!
プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード