キス島撤退作戦

エトワ-ル☆提督です。
はい、今日の私は提督モードであります。
(現在Lv81少将です)


期間限定イベントも終わり、提督の皆さんは少々お疲れでしょうか。
私はといえば日々淡々と戦い続けています。
我が艦隊の当面の目標は3つ。

・4-4海域(カスガダマ沖海戦)の攻略
・3-2海域(キス島撤退作戦)の攻略
・任務、新「三川艦隊」出撃せよ!の実施

4-4攻略はほぼ毎日挑んでます。ドックの空いた時を見計らっては挑み、敗れて帰投した艦隊を一日ドックで癒す、その繰り返し。
手を替え品を替え挑んでますが基本的なレベルが足りてないのでしょう。なまじ惜しいところまで行くのがちょっと悔しい。


キス島撤退と三川艦隊出撃は、攻略に向け担当艦のレベル上げ。
特にキス島撤退作戦は7月に一度挑んで大敗。以来猛反省して丸々一カ月、ひたすら駆逐艦の鍛練に励みました。

舞台となる3-2海域は三度の艦隊戦が予想されます。
問題は2つめの、戦艦を含む強力な敵。
これに駆逐艦だけで挑まなくてはなりません。
この任務に求められるのは「勝つ」ことではなく「生き残る」こと。
そのため個艦のレベル上げはもちろん、普段とは違う装備も準備しなくてはなりません。
その装備「三種の神器」はこちら。



13083101.jpg
改良型艦本式タービン



13083102.jpg
強化型艦本式缶(ボイラー)



13083103.jpg
応急修理要員


タービンと缶(ボイラー)は艦の回避率を上げます。
そして艦の撃沈判定を一度だけキャンセルしてくれる最後の手段、応急修理要員。
これらを艦艇の数だけ用意しなくては。

タービンは以前からの開発で、応急修理要員は任務クリアのご褒美で既に人数分揃ってます。
しかしレア度の高いボイラーは全く足りません。
唯一持ってたボイラーは8月19日のE-3攻略戦の最中、イムヤと共に沈みました。
(イムヤ~~~ッ!)

以来ちまちまと開発を続け、遂に艦艇分のボイラーが揃いました。
準備は万端。あとは出撃を命ずるのみです。



31日09:45 第一次出撃

編成
13083104.jpg

実際のキスカ島撤退作戦には軽巡「阿武隈」と11隻の駆逐艦が参加しました。
そのうち「艦これ」で使える駆逐艦はこの5隻だけ。
空いた6隻目を誰にするか。いろいろ悩んだ結果、この5隻だけで行くことにしました。



13083105.jpg

全員お揃いのこの装備で挑みます。
駄目なら主砲を陸に上げて応急修理要員を積み、徒手空拳で再出撃する覚悟です。



13083106.jpg
共に出撃できない無念さを噛みしめ、阿武隈が母港から艦隊を見送ります。
「帽振れ~っ」



レベル上げのため何度、いや何百回出撃したか知れない3-2海域。今日こそ真の勝利を目指して出撃だ!

普段は北に向かう進路を南西に、そして敵の前衛艦隊に遭遇(軽巡1、駆逐艦4)
 複縦陣で挑み、S勝利。
 響と初霜に軽微な損傷。
 全艦、気を引き締めて次戦に挑む。

進路東、いよいよ戦艦を含む敵の艦隊に遭遇。
    (戦艦1、重巡2、軽巡1、駆逐艦2)
 単横陣でひたすらダメージを防ぎつつ応戦。
 島風小破なるも健在、 敵の駆逐艦を沈めB勝利。
 最大の難関を突破した!

進路東、ボス敵に遭遇(焦って敵の編成忘れた)
 単縦陣で全力攻撃。
 砲撃後の一斉雷撃により、夜戦を待たずして敵の全滅に成功する。


え、えと…
なんかあまりにあっさりとクリアできてしまいました。

13083107.jpg


第一次出撃はいわば様子見、応急修理要員を積んでの第二次出撃が本命のつもりだったのに。
「帰ろう。帰れば、また来られる」
とか、言いそびれてしまったじゃないですかぁ!
おまけに「島風」に22号電探積み忘れてたりとマニアックな心残りはありつつも、やはりクリアは嬉しいデース。

ネット上ではイベント終了後の調整で3-2の攻略の難易度が上がってると聞いていたのでそれなりの覚悟をしてたのですが、急がず万全の体制を整えたのがよかったのでしょう。そして史実並みの幸運にも恵まれました。



これにて私のキス島撤退作戦は無事終了。
(ご褒美は霧島さんでした)
育成してレベルの上がった駆逐艦群はデイリー任務や普段の戦いでも使い勝手がよく重宝しております。
やっぱ、艦隊の主役は駆逐艦ですね。
(可愛いし)
 

日替わりの景色

こん〇〇は、エトワ-ル☆です。



13083001.jpg
ここは我が家の廊下。
普段見慣れたドアのガラスに…



13083002.jpg
母の字による不審な張り紙がしてあります。




13083003.jpg
中はキトラ古墳見学ツアー状態になってました。

去年に続いて我が家の改装作業が始まったのですが、昨日までそこにあった部屋が跡形もなくなるのは不思議な気分です。



13083004.jpg

翌日には更に事態は悪化。



13083005.jpg

ドアを母屋側から見たところ。
「居間に行く」それ自体が冒険です。
(「風雲たけし城」という番組を思い出しました)

誰かがいたずらでここに兵馬俑とか置いてくれたら、夜中のトイレタイムに確実に気絶できる自信があります。



童話やラノベなどでよくある「ドアの向こうは異世界」を地で行く我が家。
当分楽しいファンタジーライフが過ごせそうです。

「V3」と奇妙な仲間たち

こんばんは。「艦これ」に刺激されプラモ熱が再燃中のエトワ-ル☆です。
居間でその手の雑誌を読んでいると、しかしなぜか父に咎められました。

「プラモなんか古い。これからは
『ボカロ』の時代やで」

「は!?」
父の言葉に思わず目が点になりました。
父はどうやら最近「ボカロ」という言葉を覚えたみたいです。意味をわかって言ってるのか相~当怪しいですが。
それにしても父までがボカロを語る時代になるとは…
むしろ「もうブームは終わってしまったのか」と逆に悲しい気持ちになりました。



そんなハプニングこそありましたが、先ほどクリプトン社から新しい「初音ミク」優待販売のメールが届きました。
(一応ミクの登録ユーザーなので)

遂に来たっ!

6年の時を経て、ミクさん完全リニューアルです。
その名も

『初音ミクV3』!!

思わず赤面しそうなほどいかしたネーミングです。
ボーカロイドの根幹たる音声合成エンジンがミク誕生時のバージョン2から3にアップして早や2年。満を持してのV3対応版。
しかも待望の英語バージョンも同時発売。
みんなが待ってた無敵のボーカロイド誕生だ!

でも、せっかくだけど私は買いません。
どうせ使いこなせないので。
(タダなら喜んでもらいます)
いいんだ。おいらにはミクダヨーさんがいるもの。


思えばダヨーさんこそ、私のように音楽の才能がなく、けれどミクさんをこよなく愛する、そんな人たちの心を慰めるために遣わされた妖精なのかもしれません。



13082901.jpg

V3になったことだし、ますますはりきるヨー!


い、いやV3になったのはミクさんだけですって。たぶん。
(クリプトン的にはカイト兄さんもか)

それよりダヨーさん、またダヨーさんのグッズが出ましたね!


13082902.jpg

不二家からはいつぞやの「ポップキャンディー」に続いて「ペコ&ミクダヨー サクサクミルキー」。
そしてあのロッテから、駄菓子の定番「ビックリマンチョコ」ならぬ「ミックリマン」チョコが。
例によってファミリーマートで売ってます。
発売初日に捕獲したのは言うまでもない。



13082903.jpg
「食べるキャンディダヨー」

ダヨーさんに改めてそう言われると、
「油断してるとお前の方を食っちまうぞ」
と凄まれてるみたいです。



13082904.jpg
パッケージ側面

この絵面、そして位置関係。
ミクさんとは対等の別キャラだと高らかに宣言しているかのようなこの構図っ!
恐れを知らぬ不二家の蛮行に乾杯だ。



13082905.jpg

何度見ても冗談にしか見えないコラボです。




「ミックリマン」の方も相当とち狂ってます。

13082906.jpg
~ミクと奇妙な仲間たち編~

いや、どう見ても主役ダヨーさんでしょ。
「奇妙な」メンツもこの中じゃ一人だけだと思うし。
さらには子供用の駄菓子のパッケージなのに飲酒を勧めてるかに見えるキャラがいたり(誰とは言わんが)。
中々突っ込みどころの多いお菓子ですこと。

ちなみに私はビックリマン世代ではないので、これがビックリマンチョコ初体験です。




13082907.jpg

モリモリ食って元気出たヨー。
さあ私の歌を聞けぇ~っ。

♪てーきはぁ~ 地獄のぉ~ デーストーローン~



ダ、ダヨーさん、歌うのはV3ミクさんに任せましょう。
ダヨーさんは怪人と戦ってるほうが似合うと思いますヨー。

プラモで艦これ

エトワ-ル☆提督です。
「艦これ」夏のイベントも終わり、皆さん一段落してるのではないでしょうか。
私もデイリー任務をこなす程度の淡々とした「艦これ」ライフを楽しんでおります。


夏の暑さも和らいできたので、ここらで久しぶりに軍艦のプラモでも作ろうと思います。
が、なにぶん飽きっぽい性格。
去年作ったA-10(作りかけ)や、今年作ったⅣ号戦車(放ったらかし)、8輪装甲車(製作無期延期)の二の舞い三の舞いにならぬよう。
(いや、完成させる意志はあるんですよw)
手持ちのストックから、なるだけ簡単に作れる艦を選びます。




12041701.jpg

かつての男の子の押し入れには、ゴミが夢がいっぱい詰まっています。
さあて、どれを作ろうかなっ。
よし、この娘だ!


老眼という名の敵と戦いながら、一日でほぼ完成!
(やったね!)
これがその艦娘です!!


13082801.jpg
鵜来級海防艦



13082802.jpg

ちっちゃい身体に22号電探(赤)や13号電探(青)を装備して、船団護衛や哨戒任務をこなした頑張り屋さんなんですよ。



13082803.jpg

「知らねえよ『鵜来』なんて。
 なんだよ『海防艦』って。
 どうせ作るなら『艦これ』に出るフネ作れや」




いや、鵜来型もきっといつの日か「艦これ」に実装されるに違いない!
(HP8ぐらいで)
その日を夢見る提督です。
これが実装された暁には、暁には!

…艦娘枠、また増やさないとだな。

第62回和泉店舗大会

こんにちは、エトワ-ル☆です。
今日は提督じゃありません。
昨日(8月25日)行われたAnAnの和泉店舗大会の模様をお伝えします。
今回は久しぶりに自分も参加できました☆



参加者は雨ということもあり11人。
S師P師I師さんの提案で、予選は4人/4人/3人の三組に分かれて行い、最下位の人が抜けて計8人が本戦に進むことになりました。



予選1組
エトワ-ル☆、なぎさ、げすとえむ、東さん

1Rサバイバルは序盤のリードを守った私が1位。
2R爆弾押しつけは積極的に行きましたが裏目に出て4位、げすとえむさんが1位。
ほぼ横一線で逆転R早押しを迎えます。
ここでは3人が歴地社を投げる激戦でしたが難問が多く手出ししかねる状況。
(唯一のスポーツ問は押し負けました)
結局ラス問を単独獲った東さんが1位。私となぎささんも本戦に残りました。



予選2組
たかくん、S師P師I師、スクリーム2、エインセさん

私は今回久しぶりの参戦ということもあり秘蔵の守護神を連れて行き、おかげで予選突破できました。


13082602.jpg
問題の「守護神」


その守護神をたかくんさんにも貸してあげたのですが…
その顛末は私が語るよりも、いずれ近日公開されるであろうたかくんさんのブログで存分にご覧ください。



予選3組
トンヨド住人、D.ハリソン、ドロッちぇさん

そのお守りをドロッちぇさんにも貸してあげました。
しかし相手は二人とも和泉の強豪。しかも形式は全て早押し系。
不利な状況のドロッちぇさんを見守っていたのですが惜しくも敗れました。
光速の早押し使いトンヨドさんもですが、得意の語文のみならず漫アゲや果ては歴地社まで鍛えているハリソンさんにはなまじ勝てる気がしません。



残った8人は対戦者がかぶらないようシャッフルされ、新たな組合せで本戦が始まりました。


本戦1組
なぎさ、エインセ、東、たかくんさん

ダヨーさんの御利益(!?)で本戦進出を果たしたたかくんさん。更なる高みを目指して入念にダヨーさんの頭を撫で撫でしておりました。
そして1Rはたかくんさん得意のビジュアル。たかくん1位で早くも期待が高まります。
続きは(しつこいけど)たかくんさんのブログを見てね。



2組
エトワ-ル☆、トンヨド住人、S師P師I師、D.ハリソンさん

ああ、敗色濃い顔合わせだ。

1Rプレッシャーは前半S師P師I師さんが飛ばしますが運まかせの漫アゲ難問に誤答。そこからハリソンさん怒濤の加点劇。スピードも精度も劣る私は勝負の蚊帳の外です。
そのぶん頑張らなきゃな2Rテクニカルは、ラス問の歴地社を1st取って面目躍如。
独走のハリソンさんを追う逆転R連想は、勝負の3問目歴地社で派手な誤答をやらかしました。
(戦国問題はたかくんさんに替わってほしいよ)
その戦国問を単独取ったS師P師I師さんが1位。
2位はハリソンさん。
押しの速さでハリソンさんに並んだトンヨドさんは惜しくも敗退。
そして私は当然の敗退です。



決勝戦
エインセさん、東さん、S師P師I師さん、D.ハリソンさん

1Rはビジュアルでした。
(たかくんさん決勝に行けてたら!)
ここはハリソンさん満点の貫祿勝ち。東さん2位と健闘。
2R(早押し系)はハリソンさんのサテを注視して全体を見てなかったのですが、一旦誤答したハリソンさんが次のアニメ問(「ひぐらし」だか「うみねこ」問)ペナルティ解除をうずうず待ってたのが可愛かったです。
逆転Rは、エインセさんが自ら投げたスポーツ問をラストで答えたものの時遅し。同じくスポーツが得意な東さんを助ける形になりました。押し出される形でハリソンさん脱落。
そして決勝は東さんとS師P師I師さんの戦いになりました。



13082601.jpg
決勝は最後、思わず吹き出しそうなおっさん問題を取って東さんが勝ちました。
(あれ分かったの私と東さんだけじゃないの?)

東さん優勝おめでとうございます!
そして遠路はるばる来られたS師P師I師さん、おめでとうございます!
そしてみなさんお疲れさまでした。


いつもながらアバウトな参戦記ですみません。
それでも間違いのないように書いているつもりですが、もし間違ってたらご指摘下さいね。速やかに訂正いたしますので。



そうそう、この場を借りて、S師P師I師さんからのお知らせをお伝えします。

TBS系の深夜番組「ノブナガ」にS師P師I師さんが出られ、「Answer×Answer」の事も出てくるそうです。
関西方面ではMBSで8月27日(火)深夜24:59から。
(言い換えれば28日00:59から)
興味のある方は是非ご覧あれ。

それと9月中旬に三重の方でAnAn店舗大会をやるという事でしたが、ちゃんと聞いてませんでした(ごめんなさい)。
三重近隣の方は改めて情報収集してみてください。



今回、私は調子の善し悪しさえ分からぬまま久しぶりの大会を終えました。
が、対戦者との実力差は確実に開いているのが実感できました。


9月の店舗大会の日程等は未定ですが、わかったらまたこの場を借りてお伝えしたいと思います。

E-3攻略戦 ~その顛末~

こんぱんは、エトワ-ル☆です。
「艦これ」19日(月)当時のE-3攻略戦を振り返る、そのパート3です。
読むほうもいい加減疲れたでしょうが、
戦った私はもっと疲れたのだから我慢せい



23:06 第十九次総攻撃
(この時点で攻勢開始から8時間半経過)

残りの燃料弾薬を考え、編成を変えてみた。

13082501.jpg
戦艦2/空母1/雷巡1/駆逐艦2

なんだか無難な編成に落ち着いてしまった。
ちなみに装備はだいたい次の通り。

・五月雨…対空砲、対潜兵器×2
・こんがう…46cm砲、三式弾、33式電探、15.5cm副砲
・ぜかまし…対空砲、酸素魚雷、タービン(弾避け)
・大井改…対空砲、甲標的、タービン
・がか…彗星、流星改、烈風(多め)、彩雲
・霧島…金剛に同じ

対前衛支援艦隊は空母2(赤城、蒼龍)駆逐艦2。
対ボス支援は扶桑(46cm砲&徹甲弾)、駆逐艦2隻。


出撃結果の方は、マップ1で敵戦艦2隻出現。
ぜかましが中破し、撤退
装備に時間をかけたわりにあっという間の撤退だった。



23:28 第二十次総攻撃
編成・同上

マップ1南西 戦艦2隻出現、撃破され撤退



00:02 第二十一次総攻撃
苦し紛れに、旗艦をぜかましに変更。
更に五月雨に代えてレベル1の駆逐艦を編入。
そう、生贄作戦である。
当初はここまでするつもりはなかったが、もはや手段は選ばない。なんとしても決着をつける。
(じゃないと身体がもたない)

マップ1南西 戦艦2隻出現、撃破され撤退
なお、生贄はピンピンして戻ってきた。

何をしても上手くいかない。
もう一度、潜水艦2隻の編成に戻してみる。



00:25 第二十二次総攻撃

北方ルートを進むも、羅針盤に嫌われ退場



00:41 第二十三次総攻撃
編成・同上

マップ1南西 敗北判定(C)ながら進撃。
マップ2(潜水艦)もD判定ながらなおも進む。
マップ3中央の敵を突破し、ボス戦へ。
ボスを中破させ、帰投。

そして運命の第二十四次総攻撃を迎える…



00:58 第二十四次総攻撃
編成・伊58、伊168

マップ1北西は順調にクリア。
続くマップ2でイムヤ大破。
当然撤退をクリック、したつもりだった。
「あれ… 今、『進撃』押した!?」
10時間余に渡る過酷な戦いが、提督の一瞬の判断を狂わせたのだ。
画面には、大破炎上するイムヤがさらに敵奥地に向かうのが見える。
「待ってくれ! 今のなし、なし!!」
提督の心の声も虚しく、戦闘が始まった。
あとはただ祈るしかない。
(どうか当たりませんようにどうか当たりませんようにどうか当たりませんようにどうか…)
そう思ってる先から敵駆逐艦の初弾がイムヤを直撃した。


13082502.jpg
伊168 ロスト



13082503.jpg


目の前の事実が信じられない。
そしてこうなった原因が100%自分にあるという事実。
ああ、イムヤ。

イムヤ~~~~~ッ!!


彼女は天に召された。いや深海に旅立ったのだ。
無能な提督の身代わりになって。



自分は、これからどうすればいいのか。
しばらく放心状態で画面の前に座り込んでいた。
ようやくなすべき事に気づき、単艦残ったゴーヤに指示する。
「なおも進撃せよ。
イムヤの弔い合戦を敢行する!」

ゴーヤは果敢に突撃、ボス艦に損傷を与える事に成功した。

もう迷いはない。
たとえ何時間かかろうとE-3ボスを倒すまで戦う。
それがせめてものイムヤへの手向けだ。



01:22 第二十五次総攻撃
編成・伊58単艦

マップでD判定を食らうも進撃。
(もはや勝率の低下など眼中にない)
ボスに挑みこれを損傷せしめる。


重巡・熊野をドロップ
13082504.jpg
レア艦ゲットは嬉しいが、心から喜べない。
今の目標はただひとつ、E-3クリアあるのみだ。



01:35 第二十六次総攻撃
編成・同上

進撃するも羅針盤にはじかれ、退場
しかしもうくじけない。
目標に向かって進み続けるのみだ。



01:48 第二十七次総攻撃
編成・同上

南西ルートから侵攻、ボスに遭遇、これを中破!


13082505.jpg
駆逐艦・舞風をゲット。
先刻の熊野といい、戦いの女神がイムヤを失った私を慰めてくれているのか。
されど我が心、未だ晴れず。


敵ボスのゲージは残り僅か。
疲れはピークに達していたが気持ちは静かに高揚する。
「ここが勝負だ」
燃料弾薬の残量を横目に、我が主力艦隊に出撃を命じる。



02:19 第二十八次総攻撃

主力艦隊
大井、金剛級4、加賀

支援艦隊
赤城、蒼龍、翔鶴、駆逐艦2
扶桑、駆逐艦2


マップ1北西
 戦艦2を含む強力な敵に旗艦大井が大破。
 A勝利。無論進撃である。
マップ2
 潜水艦部隊に戦艦とイヤな構成の敵に対しB勝利。
マップ3中央
 敵の攻撃にボロボロにされる。
 既に大破した大井に加え、金剛、榛名、加賀も小破。
 勝利はB判定ながら、無論進撃である。
そしてマップ4ボス。満身創痍の艦隊が単縦陣で決戦を挑む。
夜戦にもつれたものの、全ての敵を沈黙させた。


13082506.jpg
文字通り、長い長い戦いだった。



13082507.jpg

クリアボーナス、重巡鈴谷を得た。
しかし提督の顔に笑みはない。
得た喜びよりも失った悲しみが大きすぎて。




…こうして攻略開始からピッタリ12時間を費やし、私のE-3攻略は終わりました。
しかしこれを勝利とは呼べません。
いくら疲労のためとはいえ「提督失格」と言われても仕方ない采配でした。
イムヤを失った後半は、あまりにも辛い戦いでした。
あの時のワンクリックのミスの重さが、我が心にのしかかります。

悔やんでも悔やみきれないことに、運命のあの瞬間、私はスピーカーを切っていました。イムヤの最後の言葉を聞くことができなかったのです。
(改めて聞きたいとは思いませんが)

そのかわりに、最後の出撃の直前に彼女が寂しげに言った言葉を思い出します。
「司令官…イムヤのこと嫌いになったの?」

そんな事はない。そんなわけがない。
お前を失ってようやく私は自分の気持ちに気がついた。
今ならなんのためらいもなく言える。

イムヤ、お前が大好きだ!!



少しは気持ちも癒えた翌日。
疲れた体を朝風呂で癒やし、「キコーン、キコーン」と言いながら湯船に潜り失ったイムヤを偲びましたが、そんな事をしても彼女は戻ってきません。
もう一度、イムヤに会いたい。
しかしイムヤをゲットできる現在唯一の方法はE-1クリアのみ。再ゲットする方法はなさそうです。
それでもあきらめきれず艦隊を編成して再度E-1に赴きました。

半月前にあれほど難関に思えたE-1は、E-3の激戦の後ではまるでままごと。
改装を重ねた雷巡の前に敵エリート戦艦も紙屑同然です。
(数度出撃し、最後は無傷で戻ってきました)
けれどやはり、イムヤは現れてくれませんでした。

いつの日か再びイムヤに出会える日まで、傷心を抱えたままエトワ-ル☆提督は戦い続けます。


あ、E-4はトライしません。
(一度だけゴーヤで偵察に行きましたが)
E-3でさえこんなに苦労したのです。もういいでしょう。
それに例え大和がゲットできたところで、イムヤを失った心の穴は埋められそうにありませんから。

E-3攻略戦、続き

こんばんは、エトワ-ル☆です。
雨です。二週間ぶりか、もっと前だったか。
いずれにせよ恵みの雨です。今夜はよく眠れそうだ。


さて「艦これ」夏のイベント、おそらく私にとってはクライマックスになるE-3攻略戦、その続きを書きます。



艦隊の様子を気にしつつそそくさと夕食を終え、いそいそと戦線復帰。



18:21 第九次総攻撃

編成は前回までと同じく潜水艦2
支援艦隊も前回と同様
進路も同様(北ルート)

緒戦で蹴散らされ敗北。早々に撤退
最後に敵ボスにダメージを与えたのが15:35の第四次攻撃。既に3時間経過している。
焦りはつのるばかりだ。



18:40 第十次総攻撃
編成/進路・同上。

イムヤを1-1単艦出撃でキラにしてきたのはいいが、回避アイテムをつけ忘れ魚雷装備のまま出撃。
(甲標的ですらない)

マップ1は敵を全滅させる事に成功。
マップ2でゴーヤ小ダメージ。
マップ3は夜這いに持ち込み勝利。
ボス戦に到達したものの、ボス小破に留まる(177/240)。



18:55 第十一次総攻撃
編成/進路・同上。

マップ1でゴーヤ小ダメージ。
マップ3では支援が来なかったもののノーダメージ。
しかし羅針盤に北方へ退場を命じられる。


埒があかないので編成を変えてみた。


主攻艦隊
13082301.jpg

支援1(対前衛)
13082302.jpg

支援2(対ボス)
13082303.jpg

対ボス支援だけ最小限にケチり、あとはガチ。


19:28 第十二次総攻撃

マップ1 南西艦隊
 輪形陣で様子見。敵の戦艦を撃破できた。
マップ2 いきなり中央艦隊
 野戦に持ち込み、敵全滅。
マップ3ボス戦
 もちろん単縦陣である。
 この時の為の大井改である!
 扶桑の支援と大井の雷撃で夜戦を待たずボス撃沈!!
 いいぞこの調子だ。
 (ご褒美は朧でした)

参考までに燃料弾薬消費量は
主 279/431
支援1 140/116
支援2 66/120

弾薬がいくらあっても足りない感じだ。



第十三次総攻撃
編成・同上

戦艦部隊による攻勢は好調だったものの、準備の慌ただしさは潜水艦部隊の比ではない。
ろくに出撃時刻も確かめず抜錨。

マップ1 南西
 輪形陣で挑むも、霧島大破して撤退



第十四次総攻撃
編成・同上

マップ1 北西艦隊に遭遇。
「敵戦艦2隻を認む」の報を最後に連絡が途絶える。
その後、ボロボロの艦隊が手ぶらで帰投してきたことは言うまでもない。



20:55 第十五次総攻撃
編成・同上

性根を入れ換え、気合入れて艦隊を整備し出撃。

マップ1 北西
 複縦陣で突撃。戦艦相手にノーダメージ。
マップ2 潜水艦艦隊
 随伴する敵機動部隊を叩き勝利判定。
マップ3 中央
 敵機動部隊相手に大井(旗艦)中破、がか小破。敗北判定ながら進撃。
マップ4ボス
 壮絶な戦い(大井大破、がか中破、こんがう小破)の末にボス撃破して勝利のA判定。
(ご褒美は長月)


13082304.jpg

あられもない姿の大井嬢に見とれる暇もあらばこそ、次の出撃準備を急ぐ。

が、恐れていた最大の敵が現れた。




13082305.jpg
どんな名提督も猫には勝てない


この時間帯は混雑するのが目に見えているので普段はプレイを控えるのだが、今はそんな事言ってられない。
勝ち誇る猫にあっち向いてホイを仕掛け、僅かな隙を突いて艦隊を抜錨させた。



21:34 第十六次総攻撃
編成・同上

重い海面を這うように進撃。
マップ1でがか小破、2でこんがう小破。
更にマップ3で榛名が中破。
撤退が当然だが、焦りを感じていた提督は進撃を指示。
榛名ならいつでもドロップできると思い決断したのだが、もはや疲れで冷静な判断力を失っていたのだろう。

震える手で羅針盤をクリックした。
しかし運命の女神の方が冷静だった。彼女は黙って北を指さした。
「ここはお帰りなさい」
そう言われている気がして、どこかホッとしている自分がいた。



22:05 第十七次総攻撃
編成・同上

マップ1でがか損傷。
マップ2で榛名またも中破。
今度は羅針盤に促されるまでもなく撤退を決意。
当然の判断である。さっきはどうかしてたに違いない。

頑張れ、俺。



第十八次総攻撃

攻撃を急ぐためもあり、榛名と加賀を外し北上と翔鶴を入れる。

マップ1(北西)で戦艦2隻に遭遇。翔鶴が中破して撤退



艦隊の疲労回復に合わせ、自分も風呂で疲労回復。
攻略開始から既に8時間が経過していた。
(まさかこんな時間までかかるなんて…)
時間もだが燃料弾薬も既に心細い状況だ。
そして敵のゲージはまだ半分残っている。
しかしあきらめるわけにはいかない。
同じ苦労を二度としたくない。だからこそ今やるのだ。たとえ徹夜になってでも。

悲壮な決意を固め、湯船の中で作戦を練り直すエトワ-ル☆提督であった。
(まだ続きます)


 

E-3攻略戦

こん〇〇は。
相変わらず「艦これ」三昧のエトワ-ル☆提督です。
思えば鎮守府着任以来ほぼ毎日やってます。
(休んだのは8耐見に行った時と終戦記念日だけ)
「艦これ」自体も大人気のようで嬉しい限り。もうそろそろ登録人数が50万人を超えるそうです。すごいや。


現在、期間限定イベント「南方海域強襲偵察!」開催中。
イベントの4つのマップの2つまでクリアしました。
当初はそれ以上攻略するつもりはなかったのですが、マップ2(E-2)攻略が予想より楽だった事と、E-2でもらえると思った「伊58」がもらえなかったので、続くE-3の攻略を決意しました。

何度か強行偵察に行き、おおまかな敵情を把握。
(ネットで他提督の報告を調べれば簡単ですが、それでは面白みがありません)
その時点で幸運な事に伊58はゲットできました。
しかしE-3攻略の決意は変わらず。
19日の月曜日、がっつりプレイしました。



攻撃に先立ち、前日から燃料弾薬を限界まで備蓄。
更に主要艦艇を可能な限りレベル上げ。
この日は午前中いっぱい「北上」「大井」のレベル上げを行ってました。
当初は使えないと思ってた重雷装艦。いや実際今までは使いづらく、改装後は半分放置してました。
しかし今回のイベント開催に合わせ「『甲標的』搭載艦は雷撃による先制攻撃ができる」とルール変更。
「雷撃力こそすさまじいが撃つ前にやられる使えん奴」
という雷巡の評価がこれで百八十度転換。あわよくば開戦劈頭に無傷で敵戦艦を一撃で葬る事も可能なスーパー艦に生まれ変わりました。
帝国海軍が追い求めた夢が今ここに実現!

私もこの両艦を使いこなせるよう、Lv50までのレベル上げを目指します。
似たような艦隊を2つ作り、マップ3-2-1でレベル上げ。
車懸かりの力技で、総攻撃直前に「北上」「大井」の再改造を間に合わせました。



・大井改二
13082110.jpg
鬼や、魚雷の鬼や!



・北上改二
13082109.jpg
いいねぇ しびれるねぇ ありがとねっ



ただ、肝心の主力艦隊の編成は決めかねてます。
候補は以下の3つ。

候補1.(本命)
軽巡(五十鈴)、戦艦3(金剛級)、空母(加賀)、島風

対潜装備も備えつつ、基本的には戦艦で殴ります。

候補2.(重雷装編成)
雷巡2、戦艦3(金剛級)、空母(加賀)

先ほど育てた「北上」と「大井」を使います。
二人の防御力に一抹の不安が残りますが。

候補3.(潜水艦部隊)
伊168、伊58

なんとも寂しい編成ですが、潜水艦には「戦艦や空母からは攻撃を受けない」というメリットがあります。
損傷を受けても資材も復旧時間も少なくて済みますが、防御力が貧弱なので撤退も増え(勝率も落ちる)、ボスに辿り着いても撃沈させるのは厳しそう。
それでも私のように個艦レベルの低い提督には有力な選択肢です。


悩んだ末、編成は固定せず戦いの中で有力な編成を見極めることにしました。
3種の編成の構成艦艇も支援の艦隊も、全てハイテンション(キラ)にして挑みます。
事前の装備換装にも丸一時間を費やし(赤城さんすみません)、結局午後2時半から総攻撃を開始しました。


ここから、提督の長い一日が始まったのです。





14:30 第一次総攻撃
編成

13082104.jpg
主攻撃部隊:潜水艦2

13082105.jpg
前衛支援部隊:空母4、駆逐2

13082106.jpg
対ボス支援部隊:戦艦4、駆逐2


マップ1: 北西艦隊
支援艦隊(空母部隊)がいろいろやっつけてくれた。ダメージは伊58(以下ゴーヤ)が3のみ。
マップ2: 潜水艦がメイン
伊168(以下イムヤ)がダメージ1。
マップ3: ボス前
空母2、軽空母2、重巡2と強力な艦隊だが潜水艦に攻撃できる艦はおらず、当然ノーダメージ。
羅針盤も機嫌よく、ボス戦に辿り着く。

マップ4:ボス戦


13082103.jpg
ワタシノ ホウゲキハ… ホンモノヨ…


そーですか。でもうちら潜水艦なんで。

支援艦隊の援護射撃は効果少なくボスは小破どまり。
しかし夜戦に持ち込みボス中破
たしかにボスの攻撃力は本物みたいだが(こっちは潜水艦なのでよくわからん)装甲の方は手抜き工事っぽい。

ともあれ、まずは順調なスタート。



14:48 第二次総攻撃
編成:同上

マップ1の敵は戦1重巡1雷巡2駆2。ダメージはイムヤが2、ゴーヤが2。
マップ2は敵潜水艦メイン。イムヤダメージ1。
マップ3はノーダメージ。
マップ4(ボス)は支援攻撃でボス大破。(33/240)

順調だが支援艦隊の弾薬消費量が半端じゃない。
(砲撃艦隊のみで一回あたり燃料199弾薬404)



15:10 第三次総攻撃
編成:同上

(進路、遭遇敵はほぼ同上なので省略)
マップ1でゴーヤ中破するも進撃続行(旗艦なので)
マップ2はノーダメージながら支援艦隊来ず。
マップ3でイムヤダメージ1。またも支援来ず。
マップ4(ボス)は支援艦隊が来たものの、ボスにはノーダメージで攻略失敗

戦の合間にテンションの下がった僚艦の回復に努めているのだが、それでも支援艦隊に疲れの色が見えるか。



15:35 第四次総攻撃
編成:同上
進路、遭遇敵ほぼ同上

マップ1でゴーヤがダメージ1を受けたのみでボスに到達。初めて敵ボス撃沈に成功する!
(但し判定はB)
ゲージはまだ半分も減ってない。



16:06 第五次総攻撃
編成:同上
進路、遭遇敵ほぼ同上

3戦全てでノーダメージ。
順調かと思いきや、この日初めて羅針盤に裏切られ北方に飛ばされ、ボスに遭遇できず
ノーダメージだったのが羅針盤に嫌われたのか!?



16:28 第六次総攻撃
編成:同上 / 進路、遭遇敵ほぼ同上

マップ1で両艦ダメージ1。
続くマップ2でイムヤが中破、撤退する。
これが今回初の撤退となる。



16:56 第七次総攻撃
編成:同上 / 進路、遭遇敵ほぼ同上

今度はマップ3でイムヤ中破、前回に続き撤退

撤退時は支援艦隊のキラ(ハイテンション)が消えやすい気がする。成功時よりも攻勢準備に時間がかかる悪循環。



17:26 第八次総攻撃
編成:同上 / 進路、遭遇敵ほぼ同上

マップ2でイムヤが中破、撤退
へこむ。



前回のE-2攻略で戦い方を覚え、今回はより短時間で攻略できるだろうと総攻撃を始めましたが、攻略3時間でゲージは半分も減らず。
自らの過ちに気づき苦悩するエトワ-ル☆提督ですが、このまま攻略を中断して今までの苦労を無にするわけにはいきません。
暗い気持ちで夕食に向かった悲しい提督の後ろ姿がそこにはありました。

しかしそんな苦闘も、これから始まる真の地獄の序章に過ぎなかったのです…
(続く)

エトワ-ル☆、押して参るぞ!(2)

昨日に続きAnAnの「特盛り早押しチャレンジ」参加記です。
ちなみにエントリの「押して参るぞ!」というのは「艦これ」の春雨ちゃんの決めセリフ「推して参るぞ!」のパクリです。
(どういう意味なんだろ?)
追記: 春雨ではなく初春でした。
訂正し、全国の初春ファンの皆様にお詫び致します。



さて土曜の6クレに続いて日曜の夜も押して参りました。


1クレ目
13082001.jpg

前半は好調そのもので「今日はいける!」
しかし後半乱れ始めて収拾がつかなくなりました。手が勝手に押してる感じです。
そして4位スタート、SS3降格です。
3位でふんばれば残留だったのに。



2クレ目
13082002.jpg

1R、2Rとみのさん圧勝は予想通り。
逆転Rでダジュンさんが快走、後半は単独2つ決めて1位通過です。
私は追い上げを狙うも、最後は押し負けて2位に届きませんでした。



3クレ目
13082003.jpg

体感レベルでは好調ですが、ことごとく押し負け。
またも下位に沈みそうになりますが、圧倒的なGショーさんに助けられる形で2位を拾いました。
そんな戦いぶりで勝てるはずもなく決勝は3タテにされました。



4クレ目
13082004.jpg

1Rは分かる問題がなく、突っ込んだ4問目(グル生)も爆死とみっともない戦い。
2Rはここだけ別人のように押せました。
逆転Rは北条沙都子さんが怒濤の押しで大逆転。私が続きます。
勢いがつきすぎた北条沙都子さんは決勝では暴走してしまい、私が漁夫の利を得て優勝です。



5クレ目
13082005.jpg

ダジュンさんが全ラウンドトップの快走。
2位はぷにさんでした。



6クレ目
13082006.jpg

強豪相手に2Rまでは食いついていけたのですが、強い人は逆転Rの押しが違いますね。
というわけで真野さん、わんだ~2さんに周回遅れにされそうな勢いで完敗でした。




13082007.jpg

チャレンジの成績は予想より悪かったです。


早押しオンリーのチャレンジは大好きです。
ただし2日も前の事になると詳しい事を覚えてません。
「ブログは冷めないうちに書け」ですね。はい。


このところ気持ちが「艦これ」に傾いているエトワ-ル☆ですが、今度の日曜日の店舗大会には体調を万全にして臨むつもりです。

エトワ-ル☆、押して参るぞ!

こんにちは、エトワ-ル☆です。
ブログはさぼってますが元気です。
…と言いたいところですが夏風邪にやられました。仕事疲れ + 暑さのピークと夏風邪のトリプルコンボに痛めつけられてます。
無理してブログを書くのは辞め、のんびり過ごしてます。
(「艦これ」はいつも通りプレイしてますが)


とはいえ、土日はAnAnもやりました。
「特盛り早押しチャレンジ」15枠埋めるため。


まず土曜日の戦いから。

1クレ目
13081901.jpg

一週間ぶりでまだ指が温まってません。
(懐かしい表現)
為す術なく予選は4位/4位。逆転Rでゆっきいさんに追いつくのがやっと。上位2人とは大差のビリでした。



2クレ目
13081902.jpg

とある強豪によく似たお名前の方に遭遇。
二人で決勝に行きましたが、やはり強かったです。
2位に終わりSS2に降格。



3クレ目
13081903.jpg

プラチナクラスとの戦いは続く。
珍しくエンタメを単独取るなど(もちろんクラシック)善戦はしましたが、歴地社問を取り落として帳消し。
金属プロに大差をつけられ3位です。



4クレ目
13081904.jpg

土曜の夜はキツいのう。
1Rは3位、2Rは2位タイ。
逆転Rは歴地社問等で追い上げますが力及ばず、両プラチナプロの後塵を拝しました。いい試合ではありました。



5クレ目
13081905.jpg

わんだ~2さんと再び。
(CNの元ネタは手塚治虫のあれですか!?)
予選は4位/4位、逆転Rも3位。
いいとこなしです。



6クレ目
13081906.jpg

連戦のミーア=マスさんがひたすら圧勝。
2位の私が決勝を挑み、前半のリードで逃げきりました。
この日ようやく初勝利です。


散々な成績でしたが強豪相手だったので仕方ないか。
早押しばかりで楽しく押せたのが何よりです。


日曜も押したのですが、長くなるので続きは次回。
(ブログをサボってるツケが段々たまってきました)
プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード