春イベE2攻略、そして「明石」

エトワ-ル☆提督です。
「艦これ」春イベントE2攻略を振り返ります。

E2攻略を開始したのは25日の夜。予定より大幅に遅れてのスタートです。
それでも最初は攻略情報を見ずに行きました。
とりあえず、敵はE1より強いはず。


14043001.jpg

第一陣はこんな編成で。
悪くない感じでボス前まで行けましたが夜戦で空母が被弾。

それではと空母を一隻に減らし最後尾に配置、そのぶん艦戦を増やしましたが… またも夜戦で撤退。
「探照灯装備すんの忘れてた!」
そんな感じで時間だけが過ぎていく。一刻も早く「明石」さんをゲットしてE3に進みたいのに!


というわけでこのE2は自力での攻略を早々にあきらめネット情報に頼りました。
なになに、重巡/戦艦に水偵を載せる場合の装備は主砲/副砲ではなく主砲×2のほうがいいのか!?
(昼戦でも連撃が高頻度で出る)
さっそく取り入れてみました。
おお、キラ付けした重巡は連撃しまくり。事実上火力が2倍になり面白いように攻略が進みます。問題の夜戦も空母を大鳳に替えて耐久力をアップ。




14043002.jpg

やりかたがわかってからは、あっさり攻略が完了しました。
(先人提督の知恵に感謝です☆)




14043003.jpg

ねんがんの こうさくかん「あかし」を てにいれたぞ!


まずは運営さんに言いたい。
「よくぞ実装してくれました」と。
だって今までに「明石」が登場したゲームがありますか!?
「艦これ」は本当に軍艦好きの人が作ったゲームだというのがよくわかります。
使えるとか使えないとかの問題じゃない。
「明石」を使わせてくれてありがとう!
(眼鏡っ娘じゃなかったのがほんのちょっと残念ですが)


で、この「明石」さん。使えます。
小破以下の軽い損傷の艦を自動で修復してくれます。
入渠ドックが2つきりの私のようなケチケチ提督にはとりわけ朗報です。

ただしこの機能は「明石」が停泊中の艦隊の旗艦の時に限られます。
それは事実上、第一艦隊旗艦を意味し(他の艦隊はたいてい遠征に行ってる)、それってつまり、単艦放置して演習を手助けしてくれる優しい提督が激減するってことですよね!?



14043004.jpg

演習相手がこんなだと、嬉しさも中くらいです。
(旗艦はもっと高Lvのほうが経験値的にありがたい)

これでは明石さんが理不尽に恨まれるのではと心配です。
せめて自分はそうならないよう明石さんのレベルを上げてます。最低でもLv30にはしたいです。
と同時に、旗艦じゃなくても明石さんが能力を発揮できるよう仕様変更してくれたらなあと思います。
トラック泊地でも明石は別に旗艦じゃなかったと思うので。



さあ、そして次の海域へ進撃だ!

14043005.jpg

(☆の数が全然参考にならないと思うのは私だけでしょうか!?)

店舗大会の観戦記に代えて

先日(4/27)行われた恒例のセガワールド和泉・第78回AnAn店舗大会。
観戦記を書かなきゃいけないと思っていたのですが、今回はたかくんさんがブログで詳細な記事を書いてくれました。
なので今回は是非、そちらを見に行ってくださいね。
(左の「リンク」欄から行ってみてください)


私は予選3組で戦ったのですが、予選形式が漢字メドレー/ビジュアルと自分にとって最悪でした。
ビジュの4位は戦う前から確定しているので、
「とにかく漢メドで1位取る!」
それを実行できたのが唯一無二の成果でした。
ビジュは予想通りの4位。真面目に戦ったのですが、
「エトさん、ちゃんと押してる!?」
と言われる始末。
自分が大会で注目されたのは久しぶりです(嬉しくない(笑))。
次回はいい意味で注目されたいです。

最後に、
「たかくんさん、サンキュー♪」

もうスパイラルでいいや

日曜日、セガワールド和泉で恒例のAnAn店舗大会がありました。その模様をお伝えしたかったのですが…
ケータイで撮ったエントリーリストを基に記憶を掘り起こして語るつもりが、肝心の写真が使い物になりません。


14042801.jpg
これがその罪深い写真。
一見ちゃんと写ってそうで、肝心な事がさっぱりわかりません。

大会の模様は、後日ゲームセンターに行き写真を撮りなおしたあと改めて語りたいと思います。
(申し訳ありません)



代わりにというわけじゃないけど、週末の私の戦いを超ダイジェストでお送りします。


土曜日1クレ目
14042802.jpg

Sリーグにいると思い込み気楽に始めたらSSリーグでした。
ボッコボコの4位です。
(まあこのメンツでは)



2クレ目
14042803.jpg

形式は嬉しい早押し3形式。
決勝に進める幸運も重なりますが、ゆきむらさんに大敗です。



3クレ目
14042804.jpg

大好きな山分けが振るわず、それが響いて3位止まり。
Anneさん、Sacamoさん、いずれも強かった。



日曜1クレ目
14042806.jpg

途中積み重ねなどでよかったのに、逆転R全然でした。
3位に終わり降格ピンチです。



2クレ目
14042807.jpg

優勝しないと降格ですが、今の私にそんな力はありません。
あっさりとSリーグ降格です。
そのあとSリーグでも4位でした。


なんというか、勝とうという気概がないのが自分でもわかります。
「もうSリーグの方が気楽でいいや」ってかんじ。
そんな自分を責める気にはなりません。一時期ほとんど押してなかったのに最近はなんだかんだで週6クレ押してますから。
今は参加し続けることが私のAnAnプレイヤーとしての最大の目標です。

4月の店舗大会お知らせ

4月のセガワールド和泉・AnAn店舗大会の予定をお伝えします。



14032801.jpg
・4月13日(日)13時~
・4月27日(日)13時30分~


となっております。皆様の参加をお待ちしております。
私もできれば2回共出たいです。

春イベE1攻略

「艦これ」春イベントが始まり、はや3日。
こんばんは、エトワ-ル☆提督です。
いやあ、これほど勘違いだらけの戦いになるとは。
今回のイベントは全く予想と違ってました。


まず、大方が予想していた「ミッドウェー海域」ではなかったこと。
頭の中でたてた計画が白紙になりました。
いっぽう嬉しい誤算なのが、恐れていたゲージ回復のないこと。
PCに張りつく必要がなくなり、AnAn店舗大会にも出れそうです。
(終わったら自宅にとんぼ返りするかもですが)
そして、それらに匹敵するほど驚いたのが、
「E1の敵、強えぇぇっ!」
イベ開始日のうちにE1攻略を終えるつもりだったのに。もうそれどころじゃありません。



14042602.jpg

これが問題のE1海域。「サメワニ」!?
へんてこな名前と思ったら、インドネシアの言葉で「サメ」は「スラ」、「ワニ」は「バヤ」というそうです。なるほど。

で、挑んだ艦隊はこちら。



14042601.jpg

最初はこんな艦隊で挑んだんですよ。
(千代田さんは軽空母じゃなく水母のほう)
ええ、散々でした。

今回のイベントは提督の経験値に応じて難易度が変わります。
これだけプレイヤーの頭数が増えれば当然の対応。ナイスな判断だと思います。
しかし私のような半端なプレイヤーには歯ごたえありすぎ。
6回挑んでもボスに辿り着くことすらできません。
どうやら索敵の力の入れ具合も甘かったみたいです。
「水偵1部隊入れときゃいいんだろ?」
それでは駄目だと気づくのに丸一日。早くも出遅れ提督です。



14042603.jpg

最終的にはこんな編成に。
最初の頃より気合の入った編成になってました。
(それでも何故か旗艦の千代田さん)
E1攻略を終えたのは、なんと金曜の夜でした。


勘違いに継ぐ勘違いで出端をくじかれましたが、少しはいい事もありました。
まず、利根/筑摩の育成は無駄じゃなかったこと。
索敵能力が重視される今回のマップで、重巡随一(というか空母系以外ではぶっちぎり)の索敵力を誇るとねちくは必須要員。
改二化のメリットを差し引いても、育てておいてよかった。
もうひとつの思わぬ収穫は、水母です。
最初は単になめてかかって水母を出したんですが、これが意外なほど使えます。
なんといっても開幕雷撃。狙うのは大抵駆逐艦ですがeliteだろうがflagshipだろうが一撃で屠ってくれるのは大きい。雷巡が駆逐艦しか沈めてくれなかったらガックリきますが、水母が同じ事をしてくれると手を叩いて喜びたい気分で精神衛生上もよろしい。
水母自体の索敵力も高く、このマップにはうってつけです。

高レベルの水母を持ってる提督は、後でE1掘りをする時にでもお試しあれ。




14042604.jpg

E1の報酬には家具職人やダメコンの他に「烈風改」をいただきました。嬉しいけど、せっかく貯めた「烈風」が産廃になる日が見えて怖い。
それに今このE1でこんな装備をもらえるって事は…
「E2以降、覚悟しとけよコラ」
ってことですよね… おーこわ。



14042605.jpg

ああ、先行き不安です。
それでもこのE2だけはクリアしないと。
(明石さんが待ってる!)


春イベ前夜

全国190万人の提督のみなさん。
いよいよです。
明日から「艦これ」春イベントですよ!
私も準備は既に整えています。



14042201.jpg

ボーキよし!



14042202.jpg

バケツよし!


完璧とはいきませんが今までのイベントの中で一番入念に準備ができました。
しかしもっとも大事な「時間」に関しては苦しい戦いになりそう。
戦いのスケジュールの予定はこんな感じです。

23日(水) … E1攻略
24日(木) … E2攻略
25日(金) … E3攻略
26日(土) … E4攻略

けっこう無茶なスケジュールです。
無茶を承知で26日までにE4攻略しないと後が苦しいので。
27日(日)はAnAn店舗大会だし、その次の私の休日は5月1日(木)。そこまでE4攻略をずらすと、E5攻略に余裕がなさすぎる。
(E4、E5は出勤日に攻略できるようなヤワな海域じゃない)
29日がカレンダー通りの休みならバッチリですが、何度見返しても出勤日です(泣)。
なので前半頑張るしかありません。

中でも最難関は初日のE1。
攻略そのものは楽でしょうが、それ以前にログインできるかが大問題。猫に通せんぼされた提督にできることは何もありません。
(その場合、睡眠時間削って早朝に戦うしかない)

日曜の店舗大会に出たいのはやまやまなのですが、途中の攻略に失敗した場合は日曜にE4を攻略することになるでしょう。
そうならないよう、全力で戦う所存です。
みんな、応援してね!

明日以降はブログを書くヒマもなさそうなので、数日間ブログをサボることになりそうです。
あ、いつも通りか。


彗星と流星

エトワ-ル☆提督です。
水曜日から「艦これ」春イベントが始まります。
つい先日まで、
「気合入れた攻略は若い人におまかせ」
「直前まで資源は貯めません」
などと言ってましたが、駆逐艦「天津風」の登場がほぼ確実視、さらに工作艦「明石」実装が噂されるなど、もはや黙って見過ごせる状況じゃない。
イベントになってから苦しまないよう、今頑張る!

詳細は未だ明らかではないものの、海域はミッドウェー、マップはE1からE5までの5つ、うちE4とE5はゲージ回復ありの高難易度マップという前提で戦略をたててます。
使用する艦艇は、史実にもとづき以下のとおり。


機動部隊及び直衛部隊(今回の主力部隊)
・空母「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」
・戦艦「榛名」「霧島」
・重巡「利根」「筑摩」
・軽巡「長良」
・駆逐艦「舞風」「秋雲」「夕雲」「巻雲」



支援部隊
・戦艦 … 大和、長門、陸奥、金剛、比叡
・航空戦艦 … 扶桑、山城、伊勢、日向
・軽空母 … 鳳翔、瑞鳳
・重巡 … 妙高、羽黒、愛宕、鳥海
・航空巡洋艦 … 三隈、最上、熊野、鈴谷
・軽巡 … 川内、由良、神通
・重雷装艦 … 北上、大井
・水上機母艦 … 千歳、千代田
・駆逐艦 … 三日月
      吹雪、白雪、初雪、叢雲、磯波、敷波、綾波
      白露、時雨、村雨、夕立、五月雨
      朝潮、荒潮、霞、霰
      陽炎、不知火、雪風
・潜水艦 … 伊19、伊168



別動隊(アリューシャン方面)
・軽空母 … 隼鷹、龍驤
・重巡 … 那智、高雄、摩耶
・軽巡 … 阿武隈、木曾、多摩
・駆逐艦 … 暁、響、雷、電
      初春、子日、若葉、初霜
      曙、漣、潮


史実縛りでこれだけの艦艇が出せるのはミッドウェーならでは。
提督として思う存分に采配が振るえます。

基本的には主力部隊のみで攻略するつもりですがマップの詳細がわからない現状ではなんとも。軽巡が長良さん一隻では不足なので支援部隊からの増派が必要でしょう。さいわい強力なメンツが控えているので安心です。
支援には軽空母2+駆逐艦2のエコ艦隊を2セット運用するつもりですが、軽空母の頭数が足りません。アリューシャン方面部隊にも支援を要請することになるでしょう。
(遠路ご苦労さまです)



各艦のレベリングは空母、戦艦はともかく補助艦艇がまだまだ。
利根/筑摩がLv68、長良が71、駆逐艦が64になるかならないか。イベント開始後も平行して育成にあたります。
支援の軽空母(鳳翔、瑞鳳、隼鷹、龍驤)もレベルを上げておきたいところですが、龍驤と瑞鳳の2隻は

宗教上の理由により、これ以上レベル上げできません

支援の成否は鳳翔さん、隼鷹さんの両肩にかかっています。

あと、あくまでも私の勘なのですが…
確実と思われる利根/筑摩の改二実施に併せ、航巡縛りのマップがあるのではと心配しています。



042001.jpg

現状、うちの航巡のレベルでは大いに不安です。
遠征中の三隈さんのLvは31。実戦投入できるレベルではありません。
それでも戦いとあれば行くしかないですけどね。


資源等はまあなんとか。装備も概ね間に合ってます。
しかし艦載機に一抹の不安があります。
艦戦はさいわい烈風が売るほどあるので問題なし。
(同じく大量の紫電改が不良在庫と化してます)
問題は艦攻、そして何より艦爆です。
流星、彗星は潤沢にありますが、上位機種の流星改が8部隊、彗星十二甲は4部隊しかありません。
(先週、鳳翔さんがゲットしてくれたので5部隊になりましたが)
彗星十二甲は支援の軽空母に満載したいところ、理想をいえば支援用だけで16部隊ほしいくらいなのに。
一日4回のデイリー開発程度ではもう増えないでしょう。ボーキを温存するためそれいじょうの開発もできません。ベテラン提督としてはみっともないですが今回も彗星と流星に頼るしかありませんね。
もっとも、彗星と流星ということは…

「わたしも手伝っちゃおうっと☆」
「仕方ないわね、わたくしも加勢して差し上げますわ★」

てな感じでコメットさんとメテオさんが助っ人に来てくれたと思えば、俄然やる気になりますけどね!
(姫さまが旧日本軍に助太刀するなんて想像もつかないけど。メテオさんなら、あの人ならやりかねん)


長々とダベりましたが、要するに今回のキーとなるのは4隻の軽空母の活躍だと思ってます。
そんな感じで着々と準備中。遠足の前日、リュックサックに荷物を積めては点検を繰り返す子供のようにウキウキしてますよ。今この時を楽しめ!

ダウランドを聴く

今日は横須賀で素敵なイベントがありましたね。

『第2回護衛艦カレーナンバー1グランプリinよこすか』

海上自衛隊の護衛艦が集結してNo.1のカレーを競うイベント。
なにが凄いって、単にカレーを出品するんじゃなく実際の護衛艦が勢揃いしたのが凄い。
参加艦艇は護衛艦「あまぎり」「はたかぜ」「はるさめ」「むらさめ」「たかなみ」「ちょうかい」「おおなみ」「はまぎり」「くらま」「こんごう」「あしがら」「あたご」訓練支援艦「くろべ」 補給艦「ときわ」そして潜水艦も加わったそうそうたる顔ぶれ。
特に精鋭のイージス艦は全6隻中4隻が集結。カレーのためなら日本の防衛もそっちのけか!?
こんなご時世のさなか、実に微笑ましいイベントですね。
というか行きてぇ~! 食いてぇ~!!
(特に「くらま」さんのが食べたい)



今日は全然そんな話をするつもりじゃなかったのに。
昨日書いたディックの小説に出てきたダウランドの音楽の事、少し書き足りないと思ったので。
せっかくなので『流れよ我が涙』という曲を紹介します。
歌ってくれるのは英語ならおまかせのルカ姉さんです。




【巡音ルカ】流れよ我が涙【ダウランド】

クラヴィーアPさんによる素敵な演奏ですね。
こうしたクラシックの名曲、中でもバロック以前の素朴な歌はボカロとの相性がバッチリだと思います(特にルカさんは)。
さらに言えばミクさんとモーツァルトの相性も抜群だと思うので、「初音ミク・ドイツ語バージョン」もリリースしていただきたいです。



ダウランドの曲をもうひとつ紹介しましょう。



Sting & Edin Karamazov (Lute) - John Dowland - Come Again

スティングという人が歌っている Come Again という曲です。
(恥ずかしながら私、このスティングという人を知りません)
この人曰く、ダウランドは「17世紀のポピュラー・ソング」だそうですが、まさにいい得て妙だと思いました。
曲も詩も全然古びていない。
英語音痴な私でもなんとなく雰囲気がわかる素朴な英語、そして赤面しそうな純愛歌。
どこか悲しげで、けれど不思議と心癒されるメロディー。
「ビートルズの曲です」と言われたらそのまま納得しそうなほど自然で現代風で、ダウランドの時代の音楽は今のイギリスの世俗音楽にも通じるものがありそうです。

ディックの素敵な小説を知るきっかけを与えてくれたダウランド。彼の曲自体も素晴らしい。これからも折りに触れ聴きたいと思います。
それにしてもクラシックには私の知らない名曲がまだまだ沢山。
(ええ、私が無知なだけですとも)
嬉しい限りです。




『流れよ我が涙、と警官は言った』

ある朝FMラジオでクラシックを聞いていると、とても魅力的な曲がかかっていました。
ダウランドという私の知らない作曲家の曲でした。
とりわけ「流れよ我が涙」という曲が心に残ったので、後でネットで情報検索してみました。
そうしたら何故かフィリップ.K.ディックの名前にぶつかってびっくり。
16、7世紀のイギリスの作曲家とSF作家がどうして繋がるのか!?
調べるうち、ディックの長編小説に『流れよ我が涙、と警官は言った』というタイトルがあると知りました。
そういえば以前読んだ彼の代表作『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』にもモーツァルトの「魔笛」に関する記述があったっけ。
クラシック音楽に造形の深いディックなら、クラシックがモチーフになったタイトルがあっても不思議はありません。
「これはきっと傑作に違いない」
妙なインスピレーションを感じ、一カ月ほど探して手に入れました。


14041801.jpg


もう一冊、短編集の『ゴールデン・マン』も同時に手に入れたのですが、ご馳走は後にとっておく私には珍しく「先に面白そうな方」と思ってこの本を読みはじめました。

読み始めたら、もう止まりませんでした。

1月頃に読んだディックの短編集には自分の中で98点をつけましたが、この本は100点以外つけようがない。
こんなに自分の感性にピタリとはまった本は、ひょっとしたら『星の王子さま』以来かもしれない。
自分が読みたかった本に出会えた。そんな実感を久しぶりに、本当に久しぶりに感じました。

だからといって「もっと早く知っておけば」とも思えない。
例えば10年前の自分ならこの小説にこれほど共感できたか疑問です。
作者が四十代の時に書いたこの小説には、主人公と作者が重なってみえる。そして四十代の終わりを迎えようとしている自分には、この小説ににじむ、肉体の衰えからくるどうしようもない疲労感が実感できる。
相応しい時に相応しい小説に出会えた、そんな気がします。

この本を読んで、自分がSFに求めていたものが何だったのか、今まで物足りなく思っていたものがなんだったのか、はっきりわかりました。
SFは、SFである以前に小説だということ。
小説として優れたSFを、自分は求めていたのだと。
このディックの小説は、間違いなくそうです。
これを書いていたディックは作家として充実の極みにあったに違いない。この時期に彼が書いたものなら内容に関係なくどんなものでも面白かったに違いない。そう確信できます。


この小説にはいわゆるSFっぽさが乏しい。
ほとんどのシーンが日常の描写で占められている。
なのにちっとも退屈しません。登場人物にリアリティを感じるからです。
私はこの小説の主人公(と言い切っていいかわからんが)タヴァナーという男を好きになりました。彼だけでなく彼に関わる人物たちも。そしてここに描かれた世界そのものを。
このいっけんSFと思えない平凡な世界で登場人物と共に、あるいはタヴァナー本人やバックマン本部長となって生活している錯覚さえ感じます。この本を読んでいる間じゅう。
そして、もっと読み続けていたい。いつまでも。
いつかこの本を読み終える時が来る。それがとても悲しい。
小説にそこまで思い入れをしたことがあるのか。あるとしてもそれは昔の事すぎて思い出せないほどです。


そしてとうとう、読み終えてしまいました。
放心状態になった私を、けれど喜ばせるものがまだ残っていました。
本の最後の最後、カバーの折り返しの部分には彼の作品が、まだ知らないタイトルがずらりと並んでいたからです。


生きている頃の彼を知ることはなかった。自分がまだ学生の頃、彼は他界してしまったから。
けれど若い頃に彼の作品に出会っても、自分には理解できなかっただろう。
今この時期に彼の作品に出会えたのは幸せな事だと思います。
残された彼の作品を噛みしめるように読んでいきたいと思います。


けれど『流れよ我が涙、と警官は言った』を超える作品には出会えないだろうとも、半ば確信していますが。

第77回和泉店舗大会

日曜日に恒例のAnAn店舗大会がありました。
が、その前にまずはその前日(土曜日)の私の戦いを語ります。


1クレ目
14041401.jpg
サバイバルバトルとなりました。何時ぶりだろう。

戦いは好調でAmigo!さんと決勝に行けたんですが…

14041402.jpg
Amigo!さん、明日来る気満々ですね!



予想通りAmigo!さんに負け、2クレ目
14041403.jpg


そして3クレ目と…
14041404.jpg

順調に大敗を重ねてSリーグ落ち。
以前はS落ちしたまま大会に出るのがイヤで押し戻してたのですが、今はその気力もなし。
Sリーグのまま翌日の大会を迎えました。
そして会場にはやはりAmigo!さんの姿が!
一緒に戦えるといいですね。



参加者は9人と少なめ。
そこで今回は多少変則ルールとなりました。
本戦に先立ちくじ引きを行い、一人は無条件で本戦へ。
残りの8人で4人戦を2度行い、各上位2人が本戦へ。
下位の4人は敗者復活を行い、上位3人が本戦へ。
少しでも楽しんでもらおうという店員さんの配慮です。いつもありがとうございます。

で、くじ引きを行ったのですが、
「当たりには☆マークがついてます」
の店員さんの一言で俄然私のやる気が燃えました。
「よっしゃ! 絶対『☆』取ったる!!」
燃える右手でくじをひっつかみました。


14041405.jpg

そして確率9分の1のグッドラックをゲットぉ~っ!!
エトワ-ル☆の面目躍如です。
(今大会はもうこれだけで満足です)
というわけで私は予選を高みの見物です。


予選1組
Amigo!、エインセ、たかくん、BAUMさん

Amigo!さんが1位通過、そして強豪エインセさんを押し退けてたかくんが早くも本戦のキップをゲットです!



予選2組
Alice、東、みいちゃま♪、ヤマちゃん☆さん

東さんが前回優勝の貫祿で1位、ヤマちゃん☆さんが続きます。



敗者復活戦
エインセ、Alice、みいちゃま♪、BAUMさん

ここにいるのがおかしいエインセさんが、やはり余裕で1位通過。
BAUMさんはここで残念ながら敗退となりました。

本戦に残った8人は改めてくじでマッチングを決めました。


本戦(準決勝)1組
たかくん、Alice、エトワ-ル☆、みいちゃま♪さん

待ちくたびれた私は呼ばれる前にサテに着いてしまい失笑を浴びました。
(立ちっぱなしは年寄りには辛いですじゃ)
戦いの方はひと波乱ありました。
といっても戦いそのものではなく、みいちゃま♪さんのサテが不調で一台だけ出題が出遅れるという深刻なものでした。
試合そのものは私とAliceさんが決勝に進みました。後味の悪い試合でしたが、僅差の戦いではなかったこともあり、みいちゃま♪さんは結果を受け入れてくれました。

問題のサテは、筐体の覆いを取るという店員さんの応急処置により対処。
「これでちゃんと動きます」
とはいえ次戦ここに座る人は気が気じゃないでしょう。



本戦(準決勝)2組
Amigo!、エインセ、ヤマちゃん☆、東さん

ゴタゴタがあった後の一戦はこの日最高に強力なメンツの戦い。
問題のサテに座った東さん、文句ひとつ言わず戦ったのは立派です。
戦いのほうはAmigo!さんとエインセさんが進出。


そして決勝戦
Aliceさん、エトワ-ル☆、Amigo!さん、エインセさん

昨日思い描いたAmigo!さんとの対戦が叶いました。
いっぽうAliceさんには初優勝の夢がかかります。
しかし盛り上がるはずの戦いは、予選がカード奪取&ダウトと水入り模様。
幸い予選を終えたところで4人ほぼ横一線。逆転Rは実力通りの戦いとなりました。決勝に進んだのはやはりAmigo!さん、エインセさんのお二人。

そして勝利の栄冠に輝いたのは…



14041406.jpg

エインセさんです!
なんか最近私が出た大会ってエインセさんばかり勝ってる気もします。とにかく、おめでとうございます!
そして準優勝のAmigo!さん、対戦ありがとうです☆



今回は筐体のトラブルという深刻なハプニングがあったにも関わらず、無事大会を終えることができました。
それもこれも、みいちゃま♪さん、東さんが大人の対応をしてくれたから。
いつもなごやかな大会ではありますが、今回は特に参加者の皆さんの優しさを思い知りました。他の大会で同じことになったら、なかなかここまで円満には進まないと思います。
そのトラブルを抱えた筐体でエインセさんが見事に優勝と、最後は後味のよい終わり方になったのではないでしょうか。

ちなみにトラブルの原因はおそらくCPUの熱暴走かと。
AnAnの筐体に使われてるCPUは多分ペンティアム4世代のセレロンDもしくはそれに準じたカスタマイズCPUと思われます。性能が低いくせにやたら発熱するインテル黒歴史時代の産物です。
画面は今どきブラウン管だし、省エネが叫ばれるこの時代に逆行する筐体ですね。本来なら更新してほしいところですがAnAnそのものが現状このザマでは…
(今月は結局イベントなしですか)
筐体が寿命を迎える頃、AnAnの命運も尽きるのでしょうか。



今回の私はグッドラックを引き当てたおかげで決勝まで進め、しかも横一線で迎えた逆転Rにはビッグチャンスがありました。
決勝の前にたかくんさんと雑談している時に、予選に出題された難問の答えを教えてもらってたんですが、それがばっちり逆転Rで出たんです!
ああそれなのにチキンヘッドの私は華麗にスルー。
「何やってんすか!」
試合後たかくんにそう言われ、一言も反論できず俯くエトワ-ル☆でした。
(ああ、なさけない)
こんな私ですが、今後もよろしくです。


次回の大会は「艦これ」春イベの真っ最中ですが、出場するつもりです。
まあイベントの進捗次第ですが。
おそらく最大の敵はネコだな。

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード