第89回和泉店舗大会

11月24日、セガワールド和泉でAnAn店舗大会がありました。
私も観戦してました(というか一応参戦してました)が、今回はメモをとるでもなく気楽~に参戦しただけなので、戦いの内容はあんまり覚えてません。
ほとんど結果を述べるだけです。ご了承ください。

参加者はキリよく16人。
4組に分かれ上位2人が生き残りです。


1組
Amigo!、Alice、キュア4中、げすとえむさん

出場すれば確実に上位進出するAmigo!さんが相変わらずお強い。
そしてお久しぶりの参戦のキュア4中さんも怒濤の勢い。このお二人が準決勝へ。


2組
イクサー☆5、彦九郎、幻影旅団マチ、APPLEさん

幻影旅団マチさん、APPLEさんが準決勝へ。
彦九郎さんは2位と同点ながら時間差で届かず。惜しい!


3組
リョー、あき、ヒガ、泣いちゃう鴨さん

このところエンタメに燃えるヒガさん、そして元祖エンタメ使いのリョーさんが揃って準決勝へ。
勝手知ったるライバル同士なので組合せが決まった段階で逆転Rの戦いがある程度予想されてしまいますね。


4組
らま、エインセ、エトワ-ル☆、くおさん

前回優勝のくおさん、何回勝ったかわからないエインセさんが、共に貫祿を見せつけ余裕で準決勝へ。
ぶっちぎりの最下位は言うまでもなく私です。


準決勝1組
Amigo!、キュア4中、幻影旅団マチ、APPLEさん

幻影旅団マチさんは物静かな方ながら難問をスルっと単独取っていく、私の憧れのタイプのプレイヤーです。
そのマチさんとAmigo!さんが決勝へ。


準決勝2組
リョー、ヒガ、エインセ、くおさん

和泉レギュラー/準レギュラー最強レベルメンバーの戦いとなりました。
決勝に進んだのはヒガさんとエインセさん。


そして決勝は
Amigo!さん、幻影旅団マチさん、ヒガさん、エインセさん

気迫こもったヒガさんのプレイ(早押し系では立って押しておられました)、そして常に余裕を感じるエインセさんのプレイ。
実力と場数で他を圧倒するお二人が勝ち上がりました。
そして優勝者は…


14112601.jpg

がっぷり四つの決勝を制したのはエインセさんでした!
店舗大会優勝称号を既にカンストしているエインセさんですが、今回はサブカでなく敢えてメインカードで出場されました。そのあたり密かな気合を感じます。
もう何度目かわからないけど、優勝おめでとうございます!
そして相変わらずすさまじい実力を見せてくれたヒガさんおめでとう!
(ヒガさんは優勝じゃないと喜ばない気がするけど)
3位の幻影旅団マチさんも随所で華麗なプレイを魅せてくれました。
みなさん、お疲れさまでした。


ここには書きませんでしたが、戦いの合間には予選で3位/4位になった人たちによる「敗者復活しま戦」などもあり、いつもながら和気あいあいとした戦いでした。
そのなごやかな店舗大会がもうじきなくなってしまうのが残念です。
実は事前に「今度の大会が最後かもしれない」とよからぬ噂を聞いていたので今回は有給をとってまで出場したのですが、ありがたいことに大会は来月もあります!
写真に撮るのを忘れましたが、次回大会は

12月14日(日)14時~

となっております。
(チャンピオン大会だそうです)
次回大会についてはいずれ写真を撮り、改めて報告したいと思います。

ともあれ我々アンサープレイヤーに残された時間はあと僅か。悔いのないよう最後まで戦い続けましょう!

11月の店舗大会のお知らせ

セガワールド和泉・AnAn店舗大会11月分のお知らせです。


14110901.jpg
(見にくくてスミマセン)


開催予定日は
11月24日(月)13時30分~
です。

追記(11/9)
開催予定日について、誤解を招く記述をしていました。
お詫びして上記のとおり訂正いたします。
(くおさん、ご指摘ありがとうございました)



残された店舗大会の機会もあとわずか。
皆さんの奮ってのご参加をお待ちしております。


私自身のAnAnプレイのほうですが…
週末(2日/3日)に8クレ押しましたが全てSリーグでした。
言い換えるとSリーグを脱出するのに8クレかかりました。
それが今の私の実力。
前回の大会で全くいいところなく敗れたのも当然ではありますが、次の大会ではひとつでも見せ場を作りたいものです。

14'秋イベ

「艦これ」秋イベント始まりましたね。
いや始まって一週間経つのですが相変わらずマイペースなので。
それでも忙しい仕事の合間を縫って、日々戦ってます。
去年の秋イベの頃は我流で戦いを楽しんでいましたが、今は社会人らしく先人の攻略法に頼りきっています。

今回のイベントは「渾作戦」。
誰だ「ふんどし作戦」て言ってる奴は!?
計4面、うち3つは二個艦隊による「連合艦隊」戦となります。
連合艦隊ならではの特性を生かした戦いをしたいと思います。


その前に、まずはこの娘の改造から。

14112301.jpg
潮ちゃん、晴れて改二化☆

過酷なあの戦いを生き残った数少ない艦隊型駆逐艦「潮」。
改二のその日を首を長くして待ってました。
その幸運を生かしたカットイン攻撃で、秋イベでも活躍が期待できます。

そして私の秋イベの戦いが始まりました。


E-1 【第一次渾作戦】南西方面海域

そもそも「渾作戦」とはどういった戦いなのか?
自称ミリオタのくせ全然知りませんでした。
(ニューギニアのビアク島防衛に連動した作戦だったようですな)
気になるのは出撃した艦艇の事。
wikiによると戦艦「扶桑」、重巡「青葉」「妙高」「羽黒」、軽巡「鬼怒」、駆逐艦「敷波」「浦波」「時雨」「白露」「五月雨」「春雨」といったあたりらしいです。
とり急ぎ、史実にゆかりのある艦を中心に編成しました。


14112302.jpg
これは第二陣の編成。

第一陣(写真撮り損ねた)の第二艦隊は「鬼怒」「春雨」「敷波」「白露」「時雨」そして「五月雨ちゃん」となっております。
全ての艦娘をまんべんなく育てるスタイルなので、咄嗟の時でも思い通りの艦を実戦に出せるのが我が鎮守府の強みです。
非力な編成ながら、ボス夜戦でのカットインに期待できる「時雨」がいるのが心強い。
何よりMy嫁艦・五月雨ちゃん大活躍の巻だ!!


14112303.jpg
そしてこのドヤ顔である

たいした苦労もなくE-1はクリアできました。
現状で「艦これ」最強重巡の「妙高」「羽黒」を繰り出したのだから当然ではあります。E-3にこの両艦を出せないのが辛いところですが。
(ちと、早まったかも)



E-2 【第二次渾作戦】南西方面海域

駆逐艦がメインの面です。

14112304.jpg

E-1とほぼ同じメンツで行きました。
夏イベでもらった「春雨」も懸命に育成、僚艦に伍してこの大一番に連れて行けるLvになりました。
しかし史実ではこの戦いで沈んでいる春雨ちゃん、くれぐれも慎重にね。



14112305.jpg
敵ボスはべっぴんさんだ。

しかししょせんは駆逐艦。こっちは決戦支援の軽空母部隊も繰り出しているので勝利できました。
そして予期せぬ事に…



14112306.jpg
まさかの早霜ゲット!

夏イベでお迎えできなかった艦娘をこんなところで手に入れられるとは。それもE-2攻略早々。
嬉しい誤算とはこの事です。
その後も順調に攻略を進め、E-2をクリアしました。



14112307.jpg
ご褒美は「秋月」です。

今まで艦隊にいなかったのが不思議なくらいの艦ですね。
ともあれ、これで艦隊の防空は完璧ですっ。
(今イベントには間に合いそうもないけど)


こうして攻略は順調に進んでいますが、ひとつ困ったことが。


14112300.jpg
鉄の保有量が上限に到達しました

イベントの最中だというのにとうとうカンスト。
仕方なく日々の開発に鉄を使いまくってます。
(本当は零式観測機を揃えたいのに)
今後の攻略で鉄の消費が進む事を、半ば本気で願っています。


楽しい歯医者通い

世の中のほとんどの人と同じく、私は病院が好きではありません。
私の場合、正確には「医療不信」というべきでしょう。
ブログに何度か書いたと思いますが、特に関東で独り暮らしをしてた頃は病院でまともな治療を受けた記憶がありません。

そんな私も実家に戻る頃には「いい医者は偶然の出会いなど期待せず自分で探す」という事を覚え、徐々に信頼できるお医者さんを見つけていきました。おかげで今は(年相応に疲れやすくなったものの)身体に不安を抱える部分はほとんどありません。

虫歯を除いては。

我が心に住まう医療不信の最後の秘境。それが歯科医なのです。

かつて家から近いという理由だけで通っていた歯医者は削ることしか能がなく、数年間で私の歯は至るところ銀色の詰め物だらけに。
「このままでは自分の歯は全部破壊されてしまう」
決意して歯医者を脱走、以来歯磨きに没頭。食事の度にとりつかれたように磨きまくってます。半日以上の外出に歯磨きセットを欠かしたことはありません。
そんな自助努力も限界に達し、最近は痛い歯、滲みる箇所が一カ所や二カ所では済みません。昨日はここ、今日はそこと口の中の節々が痛みます。
そんな折り、会社の同僚から、その人が診てもらっている歯医者の話を聞きました。
話を聞けば聞くほど、よい腕前のようです。
この時を待っていました。
千載一遇のチャンスを逃すわけにはいきません。さっそくその歯医者を紹介してもらいました。


とはいえ私も人並みに歯医者に行くのは怖い。
予約を取ったものの「なんでこんなになるまで放っておいたんですか!」と怒鳴られる恐ろしさを想像して一日震えておりました。
夕刻、不安を抱えながら自転車を漕ぎ、目的の歯医者につきました。
そして数時間後… 私はニコニコとした顔で出てきました。
予想どおり、いや予想以上によいお医者さんです。時間をかけて話をし、今後の治療の方針を相談してくれました。本格的な治療はこれからですが、この人なら安心して任せられます!


しかしニコニコ顔の理由はそれだけではありません。
待合室で順番を待つ間、備えつけの本棚に『ヒカルの碁』を見つけて読んでました。
興味はあったものの今まで読む機会がなかったのですが、
『めちゃめちゃおもしろいですね!(今さらですが)』
帰りに古本屋にでも駆け込み全巻購入してしまいたいほどハマってしまいました。
でも、買いません。
読んでしまうと歯医者に行く楽しみが減ってしまいます。
長年放っておいたぶん治療には時間がかかるでしょう。おかげでじっくり『ヒカルの碁』を読み倒せるというわけです。
次の通院日が今から楽しみです☆


今いちばん伝えたいこと

こんにちは。
ブログをサボり続けのエトワ-ル☆です。
平日は残業続きで家に帰ればバタンキュー、週末は体力回復のため銭湯通い。そんな無意味な一週間を繰り返してます。
本当はブログに書きたい事、沢山あるんです。
最近読んだ本のこと、マンガのこと、艦これやAnAnの近況、何より先週ケガをおして出場した羽生選手のこと。
(すごい気迫の演技でしたね)

でもそれとは別に、今一番伝えたいことがあります。
といっても別に深刻な話題じゃありませんが。



仕事から帰り夕食と風呂を済ませた後、自室でNHK-FMのクラシックを聴いて心と身体を癒すのが、半ば私の日課です。
(「艦これ」をやりながら、ね)
とはいえクラシックなら何でも聴くわけじゃなく、嫌いな曲や作曲家なら即座にラジオを切ってゲームに専念します。
(ちなみに私はブラームスがお嫌いです)

その日もいつものように疲れた身体でFMラジオのスイッチをつけたら、聴いた事のない音色が私の耳を刺激しました。
それは軽やかで新鮮で、まるでホールに足を運び初演の曲を聴いているような感触。
でも、そのメロディーにはどこか聞き覚えがあるのです。
しばらく聴き続け、ようやく気づきました。
(なんだ、マーラーの5番じゃないか)
マーラーは学生の頃散々に聴いてました。重厚でどこか悲劇ぶった感のある曲調が、若かった私の心を捕らえたものです。
(今はあまりマーラーは聴きません。現実の悲劇を知るほど、音楽くらいは明るく楽しいものを聴きたいという思いが強まるのでしょう)

流れてくる演奏は、今までこの曲に抱いていた印象をガラリと変えるものでした。優しくて、ほがらかで、「マーラーの曲にこんな解釈があるのか」と感心しました。
ラジオを切るという選択肢はもうありません。逆に「艦これ」PCの電源を切り、部屋の明かりも消し、ただ流れてくる音楽に浸りました。
「『叙情的』なアダージョ」だとか、「『華やかな』終楽章」とか、マーラーの5番を語る時に当たり前のように添えられるありきたりのレッテルが、まるで付箋紙のように吹き飛ばされていく。そんな新風のような息吹を感じる演奏でした。
指揮とは音楽の「再生」ではなく「再創造である」と改めて思いました。いや言葉で音楽を語る事の無意味さを思い知ったというべきか。

心の底から音楽に酔いしれたあと、知りたかった事はただひとつ。
「この演奏をしたのは誰なんだ?」
おそらくは若手の、新進気鋭の指揮者に違いない。
そう思いながら演奏の後の解説を待っていた私は、アナウンサーの言葉にもう一度驚くしかありませんでした。

ズービン・メータ

クラシックに詳しくない人でも「3大テノール競演の時の指揮者」といえばピンとくるでしょうか。ベテラン中のベテラン指揮者です。
その彼が、初めてオケを指揮する若者のように喜びに満ちた演奏をしてみせるなんて。
たとえプロといえど、何度となく同じ曲を演奏しマンネリになるのは避けられないだろうに、まるでこの曲が100年前ではなく今この瞬間彼の指揮棒から生まれ出たような、そんな生命力に満ちた音楽を奏でてくれる事に驚きを禁じ得ませんでした。
演奏しているのは彼の伴侶といってもいいイスラエル・フィル。その演奏レベルの高さにも度肝を抜かれました。「全員がソリスト級」という解説の言葉にも頷くしかありません。
とにかく、この曲に対する見方を180度変えてくれた素晴らしい演奏でした。何よりメータという指揮者に対する私の評価は500%くらいアップしました。


なんでこんな事を今どうしても言いたかったかというと、その素晴らしい演奏が16日(もう今日じゃないか!)の21時から、NHKのEテレで放映されるからです。それを私は伝えたかったのです。
(もうギリギリっつーか遅すぎな気もするけど)
このブログを読んでくれてる人でクラシックが好きという人は少ないでしょうが。本当はこの演奏、クラシック好きでマーラーを分かったつもりでいる人にこそ聴いてほしいのですが。
でも例えクラシックに縁のない人でも「エトワ-ル☆はこんな演奏が好きなのか」みたいな軽い気持ちでもいいので聴いてほしいなあ。軽く1時間を超える大曲なので、うだうだ作業をしながらのBGMにでもよろしいので、よかったら聴いてね☆
私はもちろん録画しますよ。




束の間の栄達

エトワ-ル☆提督です。
改修工廠が実装され「艦これ」の楽しみがさらに増えましたね。
装備をちまちま改良する作業、自分は大好きです。
しかし改修には燃料弾薬その他の資材、そして「ネジ」と呼ばれる改修用資材が必要です。
なのに、手持ちのネジは全然足りません。
こちとら、あれもこれもガンガンギギ~ンと改修しまくりたいのに!

ネジを貯めるには各種任務をこなす必要があります。
普段はデイリー任務をこなす程度のマイペース提督ですが、そんなわけで先週末は久しぶりに「艦これ」しまくりました。



ちょうど月初ということもあり、デイリー、ウィークリーの任務にくわえて1-5、2-5といったマンスリー任務もこなしました。
1-5はもとより、この日は2-5もほぼストレートにクリア。
味をしめ、3-5の攻略にも挑みました。

最近はサブPCで艦これをプレイすることが多く「キャプチャーが撮れない」という悩みを抱え実況がおろそかになってましたが、
よく考えたらデジカメに撮ればいいじゃない!

14110601.jpg
うーん、でもやっぱり見にくいや。



14110602.jpg
今月の3-5は強力メンバーでゴリ押ししました。

空母2/戦艦1の編成で航空優勢を取るのが3-5の定石なのでしょうが、この空母1/戦艦2の編成もなかなか使えます。



14110603.jpg
普段はこのような軽巡1/駆逐5の編成で攻めるのですが、今回は不調でした。


ともあれ月初早々に3海域を制して勲章を大量ゲット。
これでようやくあの御方を改造できます。


14110604.jpg
扶桑ねえさん、お待たせいたしました。



14110605.jpg

改造後の扶桑姉。
何といっても水上機の瑞雲12型、そして4スロ目の「23」という搭載機数が光ります。空母のいない編成での制空権確保にもってこいですね!
携えてきた主砲も貴重ですし火力も長門型並みにアップ。もう不幸艦なんて言わせません!
あとは山城さんの改二を待つだけですね。
(また勲章貯めないと)


その後も出撃の手を緩めることなく戦い続け各種任務を達成。
日曜日などゲーセンに友人を置き去りにしてさっさと帰宅し、夜中までかかって「ろ号作戦」とそれに続く任務もクリア、貴重なネジを確保しました。

それだけ戦いまくったところ、思わぬ成果が。


14110606.jpg

おおっ!?
遂に念願の横鎮元帥に昇進だ!

元帥に到達したのは初めてなので嬉しかったです。
(半日だけだったけどね)
そして思いました。
「毎日このペースで元帥称号をキープしてる皆さん、すごすぎ」
私には到底真似できません。さっさと所定の地位に戻り、おとなしく秋イベントの日を待ちたいと思います。
(その前に損傷した大量の艦艇の修理しないとね)


プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード