物欲の最果てに

このところ物欲にまかせ、おもちゃやプラモを買いまくる日々です。いちいちブログには取り上げてませんが急激に部屋が狭くなったと思えるほどです。
そんな私も給与明細を見てようやく現実に引き戻されました。が、時既に遅し。
何カ月も前に注文した品が今頃になって届きました。



15103101.jpg
figma Ⅳ号戦車D型

写真じゃよくわかりませんが、箱が結構デカいです。




15103102.jpg

そしてやっぱり写真じゃわかりませんが、中身もデカいです。
なにしろ1/12サイズですから。




15103103.jpg

1/35のタミヤⅣ号戦車H型(おそらく永遠に未完成)と並べてみました。

このfigma Ⅳ号戦車は本来、アニメ『ガールズ&パンツァー』に登場するキャラのフィギュアを乗せるために作られたものです。
私は戦車だけ欲しいので買いました。
(別にいいよね)

それにフィギュアを乗せたきゃ、弟に一言
「『ガルパン』のfigma貸して」
と言えばいい。こんな時のための弟です。

「というわけで貸して」
「そんなん持ってないで」
「うそっ!?」
「そんかわり、1/35のD型貸したる」

おおっ、弟がガルパンfigmaを持ってなかったのは計算外でしたが、同じD型のプラモがあれば参考になりますぞ… って、



15103104.jpg

少し目を離した隙にいろいろ乗り込んでるし!



15103105.jpg

島風ちゃんなんかすっかり馴染んでるし。



15103106.jpg

なにはともあれこの戦車、購入時は未塗装。
地肌がテカって不自然なので簡単な塗装くらいはしてやろうと自慢の自作塗装ブースに持ってきましたが…
こいつやっぱりデカすぎ。




15103107.jpg

てか、ちょっと目を離した隙に多砲塔戦車になっとるし!


このfigma Ⅳ号、素材がABS樹脂とかで、塗装にはいろいろ困難があるらしいです。なんでも下手に塗るとモロくなるとか。
というわけで最初はこわごわ、ちまちまと塗ってましたが、とにかく図体がデカいのでそんなのじゃ埒があきません。
途中からは盛大にエアブラシを吹きまくりました。




15103108.jpg

正直こんなデカいのを塗るにはエアブラシのコンプレッサーがパワー不足なのですが、それよりも塗料がみるみる減っていく。
あっという間にジャーマングレーを使い切ってしまいました。ビンの底が見えるまでプラカラーを使い切ったのは始めてです。
(大抵、その前に固まる)

やむなくプラカラーのおかわりを買いに近所(といってもそれなりに遠い)のスーパーのプラモ売り場に駆け込みましたが、なんとこのお店、

ガンプラは売ってるのにプラカラーは置いてない

きっとこの売り場の仕入れ担当者はガンプラしか作った事ないんでしょう。接着剤も塗装も必要ない至れり尽くせりのガンプラの弊害ですね。プラモ売り場にプラカラーがないなんて、寒い時代だとは思わんか?
(ちなみに近所のプラモ屋はとっくに絶滅してます)


そんなわけでうちのfigmaⅣ号はしばらく塗装途中のまだら模様でいることになりそうです。
この戦車、良く言えば「いろいろといじり甲斐のありそうな」感じです。塗装もですがディテールアップに凝るもよし。
私としてはこいつをなんとかラジコン化してみたいと思ってますが、果たして上手くいくでしょうか!?
(続く、かも)

ショードー買い

慎み深い生活を旨とする私だと思っていました。が、
最近、衝動買いが増えました。
会社のストレスをショッピングで発散するというOLのような快楽に目覚めたようです。
根が貧乏性なので使う金額はしれたものですが、塵も積もればバカにならないし、なにより後で冷静になったとき「なんでこんなもん買ったんだろ」と、買ってから置き場所に困ったりします。
まったく、なんでこんなもん買ったんだろ。


15101501.jpg

模型雑誌を見てて「おっ、この食玩いいじゃない」と思ったその日にスーパーで見かけてしまったのが運の尽きだったのですが、それにしても…



15101502.jpg

問題は「ライダー1号」「V3」「ライダーX」「アポロガイスト」の四択で、何故これを選んだのかって事です(しかも迷わず手が出た)。
あ、これは『仮面ライダーVS』という食玩ですが、中身があらかじめわかる親切設計です。


15101503.jpg

こいつはワンコインと低価格ながら可動部分が多く自由にポーズがとれるのが特徴。
なのですが、楯と銃がジャマで、なかなか思ったポーズがとれません。



15101504.jpg

だからといって楯を外したアポロガイストなんて!

もちろんアポロガイストは好きですし、この食玩も非常によい出来なのですが、出来がよすぎて黒タイツの安っぽさ、昭和の特撮のチープ感までもがにじみ出て、なんか切なくなります。
ディケイドに出てきたアポロガイストは文句なしにカッチョよかったですねえ。ええどっちも好きですが。

この食玩の趣旨は「VS」なので、ライバルも買ってくれば楽しさ倍増! なのでしょうが、わかっちゃいるんだがXライダー全然興味ないのでw
(だって弱っちいんだもん)

このノリでライダーマンとか出たら買っちゃうでしょうね。
でもVSという意味で私が一番欲しいのは、

おやっさん VS イカデビルです!!

あの名シーンを机上で再現だ!


この機会に読書感想を二題

弟がこんなマンガを貸してくれました。



15101201.jpg

施川ユウキ『バーナード嬢曰く。』


これは「読書のススメ」というか「読書するフリのススメ」というか、いろんな本についての蘊蓄を語ったり語らなかったりする内容のマンガです。
といってもこのマンガについて多くを語るつもりはありません。正直あまり私の好みじゃなかったんで。
ただ、ここに取り上げられた本の中に2冊ほど「おっ」と思うものがありました。いずれも私が読んだことある本です。
いずれその感想など書かなきゃと思っていたので、この機会に。


まず一冊目はこれ。

15101202.jpg

S・シン『フェルマーの最終定理』

実はこれも以前弟に借りた本です(未だ返してませんが)。
これは小説ではなくタイトルの通り、数学上の定理の証明に関する本です。
数学が嫌いな人なら鳥肌が立つようなタイトルですね。
そんな人間(そう私だ)が、たまたまこの本を手にとって最初から最後まで面白く読み終えることができました。それだけでもこれを書いたシンという人は凄い。「数学を知らない人にも分かりやすく」という一点に徹底的にこだわって書いた作者の努力が伺えます。

フェルマーの最終定理がどのようなものかは、この本を読めばすぐわかります。
しかしその証明については、
「うむ、なるほどそうだったのか。よくわかった!」
とはなかなかなりません。
数学の専門家でさえほとんど理解できない事を、一般人がこの本を読んだだけで理解できるわけもありません。
この本が伝えるのは証明そのものよりも、その証明にいかに多くの人間が関わってきたか、そしてこの定理を解く過程で数学者たちがいかに多くの成果をあげてきたかということ。
300年前の数学者の暇つぶしの思いつき。
一見我々の現実とは無関係の、単なる頭の体操。
そう思っていた定理が、それを証明していく過程で副産物として次々に数学上の成果をあげ、あるいは今までまったく別のジャンルと思われていた数学の分野を統合していく。
そして現代の最新数学を縦横に駆使した一人の若き数学者の長きに渡る執念によって、遂に歴史的な証明がなされる…
(証明が完成したと思われた後にもう一つのドラマがあるのですが)
最終的な証明に取り組んだのはアンドリュー・ワイルズというイギリス人ですが、その証明の最終段階で、二人の日本人が作り上げた理論(正確には予想)が決定的な役割を果たした事に、同じ日本人として驚かされました。
数論という、普段はまず関わる事のない世界を、300年来の謎とされてきた一つの定理を鍵にして覗いて見ることができる。この本の価値はそこにあると思います。

あ、ちなみにこれほどの偉業をなし遂げたワイルズさんですが、数学のノーベル賞といわれる「フィールズ賞」は年齢制限により受賞できなかったそうです。ひどいや。





もう一冊はこちら。



15101203.jpg

P.K.ディック『ユービック』

これは今まさに自分が読んでる本です。
(ディックの本に畳は似合わんなあ…)

たった1ページで読者を虜にできる筆の冴え。
ストーリーうんぬん以前に「この人が書いた本ならどんな内容でも面白いに違いない」と思わせてくれる数少ない、おそらく私にとってただ一人の物書き。
今や私にとってディックはSFというジャンルを超えた「一番好きな作家」だと断言できます。


そういえば『バーナード嬢曰く』を書いた施川さんは随分SFが好きみたいでいろんなSF作家の名前が出てきます。
が、私はその名前の羅列を見て逆に思いました。
「ああ、私はSFファンじゃないんだ」
それらキラ星の如き巨匠たちの名を見ても、全然ときめかないから。
(ハインラインとか、一度もいいと思ったことがない)
今も私の心をとらえてくれるSF作家といったらディックとレムとストルガツキー兄弟くらいだなあ。しかもストルガツキー兄弟の作品なんて『ストーカー』一冊しか知らないし、レムも『ソラリス』以外絶版なんだろーし。SF氷河期はいつになったら終わりがくるんだろ。

あと、どーでもいーけど「ストルガツキー兄弟」って名前、昔のプロレスラーみたいだと思う。

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード