一週間ほど

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
勝手ながら、都合により一週間ほどブログの更新をおやすみさせてもらいます。
では皆さま、また来週。

自己主張するOS

先日、メインマシンのOSを更新しました。
あまりにもPCが「更新しろ、更新しろ」とうるさかったので。


PC持ってる人なら分かると思いますが、このところのマイクロソフトの「windows10に更新してね」攻撃は本当にうざい。
それも以前は「いつ更新しますか」と下手に出ていたのが最近では「○月○日の○曜日に更新します」と図に乗ってきた。
俺のPCはいつからお前の物になったんだ。OSを更新するもしないも、オーナーの勝手だろうが。
人がOSを更新しない理由は様々あります。私の場合古いソフトをそのまま使いたいから、なるべく更新はしたくない。オーナーの数だけ事情があるんです。
そんな当たり前を理解しようとしないメーカーには腹がたちます。

そうは言ってもPCいじりそのものは嫌いじゃないし、いつかはやらないといけないので、2台あるPCの壊れてもいい方を選んで人柱に供しました。
ひととおり手順を済ませ、久しぶりにスーパー銭湯で身体を癒しに行きました。
家に帰ったら更新も終わってるだろう。

終わってませんでした。
私の帰りを待ち構えてました。
スリープになってたのでPCを起こしたところ、


16042202.jpg

MSお得意の禅問答がはじまった!



16042203.jpg

俺はお前を終わらせたいよ!
この時点でモニターにマグカップを投げつけたい衝動にかられました。


なんというか、どこがどうとかではなく、MSという会社は人の神経を逆撫ですることにかけては天才だと思います。
ユーザーが知りたい事を教えず、言わんでもいいことをだらだらとくっちゃべる空気の読めなさときたら、もう!

ようやく使えるようになってブラウザで検索しようと思ったら、いつも使ってるIMEのJapanistがMS-IMEに変えられてました。
何度変更しても元に戻されました。

「殺す」

口に出して言いました。


この不愉快な気持ち、随分昔に同じような思いをした事があります。
PC用に買ったワープロソフトのOASYSを始めて使った時、これと同じ思いをしました。
とにかく作りがアホなのです。
おそらくはスタッフの頭数が多すぎて、自分が何を作ってるのか、どう作るべきなのかが分からず、上司も現場の意見を聞かず、ただ仕事だから言われた通りに作った。
そんな匂いがこのOSにはプンプンします。
とにかく「使う人に喜んでもらおう」「使いやすいソフトにしよう」というソフト作りの基本がどこかに行ってしまってる。

MSは大きな会社だから5年や10年で衰退はしないでしょうが、その兆候はいろいろ感じ取れます。
先日話題になったGoogleのアルファ碁が人間のトップ棋士を敗った直後、MS製のAI(と称するもの)が失笑騒ぎを起こしていました。あれなど、技術でGogleに遅れをとったMSの焦り以外のなにものでもないでしょう。


いずれにせよ、OSはソフトを動かすためのガワです。裏方です。
それが自ら自己主張するようでは、作り手のセンスが問われます。



16042204.jpg

最後に。
これ、win10のタスクバーです。
日本で使うPCに「日本」と、しかも漢字で表示することに何の意味があるんでしょう。
全くセンスの悪いOSだ。


二大聖地探訪(10年ぶり?)

用事があって、昨日から今日にかけて東京に行ってきました。
深夜バスで行き翌日の深夜バスで帰るという強行軍でした。が、時間の許す限り楽しみました。
特に再訪が長年の念願だった鎌倉に行けたのは嬉しかった!
いつものようにJR北鎌倉駅で降りて、浄智寺から葛原岡神社、源氏山と続くハイキングコースを辿りました。



16042001.jpg

遅咲きの桜が出迎えてくれる、絵はがきのような風景。



16042002.jpg

都会のすぐ近くなのに、やかましいくらいの野鳥や野草がいっぱい。



16042003.jpg

源氏山の頼朝像。
みてのとおり絶好の旅行日和でした。
私は一人で鎌倉を訪ねる時は(たいていそうですw)、このあたりで持参の弁当を広げて食べます。最高に気持ちいいです。

そのあともほぼハイキングコースに沿って、銭洗弁天、佐助稲荷と回りました。
ただし銭洗弁天は人でいっぱいだったので早々に退散。



16042004.jpg

佐助稲荷の鳥居群。
ここは昔、バァン様が地竜と戦った場所としてあまりに有名です。
最後に来た時(10年くらい前)は荒れ果て、鳥居の多くも朽ちていたのですが、また多くの鳥居が奉納されていました。

再びハイキングコースに戻り、長谷方面に出ました。
大仏とかは素通りで、海に出ました。



16042005.jpg

山から下りたと思ったらいきなり海の薫り。
そんなあたりがいかにも鎌倉です。
この日は風が強く、絶好のサーフィン日和だったようです。



16042007.jpg

鎌倉駅に戻り、遅まきながら八幡宮を参拝。
かつての大イチョウは倒れ、今はその命を継いだ若木が植わっています。
あったはずのものがないのは、やはり悲しい。



16042008.jpg

地元の子供たちによる応援メッセージがありました。

少し遠いですが、ここから頼朝の墓に立ち寄りました。
そこから戻り、小町通りを通って鎌倉駅に到着。



16042009.jpg

僅かな時間でしたが、大好きな古都を堪能できました。

鎌倉のなにがいいって、観光スポットを一歩外れると静かな落ち着いた場所がいっぱいあるって事。どこに行っても人、人、ひとの京都とは大違いです。
東京との遠からず近からずの絶妙な距離感がいいのでしょうね。



夜にはもうひとつの聖地、秋葉原にも行きました。
こちらはこの10年ですっかり変わってしまいました。
昔ながらのパーツ店は激減です。
ラジオ会館がなくなって久しいですが、ガード下やラジオデパートといった「最後の砦」といえる場所さえシャッターが閉まり、あるいは中古のフィギュアをポツポツと並べてるだけの店が増えてました。
(秋月電子と千石電商が今も元気なのが救いです)
真空管のような品は、もはや聖地アキバでさえ入手が難しくなったようにみえます。

そういう古い店が消え新しいビルが建つのは時代の流れですが、フィギュア店やメイド喫茶の他、今回目についたのはオタク向けのパチンコ店。
かつては尽きない創造の泉の根源だったあのアキハバラが、今や創造性のかけらもないパチンコ店に浸食されるなんて。
「私の好きだったアキバは、もう思い出の中にしかない」
という思いを強くしました。


そんな感じの、二大聖地突撃レポート(?)でした。
やっぱ深夜バスのレンチャンはキツいです。
次に来る時はも少し余裕のあるスケジュールにしたいです。できれば鎌倉に一泊とか。



「清霜」の戦艦化に挑む(8)

駆逐艦清霜の願いを叶えるべく戦艦への改造を目指す試み。
いきなりですが完了しましたのでご報告。

全体はこんな感じです。



16041801.jpg
(クリックで拡大)

最初は単なるネタのつもりで始めたのですが、いろいろ頑張ってしまいました。
あー楽しかった。
ただし土壇場になってから舷外電路を後付けしたのは大失敗。
拡大するとアラがみえみえです。
皆さん、製作は計画的に。



16041802.jpg
(クリックで拡大)

スクラッチした艦橋ですが、それなりに夕雲型らしくなってると思います。
今回はエッチングパーツにくわえて、始めて張り線にも挑みました。
ああっ拡大しないで!




16041803.jpg
(クリックで拡大)

救命浮標(浮輪)は相変わらず大きすぎ。

今回の製作で痛感したのは、
「表面を綺麗に仕上げる」ことの大事さ。
1/700スケールだと、少しのデコボコでもみっともなく見えます。
今後の製作に今回の失敗を生かしたいです。



16041804.jpg
(クリックで拡大)

船体中央部。
「戦艦の主砲を無理やり搭載するため、後部魚雷発射管を撤去した」というif設定にしたのですが、空いた甲板のままだと見栄えがしないので、「陸軍からの要請で大発を搭載した」という設定を加えました。
嘘に嘘を重ねるのは私の得意技です。



16041805.jpg

ついでのついでに特二式内火艇も積んじゃいました!
「艦これ」提督としては未だ持ってない装備なので、願いも込めて。
(早く欲しい~っ)

ところで「内火艇」の読み方ですが、「ないかてい」「うちびてい」と読み方がふた通りあるみたいですね。
私は「うちびてい」の方が沖縄弁みたいでかっこいいと思います。




16041806.jpg
(クリックで拡大)

真面目に作った前部に比べ、後ろは思いっきり遊びました。
「鹵獲した米海軍の16インチ砲を1門装備した」という設定で。
砲塔は重すぎるので断念。旋回はできません(たぶん)。
どのみちこんな巨砲、横に向けて撃ったら転覆確実っす。

大砲の右、元の2番主砲塔跡には25mm3連装機銃を2基設置。
ただしそのままでは16インチ砲発射時に機銃操作員に被害が及ぶので、爆風避けのシールド付きにしました。
武蔵さんとお揃いですね。きっと清霜も喜ぶでしょう。

さらにその右は、つけるかどうしようか迷ったのですが、
「16インチ砲載せるならこれも載せないと」
と、鹵獲したMk13主砲射撃指揮レーダーも搭載です。
(日本海軍には使いこなせないと思われ)
あおりを食らった機銃射撃指揮装置は後部マストの上に追いやられました。トップヘビーいや~ん。



16041811.jpg
(クリックで拡大)

ちなみに16インチ砲の砲弾ですが、後部魚雷用の次発装填装置に保管してあるという設定にしました。
魚雷用のデリックやらレールやら使えば運搬はできそうですが、装填時に薬嚢が濡れそうw

あと、主砲搭載のあおりで爆雷は全て撤去しました。
潜水艦に襲われたら逃げるだけ。
(16インチ砲で脅す!?)




16041813.jpg

スペック的にはこんな感じでしょうか。
(あ、3連装じゃないや)

正面切って撃ち合うには絶望的な紙装甲ですが、上陸支援にはもってこいの性能じゃないかと。
WG42も積めば完璧だったか!
(本当にやったら多分砲弾の薬嚢に飛び火して終了)




16041808.jpg
(クリックで拡大)

子供の頃は作った軍艦の甲板の空いてるところに余った武装を積みまくったり戦車にデストロイドモンスターの大砲つけたりと豪快な遊びを楽しんだものですが、大人になるとそういう馬鹿げた改造はしなくなるもの。
今回はそういう意味で久しぶりに「バカ改造」を楽しみました。




16041809.jpg
(クリックで拡大)

ネタ艦と共に。




16041810.jpg

清霜ちゃん、満足してもらえたでしょうか?
私は満足です。
400円で買った40年前のプラモで散々に遊び尽くしました。
でも、次回は素組みで楽したいですw



「戦艦少女」が面白そう

「艦これ」「城プロ」「銀英伝」「ぷらねっときーぱー」と、ひょっとしたら今までの人生で一番ゲームしまくってるかもしれないエトワ-ル☆です、こんばんは。

そんなアップアップの状態なのに、まだやってみたいゲームがあります。
それが「戦艦少女」。
(現在は「戦艦少女R」と改名)。
ぶっちゃけ中国版「艦これ」です。

かの国では「艦これ」のパクリゲーが出ています。それも何種類も。
その中にあってこの「戦艦少女」はオリジナル要素もふんだんに含み、ただのパクリゲーとは一線を画している、らしい。
なにせプレイしたことないので想像でしか語れませんが。
何より魅力的なのはそのキャラ。CGも魅力的ですが、「艦これ」では実装されてない海外艦が充実していて羨ましい限りです。



16041401.jpg

アメリカの戦艦っぽいですね。2連装と3連装の主砲が混在してます。
私は海外艦はよくわかりません。テネシーとか?




16041402.jpg

正統派少女マンガ(それも昭和の)から抜け出たような女の子!
(ぶっちゃけキャンディやがな)
こんな娘を使って戦いたい!




16041403.jpg

あ、これはさすがにわかります。
日本艦も普通に出てくるのが不思議です。
中国人=日本叩き、という単純なイメージを持ってましたが、これを見る限りそんな感じはうけません。



16041404.jpg

ドイツ艦ですね。これもビスマルク級なのか重巡ヒッパー級なのか私にゃ見分けがつきません。
艦首のハーケンクロイツが大人の事情で「×」になってるのがお国柄ですね。
(というか日本が緩いともいう)



16041405.jpg

こいつは分かった! 一瞬で分かった!
こいつだけは許せん。この手で沈めてやる、沈めてやる!!
(私の前世でこいつと何かあったに違いない)


他にも米巡戦アラスカ、トルコ戦艦ゲーベン、英戦艦ウォースパイト、米潜アルバコアやアーチャーフィッシュ、仏スルクフ(シェルクーフ)、オランダ軽巡デ・ロイテルまで!
軍艦マニアとしては涎が出そうなラインナップです。
といっても日本でこのゲームをやろうと思ったらヤバげな裏技を使わないと無理っぽいので、そこまで危ない橋を渡るつもりはありませんが。
今は本家「艦これ」で手一杯ですしね。
(様々なパクリゲーの中で、UIが一番貧弱そうなのが本家なのはナイショだ)


さしあたっては来月2日から始まる「艦これ」の春イベできっちり「アイオワ」をゲットできるよう準備を整えて挑みます。


ないないづくし

こんばんは、エトワ-ル☆提督です。
今年の春イベは5月初旬から。まだ一カ月近くあります。
しかしまっとうな提督ならば今からその準備におおわらわというところでしょう。
艦娘のレベリングや資材の備蓄に備えるのはいつも通りですが、今回はそれに加えて装備の充実が大事と思われるのです。
なにせ運営自ら「総力戦」とのたまってますし、このところ新装備が次々と実装。しかも装備の多くは既存の装備を改修して手に入れる必要があります。

個人的に特に大事と思われるのが、この2つ。


16041201.jpg
水上戦闘機「二式水戦改」

今までなかったカテゴリーの装備、水上戦闘機です。
ゼロ戦を始めとする艦上戦闘機は空母/軽空母、そして例外としてあきつ丸にしか搭載できませんが、この二式水戦はゲタ履きなのでカタパルトによる運用が可能です。
つまり空母がなくても制空権がとれる!
使う機会は少ないですが、ここぞという時に便利です。
(演習で相手が秋月型出してきた時とか)
瑞雲でも制空権がとれますが撃墜される可能性があり、全機落とされると鍛えた練度がリセットされてしまうのが痛い。
なので水上戦闘機は是非欲しかったのです。
二式水戦かっこいいし!

改修資材(ネジ)や装備が相当数必要なので大変でしたが、頑張って1セット作りました。




16041202.jpg
上陸用船艇「大発動艇」

こちらは以前からある装備です。基本的には「遠征」で使うともらえる資材が増えるという地味(しかし大事)な装備でした。
しかし新海域6-4のボス面で、これが陸上の敵に威力を発揮するという新能力を持つことになり、俄然注目度アップ。
同様の敵がイベントにも現れるかもしれませんから。

しかしこの装備、開発はできません。
さらに、陸上攻撃に特化した上位の装備に改修できるのですが、そのためには膨大なネジと装備が必要になってきます。
こちらのほうはようやく手をつけ始めたところです。
上位装備の「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」に改造するためには、最低でもネジ17コ、7.7mm機銃4コ、12.7mm単装機銃3コが必要。12.7mmがひとつもないので毎日工廠でレシピ片手に開発しています。
さらに上位の「特二式内火艇」にするには、これ以上の資材が必要です。貴重なネジもごっそりもっていかれますが、それ以上に厳しいのが12cm30連装噴進砲。それが8つも必要なのですが私は4つしか持ってません。以前捨てたので。

その噴進砲を揃えるため、こんなことを始めました。



16041203.jpg

新規に「千代田」を育て始めました。いわゆる牧場です。
この娘はLv35で改造すると噴進砲を1つ、さらにLv50でもう1つ持ってきてくれます。現在2隻同時に育成中。
基本的に牧場は嫌いですが、ほかに入手方がありません。


さらに言えば戦艦の主砲とかレーダーとか爆雷とか徹甲弾とか、改修すべき装備は山ほどあり、ネジがいくらあっても足りません。
なのでネジがもらえる任務をいつも以上に積極的にこなしています。
改修に使う素材(装備)も蓄えたりと、やるべき事は山積。ある意味、イベントより大変です。

それでもイベントで苦労するよりずっとマシですけどね。


「艦これ改」やら、近々始まるアーケード版とかいろいろありますが、今は提督的には本家で手一杯ってとこです。
まあ、アーケード、ちょっとはやってみたいけど。


「清霜」の戦艦化に挑む(7)

プラモで「清霜」を戦艦にする無謀な計画、どうやら完成に近づいてきました。



16041101.jpg

8、9割方完成といえるでしょうか。



16041102.jpg

前回の「吹雪」に続き、エッチングの手摺りも付けました。
前回よりは手際よくできるようになりました。
本当は全周につけるのでしょうが、見栄えのいいところだけ使いました。めんどくさいし、プラモだから海に転落する人もいませんしね。



16041103.jpg

これでほぼ完成か、と思ったのですが、実は舷外電路を付けてません。
当初はここまで頑張るつもりがなく手ぬきしてたのですが、いざ完成に近づくと物足りなく見えてしまいます。
なので悩んだ結果… この期に及んで舷外電路つけました。



16041104.jpg

塗装を終えて手摺りをつけてから舷外電路つけるアホがどこにいる!
(ここにいる)
案の定つけてる先から手摺りがボロボロ落ちるし、瞬間接着剤ははみでまくるし、しかも真鍮線なんか使うから塗装やり直しだし。
出来そのものも、まあひどいもんです。遠目の写真で見てもダメダメっぷりがおわかりでしょう。

それでもつけないよりいいかな、と自己満足。


三歩進んで二歩下がる、どころか一歩進んで五歩くらい下がった感じです。
そんなわけで作る楽しみはまだまだ続きそうです。
…ちょっと忙しくなりそうなのでそろそろケリつけたいですが。


「城プロRE」好感触

再開されたDMMのブラウザゲーム「御城プロジェクト:RE」。
なかなか面白いです。

「天下統一」と称するメインの戦いでは淡路国に手こずりましたが、遂に陥落させました。
その時のメンツはこれです。


16040901.jpg

以前からプレイしてた既存組なのでレア娘もそれなりに揃ってます。
(☆4以上はレアといっていいと思う)
レベル上げもしました。
それでやっとクリアなので、私は相当下手くそです。
でも下手なりに面白いです。ビジュアルも綺麗だしテンポもいい。
(逆にこれをやると「銀英伝タクティクス」が間延びして思える)
タワーディフェンスなのですがやる事が多くて大変です。そのぶんやり甲斐もあります。
淡路を初クリアした時はガッツポーズしそうになりました。

その後は比較的楽な面が続き、今は摂津国を普通モードでクリアしたところです。


このゲーム、既存組と新規組の戦力差があるのは仕方ないとしても、これまではその差がキツく、特に「気力回復」とヒーラー系の有力なメンツが新規には足りなかったのですが、メンテ明けにそれが改善されました。
「鹿野城」と「鶴ヶ岡城」の築城確率が大幅アップされたのです。



16040902.jpg
鹿野城

槍使いです。
「白兎神社」という計略で気力を回復できます。
☆3つながら非常に使い勝手がよく、私も戦力として使ってます。



16040903.jpg
鶴ヶ岡城

5人しかいない回復系のひとり。
上位互換のふたり(大坂城、石山御坊)は入手が難しく、下位互換のふたりは性能がやや低い。
実は私も持ってなくて苦労してたので早速築城(一発ツモ)。
速攻で淡路に投入したら勝てた次第です。鶴ヶ岡城のおかげで勝てたかはわかりませんが、非常に使える娘なのは間違いない。



現在メニュー画面を見る限りでは「艦これ」に次ぐ二番人気あたりをキープしているようですし、もしも面白そうなゲームを探しているのなら、この「城プロ」お勧めですよ。



「清霜」の戦艦化に挑む(6)

1/700プラモで「清霜」の戦艦化に挑む。その6回目です。
前回はここまででした。



16040601.jpg

少しはしゃぎすぎたので、もう少し真面目にやります。




16040602.jpg

その後いろいろ塗ったり張ったり切ったり飛んだり跳ねたりキラキラしたりして、今こんな感じです。



16040603.jpg

船体前半分は、なるだけ実艦の清霜に近づけて作ってます。
(少なくも努力はしております)
ただ、前部魚雷の次発装填装置は撤去しました。
「戦艦の主砲を積むための軽量化」という意味あいです。
決して決して、けっして手抜きではござらぬ。



16040604.jpg

対して、後ろ半分は相当フィクション入ってます。
2番、3番砲塔は撤去。後部魚雷発射管も撤去しました。
代わりに米海軍から鹵獲した16インチ砲をドーンと搭載。

空いた後部魚雷発射管のところは何か積めそうなので、、デリックも装備しときました。
貧乏性の帝国海軍らしくていいでしょ?



16040605.jpg

野望に少しづつ近づいてきました。
(続く)

思いのほか阪神

最近あまりテレビを見ません。
部屋にテレビがないのですが、テレビを買ってまで見たいと思わない。
パソコン用のテレビチューナーは持ってますが、ドライバ入れようとするとOSがどうとかモニターがとか文句ばかり言ってくるので、OS入れ換えて以来使ってません。
そんな感じですからプロ野球もほとんど見なくなりました。
戸籍上は阪神ファンですがレギュラー陣の半分は名前も知らないありさまです。
そんな私ですが昨日の対巨人戦は面白く見れました。

3回表、1-1で同点の阪神の攻撃、先頭打者は藤浪。
ピッチャーだというのに打つ気まんまんで、カス当たり気味の打球ながら(記憶違いならすみません)藤浪激走。「ピッチャーでも塁に出る」という気持ちが前面に出てました。
続く高山のヒットに藤浪今度は3塁まで走る!
そして横田の打球に藤浪はまっすぐ本塁に突っ込む!!
まるで高校野球を見るような清々しい戦い。
まさか阪神のこんな試合を見れるなんてねえ。
藤浪の回復を待つかのようにこのあとも阪神打線は粘り続け、この回は派手なヒットこそ少なかったのに3点をもぎ取る。
さらには横田のホームスチール、とどめはゴメスの盗塁(!)。「足で稼ぐ」というおよそ阪神らしくない戦いで巨人相手に快勝です。

阪神の選手といえばかつての赤星など足で稼ぐ選手はいましたが、昨日の試合は選手一丸となって戦ったのが大きく、そして気持ちよかったです。
正直、金本阪神には全く期待してなかったのですが、こんな面白い試合を続けてくれるなら、本腰入れて応援しようかな。


プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード