こうの史代作品展に行ってきました

4月の26日から大阪上本町の近鉄百貨店で「こうの史代 作品展」が始まりました。
こうの先生の原画や複製原画などが見られる貴重な機会です。
何事も出足の遅い私ですが初日に突撃しました。



日頃は服装に全く無頓着な私ですが、普段行かないデパートに出かけるのと「ファンとしてみっともない服装で行くのもまずかろう」と少しだけいい服を着た(つもり)で家を出ようとしたら、なぜか母に引き止められ、

「後生だからそんな格好で外を出歩かないでおくれ」

と懇願され、やむなく普段通りの服で出ました。
(なぜ止められたのか今だに謎です)

「上本町」などという場所には今まで縁がなかったのですが、事前にルートを調べたこともあり難なく到着しました。
しかしいそいそと乗り込んだエレベーターは目的の階に止まらず、歩いて9Fに辿り着き非常階段の扉を開けると、そこは整然と客室のドアが並んだカーペット敷きの廊下。
ようやく、自分がいるのが百貨店ではなく隣のホテルだと気づきました。
階段を駆け下り、1Fの非常階段のドアがロックされているのに気づいて再度階段を駆け上がり、そんなこんなで会場に到着した頃には汗だくになってました。
傍目には
「熱心なファンが遠隔地からはるばる駆けつけた」
ように見えたかも。まあ当たらずとも遠からずですが。


催事場は客らしき人々で雑然とした様子。
パッと見、20代から30代の男女ばかりで客層からしていかにも先生のファンらしい感じですが、特に行列に並んでいるわけでもない。

(この人たち何をしてるんだろう)

よく見たら、会場の脇でこうの先生がサイン会の最中でした。
皆さん、それを遠巻きに見てたのですね。
私もしばらく、

(こうの先生は小まいのう)

と眺めていましたが、ここに来た目的は先生を眺めることではなく先生の作品を眺めること。
係員に尋ねて会場に案内してもらいました。
先生がサインしている脇を素通りして会場に入るのは妙な気分でした。



そんなわけで、デビュー作から最近作まで沢山の原画や複製原画を見てきました。

「よかったです」

絵の素晴らしさを言葉で説明するのは無理ですが、

「よかったです」

数年前にエル・グレコの絵を見に行った時もそうでしたが、直筆の絵の持つ迫力って尋常じゃないです。
そして原画はもちろんですが、複製原画も面白かった。
アシスタントへの指示などもそのまま残されていて、単行本より情報量が数段多いのです。サイズが原寸大なので絵そのものの細かなタッチまでよく見え、こうの先生が細かなところまで丁寧に描いているのがわかります。
(複製原画でいいから、欲しいなあ)

『この世界の片隅に』最終回の冒頭は、なぜか漫画の原稿用紙ではなく普通のケント紙(?)に描かれ、
 ※ これは原紙です 
と注釈がありました。そして5ページ目からは漫画用の紙に。
執筆時に何があったのかと想像をかきたてられました。
(用紙のタイトル欄には「この世」と書かれてありました)

鉛筆や口紅で描いた原稿も展示されていました。

(鉛筆で描いても、ちゃんと原稿になるんだなあ…)

どーでもいいことなのですが、自分は絵を描く時に鉛筆で描きます。が、鉛筆で描いた絵はスキャンしてもまともに取り込めません。先日も久しぶりにすずさんの似顔絵を描いてみて
「我ながらなかなかいい出来だ。よしブログに載せよう」
と思ったのですが上手くスキャンできませんでした。
そんな高性能スキャナがあるなら、私も欲しいです!
(本当~にどうでもいい話ですまん)


なお、製作中の「青葉」のプラモを作る参考にしようと、先生の原画の青葉を穴の開くほど観察しましたが、やっぱり後櫓部分はよくわかりませんでした。
もう推測で作ったからいいですけど。



そもそも漫画家さんの原画を見るという機会がほとんどないし、そういう意味でも貴重な体験でした。
最近ではプロの人もデジタルで描く事が増えているそうですが、そういうご時世にデジタルどころか、
「スクリーントーン? なにそれ!?」
と言わんばかりのこうの先生の原稿を見て、アナログの魅力を堪能できました。

それにしても、いまさらながら、こうの先生の絵は本当に上手い。それもデビューの頃から。
最近の作品では、もはや漫画家というくくりで語るのがためらわれるほど芸術的に思えました。
これだけ絵に説得力がある上にストーリーまで素晴らしいなんて。

(本当に凄い人だなあ)

数メートル先で丁寧にサインを書き続けている先生を横目で見ながら、その人が目の前にいる事に不思議な思いがしました。



もちろん、行って見てよかったです。
そのうえ、欲しいと思っていた本まで買えました。



17042801.jpg

古本屋で文庫本買わなくてよかった。




17042802.jpg

入場者やグッズ購入者は、ご覧のポストカードをもらえます。
先着順だと思うので、どうせ行くなら早い目に行きませう☆

呉色よりなお淡く(5)

1/700「青葉」製作中です。
というか、まだ終わらないというべきか。



17042001.jpg

主砲はキットのものをそのまま使うべきか、手持ちのピットロードのパーツを使うべきか。
一長一短があり悩んだのですが、サイズが適正と思われるピットロードのものを使うことにしました。
ディテールはキットの方が正確かもしれないのですが、今回は全体のバランスを重視して組んでます。




17042002.jpg

艦橋など上部構造物の手すり部分にはところどころキャンバス地の白い覆いを表現しました。
やりすぎると軍艦ぽく見えないのですが、今回は「かっこよさ」よりも「綺麗に」見えるように心がけています。
あくまでも「すずさんが見た『青葉』」というイメージです。

…プラモに限らず、綺麗に作るのは苦手なのですが。



17042003.jpg

今回のキットにはエッチングパーツがついてます。
カタパルトがとっても精細に作られているのがわかります。
今までエッチングパーツは手すり程度しか使ったことなかったのでエッチング製のカタパルトは憧れでした。
実際に作ってみると意外に簡単でした。
むしろその上に見えているデリック(クレーン)の薄っぺらな形状のほうがよほど大変でした。

駆逐艦とか海防艦とか掃海特務艇といった小艦艇ばかり作ってると、重巡はデカくて大変。
その上本格的なエッチングパーツまで使ってるので、製作に終わりが見えません。
正直ちょっと飽きてきました。というかそろそろ他のプラモを作りたいです。



17042004.jpg

艦載艇や艦載機はあっさり目に製作。
軍艦に合わせ、色も淡白にしました。
艦載機は何を積むべきかお悩み中なので「94式水偵」「95式水偵」「零観」「零式水偵」4種類作りました。実際に載せるのは1機ですが。




17042005.jpg

探照灯も機銃も、そして手すりもボート用のダビットもまだこれからです。
いい加減終わらせたいです(泣)


「西の聖地」にて

『この世界の片隅に』4回目、見に行ってきましたw

さすがに3回も見れば十分だろうと思っていたのですが、むしょうにまた見たくなって。
地元では既に上映終了しているので、どうせ遠出するならと大阪市内の「テアトル梅田」まで足をのばしました。


東京には「テアトル新宿」という映画館があります。
ここは『この世界の片隅に』上映開始当初から熱心にこの映画をプッシュし、連日のように立ち見が出る人気を作り上げました。観客もスタッフもこの映画への熱い思いを共有しているテアトル新宿を、ファンは「聖地」と呼びます。
そしてテアトル梅田は、いわば西の聖地。
ロビーには『この世界の片隅に』の特大のポスターが飾られ、監督やコトリンゴさんのサインの入ったパネルなども飾られていました。さすがは西の聖地です。


わくわくした気持ちで席に着くと、他の映画の宣伝予告が始まりました。
これが同じ国の映画館かと思うほど、普段見に行く映画館とはラインナップが違ってます。
「日本で初めて上映されるパキスタン映画」とか、「イランで干されてる映画監督がタクシードライバーのふりして撮った低予算映画」とか、(日本映画もありましたが)、面白そうだけど売れなさそうな、いかにもな映画が揃ってました。

それと、予告編が始まる直前に外人さんが入ってきて「さすが都会じゃあ」と感心していたら、その青年の席は私の横でした。
(この人、この映画見てどんな反応するんだろ)
そんな私の杞憂は杞憂に終わりました。
ここで笑ってくれたらな、と思った箇所ではすかさず合いの手のように
「く、くくく…」
と隣から忍び笑いが聞こえてきました。
セリフだけで笑わす場面でも笑っていたので、きっと日本語ペラペラな人なのでしょう。
ともかくも、少なくともこの外人さんはキッチリわかってくれてるんだと思い、なぜかホッとしました。

私自身は4度目ということもあり、今までで一番落ち着いて見れました。
ただ原作とアニメが頭の中でごっちゃになって、
「あれ、あのシーンが抜けてる!? あ、あれは原作だけか」
などと思う場面が何度かありました。
(この映画は見るたびに原作の素晴らしさ、完成度の高さを思い知らされます。原作は通しで2度読んだだけなのですが)
それと「青葉」のプラモを製作中なので「青葉」登場シーンでは思わず前のめりで見てしまいました。鑑賞4度目にして遂にミリオタの本領発揮です。


そんなわけで4度目とは思えないほど新鮮に映画を楽しめました。場所を変えるだけでこんなに楽しめるなんて思ってませんでした。
それも「西の聖地」ならではでしょうが。
さすがに5度目はないと思いますが、もし機会があるならば、真の聖地といえる「呉ポポロ」でもこの映画を見てみたいですね。

そうそう、呉といえば…




17041601.jpg
のん、呉へ。2泊3日の旅

こんな本を買いました。
以前からこの映画の絵コンテ集を探していて、
「ここなら売ってるかも!?」
と思ったのですが残念ながら置いてなくて、代わりにこの本を見つけた次第です。

女優さんの本を買うのは前田亜季さま以来だなあ。

ありがとう真央ちゃん

先日、女子フィギュアの浅田真央が引退を表明しました。
いつか来る日が、とうとう来たんだなという思いです。


今、浅田選手に思うのは、ただただ感謝の気持ちです。
今まで素晴らしい演技を見せ続けてくれてありがとう。
そして何より、トリプルアクセルの魅力を伝え続けてくれて。
ひとりのフィギュアファンとして、真央ちゃんのファンとして、そして伊藤みどりのファンとして。

「今まで、本当にありがとう」

浅田真央は優れた選手というだけでなく、伊藤みどりのトリプルアクセルに挑む心意気を最良の形で受け継いだ最高の後継者でした。



3Aに挑み続けなければ、真央の選手寿命はもっと長かったかもしれない。もっとよい成績が取れたかもしれない。
けれど3Aに挑まなければ、それは浅田真央ではない。
あの時ああすればよかった、などというのは外野の意見であり、浅田真央本人にとって選手である限りトリプルアクセルに挑み続けるのは息をするように当然のことだったと思います。
彼女の理想がみどりである限り。
みどりのファンとして、真央のファンとして私は確信します。

「トリプルアクセルでオリンピックの金を取る」

みどりがなし得なかった夢を叶える。
それが彼女の最大の、おそらくは唯一の目標。
それが叶わないとわかった時点で引退を決めた。
実に潔い、迷いのない、彼女らしい決断だと思います。



それにしても、男子は4回転全盛の時代になったというのに、ことジャンプに関して女子はお寒い限りです。
真央の引退で、3Aを跳ぶ女子はいなくなってしまいました。
ええわかってます。フィギュアはジャンプが全てではないし、今の日本の選手も外国の選手もすごいです。
でも、試合を見たあと何か物足りなくてYoutubeやニコ動でみどりの滑りを見てしまうのもまた事実。

以前にも紹介したかもですが、改めて。



【フィギュアスケート トリプルアクセルの歴史 -女子編-】


これを見ると、確かに女子が3Aに挑むことがどれほど大変かよくわかります。
公式戦で3Aを成功させた女子が10人にも満たないうえ、この動画を見る限り安定して3Aをものにしたといえるのは、伊藤みどり、トーニャ・ハーディング、浅田真央の3人だけ。
それほど難しい技なのに、現在のルールではリスクばかりが大きい。
これでは誰も3Aに挑もうとしないのも、ある意味当然です。
(仮に私がコーチでも、選手に「3Aなんかやめとけ」と言うでしょう)

体力の問題もあるでしょうが、今のルールが3Aに挑む選手の少なさを助長している気がします。

でも私はみどりの、そして真央の後継者が見たいんです。
観客に、リンクに問答無用の感動とどよめきを与える、華麗なトリプルアクセルを。
それが日本の、名古屋の人でなくてもかまわないから、出てきてほしいんです。
じゃないと、またニコ動でみどりに、真央に浮気しちゃうぞ。
(あ、トーニャもいいよね)


呉色よりなお淡く(4)

こんばんは。
現在、1/700重巡「青葉」を製作中です。
一カ月で終わらせるつもりが、未だ道半ば。

それだけでなく、自作の塗装ブースのファンが壊れてしまいました。
正確にはファンを動かす電源がお亡くなりになりました。
この電源、昔勤めていた会社のSCSIハードディスクに付いていたのをもらったのですが30年以上前の代物。今まで動いていたのが不思議なくらいです。
電源は交換するとして、ファンの風量が足りなかったりといろいろ不具合があったので、この際ブースそのものも改良しました。



17041001.jpg

あんなしてこんなして。



17041002.jpg

静音をあきらめ、ファンを増やしました。
(手持ちのファンを、ほぼ使い切りました)
間口も広げ、排気口は窓に密着するようにして実用性アップです。


いっぽう「青葉」の進捗はこんな感じ。



17041003.jpg

ほぼ仕上がっているようにも見えますが、まだまだ前途多難です。

特に困っているのが後檣(後部マスト)です。


17041004.jpg

とりあえず作ってはみたのですが、細かな部分の形状がよくわかりません。



17041005.jpg

手持ちの資料をひっくり返しても、確証が掴めず。
ついにはコミックスを取り出して「青葉」のシーンを見てみましたが、よくわかりません。

こうの先生、青葉の後檣だけでも右手で描いてほしかったです。



17041006.jpg

後檣以外にも疑問点が数々出てきます。
例えば主砲ですが、キットの主砲がどうにも大きすぎる気がします。
昔のパーツ(ピットロード製)が余っていたので、これにキット付属の金属砲身をつけてみたら、なかなかいい感じ。
どちらを使うべきか迷っています。
そんな感じでなかなか先に進めません。

それでも作るのを止めなければ、いつかは完成するはず!
(あいもかわらず呑気者モデラーです)


AMD、不死鳥のごとく

去年はとうとう一度もPCを組みませんでした。
そもそも最後に組んだのは何年前なんだろ?
というくらいPC自作から遠ざかっています。
理由はお金がないとかお金がないとかいろいろありますが、一番の原因はやはりAMDの不振。

Intel派かAMD派かと尋ねられれば、いや尋ねられるまでもなくAMD派の私ですが、そんな私でさえここ数年AMDの石で組む気にはなれませんでした。
(かつてのPentium4/D並に魅力のないCPUに興味は沸きません)

そんなAMDが遂に復活を果たしました。
今年3月、全く新型のCPUが発売になったのです。
その名は「Ryzen」。
名前もかっこいいですが、レビューを読む限り性能もいい。
久しぶりにAMDらしい魅力に溢れたCPUのようです。


現在発売されている「Ryzen7」は、名前からわかるようにIntelの「i7」をライバル視した製品で、スペックも8コア/16スレッドという怪物です。
あさって発売になる「Ryzen5」は、それよりおとなしめの4コア~6コアというラインナップ。
今のところAMDお得意のAPU(グラボ内蔵型)タイプは未発売ですがいずれは登場するでしょう。私としてはそこらが狙い目です。
ともあれ復活の狼煙をあげたAMD、エトワ-ル☆は応援してます。
頑張れAMD!



しかし困ったことに、PCを新規に作ろうにも使い道がありません。
「艦これ」とブログ作成なら今のPC(AMD Sempron 3850搭載)で間に合ってます。
もう1台のマルチアンプオーディオ用PC(AMD A6-3500搭載)の方をRyzenで組み直すという手もありますが…
なんか以前のようにPC自作に夢中になれない。
その原因は、ほかならぬOSかもしれません。

今のwindowsに、私は何の魅力も感じないのです。
パーツの進化に比べて全然進化していない。いやむしろ退化してるんじゃないか、PCの足を引っ張ってるんじゃないかと。
そんなOSを入れるためにPCを組みたくはない。
といって、親指シフトユーザーにとってLinuxは敷居が高い。

今の無駄だらけのwindowsに代わり、「おおっ」と思える魅力的な汎用OSは現れないものか。
そんなOSがあれば嬉々として腕によりをかけて1台組むのですが。
将来、AIがOSそのものを作るようになって、今の憂いが馬鹿らしくなるような時代が来るといいのにな。
そしてその時まで現役でいられたらと思います。

いつもながら采配ミス

ども、エトワ-ル☆提督です。
などと「提督」を名乗るのが憚られるほど「艦これ」をする時間が減りました。
(今までがプレイ時間長すぎただけともいいますが)
理由は明白です。

艦娘Lvのカンスト




17032901.jpg

艦娘達のカンストLvは99です。
(「ケッコン(仮)」で上限アップ可)
実は実際にカンストを迎えた艦娘は一人もいません。
けど、先が見えてしまってるんです。
戦艦の多くがLv98。空母も重巡も軽巡もLv97がずらり。
経験値を無駄にしたくない私が普段使うのは、

・ケッコンカリした「大和」「武蔵」「龍驤」「大鳳」
・育成中の「アイオワ」「ウォースパイト」「サラトガ」

あとは駆逐艦中心の編成に軽巡を組み込むくらい。
多くのフネはイベントの日まで泊地に錨を下ろしたまま。
これでは楽しみも半減です。
といってカンスト上限アップのための課金も、やり出せば際限がない。
まあこの数年、「艦これ」には十二分に楽しませてもらいましたから「もう十分」という気もしますけどね。


前置きが長くなりました。さしあたって我が鎮守府の近況など。


・鈴谷嬢を改造しました


17040701.jpg

軽空母にしたった。

史実では計画のみあった「if改装」ですね。
どうせなら「伊吹」を登場させて欲しかったですけど。



17040702.jpg

戦力的には… うーん、微妙かなあ。
高速軽空母が増えるのはイベント時に大助かりですが、この時点でLv97なので伸びしろがほとんどないのが残念。
あ、ちなみに航巡も足りませんが、そこはかねて育てていた鈴谷さん(2隻目・Lv45)を第一線に上げるのでノープロブレムです。




・明石嬢、出撃!

いつものウィークリー任務「北方作戦」に出撃したら、なぜか旗艦が明石さんでしたw



17040703.jpg
なんとも勇ましい工作艦ですこと


念のため言っておくと「明石」さんは間違っても第一線で戦うフネではありません。
「瑞穂」を旗艦に軽巡1、駆逐4のつもりが、「明石」「瑞穂」駆逐4の編成に。しかも瑞穂さんは瑞雲の代わりに大発積みっぱなし。
(ああ制空権が…)

でもせっかくなので行けるところまで進軍しました。



17040704.jpg

なんとボス戦まで辿り着き、無事にA勝利して任務達成。
明石さん、大戦果ですよ!
…本人は全く戦力になりませんでしたが。




17040705.jpg

こんな姿にしてごめんなさい。
でも、たまには硝煙の匂いをかぐのも悪くないですよ、明石さん。
(大うそ)

こんなダメ提督ですが、明石さんこれからもよろしくです☆



凄い時代になってきた

ブログでフィギュアスケートの話をしなくなって久しいですが、興味をなくしたわけじゃありません。わざわざ録画はしませんが、試合はなるべく見ています。

先日、プルシェンコ引退のニュースが新聞に小さく載っていました。決断が遅かった気はしますが、来年のオリンピックを前にふんぎりがついたのでしょう。
全盛期には文字通りフィギュア界の顔であり、全盛期を過ぎてからも国内外の後輩たちの心の支えであったプルさま、今までご苦労さまでした。

そのニュースを知った日に世界選手権の男子フリーの演技を見ました。そりゃもう凄いの一言に尽きる試合でした。



男子フィギュアのひとつの絶頂期、それは2002年のソルトレイク五輪だったと思います。ヤグディンとプルさまのライバル対決、さらに「クワッドキング」ゲーブル、我等が本田武史たちによる4回転ジャンプの競演。
けれどその頃をピークに、男子フィギュアは高難度技のリスクを回避する方向に走りました。
(ルールの問題もあったでしょう)
それから8年後のバンクーバー五輪などは「お通夜」と言われるほど技術的には寂しいものでした。

それがこの数年は再び4回転にチャレンジする選手が増え、それだけでなくジャンプの種類も多彩になりました。今までは4回転といえばサルコウかトゥループと決まっていたのがループ、フリップ、そしてルッツと5種類の4回転が全て見られる時代が来るなんて数年前までは思いもよりませんでした。

先日の世界選手権フリーは、そんな男子4回転全盛期の復活を象徴する試合でした。マスコミは日本人のワンツーばかりを取り上げますが、それどころじゃない。
出てくる選手が次から次へと4回転を飛びまくり。私は感動を通り越して笑いが止まりませんでした。

「お前ら、どんだけ翔ぶねん!」

私は勘定してませんが実況アナによると上位6人の4回転ジャンプの合計は24個だそうです。
信じられます? 6人で24個ですよ!

何が嬉しいといって一人もしくは二人のずば抜けた選手の活躍というのではなく誰が優勝してもおかしくないトップ集団が揃いも揃って4回転飛びまくりというのが楽しすぎる!
昔は「選手寿命を縮める」とまで言われてた4回転ですが、トレーニングの進化などもあったのでしょうか?
とにかく、ことジャンプに関しては、男子フィギュアは完全に新たな次元に突入しました。もう「昔はよかった」と懐かしむ必要はないのです。試合を見るたびにワクワクする、そんな時代がまた来たのです。
来年のオリンピックもむろん楽しみです。が、ひょっとすると先日の世界選手権は、後世に「伝説の試合」として語り継がれるかもしれません。そのくらいありえないハイレベルな試合でした。


むろんフィギュアはジャンプが全てじゃありませんが、引退したプルさまもこういう日が来るのを待ち望んでいたはず。
そのトッププレイヤーの中にプルさま自身がいないのは残念ですが、ソルトレイク世代のDNAを継いだ新世代クワッドジャンパーがこうして見事に花を咲かせている現状を、フィギュアファンの一人として素直に喜びたいと思います。
(その中に日本人が二人もいる事も)

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード