3Aの呪縛

ソチ五輪の女子フィギュアスケートが終わりました。
結果は皆さんご存じかと思います。日本人メダル獲得ならず。
表彰台独占さえ夢ではないと思ってただけにショックが大きかったです。
実は「最悪でも一人はメダルを獲るだろう」と安心して、前半のショートプログラムはロクに見てませんでした。
(平日の真夜中に見ろと言われても社会人として厳しいですが)
録画を見るより先に結果を知ってしまい、こん棒で後頭部をブン殴られたようなショックを受けました。
まさかショートプログラムで3人総崩れになるなんて。

鈴木明子も浅田真央も、これが最後のオリンピックなのに。
悔いが残るのは選手だけじゃない。演技をちゃんと視聴しなかった自分を悔やみました。
彼女たちの最後の晴れ姿なのに、ちゃんと見届けなきゃ。応援しなきゃ。
翌日早朝のフリーは早起きして見ました。
生視聴は無理でしたが、世の中が起き出しマスコミが騒ぐ前に彼女たちの最後の頑張りを見届けました。
もちろん、あの浅田真央の鳥肌の立つような演技も。

ファンが待ち望んだ、彼女自身が追い求めた演技がそこにはありました。

この土壇場でなんという集中力、精神力。
去年暮れの全日本では鈴木、村上両選手に押され気味でソチに来てからも精彩を欠き、ショートではミスを連発、そしてフリーは屈辱の第二グループ滑走。
そんな全てをはねのけ、最後の大一番であの会心の演技ができるとは。
浅田真央こそ日本の真のエース。
その当たり前の事実を、改めて思い知りました。

その後、最終グループの選手たちのハイレベルな戦いも見届けました。
ソトニコワ、キム・ヨナ、コストナー。いずれも凄まじいプレッシャーの中で集中力を切らす事なく見事な演技を披露していました。
でもこの日、自分の心を心底震わせたのは浅田真央のあの演技だけです。



日本人3選手には納得のいく演技をしてほしい。
そして浅田真央はそれをやり遂げました。
なのに一抹の寂しさを感じます。
やはり、彼女の胸に輝くはずのメダルが獲れなかったからでしょうか。
全てが終わった今、あらためて考えてしまいます。
彼女は本当に金メダルが獲れたのだろうか、と。
真央は間違いなく現状でできる最高の演技をしました。
けれど最終グループの選手たちは、真央の驚異的なスコアさえも塗り替えていった。フリーに限っても、です。
真央の実力がソトニコワ、ヨナに劣るとは考えられないのに。
これでどうやって勝ち目があるというのでしょうか。

勝てない原因は演技構成にある。
はっきり言いましょう。トリプルアクセルこそ元凶です。
真央の必殺技、トリプルアクセル(3A)の技術点は8.50。
いっぽうヨナやソトニコワの武器、トリプルルッツ+トリプルトゥループ(3Lz+3T)の技術点は10.10。
世界に一人、真央しか跳べない3Aよりも、3-3のコンビネーションジャンプの方が点を稼げるのです。
そう、リスクの高い演技構成の方が点が低いのです。
その3Aを跳ぶため真央がどれだけの物を犠牲にしてきたか。
なぜ、そんな不利を承知で真央は3Aにこだわるのか。
それは真央が「伊藤みどりの魂を受け継ぐ者」だから。

みどりと同じ名古屋に生まれ同じコーチに教えを受けた真央。
彼女にとって偉大な先輩が果たせなかった夢。
「3Aで金を獲る」
それが彼女の願いだった。
みどりを愛する私には、そんな真央の願いは痛いほどわかるつもりです。
もしもアルベールビルでみどりが金メダルを獲っていたら、真央はあれほど3Aにこだわっていたでしょうか。

みどりが果たせなかった金メダルの夢は2006年、トリノで叶えられました。
荒川静香、日本女子フィギュア初の金。
おそらくは幼い真央がみどりに贈るつもりでいたその栄光は奪われてしまった。
ならば自分は3Aで金を取ろう。偉大な先輩の夢をより完璧な形で。
真央がそう思ったとしても不思議はない。
もしもトリノで荒川が金メダルを獲っていなければ、真央はあれほど3Aにこだわらなかったのじゃないか。がむしゃらに金だけを目指したのではないか。

「3Aで金を獲る」
その頑なな思いで、時代に逆行するように自分の道を貫き、3Aと金メダルの両方を追いかけた浅田真央。
彼女がそんな生き方を選んだのは、伊藤みどりと荒川静香、偉大な二人の先輩の辿った運命に導かれての事に思えてなりません。
そして彼女は最後まで自分が決めた道を貫き通しました。
もしも彼女が「器用な」人間だったなら、もっと楽に、もっと簡単に、金色に輝くメダルを手にできたと思います。
でも彼女はそうしなかった。
いいとか悪いとかじゃない。それが浅田真央というスケーターだった。



時間の流れは勝者と敗者を残酷に分けます。
1位の者は永く讃えられ、それ以下の者は忘れ去られる。メダルの色の違いがアスリートの人生を左右する。
でも私は浅田真央の事を忘れません。
私の一番好きなスケーター・伊藤みどり。真央は彼女の夢を受け継いでくれました。誰よりも忠実に、誰よりも真摯に、最後の最後まで追い続けてくれました。
だから、絶対忘れない。
ありがとう、真央。ほんとうに、ありがとう。

けれど、こうも思います。
もう、みどりの後継者は生まれてこなくてもいい、と。
だって3Aの夢は、あまりにほろ苦いから。
そんな苦しい夢を追い続けるのは、真央で最後にしてほしいから。

もしもみどりや真央に代わって3Aの呪縛を解いてくれる人が現れたなら、その人には心からの笑顔を見せてほしい。涙の入り込む余地のない、心からの笑顔をその人に見せてほしいと思います。



今宵はただ心静かに、呪縛から解き放たれた真央ちゃんのエキシビションを堪能したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード