終戦の日に思う

艦これの夏イベントが始まり一週間。
ヒマさえあれば戦ってます。
(その話はいずれ)
しかし今日は艦娘たちには母港で休んでもらいました。
今日は8月15日。終戦の日ですから。

軍艦や自衛艦が大好きな私ですが、戦争はキライです。
意外かもしれませんが、ミリタリーマニアは戦争に否定的な人が多いです。だって兵器を実際に使うとどうなるか、人一倍わかってますからね。
(実際に戦闘が起こってしまうと、ニュース番組で流される戦闘の映像に見入ってしまうのもマニアの悲しい性ではありますが)


ところが最近の日本は、どうも雲行きが怪しい。
防衛力増強だの集団自衛権だの武器輸出解禁だの、今の政権はとにかく自衛隊を強くしたくて仕方ないらしい。
政府が隣国の脅威を訴え、マスコミが事ある毎に隣国の悪口を言いふらす。
そんな今の状況はどこかおかしいと思います。
10年、20年前だったらアニメやゲームに中国人キャラが出てきて人気もあった。でも今はそういう事ができる雰囲気じゃない。
それって、時代が逆行しているように思えます。
まずは隣国と仲良くする努力をしてほしいのに、政府のしている事は国民に危機感を煽り、なし崩しに軍事力を増強しようとしているようにしか見えない。

「紛争を避けるために戦力を増強する」
彼らの言い分にも一理あるでしょう。
でも、あんたがたに自衛隊を使いこなす器はあるんですか?
昭和の政治家は軍隊を操れなかった。戦争の終わらせ方さえ知らなかった。
平成のあなたたちにはそれができるというのですか?
私には全く信用できません。
むしろどうやったら信用できるというのか。
日本の政治家は、軍事的には子供の判断力しかもってない。
そんな彼らが持つには、自衛隊は危険なおもちゃです。
「子供に拳銃を持たせてはいけない」
それが私の意見です。
今の政治家がしている事は、子供が拳銃のセイフティーを外そうと躍起になっているみたいです。危なっかしくて仕方ない。

安倍さん、石破さんに言いたい。
まずは歴史から学んでください、と。
それでも戦いたいというのなら、どうぞ『艦これ』でもやっててください、と。


今の自衛隊は矛盾に満ちた状態です。使うに使えない宙ぶらりん。
それでいいと私は思います。
だって日本の政治家には使いこなせっこないもん。
そしてもし戦争の心配が本当になくなった時は、自衛隊も戦車も戦闘機も艦艇も全部なくしてほしい。それが私の願いです。
(あ、一隻だけ記念にください。できれば『くらま』とか)
それが叶わぬ夢ならば、せめてこう望みたい。
戦争を知らずに育った私が、戦争を知らぬままあの世に旅立ちたい。
そんなささやかな私の願いは、果たして叶うでしょうか…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード