オーディオに求めるもの

先日、カセットテープでクラシックを聴いてたら、テープがこんなんなってしまいました。


16051201.jpg

昔は日本中でよく見られた光景ですね。
そんなわけで私は今もカセットテープ、カセットデッキを使っています。
といっても別に懐古趣味ではありません。
自分がクラシック音楽に目覚めたのはカセットテープ全盛期の頃。
その頃エアチェックした音源を聞くのに必要だから使ってる、単純にそういう理由です。一時期はライブ音源だけでもダビングしてHDDに落とし込もうとも考えましたが、面倒であきらめました。
当時のJ-POP(昔風に言えばニューミュージックとか)もたまに当時のカセットで聴いたりします。元々好きな曲ばかり入ってるので選曲の手間がなくて楽ですしね。



16051202.jpg

カセットデッキは中古屋で買ったもの。
所蔵のテープを聴くためにドルビーCというノイズリダクションがついているのを選びました。

なんでも若い人の間ではちょっとしたカセットテープブームらしいのですが、正直私には理解できません。CDやダウンロードした音源をわざわざテープに落とすというのは。
ただ、MP3の音源って、長い事聴いてると疲れるんですよね。
あれは雑踏に紛れて聴いてるからごまかしが効くんであって、室内でまともなオーディオで聴いたら聞くに堪えない音です。高音部が省略されすぎな上に変なノイズが乗って、気持ち悪くなってくる。
アナログのカセットテープにダビングすることで、そういうヒステリックなノイズが消えるという事はあるかもしれませんね。ノーマルテープと安物カセットデッキの組み合わせだと、高音部の情報は相当消えてしまいますから、それが逆にいい感じなのかも。


しかし私に言わせれば、そもそも圧縮音源で聴くというスタート地点が間違ってると思います。やはりオーディオは音質が第一。
そういう意味ではカセットテープがブームになるよりも、もっとハイレゾ音源が広く普及してほしいですね。この数十年、技術は進化してるのに巷に溢れる音楽の音質は落ちてく一方ですから、ここらでV字回復してもらいたいものです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード