Uちゃんを組む(2)

こんばんは、エトワ-ル☆です。
ニチモUボートⅨC型の製作の続きです。

プラモに限らず段取りが悪い自分です。
特に今回は、普段作ってるウォーターラインと違いフルハル(喫水線の下もあるタイプ)なので勝手がわかりません。
作ったり途中で塗ったりまた作ったり、試行錯誤しながらやってます。



16061001.jpg

思い切って先に上下をくっつけちゃいました。
塗り分けには不便かもしれないけど。
このプラモ、モーターと電池を入れて水上走行も可能なんですが、おそらくそのせいか下半分がとても頑丈です。
ウォーターラインのように完成後に船体が反り返ったりする心配は全くなさそう。



16061002.jpg

実物の写真では船首部分に穴が空いてたのでピンバイスで空けました。よく見るとUボートって、潜水艦のくせにそこらじゅう穴だらけなんですよね。
実は潜水艦のプラモをほとんど作ったことがないので、今回の製作は驚くことだらけです。



16061003.jpg

エアブラシを買ってからは何も考えずにサフを吹く習慣がついてしまいました。
が、やってからよく見たら甲板の木目がちょっと消えかかってた。ヤバいヤバい。



16061005.jpg

甲板だけ先に塗ってしまいました。
深く考えずエアブラシでサクサクと。
アホなので完成時の色のバランスが頭の中で想像できないので、こんなふうに少し塗っては組むという手間のかかる事をしてます。
もっとも私にはマスキングテープと、なにより絶対の信頼を置いているマスキングゾルがあるから、こんな事しても平気へいき。



16061004.jpg

基本的に素性のいいキットであまり手を加えるところはなさそうですが、手摺りは真鍮線に替えました。
後からやると却って面倒そうなので、早々に着手。



16061006.jpg

なかなか上手くくっつかないのでマスキングテープで押さえてます。
ほんと不器用だな、わし。



16061007.jpg

艦橋部分は細かい所に手を入れました。
ここくらいしか頑張れるところないから。
今回は真鍮線が大活躍です。プラモ屋で買うと結構いい値段がするのですが、100円ショップに行くと使い切れないくらいの量が手に入ります。
完全な互換品とはいかず、百均のはくねくね曲がるのでマスト等には使えませんが、むしろ今回のような曲がった手摺りなどはこちらのが使いやすく、上手く使い分ければ強力な武器になります。


まだ製作は途中ですが、本当にかっこいいキットです。
たまには大スケールもいいものです。
(続く)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード