立‐Ritz‐

ブログに書くネタを思いつきません。
プラモ作りも滞ってるし、頭の中は書きかけのコメットさんの小説の落とし前をどうつけようかでヒャッハー中だし。
まあそんなわけで先日弟が貸してくれたマンガの話でもします。

『立‐Ritz‐』という面白おかしいマンガです。

このマンガ、私が最近ハマっている『咲-Saki-』というマンガの制作秘話ということになります。
『咲-Saki-』自体、人気はあるといっても爆発的に売れているというほどではないだろうし、そういうもののネタ本など需要あるのかなと思いながら読みましたが、1ページ目で噴きました。
なんか、そういう心配をする事自体バカらしくなるほどブッ飛んだ話です。
ここまでやりたい放題のマンガは久しぶりに見ましたよ。例えていうなら梶原一騎原作の劇画を無理やり読まされているような、「ここに書かれている事は全て真実である!」と念を押されてるような、そんな昭和テイストたっぷりの薫りを今の世に間違って持ち込んできたような、もう自分でも何言ってるのか若乱用になってきましたが、私の脳内イメージを言葉にするとそんなかんじです。

久しぶりにバカバカしい話を読ませていただきました。傍らにいた母が私の読んでる姿を見て笑ってました。そんくらいバカバカしい話でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大和田秀樹さんの漫画ですね。
ガンダムパロディや『ムダヅモ無き改革』(小泉ジュンイチローがプーチンやブッシュなどと麻雀で死闘を繰り広げる漫画)などで有名な方で、現在はモーニングで『疾風の勇人』(池田勇人を主人公に、吉田学校の面々を描く半ノンフィクション)を連載してます。

『立 Ritz』は『ムダヅモ』のコミックスに収録された話しか知りませんが、相変わらずの大和田節で笑いました。
(スクエニの漫画が竹書房のコミックスに収録されるのがスゴいことです)
果たして小林立は本当にあんな美少女なんでしょうか?(笑)

No title

メテオさん

私もこの人のガンダム本は読んだことがあったので「ああ、あの人か」と思い出しました。こんなの書く人が何人もいたらたまりません。

>小林立は本当にあんな美少女

それも気になりますが、こんな絵柄の漫画家が美少女もそれっぽく描けるのが驚きですw
プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード