魔性の女かも

先日アップした『コメットさん☆』の小説を書くにあたっては、いろいろな本やマンガを読みました。
(鎌倉時代の有名人物を登場させたので)

せっかくなのでこの場を借りて、その中から特に気に入った何冊かを紹介したいと思います。


最初は図書館で資料をやみくもに調べました。
行き着いた本が「吾妻鏡」という記録書でした。
(「Answer×Answer」に出てくる「四鏡」みたいなものでしょうか)
想像通り読みづらい本だったので、ほんの少しつまみ食いしただけ。
その後は永井路子さんをはじめ現代の人が書いた鎌倉時代の本を訪ねていきました。

そして出会ったのが倉本由布さんの小説です。



16071301.jpg

私は倉本さんの本を4冊持ってますが、どれも歴史上の人物が等身大で描かれていて感情移入しやすいです。
特に好きなのは『夢鏡』と『海に眠る』の2冊。もう何度も読みました。
一番上の『こどもちゃんねる』という本は先々週に買ったばかりですが、ちょっと怖い話ですね。


そして倉本さんの小説と同じくらいお気に入りなのがこのマンガ。



16071302.jpg

藤野もやむさんの『あの日見た桜』『ひとさきの花』。
どちらの作品も大姫と義高への愛に満ち満ちていて、読んでて息がつまりそう。
それだけではなく頼朝や政子も善人に描かれていて、だからこそ余計に切なくなるのですが…
どちらがいいというより、両方大好きです。



鎌倉を舞台にした一連の作品を読んで気づくのは、誰も頼朝を悪人として書いていない事です。といって義経が悪人に描かれているわけでもありません。
自分は漠然と「頼朝=悪人、義経=善人」というイメージを持ってましたが、これらの本やマンガを読んだ今は、善とか悪ではなく「頼朝=大人、義経=子供」という認識を持つようになりました。
頼朝の妻の政子も「尼将軍」という男まさりのイメージからはほど遠く、当時としては異例なほど自分の思いに正直に生きようとした魅力的な人に思えます。まるで少女マンガのヒロインみたい。


そして倉本由布さん、藤野もやむさんのお二人に共通していえるのは、大姫&義高への思いの深さ。
倉本さんは大姫と義高がメインの本が(私の知ってるだけで)4冊もあるんですよ。そこまでこだわらないでしょ普通。
一方のもやむさん(現在は「桑佳あさ」名義で描いておられます)も、いまだに手書きブログに大姫、義高のイラストを載せてます。
(大姫のイラスト、うちのPCの壁紙に使わせてもらってます☆)

そう思うと、一見愛らしい大姫も、いったん関わった人間を捕らえて離さない「魔性の女」なのかもしれない… なんて思ってしまいます。


ところで私は『思い出食堂』というグルメ雑誌をちょくちょく読むのですが(たかなししずえさん目当てで)、その執筆陣の中に桑佳あささんもいるんですよ!
もちろん面白いんですが、

大姫&義高が巡る鎌倉グルメ旅

とか描いてくれないかなあ。くれたらいいのになあ。


あ、あと大姫がらみでいえば、北崎拓という人が『ますらお 秘本義経記 大姫哀想歌』というマンガを描いてるんですが、ヤングキングという掲載誌からしても、ごつい絵柄からしても(ゲッターロボ號の人かと思った)、私の求めてる大姫像とは全然違うものに出会いそうで、興味はあるんですがちょっと読むのを躊躇しています。
(とても面白そうなんですけどね)

コメントの投稿

非公開コメント

北崎拓+ますらお=懐かしい

私の記憶が確かなら、週刊少年サンデーで連載してましたね。
打ち切り感を感じずにはいられない終わり方でした。

記事中の北崎作品に関しては、今まで抱いていたイメージを壊しても構わない覚悟を持ってからの方が良いのではないかと思います。

たぶん面白いと思います

ラングルトンさん、『ますらお』ご存じでしたか。参考意見ありがとうございます。

私はまだ読んだわけではないですが、掲載誌も変わり10年以上たって再開という経緯を聞くと「続きを書きたい」という作者の執念を感じずにいられません。
なのでいずれは読むつもりでいます。

>イメージを壊しても構わない

はい。むしろその方が楽しめそうです。
大姫に関する資料って、元を辿れば「吾妻鏡」に書かれた僅かな記述がほぼ全てだと思うので、逆に書き手側が好きなだけ想像力をかきたてて書けるというものでしょう。
プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード