ジャンプを読んだの何年ぶり?

「『こち亀』最終回読む?」
弟に聞かれました。
「ん、ひょっとしてジャンプ買った?」
「こち亀」よりジャンプ読みたさで借りました。ジャンプを手にしたの何年ぶりだろ。

表紙は当然の両津さん。ジャンプ執筆陣の競作です。
一瞥して気づきました。
「知ってるマンガ家がおらん」
秋本治の他に知ってるのは、かろうじて尾田なんとかさんだけです。
(荒木飛呂彦の両津さんが見たかった)

表紙をめくると予想通り、両津さんの40年に渡る罪状業績がダイジェストでまとめられていました。
「おもしろいな、『こち亀』」
両津さんもだけど部長が面白すぎるわ。今何歳なんだろ部長。
まあ一話一話改めて読む気はしませんが。

そして肝心の本編も読みましたが、秋本氏が衰えたから引退、というわけではないのがよくわかりました。最終回というのに全然肩肘張ってないのがいいですね。引き際をわきまえた美しい終わり方だと思いました。

この際、久し振りにジャンプを端から端まで読んでやろうとチャレンジしましたが、慣れない事で脳味噌がオーバーフロー、早々に退散しました。若いパワーに圧倒されました。
漫画家って、これだけのアイデアを毎週詰め込んで絵まで描かなきゃいけない大変な仕事なんだなと改めて思いました。
そんな仕事を、若く元気な作品に包囲される中で40年続けた秋本さんを遅まきながら尊敬します。今までお疲れさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「両方買ってもらう、いやらしい商法」に引っかかって、200巻も買ってしまいました。確かにオチが違いましたw。
今の子供にもキチンと人気がある漫画だったというのが、なんともスゴい話です。
以前、東京マルイのBB弾が撃てるラジコン戦車(90式)を買った時、直後に『こち亀』で両さんがその戦車で遊んでいるのを見て狂喜したものですがw、そういう楽しみも無くなるのが寂しいです。

No title

最後まで両さんは両さんらしかったですね。ホッとしました。

>今の子供にもキチンと人気がある漫画だった

それは知りませんでした。だとすると本当に凄いですね。

久し振りにジャンプを読んで思ったのは、「話の展開が早すぎてついていけないw」
たまに平成ライダーを見ても思うのですが、子供ってよくこんな難しいものを理解できるなあと感心します。私がちっちゃい頃ってもっと幼稚だったと思うので。

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード