ポメラDM100の近況、そしてDM200

そういえば最近、ポメラの話をしてませんでした。
あ、「ポメラ」というのは文字入力に特化したデジタルメモ端末です。
私が持ってるのはポメラDM100という機種です。



16102301.jpg
ポメラDM100


私は日本語入力に「親指シフト」という特殊な入力方式を使っています。
DM100はこの親指シフトが使える貴重な端末。発売早々に購入し、このブログでも何度か取り上げました。
今でも週一くらいの割合で使っています。外に持ち出せる親指シフト端末として、DM100は私にとって最良の選択肢です。
但し使っていて不満な点も多々あります。それが改良された新型が出ないかなあ…

そう思っていたら、出ました。ポメラの新型が。
その名もポメラ「DM200」。
名前の通りなら、私のDM100より2倍凄いはず。
ポメラDM100のユーザーとして、これは放っておけません。

DM200は購入を検討すべき対象なのか否か!?

公表されているスペックや購入した人のレビューを頼りに、DM200とDM100の比較を試みます。
もちろん親指シフターとしての視点で。




・外観

DM200の外観はDM100と大差ありません。
(なので写真は載せてません)
見た目の違いとしては、

1. 薄くなった
2. 重くなった
3. 画面が大きくなった

といったところ。
(あと、DM100の右上にある謎のでっぱりがなくなりました)

1.については、薄いに越したことはありませんが実際の使い心地に関してはわかりません。

2.の重さに関して、私はあまりこだわりません。
実際に鞄に入れて持ち歩くとDM100でさえ重く感じますが、それより大事なのはキータッチの心地よさに直結する剛性。
この点、DM200は重さと引き換えに剛性が大幅に改善されているらしく、むしろ評価したいです。

3.に関しては、諸手を挙げて大歓迎です。



・スペック

DM200はDM100に比べ基本性能が上がり、多機能になっています。
しかし多機能の見返りに消費電力があがり、電源が単3×2からリチウムイオンバッテリーに変更されました。

ポメラ最大の美徳、電池駆動。それをすてるなんてとんでもない!
「充電は面倒」「バッテリーは劣化する」
バッテリーは二重の意味で嫌いです。
DM100と同時期に買った「LifeTouchNOTE」というキーボード付きタブレット(中古で購入)は、今じゃとっくにバッテリーが死に、アダプター無しでは持ち歩けません。
DM100の後に買った「KOBO Touch」というクソ端末も、たまに持ち歩こうとすると大抵バッテリー切れで充電が間に合わず、結局家に置いてきぼり。
どう考えても電池駆動のがいいに決まってます。

無論、それと引き換えにDM200にはいろんな機能が付きました。
「無線LAN」「IMEの強化」その他諸々。
しかしシンプルなのがポメラの長所。余計なものはいりません。
IMEの強化だけは素直に評価したいと思います。が、個人的にここは我慢できる部分。
なにせ私が普段使っている「Japanist」というIMEはお世辞にも変換がいいとはいえず、その上私は時代遅れのワープロ専用機も常用しています。変換能力はお察し。
なのでポメラだけ変換が賢いと却って戸惑ってしまいます。
(まあそんなの私だけでしょうが)



・親指シフト端末として

DM100を親指シフト端末として見た場合の不満点は3つ。
「キー配置」(理想のキー配置ではない)
「本体の剛性」(剛性が低く、キータッチが不快)
「同時押し判定の許容範囲」(ミスタッチの要因)
(詳しくは私のブログの「ポメラ」の該当記事を読んで下さい)
これらの不満点がDM200で解消しているか、気になります。

親指シフト端末として理想的なのは、キー配置が「B」キーを中心に左右対称になっているもの。
(詳細は「B割れ」で検索)
しかし写真で見る限り、キー配置に関してDM200はDM100から進化していません。

剛性不足に関しては、上述の通り改善されている模様です。

「同時押し判定の許容範囲」、これは普段親指シフトを使い慣れている人がポメラを触ってみないと実感できませんが、親指キーと文字キーの同時押しの判定のタイミングがポメラでは適正ではなく、ミスタッチが連発します。
ここがDM200で改良されているか、実機がないとわかりません。
が、キー配置が従来のままなので、DM200がDM100に比べて親指シフトへの配慮をしているとは考えにくいです。

しかし少なくともDM100に比べ改悪された部分はなさそうだし、剛性の強化とIMEの強化がされているので、DM200はDM100より快適な親指シフト端末だと思われます。

追記(16/11/01)
ポメラ公式サイトの「従来機との比較」によると、DM200の親指シフトは
同時打鍵の判定時間が調整可
と明記されています。
これにより親指シフト入力時のミスタッチは格段に減るでしょう。
キングジムさん、ありがとう!



・価格

高すぎ



・結論

現時点では、価格に見合う魅力は感じません。
仮にDM100と同価格だったとしても、電池駆動ではないという一点で購入をためらいます。
DM200のスペックを見て、私はむしろ、

「DM100の予備を買っておかなくちゃ」

という思いを強くしました。
(2台目をキープした上で、1台目を改造して剛性強化するのが、私にはベストに思えます)
無論、DM200の実機を触ってみないとわかりませんが。



ところで私のDM100、ちょっとしたトラブルに見舞われました。
2年ほど前、SDカードを取りだそうとした時に「カチッ」と音がせず、多少強引に抜こうとしたらスロットが壊れてしまったのです。
以来SDカードは使えず、本体メモリだけで凌いでいます。
それでもさして不便はしませんが、なんというか全体的に「やわい」端末です。
私が求めるのはもっともっと頑丈な端末なのですが。


そんなおり、海外でとても楽しげな端末を見つけました。


16102901.jpg

Hemingwriteという、デジタルタイプライターだそうです。
(死ぬほど頑丈そうですね)
国が違えど、同じようなものを求める人はいるのですね。
(それにしても頑丈そうです)
これを持ち歩くという発想は外人さんならではですねえ。
(ちょっと欲しいです)



追記(16/11/01)
キングジムはDM200で、親指シフトキーの同時打鍵時の判定時間を調整可能にしてくれました。
これによりDM200はDM100より格段に使いやすい親指シフト端末になっていると思われます。
これはいくら感謝しても足りないほどありがたいです。
私は現在これを買う金銭的余裕がありませんが、いずれは買いたいと思います。
ここまで親指シフトユーザーの事を考えてくれている企業はキングジムさんだけです!
(早く実機に触れたいです)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード