Win7クリーンインストールの話の続き

先日、といってももう一週間も前になりますが、メインPCをwin10からwin7に戻しました。
その際いろいろゴタゴタがあり、その顛末を途中まで書きました。
続きを書かなきゃと思うので書きますが、既にその時の激情は覚めてしまってますので淡々と書きます。
(やっぱこういう事は、思い立った時にチャチャッと書いてしまわないといけませんね)


不調のPCのパーツをあらかた取り替え、ようやくインストールの準備は整いました。
あとはインストール用のDVDを読み込ませれば終わると思ってたのですが、そうは問屋が卸さない。
ファイルの読み込みが85%の表示のまま先に進まなくなったのです。
DVDドライブがジーコジーコと同じ異音を繰り返しあげ続けているので嫌な予感がしました。
そのまま10分放置しても事態は打開せず。
「これはDVDドライブが寿命なのかも…」



16110903.jpg

この外付けDVDドライブも既に10年選手。いつ壊れてもおかしくありませんが、このタイミングでかよ。
予備のドライブは懐かしのATAPI接続のものしかありません。
やむなくこの外付けドライブを分解しました。中にはATAPI接続のドライブが入っているので、それを予備の元と取り替え、もう一度組み立てて再度インストールを試みます。
それでも85%の壁は超えられません。
そうです。壊れていたのはメディア側。
インストールDVDの不良です。

「万事休すか…」

メディアが不良になってもライセンス権が消えるわけではないので、友人にDVDを借りれば済む話です。
しかし数時間で済ますはずの目論見はあえなく費えました。
やむなくwin10の環境に戻しました。万一を考えてwin10が入ったままのSSDを残しておいたのです。
(マザボが替わったにも関わらずつけ直しただけで平然と動きました)
しかしこれは事実上の敗北宣言です。


週末に友人に会うまで、自分はこうして敗北感を味わい続けねばならぬのか。
いやまて、まだ手はあるぞ!


私は不良のDVDをもう一度取り出し、これをコピーしてみました。
「DVD Decrypter」というフリーソフトを使って。
このソフトは強力なエラー訂正機能を持っているのです。たとえOS自身が読み取れないディスクでも、このソフトなら修復してくれるかもしれません。
コピーしたDVDでもう一度、インストールを試みました。



16110904.jpg

85%の壁を突破した!


こうして1時間で終わるはずのwin7復旧は丸一日の作業となりました。
なんだかんだ、久々に自作派らしい事をしました。
うん、やはりwin7はいい。


巷では、win10の評判は別に悪くなさそうです。
悪くいうのはだいたい、PCに精通した人が多い気がします。
そういう人は、悪く言えば保守的なのでしょう。
私も間違いなくそのひとりです。古いソフトを多く使っていれば、おのずと保守的にならざるを得ません。
逆にPCに詳しくない人は、さして不満もなくwin10を使っているようです。
そういう人は、悪く言えば鈍感なのでしょう。PCに対して。

いずれにせよ、ウィンドウズはそろそろ卒業したいです。
win7のサポートが消える時は、他のOSに移行したいです。できればLinuxあたりに。
その時までに、Linuxで快適な親指シフト環境が整備されていますように。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード