ネットで買いたくないのに

クリスマスから年末にかけて、佐川急便や黒ネコヤマトといった運送会社はてんやわんやでほとんどパニック状態らしいですね。
「らしいですね」というか、モロにその影響をくらいました。

仕事場では普段から宅配便を使っているのですが、昨日は佐川の兄ちゃんの様子が明らかにおかしかった。
いつもは丁寧に伝票を渡してくれるのですが、その日はドアの脇の段ボールの上に置きっぱなし。私が気づかずに「伝票は?」と聞いても生返事で帰ってしまいました。
そして今日は別の運送会社(どことはいいませんが)がやってしまいました。壊れ物の荷物を目の前でぞんざいに扱われ、配達員が帰った後に荷物を調べたら見事に壊れてました。

貴重な荷物を壊され、仕事に差し障りが出たのですが…
私はどうにも配達員の人を責める気持ちになれません。
だって本当にひどい状況だもん。


最近は町を歩いていてもリヤカーで宅配する人をよく見かけますし、家に宅配便が届けられることもありますが、そんな時の宅配の人が笑ってるのを見た記憶がありません。皆、時間と戦っているのが表情からありありとわかります。
気の毒だなあと思いつつ、自分自身、平均すると月に一度くらいはネットで物を買ってますが。


何度もブログで書いてますが、ネットで物を買うのは嫌いです。
でも、世の中はもう、そういうふうになっちゃってる。
本屋がなくなり、プラモ屋がなくなる。
徒歩や自転車で行ける生活圏内で買えるものが、20年前より明らかに減っている。
かつては勢いのあった家電量販店も、たまに行くと客より店員の数が多いほど。閑古鳥が鳴けば品揃えも悪くなり、ますます客足が遠のく。
世の中はもう、ネットで物を買う事が半ば前提になってしまってる。
そして当然のように、物流にしわ寄せが来る。


仕事がたくさんあるのは悪い事じゃないはずだけど、現場で働いてる人の顔はそう言ってません。
たくさん頑張った人はたくさんお金をもらうべきなのに、そうなってない。
なんでネットで物を買う時、往々にして送料が無料なのか。
なんで運送会社は格安で仕事を引き受けるのか。
ネットで物を売る会社と運送会社の力関係が、私にはわかりません。
運送会社が引き受けないと、困るのは物を売る会社のはずなのに。


何かがおかしいのはわかりますが、私には何もできません。
せめて自分で物を買う時はなるだけamazonで買わないようにしてます。
ネットで物を買う時は、なるだけまとめて買って回数を減らすようにしています。
焼け石に水なのはわかってますけどね。
ネットを使わずとも近所でいろんな物が買えるのが私の理想ですけどね。
せめて近所に本屋とかあってほしいと思うけど、欲しい本もろくにない本屋じゃ意味ないしなあ。ネット便利だもんなあ。
だから便利の対価に、もっと送料上げてもいいと思うんですよ。
(どの会社も一律にやってくれないと、人としてどうしても安いところを選んじゃいますが)
そうすりゃ少しは宅配の量も減るでしょうし、現場の人の給料も少しは上がるでしょう。
とにかく、宅配の人を見ても「気の毒に」と思わないで済むようにしてほしいです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード