『マイマイ新子』を見て

当ブログを見ての通り、当方現在『この世界の片隅に』にハマりまくってます。
当然のように監督の片渕さんの他の作品にも興味が沸いてきました。
特に前作の『マイマイ新子と千年の魔法』に。
レンタル屋には見当たらず、弟に無理を言って弟の友人にお借りしました。
(ありがとうございます)



『マイマイ新子』とっても面白かったです。
(新子と貴伊子がサンディとプリシラすぎて笑ってしまう)

綿密な考証。
半端じゃない描きこみ。
ようやく見れた『マイマイ新子』には、見間違えようもなく『この世界の片隅に』と同じ息吹きを感じました。
なのですが、先に『この世界の片隅に』を見たせいか、所々にぎくしゃくしたものを感じました。
 主人公の新子と貴伊子の友情
 新子とタツヨシの友情
 そして千年前の女の子との絡み。
90分に詰め込めるだけ詰め込んだ話は多岐に渡り、どの話に顔を向ければいいのか戸惑うものがありました。
そういう意味で『マイマイ新子』には、映画の主題を決めかねている監督の迷いみたいなものを感じました。
(あと方言がネイティブなせいか、セリフが聞き取りにくかった)


『この世界の片隅に』も、やはり情報量の多いアニメです。
その情報量に戸惑ってしまうのはどちらのアニメも同じ。
ですが『この世界の片隅に』は、主題に全くブレがありません。
『マイマイ新子』と見比べてよくわかりました。
『この世界の片隅に』がおそろしくシンプルな映画だということが。
こうの史代さんの原作に魅せられた監督が、主人公のすずさんに惚れて惚れて惚れ抜いて、すずさんの魅力を描く事だけに全力を傾けた作品。
見た人に、
「すずさんを好きになってくれ!」
と訴える、ただそれだけの映画なんだと。

だから監督と同じようにすずさんを好きになれた人にとっては無上の作品となり、そしてすずさんを好きになれない人にとっては、ありきたりの、いわゆる「反戦映画」で終わってしまうのでしょう。



『この世界の片隅に』がなぜここまでヒットできたか。
いろんな意見が出ています。
クラウドファンディングが、とかSNSを利用した口コミが、とか、いろいろ言われてますが。

「映画として出来がいい」から

それに尽きると思います。
才能溢れる監督がありったけの情熱を「魅力的な主人公を描く」という一点に傾け、それを描ききった。
ただそれだけのシンプルな(そして至難の)作品だと思います。





コメントの投稿

非公開コメント

No title

『マイマイ新子…』は、残念ながら集客に恵まれなかった…あえて言えば集客面で大失敗した映画なんですよね。(自分も未見です)
かの『カリオストロの城』が打ち切りになった話は有名ですが、映画の興行が成功するにはしっかりとした宣伝が不可欠で、『マイマイ新子…』はそこに問題があった。(量ではなく、どういう人に見て欲しいかとか)
片渕監督が今回いろんなメディアに登場し、のんさんと試写会や舞台挨拶で全国行脚し(のんさんが…いろいろあって忙しくはなさそうなのも幸い)、自身のツイッターで一般の作品評価をリツイートしまくっているのは、『マイマイ新子…』の苦い体験があるからでしょう。
『片隅』や『君の名は。』は、いい作品がしっかり見てもらえると、一線を越えて口コミが勝手に波になって広がっていく好例だと思います。

No title

メテオさん

>かの『カリオストロの城』が打ち切りになった話は有名ですが

今の今まで知りませんでしたw

メテオさんの言う通り、片渕監督は今回相当入念に地道な宣伝を続けていたみたいですね。これでコケたら資金的にも後がなかったでしょうし。こうして結果が出てよかったですね。
そして片渕監督は宣伝の面だけじゃなく作品の質においても前作から飛躍していると思います。『マイマイ新子』が駄目と言うんじゃなく『この世界の片隅に』が素晴らしいという意味で。

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード