私の映画遍歴

年に一度行くか行かないか。
そんな私が去年は4度も映画館に足を運びました。おそらく自己記録。
今年も既に行きました。そして今後も行く気満々です。
なにせTOHOの会員カード作ったくらいですから。
自分でも信じられないほどの豹変ぶり。
そのきっかけは間違いなく『君の名は。』です。

「映画って面白いな」
「映画はやっぱり映画館で見るべきだな」

そんなきっかけを作ってくれた『君の名は。』には感謝しないと。
(そしてこの映画を勧めてくれた人たちにも)


それにしても、自分はなんで今まで映画館に足を運ばなかったのか。
思い返すに、過去に見に行った映画がつまらなかったからです。
当たりもありましたが、相当外ればかり引いてた気がします。
というわけで、私が映画館に見に行った映画を、思い出せる限り列挙してみます。
題して『エトワ-ル☆の外れ映画人生を振り返る』。



『ゴジラ対ヘドラ』
記憶する限り、生まれて初めて見に行った映画。
小学校入学前後に親に連れて行ってもらいました。
その後の映画人生の迷走を暗示するような作品です。



『スヌーピーとチャーリーブラウン』
小学生高学年の時、弟を連れて電車で難波へ見に行きました。
子供だけで都心に出るのは初めてのこと。
当時の私にとっては大冒険でした。



『スターウォーズ』
中学の時、部活仲間で大挙して見に行きました。
その時初めてマクドナルドという所に行き、田舎者丸出しでドキドキしながら注文した際、店員に購入特典をちょろまかされました。
以来マクドへの不信は現在まで続いてます。



『風の谷のナウシカ』
兄弟3人で見に行きました。
下の弟は上から下まで青ずくめの服に身を包み(青色のとんがり帽子までかぶってた)観客から大いに注目されてました。
弟としては普段着で見に行っただけなのですが。



『劇場版ダーティペア』
独り暮らしを初めて一年目、朝日新聞のタダ券もらって見に行きました。
あまりにひどい出来にびっくり。豪華なスタッフ名の並ぶエンドロールに二度びっくり。TV版は面白かったのに。
唯一の救いはエンディング。セクシーなアニメと松原みきの歌は最高でした。



『Let's豪徳寺』
たまたま主演の三田寛子が舞台挨拶に来てました。が、壇上に登ろうとしていきなり階段で派手にコケてました。
駆け出しのお笑いみたいなパフォーマンスが強烈すぎて映画の中身はほとんど覚えてません。
同時上映は南野の『はいからさん』だったかな?



『サクリファイス』
タルコフスキーの遺作。
悪い映画じゃないですが、男二人で見に行ったのが基本的に間違ってた気がする。



『めぞん一刻』
熱狂的なファンがいる原作を大胆に改変し賛否両論を巻き起こした問題作。
まあ私は「ありかな」と思いましたが。
それより同時上映の『ア・ホーマンス』がひどかった。ファンでもない私としては、松田優作は『探偵物語』(もちろんTV版)だけで十分です。
(『野獣死すべし』!? いや角川映画は好きじゃないので)



『プライド・ワン』
バイクの世界選手権の映像の寄せ集め。
好きなライダーの懐かしくも貴重な映像が見れましたが、これを「映画」というのはどうかと。



『銀河英雄伝説』
初のアニメ化を歓迎して見に行きましたが、出来は可もなく不可もなく。
これも同時上映の『最終教師』がひどかった。芦田豊雄が監督して許されるのは『アラレちゃん』だけだと思う。
というかそもそもカップリングおかしいでしょ!?
(そーいえば「同時上映」って最近聞きませんね)



『私をスキーに連れてって』
何でこんなもん見に行ったんだろ?



『帝都物語』
当時は実相寺監督の過去の業績を知らずに見に行ったのですが… 
知った今でももう二度と見たくありません。



『火垂るの墓』『カリ城』『ナウシカ』『ラピュタ』『トトロ』
お得なオールナイト5本立てを見に行きました。
しかし初っぱなのボディブローが鬱すぎる。
この時のお目当てはラストの『トトロ』でしたが半分寝てました。結局トトロは今に至るも通しで見たことありません。



『ストーカー』
これもタルコフスキーの傑作。
我ながらいい選択肢だったと思う。



『クールランニング』
自分で見に行った映画の中では最上級の大当たり。
なのですが一緒に行った彼女が自分の手柄のごとくドヤ顔してたのがムカつくんじゃ!



『未来世紀ブラジル』
これを見に行った私を自分は褒めたい。
ちなみにカップリングは『シルバラード』だったか?
SFと西部劇ってどんなカップリングじゃ!



ノルシュテルン作品てんこ盛り
当時首都圏に住んでいたメリットのひとつが、こうした企画ものの上映に恵まれること。
安牌なのがわかりきっていたので、そういう意味で面白味はなかったですが。
ちなみに私は『話の話』より『霧の中のハリネズミ』のほうが好きです。



『シザーハンズ』
なんでこれ見に行ったんだろ?
(いい意味で)



『キャンディ・キャンディ』
『Marco 母を訪ねて三千里』

いずれも過去の名作のリメイク版。
私がアニメリメイク恐怖症に至った要因でもある。



『エスカフローネ』
会社の後輩を誘っていきました。
後輩は満足してましたが、当の私は「…」
たとえTV版と同じスタッフを揃えても、あの奇跡的名作を再現するのは難しかったか。



『ジャンヌダルク』
こちらはその後輩に誘われて行きました。
前半完璧、後半失速。惜しい映画だ。



『スターウォーズ・エピソード1』
誘われたら断れない映画それがスターウォーズ。
しかし大スクリーンだから許せましたが、TVなら見る価値もない作品でしたな。



『同・エピソード3』
駄目とわかってて見に行きましたが、想像の上を行く駄作でした。



『ハウルの動く城』
『風立ちぬ』

宮崎アニメもなんだかんだで誘われるし、断れません。
自分自身のアニメ原体験が『ハイジ』『マルコ』『コナン』なこともあるし。
『千と千尋』『もののけ姫』あたりも映画館行ったかもだけど覚えてません。



そして去年は『スターウォーズ・エピソード7』『君の名は。』『この世界の片隅に(2回)』と見てきました。


wikiとかで調べず記憶だけで書いたので年代とかデタラメかもしれませんが、今まで映画館で見た大半の作品を羅列できたと思います。

こうして見ると「意外といい映画見てるじゃん」とも思えますが、やはり外れ率も多く、何より絶対数が少ないですね。
逆に「なんであれ見に行かなかったの?」って映画がいくつもあります。
『惑星ソラリス』『ブレードランナー』『ムトゥ』……
最近だと『マッドマックス怒りのデスロード』や『シン・ゴジラ』も見とくべきだったなあ。

果たして今年はいい映画に出会えるでしょうか。
去年が豊作すぎたので、そこまで期待はしてませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いろいろコメントしたいとこが多くて悩ましいのですがw、『帝都物語』は膨大な原作の表面だけなぞって、あとは俳優のオーラだけという割り切り方が、…出来の悪い子ほど可愛い状態です。
今作っても、俳優も金もショボいでしょうから、バブルの徒花ですね。
同時上映は楽しかったですよね。シネコンになったんで無くなったんでしょう。

No title

B級C級映画も愛せる心の広い人ならともかく、普通に面白い映画を見に行こうとしてなぜこんなチョイスをしてしまったのか。
私の映画遍歴は思い通りにいかない人生の縮図のようです。
中でも「帝都物語」は別格クラスの駄作でした。

私はメテオさんのようには映画を愛せそうにはありませんw
プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード