宮崎監督復帰の噂に思う

数日前、新聞を読んでいたら気になる記事が載ってました。

「アニメ監督の宮崎駿さんが引退を撤回」

あくまでも鈴木プロデューサーによる談話で監督本人が言ったとは書かれていないものの、一般紙に載っているのだからかなり確実な話なのでしょう。
これが一年前だったら諸手をあげて歓迎なのですが、今は少々複雑な思いです。


去年はアニメ映画の当たり年でした。
私は『君の名は。』と『この世界の片隅に』しか見てませんが、他にもヒット作、話題作、そして良作に事欠かなかったようです。
なんだかんだで日本のアニメでは別格だったジブリ作品。でも、もはや宮崎/高畑監督だけが特別ではない。同等の高いクオリティを持った作品を作れる監督は他にもいる。それを示してくれたのが2016年という年だったと思います。
それが見えてきたこの時期に、宮崎監督の引退撤回。

監督がやる気なのはいい事だと思います。
宮崎さんがひとりでアニメを作るのなら。

問題は、アニメはひとりじゃ作れないという事です。
ジブリが動くと業界が揺れるという事です。


数年前にジブリが制作を止めて、子飼いにしていたアニメーター達が解き放たれた。
『君の名は。』や『この世界の片隅に』といった良作には、こういったアニメーターの方々が少なからず関わっているといいます。
言い方を変えれば「ジブリがなくなったからこそ去年のアニメ映画の盛況があった」と言えなくもない。
そういう人たちが宮崎さんの鶴の一声でまたジブリに戻ってしまう。
(宮崎監督に声をかけられたら「いや」とは言えませんよね)


はっきりいってジブリは作るのが遅い。
それだけの期間、有能な人材が拘束されてしまう。
それで傑作が作れるならばそれでもいいと今までは思っていました。
けれど昨年、ジブリ級の(ある意味それ以上の)アニメ映画が複数作られるのを目の当たりにして、見方も変わりました。
宮崎監督に有能なアニメーターが引き抜かれるのは、今のアニメ界にはマイナスじゃないのかと。


ええ、はっきり言いましょう。
私は心配してるのです。
『この世界の片隅に』の拡張版が見たいのに、それが叶わなくなるんじゃないかと。
宮崎監督には、切に願います。
どうかその時まで、引き抜きを控えてほしいと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード