凄い時代になってきた

ブログでフィギュアスケートの話をしなくなって久しいですが、興味をなくしたわけじゃありません。わざわざ録画はしませんが、試合はなるべく見ています。

先日、プルシェンコ引退のニュースが新聞に小さく載っていました。決断が遅かった気はしますが、来年のオリンピックを前にふんぎりがついたのでしょう。
全盛期には文字通りフィギュア界の顔であり、全盛期を過ぎてからも国内外の後輩たちの心の支えであったプルさま、今までご苦労さまでした。

そのニュースを知った日に世界選手権の男子フリーの演技を見ました。そりゃもう凄いの一言に尽きる試合でした。



男子フィギュアのひとつの絶頂期、それは2002年のソルトレイク五輪だったと思います。ヤグディンとプルさまのライバル対決、さらに「クワッドキング」ゲーブル、我等が本田武史たちによる4回転ジャンプの競演。
けれどその頃をピークに、男子フィギュアは高難度技のリスクを回避する方向に走りました。
(ルールの問題もあったでしょう)
それから8年後のバンクーバー五輪などは「お通夜」と言われるほど技術的には寂しいものでした。

それがこの数年は再び4回転にチャレンジする選手が増え、それだけでなくジャンプの種類も多彩になりました。今までは4回転といえばサルコウかトゥループと決まっていたのがループ、フリップ、そしてルッツと5種類の4回転が全て見られる時代が来るなんて数年前までは思いもよりませんでした。

先日の世界選手権フリーは、そんな男子4回転全盛期の復活を象徴する試合でした。マスコミは日本人のワンツーばかりを取り上げますが、それどころじゃない。
出てくる選手が次から次へと4回転を飛びまくり。私は感動を通り越して笑いが止まりませんでした。

「お前ら、どんだけ翔ぶねん!」

私は勘定してませんが実況アナによると上位6人の4回転ジャンプの合計は24個だそうです。
信じられます? 6人で24個ですよ!

何が嬉しいといって一人もしくは二人のずば抜けた選手の活躍というのではなく誰が優勝してもおかしくないトップ集団が揃いも揃って4回転飛びまくりというのが楽しすぎる!
昔は「選手寿命を縮める」とまで言われてた4回転ですが、トレーニングの進化などもあったのでしょうか?
とにかく、ことジャンプに関しては、男子フィギュアは完全に新たな次元に突入しました。もう「昔はよかった」と懐かしむ必要はないのです。試合を見るたびにワクワクする、そんな時代がまた来たのです。
来年のオリンピックもむろん楽しみです。が、ひょっとすると先日の世界選手権は、後世に「伝説の試合」として語り継がれるかもしれません。そのくらいありえないハイレベルな試合でした。


むろんフィギュアはジャンプが全てじゃありませんが、引退したプルさまもこういう日が来るのを待ち望んでいたはず。
そのトッププレイヤーの中にプルさま自身がいないのは残念ですが、ソルトレイク世代のDNAを継いだ新世代クワッドジャンパーがこうして見事に花を咲かせている現状を、フィギュアファンの一人として素直に喜びたいと思います。
(その中に日本人が二人もいる事も)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード