AMD、不死鳥のごとく

去年はとうとう一度もPCを組みませんでした。
そもそも最後に組んだのは何年前なんだろ?
というくらいPC自作から遠ざかっています。
理由はお金がないとかお金がないとかいろいろありますが、一番の原因はやはりAMDの不振。

Intel派かAMD派かと尋ねられれば、いや尋ねられるまでもなくAMD派の私ですが、そんな私でさえここ数年AMDの石で組む気にはなれませんでした。
(かつてのPentium4/D並に魅力のないCPUに興味は沸きません)

そんなAMDが遂に復活を果たしました。
今年3月、全く新型のCPUが発売になったのです。
その名は「Ryzen」。
名前もかっこいいですが、レビューを読む限り性能もいい。
久しぶりにAMDらしい魅力に溢れたCPUのようです。


現在発売されている「Ryzen7」は、名前からわかるようにIntelの「i7」をライバル視した製品で、スペックも8コア/16スレッドという怪物です。
あさって発売になる「Ryzen5」は、それよりおとなしめの4コア~6コアというラインナップ。
今のところAMDお得意のAPU(グラボ内蔵型)タイプは未発売ですがいずれは登場するでしょう。私としてはそこらが狙い目です。
ともあれ復活の狼煙をあげたAMD、エトワ-ル☆は応援してます。
頑張れAMD!



しかし困ったことに、PCを新規に作ろうにも使い道がありません。
「艦これ」とブログ作成なら今のPC(AMD Sempron 3850搭載)で間に合ってます。
もう1台のマルチアンプオーディオ用PC(AMD A6-3500搭載)の方をRyzenで組み直すという手もありますが…
なんか以前のようにPC自作に夢中になれない。
その原因は、ほかならぬOSかもしれません。

今のwindowsに、私は何の魅力も感じないのです。
パーツの進化に比べて全然進化していない。いやむしろ退化してるんじゃないか、PCの足を引っ張ってるんじゃないかと。
そんなOSを入れるためにPCを組みたくはない。
といって、親指シフトユーザーにとってLinuxは敷居が高い。

今の無駄だらけのwindowsに代わり、「おおっ」と思える魅力的な汎用OSは現れないものか。
そんなOSがあれば嬉々として腕によりをかけて1台組むのですが。
将来、AIがOSそのものを作るようになって、今の憂いが馬鹿らしくなるような時代が来るといいのにな。
そしてその時まで現役でいられたらと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード