ありがとう真央ちゃん

先日、女子フィギュアの浅田真央が引退を表明しました。
いつか来る日が、とうとう来たんだなという思いです。


今、浅田選手に思うのは、ただただ感謝の気持ちです。
今まで素晴らしい演技を見せ続けてくれてありがとう。
そして何より、トリプルアクセルの魅力を伝え続けてくれて。
ひとりのフィギュアファンとして、真央ちゃんのファンとして、そして伊藤みどりのファンとして。

「今まで、本当にありがとう」

浅田真央は優れた選手というだけでなく、伊藤みどりのトリプルアクセルに挑む心意気を最良の形で受け継いだ最高の後継者でした。



3Aに挑み続けなければ、真央の選手寿命はもっと長かったかもしれない。もっとよい成績が取れたかもしれない。
けれど3Aに挑まなければ、それは浅田真央ではない。
あの時ああすればよかった、などというのは外野の意見であり、浅田真央本人にとって選手である限りトリプルアクセルに挑み続けるのは息をするように当然のことだったと思います。
彼女の理想がみどりである限り。
みどりのファンとして、真央のファンとして私は確信します。

「トリプルアクセルでオリンピックの金を取る」

みどりがなし得なかった夢を叶える。
それが彼女の最大の、おそらくは唯一の目標。
それが叶わないとわかった時点で引退を決めた。
実に潔い、迷いのない、彼女らしい決断だと思います。



それにしても、男子は4回転全盛の時代になったというのに、ことジャンプに関して女子はお寒い限りです。
真央の引退で、3Aを跳ぶ女子はいなくなってしまいました。
ええわかってます。フィギュアはジャンプが全てではないし、今の日本の選手も外国の選手もすごいです。
でも、試合を見たあと何か物足りなくてYoutubeやニコ動でみどりの滑りを見てしまうのもまた事実。

以前にも紹介したかもですが、改めて。



【フィギュアスケート トリプルアクセルの歴史 -女子編-】


これを見ると、確かに女子が3Aに挑むことがどれほど大変かよくわかります。
公式戦で3Aを成功させた女子が10人にも満たないうえ、この動画を見る限り安定して3Aをものにしたといえるのは、伊藤みどり、トーニャ・ハーディング、浅田真央の3人だけ。
それほど難しい技なのに、現在のルールではリスクばかりが大きい。
これでは誰も3Aに挑もうとしないのも、ある意味当然です。
(仮に私がコーチでも、選手に「3Aなんかやめとけ」と言うでしょう)

体力の問題もあるでしょうが、今のルールが3Aに挑む選手の少なさを助長している気がします。

でも私はみどりの、そして真央の後継者が見たいんです。
観客に、リンクに問答無用の感動とどよめきを与える、華麗なトリプルアクセルを。
それが日本の、名古屋の人でなくてもかまわないから、出てきてほしいんです。
じゃないと、またニコ動でみどりに、真央に浮気しちゃうぞ。
(あ、トーニャもいいよね)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード