ミルクで乾杯!

マクラーレンホンダのアロンソが今年のインディ500への参戦を表明した時は、悲しく思ったものでした。
「現役F1ドライバーがインディに参戦」と聞けばいかにも華やかですが、裏を返せば、現在のマクラーレンホンダに優勝を争える力がないということ。
伝統のモナコGPを欠場してまでインディに参戦するアロンソの気持ちもわかるし、チームの苦悩もわかるだけに、そうせざるを得ない現状が悲しい。
むろんインディを馬鹿にしているわけではありません。
特にインディ500はモナコGP、ル・マンと並ぶ偉大なレースだとわかってますから。
そんな複雑な気持ちでむかえた今年のインディ500でしたが、まさかこんなどんでん返しが待っていたとは。
いや、アロンソが活躍というわけではないのですが。

残念ながらレースそのものは見てません。
ニュースはまったく唐突にやってきました。

「佐藤琢磨、インディ500優勝」

すぐには言葉の意味が理解できませんでした。
めちゃめちゃ凄いことだと頭では理解しても、全く実感が沸かないので。



これがどれだけ凄いことか。
日本ではモータースポーツの評価があまりに低いのでわかりづらいかもしれませんが、たとえるならば「錦織圭が全米オープンで優勝」とか「松山英樹がマスターズを征した」とか、そのくらい凄いこと。
これは間違いなく日本のモータースポーツの歴史に残る、いや日本のスポーツの歴史に残る快挙です。
ネットのニュースなどではその凄さが全然伝わってこないのが歯がゆいです。
しかし今朝の新聞では一般紙、スポーツ紙とも相応に大きく取り上げていて、私は新聞のことを少し見直しました。
(ネットも見習え)


今はまだ感動で頭真っ白ですが、これだけは言わないと。

おめでとう、
琢磨、おめでとう!



琢磨ももう40才ということでF1復帰は厳しいでしょうが、この調子でインディのシリーズチャンピオンを取ってほしいです。そして、いつかル・マンでも勝ってほしい。
そして琢磨だけでなく、小林可夢偉や資金難に苦しみながらレースを続ける若いドライバー、ライダー達の活躍の場がもっと広がってほしいです。
ともあれ今は、ただ嬉しいっ!☆☆☆
インディで35万人の祝福を浴びながらミルクを飲み干した日本人初の男、佐藤琢磨に、私もミルクで乾杯だ!!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード