1/196帆船製作(1)

先日買った「コンスティテューション」のプラモ、作り始めています。

パッと見はとても大味なキットながら、つくづく眺めるとなかなか好ましく見えてきました。
日頃作ってる1/700と比べると圧倒的大スケール(1/196)。
大きいものはそれだけで魅力的です。



17072102.jpg

各部のバリの多さは私の作った歴代のプラモの中でもトップクラス。
困ったことに帆船キットの経験がほぼ皆無なので、
「これ部品? それともバリ!?」
と困惑することもあります。

3本のマストはそれぞれ1パーツで作られていて初心者の私にはありがたいのですが左右の合わせ目がキカイダー並みに盛大にズレてます。
(昔作ったアオシマの高雄型重巡を思い出した)

削ってパテって、それはそれで楽しい。




17072103.jpg

船体をそれっぽく塗ってみました。




17072104.jpg

甲板もそれなりに。
木の風合いを出すのはなかなか難しいでしょうが、今回は深く考えず完成を目指します。



17072105.jpg

大砲。
1パーツながらちゃんと大砲らしさが出ています。
このレベル社のキット、日本の精密なプラモを見慣れた目にはダルく感じますが、それでいて要所は押さえてる気がします。
なんか「これで十分じゃね?」と思えてくるから不思議。




17072106.jpg

これを大量に作ります。
大砲は好きなので苦になりません。




17072101.jpg

ふと我に返って思ったのですが、自分の今してる事って

「コメットさん☆2話の景太朗パパと同じじゃ?」

あの時のパパは完成間近の帆船模型が壊れても不平ひとつ言わなかったなあ。えらいなあパパは。

自分も腕に抱きついてくる息子や娘がいたり、さっそうとビートルを乗り回す奥さんがいたり、遠い星からやってきて我が家に居候することになる女の子がいればなあ、と思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード