『グレコ展』を見にいって

                
絵画を見るのは嫌いじゃないですが他にやりたいことが沢山あるので、展覧会に足を向けることは滅多にありません。
そんな私ですが先日『エル・グレコ展』に行きました。


12101900.jpg


一番好きな画家のひとり、グレコの絵がこれだけまとまった数で見れるなんて滅多に(というか二度と)ないでしょうから。


学生の頃からグレコの絵には惹かれていました。強烈な色彩感覚、特に赤の魅力に魅せられて。
遠い昔イギリスに旅行した時、ロンドンのナショナル・ギャラリーにグレコの絵があるというので立ち寄りました。
ものすごく天井の高いだだっ広いその部屋にグレコの絵が置いてある… はずでした。しかしそこには絵も額もなく、ぽかんと不自然に空いた白壁にちっぽけな張り紙がしてありました。
拙い英語力で読み解いてみました。

~ヤッホー! 今日は美術館に来てくれてサンキュー。
ここに飾ってあるグレコの絵は今キョートに出張中なんだ。残念でしたまた来てね。バハハーイケロヨーン!
(大意)

私はショックで二度も昇龍拳しそうになりました。
そしてぶつけどころのない怒りはナショナル・ギャラリーではなく何故かキョートに向けられました。
(くそう京都め)
そんなことがあって見れなかったグレコの絵。その夢がウン年越しで叶うのです。



混雑を避けて平日に行きました。
外出をためらう雨だったけど、おかげで観客は少なく落ちついて鑑賞できました。
飾られていた絵にはただ圧倒されました。

グレコの絵を見たのは今までほんの1、2度。
なのにこの空間は右も左もグレコ一色。
しかも全部本物(当たり前)。
本物の持つオーラは圧倒的です。どんな文学の名作も印刷物でしかないしクラシックのどんな名演奏も再現芸術でしかない。でも今目の前にあるグレコの絵は間違いなく400年前にグレコ本人が描いた現物そのもの。その有無をも言わせぬ説得力にタジタジ。
グレコの絵はとりわけエネルギッシュなので、仕事で疲れた身体には少々毒気が強かったです。見終わった頃はヘトヘトでした。それでいてもっと見たい気持ちが残ります。
欲をいえば一日10枚程度、何日かかけて見れたらなあ。


特に気に入った絵はねえ…

・聖パウロ
 グレコの生まれ故郷のクレタ島ゆかりの人らしいです。グレコの彼への敬愛ぶりが偲ばれる絵です。
この絵、欲しいなあ。
(でも、お高いんでしょ?)



・聖アンナのいる聖家族
聖母マリアがイエスに授乳している絵ですが、私にはマリアが『ジョジョ』のリサリサにしか見えません。
おっぱいをあげる時も「ズギュギュギュギューン」「ズビズバー」という擬音が聞こえてきそう。さすがグレコ、人に描けない絵を描く。そこに惹かれる憧れ(以下略)
(雲の描き方も尋常じゃないよ)



・瞑想する聖フランチェスコと修道士レオ
すっごくいい絵です。この人の悲しみや深い思いがジーンと伝わってきてなかなかその場を立ち去れません。
でも写真や本からは本物のオーラは感じられません。また本物を見に行きたくなります。


・キリストの復活
元気はつらつのイエスもですが、まわりの群衆の描写がとても信長や秀吉の時代の絵とは思えません。ぱっつんぱっつんしたシャツの素材はどうみても最先端のナノテクノロジー、胸元にナイキのロゴが入ってても全く違和感なし。手前の黄色い服の人に至ってはただのボディペインティングにしか見えません。
「筋肉描きたいんや!」というグレコのプロテイン願望が痛いほど伝わってくるのですが、なぜよりによって宗教画で実践するのか、私如きには到底理解不能です。


グレコの才能は一目瞭然ですが、彼の絵を正当に評価したこの時代のスペイン人の柔軟さにも驚かされます。「悪魔に魂を売った男」とか言われて磔にされてもおかしくない時代だと思うんだけど。



それにしてもこの人は服のひだひだを描くのが上手いですね。
私もたま~に絵を描こうとするんですが、メイド服やセーラー服のひだひだが「あ~もう!」って面倒くさくなっていつもそこで挫折。ひだひだだけこの人に手伝ってほしいです。



展覧会を見に行って改めて「本物はすごい」と思いました。そして自分は本当にグレコが好きなんだと再認識しました。
彼の絵に囲まれているだけでとっても幸せな気分です。
(そして京都への怒りもようやく収まりました)

本物のグレコの絵を家に飾るのは無理なので、せめてアバターの解答台の壁紙にグレコを飾りたいです。
というわけでセガさんヨロシク!


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【『グレコ展』を見にい】

                絵画を見るのは嫌いじゃないですが他にやりたいことが沢山あるので、展

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード