懐かしの戦場へ

おはようございます。エトワ-ル☆です。
クリスマスイブは、いかがお過ごしでしたか?
楽しい一夜でしたか!?
私はひとり楽しく「大戦略」してましたw
しかもMD版「アドバンスド大戦略」です。

今日から年末まで地獄の仕事が続く日々。
どうせ家に帰ってもバタンキュー。いっそこうなったら「どんなに疲れていてもこれだけはやれる」ものをこの際やってしまおうと思った次第です。


骨までしゃぶり尽くしたMD版アドバンスド。それでもやり残したことは多々あります。
そのひとつが「スタンダードでドイツ面をクリア」すること。

アドバンスド大戦略・最終面「ドイツ」。
陸・海・空と多彩な戦場で、重戦車やジェット機や戦略ミサイルといった新兵器に混じり騎兵や補給馬車が乱れ戦う戦争末期の混沌を再現した、このゲームの魅力が詰まった面です。
実はこの面、キャンペーンではさして難しくありません。
我等大戦略の猛者にとってこの面はむしろご褒美。
陸では鍛えぬいたパンテルの大部隊が敵戦車を一掃し、空ではジェットの怪音を響かせMe262の編隊が古色蒼然としたレシプロ機どもを薙ぎ倒し、そして海では無敵の戦艦群が鎧袖一触あらゆる敵を屠りつつ敵の本拠地一直線。

しかしスタンダードは事情が違います。
生産できる兵器は戦闘機がMe109K、戦車はⅣ号J型やヘッツァー、軍艦も駆逐艦がやっとこさ。しかも全ての部隊の経験値はゼロ。たとえ経験値をMAXにしてもスタンダードでは進化ができない。
これでマスタングやスターリン戦車とどう戦えというのか。
スタンダード・ドイツこそ、断末魔の第三帝国を追体験できる真の地獄面といえるでしょう。


そんな戦いです。
戦う前の戦略を十分に練りました。
まず決めないといけないのは「西と東、どっちを先に攻めるか」です。
西からは米英連合軍、東からは赤の脅威が迫ります。
同時攻略は戦力的に無理。片方に戦力を集中して攻め潰し、その間他方の圧力に耐えねばなりません。
私は西から先に叩きます。

「ライン川を防波堤にして先にロシアを叩く」という意見もありますが、私は与しません。
ラインにかかる橋は多く、仮に陸戦力を防げたとしても米英の優勢な航空戦力は防ぎきれません。
いっぽう東から迫るソ連戦車部隊は既にベルリン近くまで進出していますが、川(オーデル川?)の2つの橋を落とせばさしあたっての脅威は去ります。強大な陸戦力も迂回を余儀なくされるでしょう。そしてソ連空軍であればMe109でも対処可能です。
二度のキャンペーンでも常に西から攻めて成功しました。今回もそれに賭けます。


大局を決めたら、次に部隊の再配置を考えます。
生産不可能なエリート部隊は特に慎重(かつ大胆)な運用が必要です。ひとつの部隊を失うことが勝敗を左右しかねません。
じっくりと戦場視察を行います。



・首都近郊
12122501.jpg

右下にパンテル部隊が2つ。まさに虎の子です(豹だけど)。ソ連軍のエサにするにはもったいないので西部戦線に送ります。
その上のⅣ号J型は生産可能なので捨て駒にもできます。とりあえずは右の都市の守りに使おうか。
空港のMe262は唯一無二のエース部隊。マスタング狩りに西行き決定。
残りの部隊には現陣地を死守してもらいます。
首都近郊に陣取る高射砲塔は敵戦車の壁として最適ですが、こいつが活躍する時はベルリンが墜ちる時。攻め込まれると遷都されるのでそうならないよう頑張れ。



・東プロイセン方面
12122502.jpg
現在はポーランド領となっている地域です。港の輸送艦はソ連軍の簒奪から避難民を救う最後の希望か!?
Ⅲ突、Ⅳ号J型、ヤクトパンターは本国まで連れ帰りたいが、輸送船に載せて敵潜水艦の餌食になるくらいなら自ら血路を開き叶わねば華々しく散るか!?
洋上の重巡は西側攻略の切り札。デンマーク駐留の部隊と艦隊を組み、あわよくばラインを遡上してシャーマン共をめった打ちだ!
さらに東方のクールラントにも友軍がいますが、彼らの運命は… お察しください。



・ブダペスト近郊
12122503.jpg
我等が伍長殿の天才的なひらめきで貴重な戦力を割いてまで行った「春の目覚め」作戦の舞台。
左側の青い部隊はティーガーⅡ、パンテル、親衛隊といったエリートばかり。なるだけ無傷で撤退させたいです。
右側の青い部隊(ハンガリーの友軍)には、ただ「すまない」としか言えません。



・イタリア戦線
12122504.jpg
ティーガーⅠ、ブルムベアー、降下猟兵。
イタリアの英軍にかまってるヒマはありません。これらの部隊も適地に移動させたいです。



・オランダ
12122505.jpg
敵拠点とラインを挟んで対峙する戦略拠点です。
空港や港の確保次第でゲームの行方を左右しかねません。断固、死守あるのみ!!



・ルール地方
12122506.jpg
どうやらここが米軍侵攻の要のようです。
敵戦力が強大なので無理せずライン対岸に退避して敵を待ち受けようと思います。


大局は決まりました。あとは思い通りに事が運ぶかどうかです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード