まさに夢のコラボ

生まれて初めて、初音ミクのCDを買いました。

「新譜だけど置いてないだろうな」と期待せずCD屋に行ったらCD屋がなくなってたというトラブルはありましたが、時代を肌で感じながらネットで購入。



13012901.jpg
冨田勲 『イーハトーヴ交響曲』
大友直人指揮 / 日本フィルハーモニー交響楽団
慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団/同OB合唱団、聖心女子大学グリークラブ、シンフォニーヒルズ少年少女合唱団
& 初音ミク


冨田勲と初音ミク。
日本の電子音楽のご先祖様と時代の最先端を走る電子の歌姫との夢のコラボです。



13012902.jpg
ミクも嬉しそうでなにより。

それにしても全くミク臭のないジャケット。
きっとミクを知らないクラシックファンへの配慮ですね。



…と思ったら
13012903.jpg
前言撤回。
(噴いた)


発表時からCD購入を迷っていましたが、某所で視聴して即決しました。


宮沢賢治の物語をモチーフにした今作品で冨田さんがミクを起用したのは、又三郎やカムパネルラといった、人間であってどこか人間でない異次元なキャラのイメージにミクがぴったりだったから。
(ニコニコ学会のインタヴューで冨田先生は「ミクさん以外いない」と言ってました)
先生は御年80才。例えミクの事を知っても普通なら「若い頃にこれがあれば」で終わったでしょう。
「よし、次の新曲に使おう」という発想が凄い。
私もこんな80才になりたいです。



さて実際に聞いてみた感想ですが。
「不思議な曲です」。

新機軸を取り入れすぎ、演奏の完成度は高くありません。
ミクに演奏者が合わせる従来のスタイルと違い、指揮者に合わせミクが歌う初の試み。そのぶんデータを軽くする必要があったようで、歌も踊りも現在のミクの水準とは言い難い。
ミクの歌いだしも"私は実態のない歌手"といった、ミクファンからすれば「あ、それもう5年前に散々やりましたから」的な内容でした。

なのに聴いている途中も聞き終えた後も、なぜか不思議な感動に包まれました。
ミクに出会ったあの時の感動を先生が今噛みしめているという実感が伝わってきました。
なにより一流のオーケストラと一流の指揮者の紡ぎ出す音は理屈抜きに素晴らしい。それをバックにミクが歌う。ありそうでなかった素晴らしい体験でした。



いつ終わるともしれない拍手(CDでカットされてて残念)の後に、2曲のアンコールが演奏されました。

1曲目は先生初期の名作『リボンの騎士』。
皆さん絶賛してるんですが、う~ん失礼ながら、
「ミクではオリジナルの足元にも及ばん」(KYですまん
ここはサプライズで

ミクのコスプレした前川陽子に…

いやなんでもありません。


アンコール2曲目は「青い地球は誰のもの」。
勉強不足で私の知らない曲だったのですが、ミクさん既に歌ってました。さすがです。




【初音ミクと鏡音レン】たちに「青い地球は誰のもの」を歌ってもらった


先生にはいい曲がいっぱいあるんですね。
CD購入以来、冨田勲漬けの日々です。


先生は今回の『イーハトーヴ交響曲』で、幼い頃に賢治の本を読んで受けた理屈を超えた感動を再現したかったようですが

先生、私まさにその感動でいっぱいですよ!



この夢のコラボをNHKも取り上げます。

『音で描く賢治の宇宙 ~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~』
2013年2月3日(日)22:00~ NHK Eテレ


この番組の放送を去年から待ち望んでます。
この日はAnAn早引けしてでもTVにかじりつくぞ!
皆さんも絶対見てください!


そして『イーハトーヴ交響曲』、大阪でもやってください!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード