そして、「リリー・マルレーン」

MDアドバンスド大戦略・ドイツ面。
長く苦しい私の戦いは終わりを告げました。
一抹の寂しさが残ります。スタンダードでは、たとえ勝ってもご褒美画面などありませんし。
でもキャンペーンモードには、ほんのちょっぴりご褒美がありました。

昔ゲーム雑誌でこのゲームが紹介された時に「ドイツの敗北を追体験するゲーム」だの「滅びの美学」だの、褒めてるのかけなしてるのかわからん評価の最後に書かれてあったのが、
「勝って勝利のリリー・マルレーンを聞け!」
そのひとことに「うおおおおおっ!」と自分の中の漢が奮い立ったものです。
半年、1年、ひょっとしたらそれ以上のプレイ時間を費やしようやくたどり着いたエンディング。そして初めて聞いたリリー・マルレーン。
それだけにこの曲の感慨はひとしおでした。
それは勇ましい歌などではなく厭戦気分に満ちみちていました。あれだけ戦って勝ち取ったご褒美なのに。
これほど勝った気がしないゲームも珍しかったなあ。それがいいんだと思うけど。


ドイツで生まれ、敵味方の垣根を越えて前線の兵士たちに愛された歌、「リリー・マルレーン」。
戦いの最後の名残にもう一度、あの名曲を聞かせていただきましょう。
今回は、我がドイツの科学力の結晶たるボーカロイデ、ミク・ハトゥーネにも歌っていただく!



13030201.jpg
(クリックすると歌ってくれる、かもしれません)


…お聞き苦しい歌をお聞かせしました。
(悪いのはミクさんではなく、拙い私の調教です)

ミクのなんちゃってドイツ語で苦笑してもらったあとは、お耳直しに素敵な素敵なこの歌声を聞いてくださいませ。





【MAD】ミーナさんじゅうはっさいの唄をオタカラ音源で【ストパン軍歌】

古今東西いろんな人が歌っている「リリー・マルレーン」ですが、この歌詞このアレンジそしてこの人の歌が、私は一番だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード