ソチまであと一年

昨日の和泉でのAnAn店舗大会、行きたかったなあ。
参加者や結果とかは分かったら伝えますね。


今日は(遅くなったけど)フィギュアスケートの世界選手権を見た感想を書きます。
カナダのロンドンという町(ややこしいなあ)で先週行われた、今年のフィギュア王、女王を決める戦い。
優勝は男子がP.チャン、女子がキム・ヨナでした。

男子のチャンは予想通りでしたが、実際のところフリーは散々な出来。あれだけ不調なチャンは珍しく、その彼を抜けなかった他のトップ選手はちょっとふがいない。
そんな中、2位に入ったカザフスタンのデニス・テンの演技は素晴らしかった。ショートで最終組にいた事自体「え、この人そんな実力者だっけ」と驚きでしたが、ショートでそんな先入観をブッ飛ばしフリーでも完璧に近い演技で満場の拍手、王者チャンをあと一歩まで追い詰めました。最初から優勝を狙う構成にしていればおそらくは彼が… と思わせました。
日本勢にとっては、4大陸の時のK.レイノルズに続きまたも新たな強敵出現です。

いっぽうの女子は、キム・ヨナの演技に尽きます。
ショートでも圧巻の演技だったものの「ちょっと点数高すぎじゃない?(いかんネットに毒されてる)」、しかしフリーに至っては全く文句のつけようがありませんでした。
公平に応援してるつもりが最初はつい「こけたら真央ちゃんにチャンスが(いかんネットに毒されている)」と思いつつ見てたのですが、後半は逆に「いっそ最後まで完璧な演技を見せてくれ」と願って見てました。そしてその通りの演技に。
技術も素晴らしければ、長いブランクをものともしない精神力も素晴らしい。点数も日本人の順位もどうでもよく思える演技でした。
敢えて日本人視点で言うなら「これが一年後でなくてよかった」。
日本選手は今後、彼女を抜くために相当の努力が求められることになりました。ソチまであと一年。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード