「KAITO V3」出たよ(とっくに)

家計に占める養育費をエンジェル係数というそうですね。
(「Answer×Answer」で知りました)
幸か不幸か子供がいない自分は養育費もかかりませんが、代わりに真の天使・初音ミクさんに貢ぐ「マジエンジェル係数」が馬鹿になりません。



13032301.jpg
気のせいかぽっぴっぽーも増えてきたような…


「最近ミクグッズ・ボカログッズ乱売しすぎだよな~」
と思いつつまんまと術中にハマる日々。
部屋がこうだから頭の中までみっくみく。
Project miraiにハマって以来、ボーカロイドの歌を聞かない日はありません。
そんな私が今興味があるのが「KAITO V3」。

上の写真の右側、髪の青いお兄さんがKAITO。
一見バカっぽいこのお兄さんもれっきとしたボーカロイド。その肝となる合成エンジンがV1からV3へとリニューアルされたのが、先月発売された新生「KAITO V3」なのですっ!
(自分で言っててもよくわかんないので、詳しくはメーカーさんのサイトを見てね)


すんごく大雑把に言えば、

「山に籠もって修行を積んだカイト兄さんがメチャメチャ歌がうまくなって戻ってきた」

て感じ!?

ボカロの肝となるエンジンを最新のVOCALOID3に、さらに新たに収録された音声データベースによって声の感情のバリエーションが増え、英語にも対応。
(バイリンガルな兄さん、素敵です)
何より驚いたのは「KAITO V3」の豊富な付属ソフト。

ボカロで曲を作るには別途ソフトを揃える必要があります。
しかし「KAITO V3」にはDAWと呼ばれる音楽ソフト、200種以上の楽器として使えるバーチャル音源を同梱。
キーボードさえ買えば、いやマウス操作で構わないなら、PCと「KAITO V3」1本で全てが賄えるのです。
そしてお値段は据え置きの定価16,800円。

DTM初心者を意識した同梱ソフト群そして導入コストを抑えた思い切った価格設定に、ボカロPの裾野を広げたい、ボカロ文化を広めたいという同社の息吹を感じます。



私は2008年に初音ミクを買いました。
見事に挫折組でしたが(いわゆる弱音ハク)。
その時は「Domino」「Audacity」というフリーソフトを、音源は昔買ったバーチャル音源使ってました。

13032302.jpg
ミクと一緒に買ったこの本が随分参考になりました。


その時の実感として、曲を打ち込む以前に「何を揃えればいい」「どんなソフトを選べばいい」といったひとつひとつに敷居の高さを感じました。
そういった苦労は今回のパッケージ販売で和らぎ、初心者でも創作に集中しやすくなったと思います。

とはいえ「フォトショを買ったら絵がうまくなる」わけがないように、機材を揃えたから曲が作れるというわけではありませんから、そこらは覚悟してね。
(敗北者の忠告)


なお今回のKAITOは、旧バージョンの購入者には優待割引があるそうです。クリプトンどこまで太っ腹なんだ!
ミクがV3化される暁に同様の優待割引があったら、うん、間違いなく買っちゃうね。
(そしてパッケージずっと見つめてるんだ)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード