読初感想文

10日ほど前、このブログに通りすがりの「名無し」さんがコメントを下さり、その時にお勧めのラノベを紹介してくれました。
数日後に買って読み始めています。
本の感想は読み終えてから書くものですが、私は読むのが遅いのでとりあえず読み始めた感想を書きます。
名付けて「読初感想文」。



13040901.jpg
杉井光『楽聖少女』 電撃文庫

名無しさんのお勧めする杉井光さんの本。
お勧めされたのは『さよならピアノソナタ』『終わる世界のアルバム』の2冊でしたが、とりあえず目に止まったこの本を。

どうやら18世紀から19世紀にかけてのドイツを舞台に、有名な小説家や音楽家が登場する話のようです。
私自身、常日頃から「生きているモーツァルトに会えたら、本人のピアノが聞けたなら!」という思いを抱いてますので、モロにストライクゾーンど真ん中の話です。

まだとっかかりですが、安心して読めそうです。
やたらとその後の展開に期待を持たせる書き方は少し気になりますけどね。
(以前『沈黙の艦隊』という漫画でひどい目にあったので)
それと軽いタッチで軽妙に書かれているのですが、少し自分に無理して書いてる感じがしました。
話が進めばいずれ自然体のこの人の作風が見れるでしょう。それが楽しみです。

ラノベ拒食症な私ですが、なんとか読み終えられますように。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひどい目にあいましたかw。
リアルタイムで毎週読んでたんで、おっしゃる事はよく分かります。
竜頭蛇尾に近い漫画ですが、自分はネタ漫画として許してますw。海江田や深町のキャラクターも良かったし。
その後に『ジパング』という、壮大なズッコケを描いた方が悪印象ですね。
…かわぐちかいじは、つくづく風呂敷を畳めない人です。

No title

たとえ漫画の中とはいえ、憎っくき宿敵の「ニュージャージー」や「ミッドウェー」を撃沈して前世以来の恨みを晴らしてくれたことは評価しています(笑)。
ただあの時点でストーリーマンガとしての興味はまるきり失ってしまいましたけど。

『ジパング』は、もうだまされるもんかと警戒して読みませんでした。
プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード