ひと区切り

無事に秋イベを終えホッとしているエトワ-ル☆提督です。
攻略中に新艦は全てゲットできましたが、E2で補給艦「神威」が取れると聞いたので、攻略後E2で掘りました。
8週目で無事ゲット!



17121201.jpg

ようこそ「神威」ちゃん。
これで「速吸」と合わせて補給艦2隻態勢。
(1-6任務が楽しくなりそうです)

そして何より、これで遂に艦娘フルコンプ達成です!!
思えば提督着任以来果たせずにいたコンプリート。
提督として今、小さな幸せを噛みしめています。

これでひと区切りつきました。別に引退を考えたりはしませんが。
だってまだまだ欲しい艦がいっぱいですからね。
鵜来級、松型、峯風型、迅鯨長鯨、日進、冬月、そしてなんといっても信濃。
(信濃は戦艦と空母の2パターン欲しいな)
そして未成艦の土佐、天城、笠置、伊吹。
さらに数え上げればキリがない海外艦。
そして当初から一番欲しいフネ、三笠!

所有欲旺盛なエトワ-ル☆提督の「艦これ」行脚はまだまだこれからです。


「艦これ」いいとこ悪いとこ


エトワ-ル☆提督です。
結論から言います。
乙難度に逃げました。
以下、言い訳です。



気合い入れてイベントに臨んだのは本当です。
しかし、しかしですね。
ややこしすぎるんですよ最終海域のE4が。
(E3も相当でしたが)

攻略サイトを見ながらやってるんですが、今回は攻略記事を読んでも書いてある内容が理解できません。
「説明の仕方が下手」とかではなく、とにかく手順が複雑すぎるのです。
実際に攻略を進めると、言っている意味がようやく分かってきます。
分かりはしますが、「なぜ」は残ったままです。

「なぜ、こんなに複雑にするのか」

「艦これ」はゲームです。
ゲームは本来楽しいもの。
その楽しいはずのゲームが、なぜこれほど苦行に満ちているのか。

かつてメガドラの「アドバンスド大戦略」で、私は制作者の意向のままに苦行を受け入れ戦い続けましたが、代償に失った物はあまりに多かった。
ゲームのため人生を切り売りするのは一度きりでじゅうぶんです。

そんなわけで乙難度に落としました。
(甲には挑みもしなかった)
乙に落としたところで「ややこしさ」は変わらないですが「難しさ」は緩和されるので。



レイテに向かいスリガオ海峡を抜けようとする西村艦隊が、潜水艦、空襲、夜襲といったあらゆる敵の待ち伏せを食らい損耗していく。そして待ち受ける米戦艦群… 
そんな悲劇を史実に忠実に再現したいという運営の思いはわかります。
しかし要素を簡略化するのが「ゲーム」というもの。
運営は今回、敢えてそれをしなかった。
批判を承知の上で、

「だけど俺はこういうゲームを作りたかったんだ!」

そんな叫びが聞こえてくるような今回の気合の入れ具合。
一期の締めくくりとしてどうしてもこれをやりたいというならば、その意見を尊重しましょう。
嫌なら難度を落とせということです。
なので文句は言わず、黙って難度を落としました。
ただ、百歩譲ってもこれだけは言いたい。

「空襲ノーダメギミックいらんやろ!」
(同じ提督ならわかってくれるはず)




言い訳が長くなりましたが、乙難度にしたおかげでE4攻略は楽しく進められました。
今イベ最大の難関と言われた「Z6ギミック」も一度でクリアできました。



17120801.jpg

この一戦のため、「武蔵」さんを補強増設したよ。


各種ギミック攻略も滞りなく進み、ラスボス攻略へ。
(ラスボスもゲージが2つありますがね)



17120802.jpg

ここは西村艦隊で行きました。
提督として唯一のこだわりです。



17120803.jpg

今回は敵も味方も、藤田咲さんのほぼ独壇場です。



17120804.jpg

ラスボス1(悪墜ち不幸姉妹)は、削りこそ順調でしたがゲージ破壊で詰まりました。
一度は「最上」さんに代えて「速水」を出してまでクリアを目指したほどです。
(意味なかった)

結局、攻略レシピ通り「扶桑」姉様を旗艦に置き、彼女の一撃でようやく敵を沈黙させました。



ラスボス2も、削り時はともかくゲージ破壊で苦しみました。
思わず「なんでだよ!」と艦娘に八つ当たりしてしまいました。
(相変わらずのダメ提督です)
ここの最後は「山城」さんにお願いしました。



17120811.jpg
「ジャマだ、どけえ~っ!」

普段見せない「山城」さんの心の叫び。
三越のバーゲンでもこんな感じで叫んでそうです。

最後は扶桑姉妹のダブル連撃で華々しく勝利が決まりました。
乙難度ながら苦しんだ末のクリアなので、それなりの達成感がありました。
甲難度は相当厳しいのでしょうね。



17120812.jpg

ラスボス撃破報酬、乙型駆逐艦「涼月」をゲットです!

「涼月」も、いろんなエピソードに満ちた艦ですね。
知っていたつもりでしたが、wikiで改めてその激動の生涯を読んだら思わずウルッと来てしまいました。



「艦これ」はゲームとしては突っ込みどころが多いです。
ゲームとしての完成度は低いし運頼みの部分も多い。
友人や知り合いで「艦これ」をかじった人の多くも「クソゲー」と酷評し、去っていきました。
けれど「艦これ」がそれだけのゲームなら今まで続くはずがない。
艦これの魅力は、登場人物である艦娘には必ず元となった軍艦があるということ。
それぞれの軍艦には唯一無二の「人生」と呼べる経歴があり、それぞれの艦がそれに乗って戦った何百人もの人々の奮闘や悲しみや涙を背負っている。
(艦娘のセリフの端々に、それが滲み出ています)

それを知ることでその艦への、ひいては艦娘への感情移入ができ、頑張って育てようと思えるのです。


今回のイベントで最後に「涼月」をゲットして彼女の過去の激闘に思いを馳せたことで、改めて「艦これ」のいいところ悪いところを再認識した次第です。

だから次に控える冬イベも、そして春に予定されている全面リニューアルも、楽しみに待ちましょう。
まだまだ提督を引退するつもりはありませんよ!
(難度はともかく)


レイテE3

エトワ-ル☆提督です。
遅まきながら秋イベの続きです。
ブログに書くのが遅いのは、言うまでもなく戦っているからです。
同じ条件なのにサクサクブログを書いていく提督ブロガーの皆さんはすごいですね。
ましてイベント開始早々に攻略法をアップしてくれる方々にはいつもながら頭が下がります。

さて私はマイペースにE3のことなどを。



17120501.jpg

今まではレイテにおける前哨戦。
これからが本番といったところでしょうか。
なにぶんレイテ戦は規模が大きいので。




17120502.jpg

E3はさらに3つのゲージがあります。
これをそれぞれ水上/輸送/機動部隊の連合艦隊で攻略します。
このゲームをしない人には「なんのことやら」でしょうが、要するにややこしいということです。




17120503.jpg

まずは水上部隊でルートを開拓。
史実に全く関係ないローマさんがいるのはご愛嬌。




17120504.jpg

攻略早々に新規ドロップ艦の海防艦「対馬」ゲットぉ!
幸先のいいスタートです☆




17120505.jpg

続いて輸送部隊を派遣。
陸軍を支援(だと思う)します。




17120506.jpg

んぎゃ~~っ!?
これまた早々に「伊400」ゲットです!
(那珂ちゃんのおかげです☆)

これはさすがにドロップ運よすぎでしょ!?
実はこのあと、妖怪1足りないが出たりもしたのですが、上機嫌な提督は気になりません。
これで後々の堀りが楽になりました。




17120508.jpg

そして仕上げは機動部隊。



17120509.jpg

空母が使えない窮屈な戦いが続きましたが、ここでは小沢艦隊所属の空母群を堂々と使えます。
史実と違い新鋭機も使えるし、何より搭乗員の練度が違います。
ここは実に快適な攻略でした。



今イベでの新規ドロップ艦を2隻とも手に入れたのは予想外の幸運でした。
しかし本当の地獄はこれからなのだ。
いやほんと。


レイテ島、遥かなり


以前からグラついてた右上の奥歯が抜けてしまいました。
そしたら跡地からまた生えてきました。

サメかよ!?


そんなわけでこんばんは。
エトワ-ル☆提督改めシャーク提督です。シャシャ~ッ!
既に始まっている「艦これ」秋イベ、レイテ沖海戦(前編)を語るのだシャシャ~ッ!


まずはE1マップ

17112701.jpg

台南沖から始まるんですね。
先は長そうだ。



17112702.jpg

ここは史実の「志摩艦隊」所属艦を使うとルート的に有利。

史実におけるレイテ戦は航空支援のない戦いが大部分なので巡洋艦や駆逐艦がメインの編成になります。
非力な駆逐艦は撤退要因になりやすいのですが、ここでは「潮」「初霜」「霞」といった強力な艦が使えたので楽でした。



17112703.jpg

史実と違って「艦これ」大本営は事実を冷静に受け止めています。



続いてE2マップ

17112704.jpg

引き続き「志摩艦隊」の戦いです。
ここから通常艦隊に7隻を同時に出す事ができます。



17112705.jpg

7隻での輪形陣は美しい…



17112706.jpg

今イベントでの「お札」は計3つ。
そのうち3つ目の札は「西村艦隊」の7隻にほぼ限られる(と思われる)ので実質はほぼ2枚。
夏イベに比べると随分楽です。
2隻目の「北上」「阿武隈」もここで手軽に使いました。
E2もすんなりクリア。



17112707.jpg

報酬艦の海防艦「佐渡」をいただきました。
まだまだ知らない艦がたくさんあるなあ。



17112708.jpg

対潜哨戒機の魁である「東海」もいただきました。
戦記物やゲームでは過大に評価されすぎという気もしますが、それでも好きな機体ではあります。

ここまでは順調そのものでした。
が、ここはレイテ。気を引き締めてかからねば。
シャシャ~ッ!

覚悟完了

エトワ-ル☆提督です。
明日からいよいよ秋イベ「レイテ」戦の始まりです。

提督業を始めて4年目になりますが、ここまで本気の運営は初めて見た気がします。
「朝雲」「山雲」に続き、この艦娘までがコスチュームを替えてきました。



17111501.jpg
「凛々しい」を通り越して「死装束」にしか見えません

自分は元々「最上」というフネが好きです。子供の頃にプラモを作ったこともあるのでなおさら。
(最高に楽しいキットでした)

なのに「艦これ」ではスペック的に冷遇されてきた「最上」。
「運営はもがみんが嫌いなのか」と思った時期もありましたが、それは愛情の裏返しだったと今気づきました。
のみならず、来る秋イベで「最上」を含めた西村艦隊勢(※)の厚遇ぶりは異常といっていいほど。
※レイテ戦役におけるスリガオ海峡夜戦に参加した「扶桑」「山城」「最上」「満潮」「朝雲」「山雲」「時雨」の7隻。



通常「艦これ」では6隻を一個艦隊としたパーティーで戦闘を行いますが、秋イベでは新たに「遊撃部隊」という新システムを作り、7隻同時参加ができるらしい。
これは明らかにスリガオ戦を想定しての事。
そこまでやるか。

運営の覚悟のほどはよくわかりました。
提督としても、よほど心してかからねば。
というわけで普段以上に気合入れて、イベントに向け準備を整えています。
資材やバケツの備蓄はもちろんですが、今回は他にも手をうちました。

・2隻目の「阿武隈」「北上」を用意
 前イベでお札の猛威を見せつけられ、2隻目の育成を決意しました。
 現在阿武隈セカンドがLv77、北上がLv68。育成を兼ねて通常海域にも出してますが、二人とも卑怯なくらい強くて便利です。

・夜間戦闘機/攻撃機の開発
 前イベ後に導入された新システム。 いちおう甲攻略するつもりでいるのでここも手抜きできません。
 ヘルキャットを育てるのにゼロ戦を生贄にするのは抵抗ありましたが。
 あと13号電探が足りなくて困りました。最後は「開発は日に4回」という掟を破り、大淀さんに残業して作ってもらいました。
 手にした機体はF6F-3NとTBM-3Dのみ。さすがにF6F-5Nまでは手が届きません。

・育成
 戦闘艦艇はほぼ育成済みです。



17111502.jpg
但し、前イベでいただいた艦娘や二隻目のあぶきたの育成はイベ直前まで続けます。

・装備数の整理
 イベントに出るためには装備数に余裕がないといけません。イベント前に断捨離しないと。
 実は毎回、これが一番大変だったりします。
 今回は駆逐艦に載せてる九三式ソナーを大量に集めて四式ソナーの肥やしにしました。
 (駆逐艦には余ってる爆雷を載せた)



さあ、準備は整いました。
提督も覚悟完了です。どんと来い!

プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード