ラッキー・ジャービス

エトワ-ル☆提督です。
せっかく「ジャーヴィス」ちゃんをいただいたので、この娘にまつわる話でもしたいと思います。


18022702.jpg

「ジャービス、ジャービス… どっかで聞いたことあるなあ」

最初はせっかくいただいたこの娘の事を思い出せずにいたのですが、よく考えたらうちのブログで以前紹介してました。


17082702.jpg
『死闘の駆逐艦』
ロジャー・ヒル著/雨倉孝之訳 朝日ソノラマ文庫


以前「マルタ島の戦い」と称して紹介したこの本に「ジャービス」の事も載ってました。
去年の事なのに、もう忘れてた。
(この本では「ジャービス」と表記されてます)

この本の著者、ロジャー・ヒル少佐が第二次大戦で乗り継いだ3隻の駆逐艦の一隻が「ジャービス」だったのです。
(他の2隻は「レドベリー」と「グレンビル」)

彼が「ジャービス」を指揮したのは半年あまりの短い期間。
ですがその間、ノルマンディ上陸作戦に参加するという栄誉を担っています。
「ジャービス」は主砲の艦砲射撃で上陸部隊の援護を行っていますが、彼の指揮する艦の命中精度は非常に高かったようです。
指揮官としてのヒル氏は有能だったようですね。
しかし本を読む限りでは相当厳しい方だったようで、私なら部下になるのはごめんです。
おそらくまじめな人だったのでしょう、任務の重圧で精神的にも参っていたようです。その一方で功名心も強く、プライドも高かったようです。
自伝でそういった自らの弱点もさらけ出しているあたり、正直な人柄なのでしょうね。

そんな彼のプライドの高さを物語るエピソードが書かれています。
「レドベリー」艦長時、艦を母国で修理することになった際に、彼は自分の艦が母港のポーツマスではなく辺鄙な地で修理に回されると聞かされます。
マルタで手柄を立てたばかりのヒル艦長はそれを聞いて憤り、司令長官に直訴しに行ったというのです。
一介の駆逐艦艦長が司令長官の旗艦に乗り込んでいくとは!
それ以上に信じられないのが、彼の赴いた先です。
司令長官の乗っていた旗艦は「ビクトリー」。
トラファルガーの海戦でネルソン提督が座乗していた、あの「ビクトリー」ですよ。
ヒル艦長が入って行くと、かつてネルソンがいたのと同じ部屋で書き物をしている長官の傍らで、夫人が肘掛け椅子にくつろぎながら編み物をしていたそうです。

イギリス海軍さんよ
いろいろおかしすぎるだろ!?


平時ならいざ知らず(いやそれでもアレだが)、ヒトラーがロンドンにV1爆弾飛ばしてくるご時世に、なんで司令長官の乗艦が木造帆船なんだよぉ!
(そんな国に負けたドイツが気の毒すぎる)

まあロイヤルネイビーの英国面はさておき、ヒル艦長は乗っていたフネほどラッキーではなかったようです。
この本のプロローグでは彼の再就職の苦労が少しだけ書かれています。おそらく戦争が終わり海軍が縮小され、士官を辞めざるを得なかったのでしょう。
艦長として有能だっただけに、民間の企業で一からやり直すのは彼のプライドをズタズタに引き裂いたことでしょう。
戦勝国イギリスでさえそうだったのだから、日本海軍の軍人さんもそれ以上に苦労されたのでしょうね。


う~ん、あまり「ジャーヴィス」の話になりませんでしたね。スミマセン。
とりあえず、結論です。


ジャーヴィス、かわいい☆
(でも二隻もいらなかった…)


レイテ湾遥かなり

エトワ-ル☆提督です!
引き続き「艦これ」冬イベの進捗をお伝えするであります!


・E4

今イベ最初の難関と言われるE4です。
こちらもそれなりの編成でいきます。
当初はこんな編成を考えました。

第一「武蔵」「大和」「長門」「摩耶」「翔鳳」「鈴谷(航)」
第二「磯風」「能代」「羽黒」「妙高」「雪風」…

しかし、あと一隻が思いつきません。
手数が欲しいので雷巡を入れたいところですが、後々を考え温存しておきたい。サブの「北上」さんはE3で使ったし。

よし、サブの「大井」っちに頼むか!
改造まだだけどw


18022601.jpg
急遽改二改修された大井さん。
(レベルは84ありました)

この堂々たる編成でいざ出撃!
難関と聞いていたボス前の戦艦6隻もクリア、いざボス戦へ。



18022602.jpg
E4敵ボス

こいつ、たかが護衛空母のくせになに大口叩いてんでしょ。
ここはひとつ懲らしめてやりますか。
さあ「大和」さん、「武蔵」さん、「長門」さん、
やっちゃってください!





18022603.jpg
やられましたw

…やっぱり乙難度にしていいですか。



乙に落として仕切り直し。
それでも編成が固まるまでは大変でした。



18022704.jpg
旗艦はなぜかリシュリュー


こんな編成に落ち着きました。
「武蔵」「大和」「長門」は連撃を維持しつつ水戦を積み、航空優勢を確保。
まともな水戦が3部隊しかなく、戦力として二線級のRo.44まで使うはめに。
(イベント終わったら水戦育てます)

逆に二隻の軽空母は全滅覚悟で艦攻、艦爆も装備。
(乙難度だから許されるのでしょうが)

第二艦隊は「摩耶」様の補助に「磯風」も対空カットイン装備で万一に備えます。
とにかくこのイベントは敵の航空戦力がキツいです。
軽巡には敢えて史実無視の「阿武隈」(サブ)と雷巡の「大井」っちを入れ、手数を増やしました。

この編成でようやく攻略が順調に進むようになりました。
「大井」っちは改造直後で近代化改修も終わってないのにMVP取りまくりです。恐るべし。



18022702.jpg
HMS Jervis

編成が固まるまでは苦戦続きでしたが、
この子の笑顔と声で全てが許された!



このE4面で楽しかったのは「友軍部隊」。
ボス戦の夜戦前にCPUが割り振った援軍が駆けつけてくれます。



18022604.jpg

なんでロイヤルネイビーが帝国海軍の助っ人?
(嬉しいけど)



18030203.jpg
これこれ、やっぱりこれですよ援軍といえば!

友軍部隊はたいして強くはないですが、それでもカスダメでボスを大破まで追い込んでくれて助かりました。



削りは順調に進み、最終編成は速吸さんに洋上補給(×3)をお願いしました。
そのぶん低速艦を一隻抜かないといけないので、「長門」さんに代えて「金剛」さんを入れました。



18030101.jpg
敵ボスの介錯は「金剛」さんにお願いします。



18030204.jpg
実際にとどめをさしたのは「磯風」でした。



これでE4攻略は終わりました。
が、まだ「大東」が出てない。
ここで出てきてほしい!
「大東、だいとー!」




18030205.jpg
海防艦「大東」

来てくれた~っ!



18030206.jpg

そしてクリア報酬「ガンビア・ベイ」もゲット。
これで心置きなく後半戦に進めます。

(続く)


提督の責務

エトワ-ル☆提督です。
風邪でブログを休んでましたが、もうすっかり元気です。
医者で薬もらって一日寝たら嘘のように治りました。
というか10年若返ったのかというくらい絶好調!
(一日で元通りの老体に戻って残念)

「艦これ」冬イベの事を全然報告してませんでした。
今さらですが、提督の責務として報告いたします。
かいつまんで要点だけですが。


・E1
以前紹介したとおりの編成のまま、
(「佐渡」「大鷹」2隻目「天龍」「深雪」「松風」「朝風」「Z3」)
ボス攻略までできました。


・E2

18022301.jpg

いきなり「武蔵」さん出しました。
まあ強いわこのヒト(当たり前)。
「摩耶」さんまで出す本気の対空編成だったので、怖いものなしでした。



18022201.jpg

クリア報酬の海防艦「日振」をゲットしました!

「艦これ」が始まった時から海防艦の「鵜来」が欲しかったんですが、とうとう「日振」まできましたか。
もうひといきです。
というか「日振」と「鵜来」はほぼ同型艦なので、「鵜来」がスルーされないか逆に心配です。
(「松」型はまだですか~)



・E3

制空権のない厳しい戦いが続く冬イベですが、このマップだけは機動部隊で存分に暴れられます。
「瑞鶴」「瑞鳳」それにちとちよが史実艦として使えます。
私は「翔鶴」さんも出しました。
ゲーム仕様上第一艦隊におさまりきらないので、「瑞鳳」を第二艦隊旗艦にしました。


18022401.jpg
づほ、大活躍の巻!

この配置が思った以上に使えました。
改二で火力もあがったづほですが、この戦いでは打たれ強くもありました。
(大破とか一度もなかった気がする)
サラさんの装備を借りて夜戦でもボス敵を蹴散らすなど、まさにづほ独り舞台でした。
「瑞鶴」の立場がないずい…

最後は「北上」さん(サブ)がボスにトドメでE3攻略完了。



(おまけ)今イベの眼福タイム。

18022402.jpg

「艦これ」は目に優しいゲームですね。

(E4に続く)

旧人類の愚痴

ども、エトワール提督です。
「艦これ」は現在冬イベ真っ最中。私も先ほどE2をクリアしたところです。
その「艦これ」で、先日ちょっとしたトラブルがありました。
運営のツイッターのアカウントが凍結されたのです。

きっかけは「運営が画像の著作権を侵害している」というものでした。
しかしこれは悪意のある何者かによるあからさまな「言いがかり」。
ところがツイッター社側は、これを機械的に受理してアカウントを凍結してしまったのです。
凍結はすぐに解除され大きな問題にはならなかったのですが…


しかしこの事は前々から不満に思っていました。
「艦これ」の運営は、ゲーム上重大なことも全て、ツイッターから発信しています。
取説もなく簡単なオンラインチュートリアルしかない「艦これ」では有志によるwikiが頼り。運営との細い絆はツイッターで辛うじて繋がっているだけ。

「なんでツイッターなんだよ!?」

ツイッターを全否定するつもりはありません。
『この世界の片隅に』にはまった時はツイッターの威力を思い知りました。監督の片渕さんはツイッターを巧く使ってファン同士の絆を深め、ファンが思いを拡散することでそれが映画のヒットに結びついていました。
そうした「草の根」の結びつきを強める手段としてツイッターはすごいと思います。
けれどゲームの公式情報の伝達手段としてはどうなのか。
他に適当な手段がいくらでもあるはずです。


「艦これ」には関係ないけど、ツイッターといえばトランプ大統領の無責任なツイッターも頭にきます。逐一それを取り上げる無責任なマスコミや、いちいち反応する連中を含めて。
私はどうも古い人間なので、アマゾンとかグーグルとかフェイスブックとか、そういう「実体のない」サービス企業が大きな顔をしている社会はどうにも居心地が悪いです。

そんな旧人類エトワールの愚痴でした。

第一期ラストイベント

エトワ-ル☆提督です。
「艦これ」冬イベ2018、始まりました。
4月から二期目に移行する「艦これ」の、第一期最後のイベントになります。
海域は秋イベと同じく「レイテ沖」。激戦が予想されます。

イベント開始にあたり、まず行ったのは…
イベントと同時に実装なった「武蔵」さんの改二改造。



18021901.jpg

戦いの前から資材が消えていく。
だが何の悔いもないぞ!



18021902.jpg

見るからに強そうな「武蔵」改二。
今回はちゃんと服も着てくれたようで、提督も目のやり場に困ることがなくなりました。
新たな艤装は51cm連装砲ですか。口径こそデカくなりましたが、主砲が3基6門では少々心もとないなあ。発射速度も遅いだろうし命中精度も不安…
トシをとると心配ばかりしていけません。


肝心のイベント攻略ですが、初っ端からつまずきました。
イベントでは先行提督に頼り、札(出撃制限)の情報を待ってから攻略開始しているですが、今イベでは後半海域の開放が21日にずれこむとのこと。
それまで札情報が入らないってことです。
いきなりモチベーションダウンです。
(札憎し)

21日まで傍観するのも虚しいので、最初のE1海域だけ攻略を始めることにしました。
なるべく札の影響を受けない艦を揃えます。
具体的にはレイテまでに戦没した艦や海外艦です。
チョイスしたのは

軽空母「大鷹」(2隻目)
軽巡「天龍」
駆逐艦「深雪」「松風」「朝風」「Z3」
海防艦「佐渡」(予備艦として「松輪」)

「天龍」「深雪」以外は対潜先制攻撃仕様です。
基地航空隊にも「東海」を2部隊装備するなど対潜重視。



18021903.jpg

ギミック解除もボス戦もこの艦隊で間に合いそうです。
21日まではこの編成でまったりE1攻略するつもりです。




プロフィール

雪山雪男

Author:雪山雪男
「艦これ」大好きな元「Answer×Answer」プレイヤー。
老眼と戦いながらプラモ作りに励んだり、気まぐれで小説を書いたりする日々です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード